介護 転職

介護職への転職を成功させる方法【50代編】給与相場と資格も紹介

50代になると、一般的に転職が難しいといわれます。

未経験職への挑戦となれば、難易度はより高くなるでしょう。

50代から介護職に転職したいと考えている人の中には、実際のところどうなのか気になっている人も多いですよね。

そこでこの記事では、50代で介護職へ転職できるのか、転職のメリットやデメリットもあわせて紹介します。

50代から介護職へ転職することはできる

結論からいうと、50代から介護職へ転職することは可能です。

介護職は慢性的な人手不足に陥っています。

そのため、介護業界であれば、ほかの業界に比べて容易に転職できるでしょう。

介護職に転職するメリット

ここからは、介護職に転職するメリットを紹介します。

未経験で介護職に転職する場合、ほかの業界に比べて挑戦しやすいことがポイントです。

介護業界は慢性的な人手不足に陥っているため、採用されやすい傾向にあります。

介護職に転職するメリット

  • 未経験でも挑戦できる
  • 人手不足のため採用される可能性が高い
  • 同世代が多く働いている
  • 年齢が強みになる
  • 昇進・昇級の可能性もある
  • 10年後も続けられる

未経験でも挑戦できる

一般的に40代以降の年齢の人が、未経験の職種に挑戦するのは、高いハードルがあります

しかし介護職は、未経験者でも幅広い年齢の人が挑戦しているため、ハードルの低さが魅力です。

介護入門向けの資格もあるので、未経験無資格での挑戦が心配な人は、先に資格を取得しておくことをおすすめします。

人手不足のため採用される可能性が高い

介護業界は、常に慢性的な人手不足の状態です。

ニーズの高まりとは逆に、働き手が少ないため、採用される可能性が高まっています

ただし、施設によっては人手不足のために激務な状態になっているので、施設選びに気をつけましょう

同世代が多く働いている

公益財団法人介護労働安定センターの調査によると、介護業界の平均年齢は46.8歳です。

一番年齢層が高い訪問介護は、53.3歳が平均年齢になっています。

同年代の人が多く働いているので、年齢の心配がある人も安心して挑戦できるでしょう。

年齢が強みになる

介護職員は、利用者やそのご家族の人と頻繁に会話をする機会があります。

そのため、経験が豊富な50代の人なら、スムーズに会話ができるでしょう

人生経験を重ねたことが、介護職では強みになります。

昇進・昇級の可能性もある

介護職では、資格取得によって昇進や昇給できます。

そのため、50代で未経験からの挑戦でも、昇進・昇級が可能です。

経験と知識を蓄えると、介護福祉士や社会福祉士へとキャリアアップもできます。

10年後も続けられる

介護業界も一般の会社と同様60歳が定年に設定している施設が多いです。

しかし、人手不足のため雇用延長制度を設けている施設が多いため、60歳以降でも働き続けられます。

少しでも長く働きたいという人に最適です。

介護職に転職するデメリット

ここからは、介護職に転職するデメリットを紹介します。

介護業界は、ほかの業界にくらべて給与が低いです。

とくに未経験・無資格の場合、月給15万円前後の場合もあります

介護職に転職するデメリット

  • 給与が低い
  • 体力に自信があっても苦労する可能性がある
  • 未経験からの挑戦は覚えることが多い
  • 対人関係で苦労する可能性がある
  • 上司が年下の可能性が高い
  • チームプレイが重要

