介護の転職サイト

介護未経験なら転職サイトの利用をおすすめ|使うべき理由から求人数まで調査

レクリエーション介護士2級の将来性

未経験からの介護職への転職で悩んでいませんか?

この記事では「未経験からの介護職への転職」について解説します。

結論、未経験でも転職サイトを利用すれば、スムーズな転職活動が可能です。

また、介護業界が人手不足といった理由も手伝い、未経験でも採用される可能性は十分あります。

他にも「転職サイトによる未経験可の求人数」や「転職サイトを選ぶポイント」についても解説します。

ぜひこの記事を参考に、介護職への転職を成功させてください。

また「介護未経験者におすすめの施設や資格」について知りたい方は、こちらで解説を行っていますのでぜひ確認してみてくださいね。

介護職未経験におすすめの転職サービス

  1. Job Medley|転職サイトながらも機能性が充実
  2. きらケア|未経験からの好条件が豊富
  3. 介護ワーカー|未経験者に合わせた求人を紹介

介護職未経験でも転職は可能

介護職未経験でも転職は可能

介護職は未経験者でも転職が可能な職業です。

介護職と聞くと、専門的な知識や技能が必要なイメージを持たれている方が多いかもしれません。

しかし、無資格や未経験から介護職に就き、現場で働き続けている人は多いです。

とは言え、未経験からの責任ある専門職への転職に不安を感じる方もいるでしょう。

以下介護職の現状や採用事情について解説するので、介護業界に対する理解を深めましょう。

介護職は人手不足

介護保険制度が開始された2000年以降、介護業界の規模は拡大し続けています。

高齢者は増加傾向にあるため、介護人材の需要は、年々高まっている状況です。

しかし、精神的・身体的負担や割りに合わない賃金などの理由から離職率が高く、介護業界は人手不足に悩まされています。

厚生労働省の試算では、2025年には37.7万人の介護人材の不足が見込まれており、介護業界は人材確保のために、採用と定着に力を入れていかなければなりません。

介護業界は多くの人材を必要としているのです。

未経験可の求人が多い

介護業界は慢性的に人手不足であるため、未経験者可の介護職の求人は珍しくありません。

未経験者を積極的に採用する理由は「同業他社との人材獲得競争の厳しさ」です。

経験者を取り合うのではなく、未経験者を採用・育成して、人材不足の解消、さらに労働環境の改善を見込んでいます。

未経験者の受け入れは、事業所はもちろん、介護業界にとって十分なメリットがあるため、求人数が多いのです。

未経験可の介護求人数

未経験可の介護求人数

実際に未経験可の求人がどの程度あるのか、以下3つのサイトから調査しました。

  • 介護ワーカー
  • きらケア
  • マイナビ介護職

各公式サイトで「未経験可」で絞った求人数の他、職種の「介護職・ヘルパー」を条件に加えた求人数を出しました。

どの転職サイトも「未経験可」のみで15,000件以上、職種を加えても10,000件以上の求人数が出ており、需要は充分あるとわかります。

介護ワーカーの未経験可求人数

介護ワーカー

全国にエリア対応している介護ワーカーでは、未経験可の介護職の求人数は30,587件(2021年12月現在)でした。

介護ワーカーは介護職転職サイトの中では求人数が多く、未経験可の求人数において、3サイト中で最も多いです。

そのうち、介護職・ヘルパーで絞った求人数は26,586件でした。

介護ワーカーなら、未経験からの転職でも、多くの選択肢から選べるでしょう。

きらケアの未経験可求人数

きらケア

きらケアはサービスの利用できるエリアは限定されていますが、日本全国にある求人を閲覧・応募できます。

未経験可の求人数は15,637件(2021年12月現在)でした。

介護職・ヘルパーで絞っても、3件中最も高い割合で、14,532件の求人がありました。

介護職・ヘルパー未経験で探すなら、きらケアが良いでしょう。

マイナビ介護職の未経験可求人数

マイナビ介護

全国エリア対応している、業界大手のマイナビ介護職では、公開求人数に非公開求人数が加わります。

非公開のため数の表記はありません。

未経験可の介護職求人は16,410件+非公開求人数(2021年12月現在)でした。

護職・ヘルパーで絞っても12.628件+非公開求人数の求人があります。

非公開求人がどれほどあるかは不明であるものの、未経験でも問題なく転職活動を行えるでしょう。

未経験から介護職へ転職する際の確認するべきポイント

未経験から介護職へ転職する際の確認するべきポイント

未経験可の求人が多いからといって、転職活動がスムーズに成功するわけではありません。

