介護の面接対策

介護職の面接時の注意点とは?面接を成功させるコツやなどについても徹底紹介

介護職 面接 注意点

介護職の面接時の注意点を知りたいと思っていませんか?

この記事では「介護職の面接時の注意点」について解説します。

介護職の面接の注意点をあらかじめ理解しておくことで、面接成功率を上げることができます。

他にも「介護職の面接を成功させるコツ」や「介護職の面接でよくある質問」についても解説します。

ぜひこの記事を参考に、介護職の面接時の注意点を把握して、面接成功率を高めてください。

また「介護になるための資格」について知りたい方は、こちらで解説を行なっていますのでぜひ確認してください。

介護職の面接時の注意点

介護職の面接時の注意点

介護職の面接時の注意点を理解しておくことで、面接成功率を高めることが可能です。

具体的に介護職の面接時の注意点は、主に以下の5つです。

  • 服装と身だしなみ
  • 履歴書の内容を確認する
  • アクセス情報の事前確認
  • 持ち物のチェック
  • ハキハキと明るく話す

下記にて、それぞれの注意点を解説します。

服装と身だしなみ

介護職の面接時に服装と身だしなみをしっかりしておくことで、面接官に第一印象で好印象を与えることができ、面接で有利に働くことが可能です。

基本的には、服装はスーツで面接を行い、シワや汚れがないことを事前に確認しておきましょう。

男性の場合には、ひげは剃って、短髪などで清潔感を出すことが重要と言えます。

女性の場合、髪が長い場合は髪をまとめて、ナチュラルメイクをすることを意識することで、面接官に好印象を与えることが可能です。

履歴書の内容を確認する

履歴書の内容を確認する

他業種の面接でも同じこと言えますが、基本的に面接官は履歴書に記載されている内容に沿って質問をしてきます。

提出した履歴書に記載されている内容と大きく外れている内容を答えてしまうと信用度が下がってしまい、最悪の場合には面接を落とされてしまう原因になってしまいます。

面接を受ける前には、履歴書の内容を復習して面接官の質問に備えることが重要と言えるでしょう。

アクセス情報の事前確認

アクセス情報の事前確認をしておくことで、面接へ遅刻することを未然に防ぐことが可能です。

面接時間よりも10分前に到着するようにするように心がけることが大切です。

仮に、電車やバスが止まってしまったなどの理由であれば、できるだけ早く電話で報告しましょう。

持ち物のチェック

持ち物チェック

面接を受ける際には、下記の持ち物をチェックしましょう。

  • 応募書類
  • 手帳(メモ帳)
  • 筆記用具
  • 印鑑
  • 履歴書のコピー

上記以外にも、必要なものがないのか事前に確認をしておくことが重要です。

面接の案内に指定されている持ち物が無い場合には、トラブルを防ぐためにもあらかじめ確認をしておきましょう。

ハキハキと明るく話す

面接官にコミュニケーション能力が高いことをアピールするためにも、ハキハキと明るく話すことを意識しましょう。

介護職は、高齢者はもちろんですが、ご家族や職場関係者と幅広い方とコミュニケーションが求められる職業です。

そのため、ほとんどの職場ではコミュニケーション能力は、採用する重要な要素と言えるでしょう。

しかし、「自分はコミュニケーション能力が高い」という表現は逆に悪い印象を与えてしまう可能性があるため、避けるように注意が必要です。

介護職の面接を成功させるコツ

介護職の面接を成功させるコツ

介護職の面接を成功させるコツをあらかじめ把握しておくことで、自分の理想としている職場で働くことができる可能性を高めることが可能です。

具体的に介護職の面接を成功させるコツは、主に以下の4つです。

  • 第一印象を良くする
  • 質問の意図を理解する
  • 結論から話す
  • テンポ良く話す

それぞれのコツについて解説するので、ぜひ活用してみてください。

第一印象を良くする

面接を成功させるためのコツでもっとも重要とされているのが、面接官への第一印象です。

実際に、第一印象は業務をする上で高齢者やご家族に与える影響力が高いため、高齢者施設の売上にも直接関係するほど重要な項目と言えます。

面接をスタートして数秒で第一印象が決まってしまうため、清潔感のある身だしなみやマナーなどはしっかりと準備しておくことが重要です。

質問の意図を理解する

質問の意図を理解する

面接官が質問した意図を理解することによって、スムーズに面接を進めることができ、結果的に内定率を上げることにも繋げることが可能です。

質問の意図を理解して回答することによって、面接官が知りたいことに対して的確に答えることができ、好印象を与えることができます。

