介護の面接対策

【例文あり】介護職の転職で面接攻略法を解説!よく聞かれる質問にはどう対応すればいい?

【まとめ記事】介護 面接

介護職の面接対策に有効な方法とは?

転職活動をするうえで避けて通れないのが面接。

面接で合格するためには面接のコツを知ることが重要です。

この記事では、介護職の面接を攻略する方法について、よくある質問や回答例、NG例などを交えて紹介していきます。

また、面接をするうえではテクニック的な要素も含まれます。

面接を進めるうえで注意するべき点を以下にまとめましたので、合わせてご確認ください。

転職活動では孤独な戦いですが、転職サイトなどのサービスを活用することで効率的に進めることができます。

求人情報を集められるだけではなく、面接対策などのアドバイスを行ってくれるため、積極的に活用していってください。

また、資格を持っていると実務スキルの証明となるため転職活動に役立ちます。

資格を効率よく取得できるサービスについても合わせてご確認ください。

面接の対策を知って効率的に転職活動を進めていきましょう!

介護職の面接を攻略!

介護職の面接

介護職の転職活動で重要になるのが面接です。

面接は企業に自分の経歴や人柄をアピールする絶好の場。

しっかりとアピールすることで、企業に好印象を与えましょう。

面接は転職活動で最重要!

転職活動において、面接は最重要といっても過言ではありません。

仕事は他人との協力が必要不可欠であるため、元気よく丁寧な印象を与えましょう。

面接自分をアピールする場です。

特に、人気のある企業の場合だと数ある受験者から1人を厳選する場合があります。

企業にとって印象に残る人物であることをアピールしましょう。

介護職の面接

介護職は接客業となるため、マナーや作法などが問われることもあります。

経歴そのものも重要ですが、面接において明朗な人物であることが重要です。

元気よく、誠実な人間であることをアピールしましょう。

介護の転職活動の流れ

介護職の面接

一般的な転職活動の流れでは、書類選考から始まって面接形式で選考を行います。

書類選考に通過した人が面接に通過するため、面接に案内される人はある程度認められた人といえるでしょう。

面接においては、企業と転職希望者が企業にマッチするかどうかを見極める場所です。

一般的な選考フロー

書類選考→一次面接→二次面接→最終面接

転職サイトに登録する

▽詳細はこちらをクリック

転職活動では、まず転職サイトに登録します。

企業に直接応募することも可能ですが、多くの人が転職サイトを通じて転職しています。

というのも、転職サイトは転職に関するノウハウが豊富であり、様々な情報を入手できるからです。

転職サイトでは求人の情報を得られるほか、専門のアドバイザーが転職に関するノウハウを共有できます。

おすすめの転職サイトは?

転職サイトを活用する際は介護専門の転職がおすすめ!

また、転職に関するアドバイスのサービスが充実しているかどうかもチェックしましょう。

以下の点を確認しましょう!

  • 求人数が充実しているか
  • 転職に関するアドバイスが充実しているか

「おすすめの転職サービスは?」の項も参照してください!

書類選考

介護職の面接

企業の選考では、まず書類による選考が行われます。

書類選考では、職務経歴や簡単な自己PRを確認して、企業が話を聞いてみたいと思った人材に対して面接での選考が案内される流れです。

応募者が多い場合は書類選考の段階で厳しい倍率となる場合もあります。

書類選考は第一段階の選考として行われるので、少しでも気になった企業に対して積極的に応募をしていきましょう。

一次面接・二次面接

面接の回数は企業によって異なります。

面接が1度で終わることもあれば、数回行われるというステップもあるのです。

一次面接や二次面接では、担当する課長や部長レベルの人が面接官となります。

最終面接

最終面接は、その名の通り選考の最終段階として行われるもの。

最終面接に合格すれば、晴れて内定ということになります。

経営者層など、企業の中でも役職の高い責任者が面接の担当者となります。

最終面接まで残れるというのは、企業から相当に高いレベルがあると見なされているでしょう。

自信を持って最終面接に臨みましょう。

介護の転職活動の面接で注意すること

介護職の面接

転職活動の面接においては注意するべき点を明確にすることが重要。

面接のゴールは企業と応募者が互いを理解することです。

応募者にとっては意中の企業から内定を勝ち取ることが目的ですが、入社後にギャップが生じないように会話をすり合わせていかなければなりません。

転職の動機を明確にする

▽詳細はこちらをクリック

転職活動では転職の動機を明確にすることが必要です。

何故転職が必要か?

転職活動で何を実現したいのか?

