介護サービスの種類

【最新版】訪問リハビリとは?訪問リハビリとして働くメリットからおすすめの介護転職サービスを紹介!

訪問リハビリとは

「訪問リハビリとはどのような職業なの?」「訪問リハビリにおすすめの介護転職サービスについて具体的に知りたい」などと思っている方は多くいます。

結論、訪問リハビリとは、リハビリ専門職が利用者の自宅に訪問して日常生活の支援をするために、リハビリを行うサービスのことを指します。

そこで、今回は訪問リハビリとして働くメリットからおすすめの介護転職サービスを紹介してきます。

これから訪問リハビリとして働きたいと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

訪問リハビリにおすすめの介護転職サービス

  1. きらケア|介護・医療業界にアドバイザー支援が可能
  2. 介護ワーカー|介護職未経験でも充実サポート
  3. マイナビ介護|良質な求人を多く保有

訪問リハビリとは

訪問リハビリとは

訪問リハビリとは、要介護認定を受けた利用者の自宅に訪問をして、専門的なリハビリを行うサービスのことを指します。

利用者の健康状態や症状によって、下記の専門職がリハビリを行います。

  • 作業療法士
  • 理学療法士
  • 言語聴覚士

それぞれの専門職によって業務内容などが異なるため、下記にて紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

作業療法士

作業療法士とは、レクリエーションや趣味などによって、利用者が楽しみながら身体機能や精神面の回復を目的にしているリハビリ手法のことです。

訪問リハビリの中で唯一、精神的に問題がある利用者に対してリハビリサービスを行うため、より専門的なスキルや知識を求められます。

また、利用者が日常生活で快適な生活を送れるように、家庭内環境の状況把握や、住宅改修の提案なども業務内容に含まれるため、幅広い視野を持つことも重要です。

理学療法士

理学療法士とは、利用者が日常生活で行う動作のリハビリを行います。

具体的なリハビリ内容については、下記内容が挙げられます。

  • 歩く
  • 立ち上がる
  • 起き上がる
  • 寝返る
  • しゃがむ

上記のように日常生活で行う動作を重点的に行い、身体機能の回復はもちろんですが、日常生活の質を高めることも目的にしています。

理学療法士は、介護業界以外にも医療業界やスポーツ業界など幅広く重宝される人材として扱われることができるメリットも挙げられます。

このように、高齢化社会が進んでいる日本にとって、理学療法士は今後必要とされる職業のひとつです。

言語聴覚士

言語聴覚士とは、病気や障害などによって、自立して会話や食事をすることが難しい方に対して、リハビリを行い改善する職業のことを指します。

基本的に、言語聴覚士を対象にしている利用者は、見た目では障害があることが分からないため、周りからの理解がされにくいデメリットがあります。

そのため、言語聴覚士は利用者一人ひとりの気持ちに寄り添って、自立した社会生活を送れるように支援を行います。

具体的に言語聴覚士の仕事内容については、下記の通りです。

  • 記憶の訓練
  • 言葉の訓練
  • 聴力の訓練
  • 食事の訓練
  • コミュニケーションの訓練

上記のリハビリを継続して行うことによって、利用者が自立した社会生活を送ることができるため、人の役に立つやりがいのある職業の一つです。

訪問リハビリとして働くメリット

訪問リハビリとして働くメリット

訪問リハビリとして働くメリットについてあらかじめ理解しておくことで、自分自身に向いている職業なのか事前に調べることが可能です。

具体的な訪問リハビリとして働くメリットについては、下記3つが挙げられます。

  • 直接アプローチすることが可能
  • 幅広い知識を身につけることができる
  • 残業が少ない

それぞれのメリットについて紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

直接アプローチすることが可能

訪問リハビリは、利用者の自宅に直接訪問してリハビリを行うため、一人ひとりに合わせたサポートを行うことができるメリットが挙げられます。

利用者に合わせたリハビリを行うことはもちろんですが、生活環境や食生活などの指導も行うことも業務内容に含まれるため、利用者とより親密な関係になることが可能です。

しかし、利用者によっては、自宅が狭くてリハビリするための環境が整っていない場合もあるため、状況に応じた対応を行うことも必要です。

幅広い知識を身につけることができる

訪問リハビリでは、基本的に一人で業務を行うため、リハビリ知識以外にも幅広い知識を身につけることが可能です。

利用者によって障害や健康状態が異なるため、さまざまな症状に応じたリハビリを経験することによって、介護職や医療職に転職する際にも経験を活用することができるメリットが挙げられます。

