介護の面接対策

介護職の面接でよくある質問10選|面接のコツやおすすめの介護転職サービスについても徹底解説!

介護職の面接対策ポイント

介護職の面接をすることに不安を感じていませんか?

この記事では「介護職の面接でよくある質問」について解説します。

介護職の面接を受ける際に、よくある質問をあらかじめ理解しておくことで、面接成功率を高めることが可能です。

その他にも「介護職の面接を成功させるコツ」や「おすすめの介護転職サービス」も解説します。

ぜひこの記事を参考に、介護職の面接を成功させて自身が理想としている職場に転職を成功させましょう。

また、「介護職の面接時の注意点」について知りたい方は、こちらで解説を行っていますのでぜひ確認してみてください。

介護職の面接でよくある質問10選

介護職の面接でよくある質問10選

介護職の面接でよくある質問をあらかじめ把握しておくことで、面接時に慌てることなく質問に答えることができ、面接成功率を高めることができます。

具体的な介護職の面接でよくある質問は、主に以下の10つです。

  • 質問①:前職の退職した理由を教えてください
  • 質問②:経歴を教えてください
  • 質問③:志望動機を教えてください
  • 質問④:キャリアプランはありますか?
  • 質問⑤:長所や短所を教えてください
  • 質問⑥:いつから勤務できますか?
  • 質問⑦:仕事をする上で大切にしていることは?
  • 質問⑧:あなたの課題はありますか?
  • 質問⑨:今は高齢者と関わりはありますか?
  • 質問⑩:何か質問はありますか?

よくある質問内容によって、面接官が知りたい意図が異なるため、自分自身のことを最大限アピールすることにも繋げることが可能です。

下記にて、それぞれの質問内容について回答例を踏まえて紹介していきますので、これから介護職の面接を受ける予定がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

質問①:前職の退職した理由を教えてください

【回答例】

今の職場では、事業の売上が大きく減少しており、配置転換や早期退職が始まっており、今後もこの仕事を続けることは難しいと判断したため、退職を決意しました。
私は人とのコミュニケーションが好きで、この介護業界で働いてみたいと思っておりました。
御社の経営理念や職場の雰囲気など自分の理想とマッチしており、ぜひ御社で働きたいと思っておりますので、よろしくお願いたします。

前職で退職した理由を聞かれる質問の意図は、入社後にすぐにやめてしまうことがないのか事前確認するためです。

人間関係に不満があって前職を退職した場合でも、なるべく前向きな退職理由として面接官に説明することが重要です。

実際に、人間関係の問題がきっかけで退職していることを伝えてしまうと、「また同じような理由で退職してしまう可能性がある」と思われてしまう可能性が高いです。

このように、ネガティブな理由がある場合でも、ポジティブな表現に変えることが、面接を成功させるために大切と言えるでしょう。

質問②:経歴を教えてください

質問②:経歴を教えてください

【回答例】

人とコミュニケーションを取ることが好きで、3年間営業職の仕事をしていました。
管理部へ異動となりましたが、最初は仕事にやりがいを感じることが出来ませんでしたが、なんらかの結果を出すことでやりがいを感じることができると日々の業務を行いました。
実際、管理部である程度の仕事を任されるようになり、社内でも高い評価を得ることができました。
前職で得た営業と管理部の経験やスキル、知識などは必ず介護士としても役に立つことができます。

経歴を聞かれる場合には、介護職として活用することができるスキルや経験を持っていることを確認する意図が含まれています。

基本的に、求人を出している介護施設は、即戦力として働くことができる人材かどうかも採用基準として挙げられます。

質問への回答へのポイントについては、過去の経歴を全て話すことは難しいため、求人を出している介護施設によって、どのような経歴を話すのかあらかじめ整理することが必要と言えるでしょう。

質問③:志望動機を教えてください

【回答例】

介護職で一番重要な要素として、コミュニケーションだと考えております。
利用者とコミュニケーションを取りやすくするためには、職場の雰囲気も大切です。
以前御社の施設見学をさせていただいた際に、アットホームな雰囲気で、とても楽しく業務を行っている介護士が多く在籍していることが印象残っているため、ぜひ私も同じ職場で働きたいと感じました。

志望動機を質問する意図は、なぜ多くある求人の中から選んだ理由を明確に知りたいということが挙げられます。

事前に経営理念や業務内容などのホームページに記載されている内容を理解しておくことで、面接官から高評価を得る可能性を上げることが可能と言えるでしょう。

また、志望度が高い方であれば、入社後に貢献してもらうことができると思わせることができるメリットが挙げられます。

その他にも、長期的に働くことができる人材なのか把握する意図も含まれています。

質問④:キャリアプランはありますか?