といったことを確認することで転職活動がスムーズに進められるでしょう。

転職活動においては面接の機会をはじめとして、常に「何故?」と自己問答の繰り返しになります。

転職活動の出発点となる転職の動機を整理することでブレなく転職を実現できるでしょう。

介護職の仕事内容を理解する

介護の転職においては介護職の仕事内容を理解することが重要です。

介護の仕事は様々ありますが、大きく分類して以下の3種類が挙げられます。

介護現場で実際にサービス利用者のお手伝いをするホームヘルパーや、介護サービスの管理をする介護事務やケアマネジャーの仕事など、それぞれのスキルや適性に応じて様々な仕事があります。

  • ホームヘルパー
  • 介護事務
  • ケアマネジャー

ホームヘルパー

介護職の面接

ホームヘルパーは実際に介護現場でサービス利用者のお手伝いをする仕事です。

直接サービス利用者の手助けをする仕事なので、介護現場でもやりがいのある仕事といえるでしょう。

実務経験をしていく中で、「介護職員初任者研修」や「介護職員実務者研修」などの資格を取得することでスキルアップしていける仕事です。

現場に最も近い仕事であるため、柔軟な対応力とコミュニケーションが求められます。

介護事務

介護事務の仕事は介護サービスが円滑に進められるように事務周りの仕事を進めていきます。

介護サービスの請求管理を行うレセプト(診療報酬明細書)の作成など、介護サービスを成立させるうえで欠かせない存在です。

電話対応や来客応対など、お客様にとっては介護現場における最初の窓口となります。

事務処理能力だけでなく、介護や医療に関する幅広い知識が必要な仕事です。

ケアマネジャー(介護支援専門員)

介護従事者としてスキルアップし、経験を積めばケアマネジャー(介護支援専門員)などのマネジメントを任せられます。

ケアマネジャーは介護サービス全般の計画(ケアプラン)を作成し、介護サービスの全般を進めていく仕事です。

お客様がどういうサービスを必要としているのか?

サービスに必要な人員配置をどのように計画すればいいか?

様々な状況に合わせて介護サービスのプランニングを行う仕事であり、相当の実務経験が必要となる仕事です。

高度な介護知識が必要になるだけでなく、現場の人間やお客様など様々な人とコミュニケーションを密にとらなければなりません。

未経験からでも転職できる?

介護業界は人手不足といわれており、未経験の人材であっても転職することは可能です。

経験者から比べれば条件面では劣ってしまいますが、人手が足りない会社は未経験の人材を募集しています。

未経験であるという場合はやる気をアピールすることで、将来的に戦力となるでしょう。

経験の少なさはやる気や成長によって補うのです。

また、資格の取得を目指している場合はそちらも合わせてアピールするといいでしょう。

デイサービスの生活相談員に必要な資格とは?ケアマネとの違いも紹介
デイサービスの生活相談員に必要な資格とは?ケアマネとの違いも紹介

生活相談員になるためにはどのような資格が必要か知っていますか? この記事では「生活相談員の資格」について解説していきます。 結論、生活相談員になるための資格はありません。しかし、資格要件は決められてい ...

続きを見る

【よくある質問】自己PRをしてください

介護職の面接

ここからは、転職活動で頻繁に聴かれる質問をピックアップして、よくある質問集として紹介していきます。

まず、転職活動の面接でほぼ必ず聞かれるのが自己PR。

自己PRで重要なことは、相手に自分のことを印象付けること。

自分がどんな人物であるかを相手に印象づけることで、自分という人間を知ってもらうことができます。

自己PRは面接の基本!

自己PRは面接の基本。

▽詳細はこちらをクリック

面接においては、自己PRを軸にして話を進めていきます。

面接では一貫性を持たせることが重要です。

例えば、自己PRの初頭に「人のためにすることが好き」というテーマを持つとします。

それを軸にして話を進めることで、相手に印象をもたせることができるでしょう。

回答例

〇〇と申します。大学を卒業後、3年間△△社で勤めてきました。

私は「人のためにすること」が好きで、人のためになる仕事というのを大事にしています。

前職では介護現場でサービスを行っており、この経験を貴社でも役立てたいと思っています。

自己PRにおいては、自分の基本的な情報と長所をアピールする必要があります。

なお、自己PRにおいては長ければいいわけでなく、かといって短すぎてもNGです。

長さでいうと、30秒~1分ぐらいの分量で話せるように練習しておきましょう。

NG例1:短すぎる自己PR

〇〇と申します。前職では3年間介護に関する仕事をしてきました。

短すぎる自己PRでは自分がどういう人物であるか伝えることができません。

自分がどういう仕事を経験してきたか、アピールできる経験がないか検討してください。

どれだけ短くても30秒ぐらいの分量は話すようにしましょう。

NG例2:長すぎる自己PR

〇〇と申します。大学を卒業後、前職では3年間介護に関する仕事をしてきました。入社後に配属された現場では介護現場として様々なことをしてきました。例えば、高齢者のお世話をすることで介護現場について基本的なことを学んできました。介護現場では慣れないことだらけだったので大変でした。それから、介護事務に関する仕事も少し経験しました。介護事務では介護現場とはまったく異なることをするため、毎日が新鮮な日々でした。これらの経験を活かして貴社でも貢献したいと思います。