また、経験を重ねることによって、職場での評価が上がり、結果的にキャリアアップや収入アップにも繋げることができます。

残業が少ない

事業所によって多少異なりますが、基本的に土日休みで夜勤などは行っていないため、プライベートの時間を多く取れるメリットがあります。

訪問リハビリの主な業務内容は、利用者の自宅に訪問をしてリハビリを行うため、朝から夕方までの時間帯のみの勤務です。

しかし、利用者の緊急事態に備えてオンコール対応を求められる可能性もあるため、これから訪問リハビリで働きたいと思っている方は、あらかじめ確認しておくことをおすすめします。

訪問リハビリで求められるスキル

訪問リハビリで求められるスキル

「訪問リハビリで求められるスキルについて具体的に知りたい」と思っている方は少なくありません。

実際に、訪問リハビリで求められるスキルを理解しておくことで、就職や転職する際にも有利に働くことができます。

具体的に訪問リハビリで求められるスキルについては、下記3つが挙げられます。

  • コミュニケーション能力
  • 臨機応変能力
  • 幅広い視野を持っている

上記のスキルについて特徴などを踏まえて紹介していきますので、自分自身に足りないスキルがあれば、取得することをおすすめします。

コミュニケーション能力

訪問リハビリでは、利用者はもちろんですが、そのご家族にも関わることが必要になるため、高いコミュニケーション能力が必要です。

職場内でも、リハビリ状態の報告や連携を取ることも必要です。

コミュニケーション能力を上げるためには、聞き上手になって相手が気持ちよく会話をできるように意識することによって相手に好印象を与えることができます。

また、一般常識的ですが、挨拶は必ず行うことによって、相手とのコミュニケーションを増やすことが可能です。

臨機応変能力

臨機応変能力とは、その場の状況や環境に応じて適切な対応をすることができる能力のことを指します。

実際に、訪問リハビリでは思わぬアクシデントに見舞われることも少なくありません。

臨機応変能力が高い人は、行動力も高い傾向にあるため、職場でも頼られるリーダー的な存在として活躍をすることが可能です。

幅広い視野を持っている

他の職業でも同じことが言えますが、幅広い視野を持っていることによって、常に冷静に対応することができ、物事を俯瞰的に捉えることができるメリットが挙げられます。

仮に視野が狭い人が訪問リハビリの業務を行ってしまうと、トラブルが発生した際に冷静な対応をすることができずに、さらに状況が悪化してしまうリスクもあるため、あらかじめ注意が必要です。

さらに、業務上の連携が上手く取れずに、職場や利用者に迷惑をかけてしまうデメリットもあるため、常に視野を広くすることを意識することが重要です。

訪問リハビリにおすすめの介護転職サービス

訪問リハビリにおすすめの介護転職サービス

訪問リハビリにおすすめの介護転職サービスについてあらかじめ知っておくことで、より効率的に転職活動を行うことができ、転職成功率を高めることが可能です。

具体的に訪問リハビリとして働きたいと思っている方におすすめの介護転職サービスについては、下記3つが挙げられます。

訪問リハビリにおすすめの介護転職サービス

  1. きらケア|介護・医療業界にアドバイザー支援が可能
  2. 介護ワーカー|介護職未経験でも充実サポート
  3. マイナビ介護|良質な求人を多く保有

上記の介護転職サービスの特徴やメリットなどを踏まえて紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

きらケア

きらケア

公開求人数 89,000件以上
対応地域 北海道・宮城県・東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・茨城県・栃木県・群馬県・奈良県・兵庫県・広島県・福岡県
特徴 プロの介護職からの徹底サポート