給与が低い

介護業界の年収は、280万円前後というのも珍しくありません。

勤続を続けていた会社から転職する場合、年収が半減する可能性もあります

介護業界へ未経験で転職した場合の最大のデメリットといえるでしょう。

体力に自信があっても苦労する可能性がある

介護の仕事は体力勝負です。

いくら体力に自信があっても、苦労する可能性があります

とくに、夜勤勤務がある場合、日勤よりも筋力と体力が必要です。

未経験からの挑戦は覚えることが多い

介護は利用者さんの命を預かる仕事です。

そのため、未経験から挑戦する場合は、覚えることがとても多くで大変に感じるかもしれません。

しかし、やりがいのある仕事なので、安心して仕事ができるように取り組みましょう

対人関係で苦労する可能性がある

介護職は、利用者さんやほかのスタッフと接する機会が多いです。

そのため、対人関係で合わない人もいる可能性があります

転職前に施設見学で、スタッフや利用者さんを観察しておきましょう。

上司が年下の可能性が高い

50代からの転職は、上司が年下の可能性が高いです。

そのため、プライドが高く年下上司の指示を素直に聞けないという人は、転職自体をおすすめできません

とくに未経験からの挑戦の場合、素直に指示やアドバイスを聞ける必要があります

チームプレイが重要

介護の仕事は、ほかのスタッフとチームプレイが大切です。

これまで一人で黙々と仕事をしていた人は、仕事に対する意識を変える必要があります。

臨機応変にチームプレイができるよう、心構えをしておきましょう

50代で介護職へ転職するためのポイント

ここからは、50代で介護職へ転職するためのポイントを紹介します。

50代で転職する場合は、雇用形態にこだわりをもたないことが大切です。

正社員にこだわると、やはり転職が厳しくなってしまいます。

介護職に転職するためのポイント

  • 雇用形態にこだわらない
  • 自分の強みをアピールする
  • 施設選びを重視する

雇用形態にこだわらない

50代になると、定年の年齢が近いため、正社員での転職が難しい傾向にあります。

そのため、正社員だけにこだわらず、アルバイト・パート・派遣の求人も調べてみましょう。

正社員よりも好条件な求人が見つかる可能性もあります。

自分の強みをアピールする

50代の人は、社会経験が20代・30代に比べて豊富なことが魅力。

社会経験があるからこそ、他者との関係構築コミュニケーションがスムーズに取れるからです。

若い世代とは違う強みを、面接時にアピールしましょう。

施設選びを重視する

施設によって、勤務状況はさまざまです。

深刻な人手不足によって、激務を強いられている施設がある一方、ある程度人員が潤沢で、しっかりと新人教育ができる施設もあり、勤務状況によって働き方も異なります。

初めて勤務する施設は、慎重に選ぶことが大切です。

施設選びのポイント

先ほど述べたように、初めて勤務する施設は、慎重に選ぶ必要があります。

とはいっても、初めての介護職では、なにを基準に施設を選んだらいいのかわからないですよね。

そこでこの章では、施設選びのポイントを紹介します。

施設選びのポイント

  • 実際に同年代の人が現場で働いている
  • 特別養護老人ホームなど介護の重要度が高い施設をさける
  • 決まった休暇が確保できる

実際に同年代の人が現場で働いている

介護は力仕事も多く、肉体労働ができるかどうか不安に感じている人も多いですよね。

そんな人は、施設見学のときに、実際同年代の人が現場で働いているのかチェックしてみてください。

同年代の人が現場に出ている施設なら、体力的にも問題なく仕事を続けていけるでしょう。

特別養護老人ホームなど介護の重要度が高い施設をさける

特別養護老人ホームのように、介護認定の等級が高い利用者が集まっている施設は、介護の重要度が高い傾向にあります。

介護の基礎や体力がない未経験者は、最初からこのような施設で働くことをおすすめできません

最初のうちは、デイサービス自立型老人ホームのような施設で働くことがおすすめです。

決まった休暇が確保できる

すでに述べているように、施設によって人手不足の度合いや、勤務状況が異なります。

就業を予定している施設は、しっかりと決まった休みが確保できるか確認しておきましょう。

決まった休みを確保できないと、しっかりと休息が取れず、疲れを押して仕事をすることになってしまいます

介護職へ転職する前に取得しておくといい資格

未経験からの転職、しかも人の命を預かる仕事は、やりがいがある反面、負担に感じる場面も多いですよね。

未経験からの転職に不安を感じている人は、転職前に資格を取得しておきましょう。

介護職未経験者が取得できる資格は、主に以下のようなものがあります。

おすすめの介護系資格

  • 介護職員初任者研修
  • 実務者研修
  • 介護福祉士実務者研修

介護職員初任者研修

介護職員初任者研修は、介護職の入門編資格に位置ずけられています。

介護系の資格は、実務経験などに規定のある資格が多いですが、介護職員初任者研修は資格取得に制限がありません。

そのため、介護職未経験者が取得を目指すのに最適な資格です。

介護職員初任者研修については、以下の記事でくわしく解説しています。

くわしく知りたい人は、あわせて参考にしてみてください。

未経験者でも実務者研修は取得できる?介護職員初任者研修とどちらを取得するべき?