仮に面接官の質問の意図が分からない場合には、素直に聞きかえすことをおすすめします。

その際に「質問が分かりません」と答えてしまうと、消極的な印象を与えてしまう可能性があるため、あらかじめ注意が必要です。

結論から話す

結論から話すことによって、説得力のある受け答えをすることが可能です。

具体的に説得力のある受け答えをするコツについては、以下4つの流れに沿って話すことをおすすめします。

  1. 結論
  2. 理由
  3. 具体例
  4. 結論

上記の順番で話す手法のことをPREP法とも呼ばれており、自分自身が一番伝えたいことを明確に面接官の印象に残すことが可能です。

面接官は1日に多くの就活生と面接を行なっているため、ダラダラと話すよりもできるだけ簡潔に答えることが求められます。

テンポ良く話す

テンポよく話す

面接官とテンポよく話すことを意識することによって、コミュニケーション能力が高い印象を与えることが可能です。

実際に、積極性をアピールするために、一方的に話してしまうと面接官との会話がテンポよく進むことができず、逆に悪い印象を与えてしまうリスクがあります。

テンポ良く話すためには、会話のメリハリをつけるために、強調したいことははっきりとゆっくり話すことを意識することが必要です。

また、早口になってしまうと自分が伝えたいことも明確に伝えることができなくなる可能性があるため、あらかじめ注意が必要と言えるでしょう。

介護職の面接でよくある質問

介護職の面接でよくある質問

介護職の面接でよくある質問をあらかじめ理解することによって、質問の意図に対して事前準備を行うことが可能です。

具体的に面接でよくある質問としては、主に下記の4つが挙げられます。

  • 質問①:志望動機を教えてください
  • 質問②:入社してどのような仕事をしたいですか?
  • 質問③:残業や夜勤もできますか?
  • 質問④:最後に何か質問はありますか?

下記にて、それぞれのよくある質問について解説します。

質問①:志望動機を教えてください

【回答例】

私は昔から、人と接することが好きで、常に人の役に立てる介護職に従事したいと思っておりました。
前職では接客業に携わっており、お客さまの喜んでいただける顔を見ることにやりがいを感じておりました。
そしてこのたび、以前から関心のあった介護の仕事に就きたいと考え、御社の利用者に対するサービスや雰囲気に惹かれ、ぜひ御社で仕事をしたいと感じております。
これまでの経験で培った気配りや責任感、我慢強さなど活かして、先輩方からしっかりと学び、早く利用者さまのお役に立てるよう邁進したいと考えております。

面接官から志望動機を質問してくる意図は、単純に幅広い求人の中でなぜ選んだのか確認したいことが多いです。

志望動機を明確に答えることによって、面接官から良い評価を受けることが可能です。

また、施設の経営理念や業務内容をあらかじめ把握しておくことも、志望動機を的確に答えることに繋げることができます。

質問②:入社してどのような仕事をしたいですか?

質問②:入社してどのような仕事をしたいですか?

【回答例】

私は介護士として、より多くの利用者の介護をサポートしていきたいです。
まずは利用者のことを第一に考えて業務を行い、介護士として独り立ちができるように日々精進していきます。
将来的には、ケアマネージャーなどの資格を取得して、管理職をチャレンジしていきたいと考えております。

入社後の仕事に関わる質問は、入社後のキャリアプランについて知りたい意図がある可能性が高いです。

そのため、できる限り自分のキャリアプランを明確に説明を行うことが求められます。

基本的に介護求人を出している施設では、自主的に行動することができる人材を求めているため、求人を出している施設の考え方とマッチしているキャリアプランかどうかも判断基準の1つです。

質問③:残業や夜勤もできますか?

【回答例】

残業は、基本的に問題ありません。
夜勤については、求人内容に記載されている内容であれば問題なく夜勤を行うことが可能です。
子供が2人いるため、週末はできるだけ定時で上がらせていただけると助かります。
急なシフト変更にも柔軟に対応ができるように努めさせていただきます。

残業や夜勤に関わることを聞かれた場合には、積極的な姿勢を見せることをおすすめします。

家庭の事情で残業や夜勤ができない状況であれば、入社後のトラブルを避けるためにも、残業や夜勤を行なっていない求人を探すことが必要です。

仮に、働いてみたい介護施設でも、残業や夜勤が求人内容に含まれている場合でも、理由をしっかりと伝えることができれば、マイナス評価になることを防ぐことも可能です。

質問④:最後に何か質問がありますか?