実際、未経験から介護職に転職した人の中には「思っていた職場と違う」「待遇に納得できない」など、短期間で離職してしまう人がいるのも現状です。

そこで、介護職はどのような職場があり、どのような仕事をするのか知っておきましょう。

  • 施設の種類
  • 仕事内容
  • 職場の雰囲気
  • サポート体制
  • 資格取得支援

未経験者向けに、転職先探しをする際に抑えて欲しいポイントをまとめたので、参考にしてください。

施設の種類

介護事業所にはさまざな形態があると知っておきましょう。

資格や経験が必要な業務はともかく、未経験者を採用するかどうかは、事業所によって異なります。

施設の形態によって、利用者の要介護度や、仕事の内容が変わってくることを知っておいてください。

たとえば、要介護3以上の高齢者が入所する特別養護老人ホームでは身体介護が多く、知識や技能は身につきますが、未経験者にとっては大変かもしれません。

不安な方は、要介護度が比較的低いデイサービスを選ぶなど、働く上でどんな施設が自分に合うのか、検討してみましょう。

仕事内容

仕事内容

介護職における主な仕事は「身体介護」と「生活援助」です。

身体介護 移動介助・入浴介助・食事介助・排泄介助
生活援助 掃除・洗濯・食事の用意・買い物代行 ・その他日常生活に必要な援助

具体的な仕事内容は、職場によって大きく異なります。

未経験者は、経験者や有資格者の介護職員と比べれば、サポート的な仕事が多いです。

しかし、どこまで未経験者に仕事を任せるのかは職場次第なので、詳細について確認しておく必要があります。

職場の雰囲気

未経験から介護の仕事を始める際、職場の雰囲気はとても重要です。

質問や相談をしやすい環境か、未経験者に対して配慮が行き届く職場かどうか、気になる求人の職場の雰囲気は確認しておきましょう。

とくに稼働人数が極端に少ない職場は、未経験者だけでなく、介護される利用者にとっても負担でしかありません。

詳細な求人情報や職場見学、転職エージェントのアドバイザーなどを利用して、職場環境の情報は、事前にしっかり集めてください。

サポート体制

サポート体制

求人に「未経験者OK」と記載されていても、対人で介護に関わる仕事なので、不安に感じる人は多いでしょう。

心配な方は、人材教育の体制が整っている職場かどうか、確認してください。

教育制度は事業所によって異なります。

職場内教育の研修が1〜3ヶ月で完了する事業所から、ひとり立ちできるまでサポートしてくれる事業所と、体制はさまざまです。

安心できる職場環境を希望するなら、職場内教育を半年以上実施する事業所をおすすめします。

資格取得支援

転職後のキャリアアップを考えるなら、資格取得支援制度のある職場がおすすめです。

資格の取得は、キャリアプランの幅を拡げたり、昇給に影響したりします。

少しでも早い昇給や、スキルアップを目指すのであれば、働きながら資格を取りやすい職場の方が良いです。

事業所によっては、初任者研修や介護支援専門員など、さまざな資格を取得するための費用を一部負担してくれるケースがあります。

少しでも便利な資格取得支援制度を行なっている職場をピックアップしましょう。

介護未経験者が転職サイトを選ぶポイント

介護未経験者が転職サイトを選ぶポイント

未経験者が介護職への転職を成功させるために、重要なのが転職サイト選びです。

主なポイントは、以下の3つ

  • 求人数
  • 現場のリアルな雰囲気がわかる
  • エージェントによるサポートがある

転職サイトは、コンサルタントやアドバイザーから転職サポートを受けられる、介護職に特化した転職エージェントをおすすめします。

比較して欲しいポイントや抑えておきたいポイントを解説していくので、転職サイト選びの目安にしてください。

求人数

求人数は多ければ多いほど、希望条件を満たしてくれる職場や、自分に合った求人を見つけやすくなります。

少なくとも、10,000件以上の介護職の求人がある転職サイトが望ましいです。

好条件の転職を希望する方は、非公開求人も確認しておきましょう。

非公開求人は、好条件による応募の殺到を防ぐための求人で、転職サイトの登録者しか利用できません。

条件が合えば非公開求人を紹介してもらえるので、非公開求人を多数保有している転職エージェントをおすすめします。

現場のリアルな雰囲気がわかる

現場のリアルな雰囲気がわかる

転職サイトを選ぶ際、求人情報に関して、どれだけ詳細に得られるかどうかを確認しておきましょう。

転職サイトの中には、求人票に職場の雰囲気まで載せているケースがあります。