実務者研修

実務者研修は、介護職員初任者研修の上位資格に位置づけられています。

実務者研修も、資格取得に規定がないため、介護職未経験でも取得が可能です。

介護職員実務者研修よりも、より深い内容を学びたいという人に最適な資格となっています。

実務者研修については、以下の記事でくわしく解説しています。

実務者研修についてくわしく知りたい人は、あわせて参考にしてみてください。

実務者研修の取得難易度は?カリキュラムや口コミから解説

介護福祉士実務者研修

介護福祉士実務者研修は、介護福祉に関する基礎を学ぶための資格です。

介護職員初任者研修を取得していれば、一部受講時間の免除が受けられます。

介護福祉士などの上位資格取得時に必要な資格となるので、スキルアップを目指す人は取得しておきましょう。

介護職の平均給与

ここからは、介護職の平均給与について紹介します。

職種によって、平均給与に少し差があるため、転職時の参考にしてみてください。

ちなみに、国税庁の調べによると、日本の平均給与は461万円です。

介護職員

介護職員の平均給与は310万円、月換算すると25万円程度になります。

利用者の身体的介助は国家資格の取得が必要であり、国家資格取得には3年間の実務経験がないといけません。

介護職員として働くためには、まず介護助手や介護補助として経験を積みましょう。

介護助手・介護補助

介護助手・介護補助の平均給与は280万円、月換算すると23万円程度になります。

介護助手や介護補助は、介護福祉士などの有資格者の補助として、利用者のサポートを行う仕事です。

未経験で介護職に転職する場合は、まず介護助手や介護補助をすることになります。

訪問介護員

訪問介護の平均給与は311万円、月換算すると25万円程度になります。

訪問介護は、介護が必要な人の自宅に訪問し、日常生活のサポートを行う仕事です。

一番平均年齢が高く、同世代が多く活躍しています

訪問介護の給与については、以下の記事でくわしく解説しています。

訪問介護の給与について知りたい人は、以下の記事も参考にしてみてください。

訪問介護員(介護ヘルパー)の給与相場について紹介。年収を上げるために出来ることも解説します

生活相談員

生活相談員の平均給与は380万円、月換算すると31万円程度になります。

生活相談員は、介護施設を利用する人やその家族から相談を受ける仕事です。

利用にともなう手続きや、必要な援助について説明をします。

生活相談員の給与については、以下の記事でくわしく解説しています。

生活相談員の給与について知りたい人は、あわせて参考にしてみてください。

生活相談員の給与・年収は高い?年収を上げる方法やおすすめの介護転職サービスなどについて徹底解説!

介護職に特化した転職サイトを利用するのがおすすめ

未経験で介護職に転職する場合は、介護職に特化した転職サイトの利用がおすすめです。

介護職に特化した転職サイトでは、未経験・無資格でも働ける施設を多く紹介しています

派遣スタッフとして働く場合、各施設に派遣され、福利厚生として無料で資格取得を目指せるため、働きながらスキルアップが可能です。

介護職に特化した転職サイトについては、以下の記事でくわしく説明しています。

介護職に特化した転職サイトについてくわしく知りたい人は、以下の記事もあわせて参考にしてみてください。

介護未経験なら転職サイトの利用をおすすめ|使うべき理由から求人数まで調査

50代でも介護職へ転職可能!強みを生かして自分をアピールしよう

一般的に、50代から未経験職への転職は難易度が高いため、おすすめできません。

しかし介護職においては、多くの同世代の人が介護施設で活躍しています。

50代の人は、20代や30代といった若い世代とは違い、社会経験の豊富さが魅力です。

ぜひ、自分の強みを生かして転職活動を成功させましょう。

-介護 転職
-,

© 2022 介護資格と転職ガイド