質問④:最後に何か質問がありますか?

【回答例】

御社で働きながら、多く利用者に充実した介護サービスを提供するために、介護資格を取りたいと思っております。資格取得制度について、具体的に知りたいです。
また、入社する前に資格勉強しておいた方が良い内容などがあれば教えていただきたいです。

面接官から逆質問がある場合は、自己PRや入社意欲などを確認している場合があります。

アピールする場面として活用することもできますが、素直に疑問に思っていることを答えることも面接官に好印象を与えることが可能です。

しかし、「特に質問はありません」などと答えてしまうと面接官に消極的な印象を与えてしまう可能性があるため、あらかじめ注意が必要です。

おすすめの介護転職サービス3選

おすすめの介護転職サービス3選

おすすめの介護転職サービスは、主に以下の3つです。

  • マイナビ介護
  • きらケア
  • 介護レポ

介護転職サービスによって、特徴が異なるため、自分に合った介護転職サービスはどれなのか比較検討してみてください。

下記にて、それぞれの介護転職サービスについて解説していきます。

マイナビ介護

運営会社 株式会社マイナビ
求人数 55,407件(2021年11月18日現在)
対象エリア 全国
雇用形態 正社員(正職員)、契約社員(職員)、非常勤・パート

マイナビ介護は、「一人ひとりに寄り添える転職を」というコンセプトで運営をしている介護業界特化型エージェントです。

介護業界に精通した優秀なコンサルタントが多く在籍しており、丁寧なヒアリングや細かなサポートを受けることが可能です。

具体的なマイナビ介護が対応している地域は、基本的には全国ですが、首都圏・関西圏・東海地方については特に取り扱っている求人が充実している特徴があります。

地方に住んでいる方でも、出張転職相談会も開催しているため、転職活動で不安に思っていることを減らせるメリットも挙げられます。

公式サイトで詳細を見る

きらケア

きらケア

運営会社 レバレジーズメディカルケア株式会社
求人数 約45,000件(2021年8月現在)
対象エリア 全国
雇用形態 正社員、契約社員、パート、派遣社員、紹介予定派遣

きらケアは、レバレジーズメディカルケア株式会社が運営をしている介護特化型転職支援サービスです。

介護業界の経験豊富なスタッフから転職サポートを受けることができるため、転職後のミスマッチを減らすことができます。

具体的なきらケアの特徴として、主に下記が挙げられます。

  • スケジュール管理
  • 履歴書や職務経歴書などの書類添削
  • 面接対策
  • 条件交渉
  • アフターフォロー

介護業界が未経験の方でも、未経験求人も多く取り扱っているため、おすすめの介護転職サービスと言えるでしょう。

公式サイトで詳細を見る

介護レポ

介護レポ:株式会社repo

運営会社 株式会社repo
求人数 30,000件以上
対象エリア 全国
雇用形態 正社員、契約社員、パート、派遣社員

介護レポは、2018年7月から運営をしているため比較的新しい介護転職サービスです。

取り扱っている求人の質が高く、転職して年収アップを目指している人におすすめと言えるでしょう。

一人ひとりに担当のキャリアアドバイザーから、転職サポートを受けることができるため、効率的に転職活動を行うことが可能です。

異業種から介護業界に転職を考えている方でも、資格取得支援制度がある求人の紹介などを受けることもできるため、安心して転職活動を行うことができます。

公式サイトで詳細を見る

面接時の注意点を事前に把握して面接を成功させよう!

面接時の注意点を事前に把握して面接を成功させよう!

今回は、これから介護職の面接受けようと思っている方に向けて、介護職の面接時の注意点から面接を成功させるコツなどについて紹介しました。

介護職の面接時の注意点としては、以下の通りです。

  • 服装と身だしなみ
  • 履歴書の内容を確認する
  • アクセス情報の事前確認
  • 持ち物のチェック
  • ハキハキと明るく話す

また、おすすめの介護転職サービスを利用することで、自身の理想としている求人を見つけることが可能です。

今回の記事を参考に、介護職の面接を成功させてみてはいかがでしょうか。

-介護の面接対策
-, ,

© 2022 介護資格と転職ガイド