質問④:キャリアプランはありますか?

【回答例】

一日でも早く業務に慣れて、即戦力として活躍することができるように日々精進したいと考えております。
また、介護福祉士やケアマネージャーの資格を取得して、将来的には管理職として活躍したいです。
利用者に感謝されるような、介護施設を目指していきたいと思っております。

明確なキャリアプランを答えることができれば、自己分析がしっかりと出来ている人材と思わせることが可能です。

キャリアプランを回答することは積極性があって好印象を与えることができますが、プライベートを重視しすぎていたり、一貫性がない場合などは、逆効果になってしまうリスクがあるため注意が必要と言えるでしょう。

先ほど解説した志望動機と相違がないキャリアプランを答えるように事前に確認しておくことが重要です。

質問⑤:長所や短所を教えてください

【回答例】

私の長所は、職場の同僚と信頼関係を築きながらコミュニケーションを取れることです。
前職でもプロジェクトリーダーを任されており、チームの雰囲気を良くして働きやすい職場環境作りを行うことが可能です。
短所については、せっかちなところがあるため、時間に余裕を持って行動ができるように、意識していきます。

長所は、どのようにして仕事に繋がることができるのか、面接官に伝えることで、ただの自慢にならずに謙虚な言い回しとして伝えることが可能です。

自分ばかりの話にならないように、できるだけ簡潔に離すことが重要と言えるでしょう。

短所を説明する際には、性格や習慣など人間性に問題があると思われないような短所を説明することをおすすめします。

質問⑥:いつから勤務できますか?

質問⑥:いつから勤務できますか?

【回答例】

現在勤めている退職手続きが○日に全ての手続きが終了するため、○日以降であれば勤務することが可能です。
仕事を引き継ぐ際にも、しっかりと責任を持って行います。

求人に出している介護施設では、できるだけ早く働ける人を優先的に採用する可能性が高いです。

しかし、早く働けることが理想ですが、現在勤めている業務の引き継ぎなどによって、すぐに務めることができない場合がほとんどです。

勤務できる期間が長くなってしまう場合でも、理由を明確に説明することで、面接官の印象を下げることを防ぐことができます。

具体的なスケジュールを伝える際には、トラブルを防ぐためにも、無理のないスケジュールを伝えましょう。

質問⑦:仕事をする上で大切にしていることは?

【回答例】

仕事をする上で大切にしていることは、高いコミュニケーション能力だと考えております。
介護職は、他職員と協力してスムーズに業務を進めることが重要になるため、自分自身の業務はもちろんですが、周囲とのコミュニケーションを取って業務に尽力することが重要だと思っております。

仕事をする上で大切にしていることを聞かれる質問の意図は、どのような働き方を期待できるのかを知るためのものです。

介護職は、利用者と直接関わる接客業のため、コミュニケーション能力が必要になるため、仕事をする上で大切にしていることへの回答としては、コミュニケーション能力について触れることをおすすめします。

質問⑧:あなたの課題はありますか?

質問⑧:あなたの課題はありますか?

【回答例】

私の課題は慎重になり過ぎてしまい、業務が納期ギリギリになってしまうことが多くありました。
そこで、業務に手を抜かずにスピード感がある業務を行うために、周囲とコミュニケーションを取って一人で悩む時間を減らすことを減らすように意識しました。
結果的には、日々の業務スピードが上がって周囲とのコミュニケーションを取る機会が増えて良い雰囲気で業務を行うことができました。

自分自身の課題をしっかりと分析して、解決するためにどのような行動をしたのか具体的に伝えることが大切です。

質問の意図は、課題意識を持って日々の業務を行うことができるのか知りたいという意味が込められています。

回答する際のポイントは、マイナス面のカバーではなくて、プラス面をさらに良くするということを意識することが重要と言えるでしょう。

質問⑨:今は高齢者と関わりはありますか?

【回答例】

祖父の介護の手伝いをしています。
具体的には、シーツの交換をしたり、身体をタオルで拭くなどをして、中学生から介護を身近に感じていました。
その経験を生かして、介護業務でも生かしていきたいと考えております。

高齢者と関わりがあることを質問される意図については、高齢者とのコミュニケーションに抵抗が無いことを確認することが挙げられます。

仮に今は高齢者と関わりがない場合でも、面接で回答ができるように、高齢者介護のボランティアに参加することも、面接官に好印象を残すことが可能です。

実際に、高齢者との関わりがない方が介護職として働いてしまうと、理想と現実のギャップを感じて、早期退職をしてしまうケースが多く挙げられます。

質問⑩:何か質問はありますか?