また、転職エージェントを利用すれば、コンサルタントやアドバイザーが職場環境や人間関係など詳細に情報収集しているため、現場のリアルな状況把握が可能です。

介護職は、転職後のミスマッチによる離職が多いため、事前にどれだけ情報を集められるかが、転職成功の鍵を握ります。

エージェントによるサポートがある

転職エージェントは、転職サポートを受けられるので、転職活動の負担を減らしたい方におすすめです。

転職エージェントは、求人を出している企業から報酬を得ているので、転職者は無料で利用できます。

主に受けられるサポート内容は以下の通りです。

  • キャリアカウンセリング
  • 希望条件に合う求人の絞り込み/紹介
  • 応募書類の添削
  • 面接対策/面接同行
  • 交渉代行
  • アフターフォロー

幅広くサポートしてくれるので、忙しくて転職活動がはかどらない方や、書類作成や面接が苦手な方は、ぜひ利用してください。

介護未経験者におすすめの転職サイト

介護未経験者におすすめの転職サイト

エージェント型の転職サイトを含め、介護職専門の転職サイトはたくさんあります。

数が多くて、どの転職サイトを利用するか悩まれている方は多いでしょう。

そこで、おすすめの転職サイトを3つ紹介するので、ぜひチェックしてください。

介護職未経験におすすめの転職サービス

  1. Job Medley|転職サイトながらも機能性が充実
  2. きらケア|未経験からの好条件が豊富
  3. 介護ワーカー|未経験者に合わせた求人を紹介

紹介するサイトは、全て無料で利用できるので、登録や相談だけ利用しても良いでしょう。

転職サイトは複数登録して問題はないので、気になったサイトがあったら、ぜひ利用してみてください。

Job Medley|転職サイトながらも機能性が充実

ジョブメドレー

介護業界に特化した転職サービスを提供しているのが、ジョブメドレーです。

介護だけでなく、医科や歯科、保育から美容まで、医療・福祉業界の幅広い求人を扱っています。

介護の分野で職種別に求人を選択でき、欲しい情報を探しやすいです。

全国エリアに対応しており、介護職/ヘルパーの求人だけで80,000件以上の求人数を持っています。

その中で未経験者や無資格者が応募可能な求人は17,000件以上です(2021年12月現在) 。

登録情報から、希望条件に合った求人がメールで届く他に、匿名プロフィールを見た事業所から直接スカウトが届く「スカウトサービス」があります。

Job Medleyで未経験可求人を探す

きらケア|未経験からの好条件が豊富

きらケア

きらケアでは、未経験者や無資格の方が応募できる求人の他、好条件の求人が豊富です。

月給33万円以上の好求人や、週休2日や残業少なめの好条件の求人が多数そろっています。

事業所訪問を行い、現場のスタッフからヒアリングを行なっているため、転職後のミスマッチが生じにくいのが特徴です。

求人に関わる情報は、離職率や人間関係など、ネガティブな面に関する話まで聞けます。

未経験者のみならず、転職活動で失敗したくない人におすすめです。

紹介サービスが対応可能な地域が限定されているので、お住いの地域でご利用できるか、確認してください。

きらケアで未経験可求人を探す

介護ワーカー|未経験者に合わせた求人を紹介

介護ワーカー

介護ワーカーは、介護士に特化した転職サイトで、株式会社トライトキャリアが運営しています。

全国エリアに対応しており、80,000件以上の公開求人数に加え、多くの非公開求人を保有する転職支援サイトです。

求人数が少なくなりがちな郊外エリアでもしっかり求人数があるので、主要都市以外の方が利用しやすいという特徴があります。

介護職の専門のアドバイザーによる転職サポートを受けられるので、未経験者の方も安心です。

教育制度の充実した職場や、人間関係が優良な環境の職場など、未経験者に合わせた職場を提案してくれます。

介護ワーカーで未経験可求人を探す

介護転職サイトを利用すれば未経験でも転職可能!

介護転職サイトを利用すれば未経験でも転職可能!

介護職未経験の方でも、転職サイトを利用すれば、スムーズな転職が可能です。

介護業界は圧倒的な人手不足のため、未経験でも問題ありません。

ただし、自身で応募するだけでは限界があるので、転職サイトを効率的に使いましょう。

今回の記事を参考に、いくつかの転職サイトを利用してみてください。

介護職未経験におすすめの転職サービス

  1. Job Medley|転職サイトながらも機能性が充実
  2. きらケア|未経験からの好条件が豊富
  3. 介護ワーカー|未経験者に合わせた求人を紹介

-介護の転職サイト
-, , , ,

© 2022 介護資格と転職ガイド