きらケアとは、「自分らしく働ける介護を。」というコンセプトで運営をしている介護転職サイトです。

こだわり条件や地域での絞り込みなどによって、自分自身が希望している求人先を見つけることができます。

また、介護職未経験や無資格の方でも、幅広い求人を多く取り扱っているため、希望に合った転職先を見つけることが可能です。

少しでも興味がある方は、まずはキャリアアドバイザーに無料で相談してみることをおすすめします。

参考サイト:きらケア公式https://job.kiracare.jp/lp/4/

きらケアを利用してみる

介護ワーカー

介護ワーカー

公開求人数 71,000件以上
対応地域 全国
特徴 介護職経験キャリアアドバイザーからの徹底サポート

介護ワーカーとは、株式会社トライトキャリアが運営しており、公開求人の他にも非公開求人も多く取り扱っている介護職の転職に特化した転職サイトです。

対応している地域が全国なので、他の介護転職サイトに比べて幅広く対応することができるため、地方で転職を考えている方にもおすすめです。

特徴としては、介護職経験のキャリアアドバイザーからの面接対策や徹底サポートを受けることができるため、はじめて転職活動をする方でも安心して転職活動をすることが可能です。

参考サイト:介護ワーカー公式https://kaigoworker.jp/

介護ワーカーを利用してみる

マイナビ介護

マイナビ介護

公開求人数 37,000件以上
対応地域 北海道・宮城県・東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・茨城県・栃木県・群馬県・奈良県・兵庫県・広島県・静岡県・愛知県・京都府・岡山県・福岡県
特徴 転職業界大手企業のマイナビグループが運営

マイナビ介護とは、一人ひとりに専属してキャリアアドバイザーからの転職サポートを受けることができる介護転職エージェントです。

基本的に取り扱っている求人は、職業紹介優良事業所認定やプライバシーマークを取得している事業所や企業なので、ブラック企業に転職をしてしまうリスクを減らせるメリットがあります。

また、高収入の求人も多く取り扱っているため、高年収を目指している方にもおすすめです。

参考サイト:マイナビ介護公式https://kaigoshoku.mynavi.jp/

マイナビ介護を利用してみる

訪問リハビリに転職する際の注意点

訪問リハビリに転職する際の注意点

訪問リハビリに転職する際の注意点についてあらかじめ理解しておくことで、転職に失敗してしまう可能性を低くすることができ、自分自身の希望している転職先に就職できる可能性を上げることが可能です。

具体的に訪問リハビリに転職する際の注意点については、主に下記が挙げられます。

  • 在職中に転職活動を行う
  • スケジュール管理をしっかりと行う

上記の注意点について紹介してきますので、これから訪問リハビリに転職をしたいと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

在職中に転職活動を行う

在職中に転職活動を行うことによって、金銭面を気にせずに転職活動を行うことができるため、精神的安定感を得ることが可能です。

仮に、退職してから転職活動を行ってしまうと、収入が無くなってしまい、焦って転職活動をしてしまい自分自身が希望している転職先に就職することができなくなってしまう可能性があります。

また、無職になってしまっている期間が長くなってしまうと、転職活動をする際に転職先に悪い印象を与えてしまうリスクがあるため、あらかじめ注意が必要です。

スケジュール管理をしっかりと行う

スケジュール管理をしっかりと行うによって、より効率的に転職活動をすることができ、転職成功率を上げることが可能です。

基本的に、転職活動の期間は約3〜6ヶ月と言われており、スケジュールを作成することによって、行き当たりばったりの転職をすることを防止することも可能です。

また、介護転職サービスを利用することによって、スケジュール作成のサポートも受けることができるため、利用することをおすすめします。

おすすめの介護転職サービスを利用して訪問リハビリとして働こう!

おすすめの介護転職サービスを利用して訪問リハビリとして働こう!

今回は、これから訪問リハビリとして働きたいと思っている方に向けて、訪問リハビリとして働くメリットからおすすめの介護転職サービスを紹介しました。

訪問リハビリとして働くメリットは、直接アプローチすることが可能・幅広い知識を身につけることができる・残業が少ないなどの3つが挙げられます。

訪問リハビリにおすすめの介護転職サービスについては、「きらケア」「介護ワーカー」「マイナビ介護」を利用することによって、より効率的に転職活動を行うことが可能です。

ぜひ、今回紹介したことを参考にして、訪問リハビリで働いてみてはいかがでしょうか。

訪問リハビリにおすすめの介護転職サービス

  1. きらケア|介護・医療業界にアドバイザー支援が可能
  2. 介護ワーカー|介護職未経験でも充実サポート
  3. マイナビ介護|良質な求人を多く保有

-介護サービスの種類
-, , ,

© 2021 介護資格・お仕事ガイド