質問⑩:なにか質問ありますか?

【回答例】

介護職は未経験ですが、御社で働きながら、介護に関わる知識やスキルなどを身に着けて、多くの介護資格を取得したいと考えております。
御社の資格取得制度について、詳しく教えて頂けると助かります。
また、入社する前に、勉強しておいた方が良いことがあれば知りたいです。

面接の最後に「なにか質問はありますか?」と質問される意図は、入社意欲や自社への興味を図る意図があります。

質問がなにも思いつかない場合でも、「特に質問はありません。」答えるのではなくて、面接を通して気になる点を質問するだけも面接官に好印象を与えることが可能です。

しかし、自分で調べれば分かるような簡単な質問をしてしまうと、逆効果になってしまう可能性があるため、あらかじめ注意が必要です。

介護職の面接を成功させるコツ

介護職の面接を成功させるコツ

介護職の面接を成功させるコツは、主に以下の3つです。

  • 面接の種類を事前に確認しておく
  • 第一印印象を良くする
  • しっかりとコミュニケーションをとる

面接のコツをあらかじめ理解しておくことで、効率よく転職活動を行うことができ、自分自身が理想としている職場に務めることが可能です。

それぞれの介護職の面接を成功させるコツについて、特徴を踏まえて解説していきます。

面接の種類を事前に確認しておく

面接の種類は、主に以下の4つに分かれます。

  • 個人面接
  • 集団面接
  • グループディスカッション形式面接
  • プレゼンテーション形式面接

上記の面接によって特徴がことなるため、面接の種類のポイントを把握することが重要と言えるでしょう。

基本的には、集団面接を行いますが、介護施設によって多少異なる場合があるため、あらかじめ確認しておくことをおすすめします。

第一印象を良くする

第一印象を良くする

他の業界でも共通して言えることですが、第一印象を良くすることで、採用基準に大きな影響を与えるため、重要な要素と言えるでしょう。

具体的に第一印象を良くするためには、主に以下が挙げられます。

  • 明るくハキハキと話す
  • 清潔感のある髪型(メイク)
  • シワのない服装
  • 姿勢が良い
  • 礼儀正しい

上記のように、第一印象を良くするためには、少しでも意識をすることが大切です。

しっかりとコミュニケーションを取る

面接官としっかりコミュニケーションを取ることを意識することによって、好印象を残すことが可能です。

自分が伝えたいことを事前にまとめて、面接官の気持ちになって伝えることが重要です。

また、面接の流れを把握しておくことで、スムーズに面接を行うことにも繋げることができるため、あらかじめ面接する流れを頭の中でシュミレーションしておくことをおすすめします。

介護職に転職を考えているならマイナビ介護がおすすめ!

運営会社 株式会社マイナビ
公開求人数 約55,000件※2021年11月時点
非公開求人数
対象エリア 全国
対象年代 20代〜50代
職種 介護職、ヘルパー、ケアマネージャー、生活相談員、施設長

マイナビ介護は、大手人材広告企業の株式会社マイナビが運営をしており、専任のキャリアアドバイザーから転職サポートを受けることが可能です。

プライバシーマーク・職業紹介優良事業者認定を取得しており、定着率が高い求人を多く取り扱っています。

また、他の介護求人サービスに比べて、非公開求人数が多いため、自分自身が理想としている職場を見つけることが可能です。

公式サイトで詳細を見る

面談対策をして転職を成功させよう!

面接対策をして転職を成功させよう!

今回は、これから介護職に転職したいと思っている方に向けて、介護職の面接でよくある質問や面接を成功させるコツについて紹介しました。

介護職の面接でよくある質問を事前に把握することによって、スムーズに面接を行うことができ、結果的に転職成功率を高めることが可能です。

面接の成功率を高めるコツは、主に以下の通りです。

  • 面接の種類を事前に確認しておく
  • 第一印印象を良くする
  • しっかりとコミュニケーションをとる

ぜひこの記事を参考にして、面接対策をして介護職への転職を成功させてみてはいかがでしょうか。

-介護の面接対策
-, ,

© 2022 介護資格と転職ガイド