冗長すぎる自己PRはNG。

ダラダラと要点を絞れていない自己PRを聞いていても、面接官はすべての話を聞き取れないものです。

自分のプロフィールについては職務経歴書を見ればわかることです。

自分の経験を具体的に話すことよりも、アピールしたいポイントを絞って自己PRを作ることを心がけてください。

要点を絞って、どんなことを伝えればいいかを重要にしましょう。

自己PRのポイント

介護職の面接

自己PRをするうえではどのような点に注意するべきでしょうか?

自己PRは「長すぎず、短すぎず」簡潔にまとめる必要があります。

それでいて、必要な情報は伝えなければならないなど、制約が多いものです。

自己PRでは、以下のポイントを踏まえてアピールをしてください。

  • 名前
  • 自分の職歴
  • アピールポイント
  • 締めの言葉

名前と挨拶

当たり前のことかもしれませんが、自己PRを始めるときには自分の名前を言います。

自己紹介の基本を押さえることで、相手が自分の話を聞きいる体制に入ります。

スムーズに自己PRをするため、自分を落ち着かせるためにも名前と挨拶から自己PRの導入に入りましょう。

自分の職歴

自己PRで最も重要なのが自分の職歴。

自分の職歴を相手に伝えることで、自分がどういう経験をしてきたかを伝えることができます。

自分がどういう経験をしてきたか、具体的に話すことで企業にどのような貢献ができるかを伝えることができるのです。

アピールポイント

アピールポイントを伝えることで、自分がどういう人物で、どういう貢献をしていける人材であるかをアピールできます。

自分の職歴と関連付けることでアピールポイントがより鮮明に聞こえるでしょう。

自分を売り込むことで、企業にとって自分を採用すればどのようなメリットであるかを印象付けられるのです。

自分のアピールポイントを主張し、企業にどのような貢献ができるのかを伝えましょう。

締めの言葉

自己PRの最後には締めの言葉を忘れないようにしましょう。

自己PRはこちらが一方的で話す場になりますが、締めの言葉を入れることによって相手が話すターンになることを伝えるのです。

「以上です」などの言葉を添えることで相手に話のバトンを渡すことを意識しましょう。

自己PRの長さは?

自己PRの長さは30秒~1分間ぐらいが望ましいです。

事前に録音するなどの練習をしておき、時間を測っておくと面接当日にスムーズに自己PRを進められるでしょう。

録音した音声を自分で聞いてみて、聞き苦しいところがないか等も確認しておくといいでしょう。

【よくある質問】志望動機は何ですか?

先述の自己PRと並んで重要なのが志望動機。

志望動機を話すことによって、面接希望者が企業に対する関心度をはかることができます。

面接においては「自己PR」と「志望動機」の2つが重要で、この2つを伝えることができれば面接を上手に進めることができるでしょう。

志望動機については、以下の記事で詳細を解説していますので合わせてご確認ください。

no image
介護職員初任者研修資格とは?取得方法やおすすめスクールまで解説

続きを見る

▽詳細はこちらをクリック

他社と差別化する

志望動機を話すときはどの会社にも通用するようなありきたりな理由でなく、その企業でなければ実現できないことを話すことが重要です。

他社と差別化するには、企業の情報をくまなく調べることが重要です。

会社のホームページにいけば、企業に関する情報や企業が大事にしていることを確認できます。

企業理念などを確認しておくことで、志望動機に繋げることができるでしょう。

また、転職サービスを利用している場合は、エージェントから企業の情報を聞き出すことも効果的です。

あらゆる情報を活用して、自分がその企業で働きたい理由を見つけていきましょう。

回答例

貴社の事業内容に惹かれたからです。

私は介護の仕事をするにあたって、サービスを利用する方にとって常に寄り添える存在でありたいと思っています。

そのため、貴社の掲げるお客様に寄り添える存在であるサービスをすることで、常にお客様の役に立ちたいと考えています。

会社の事業内容をおさえたうえで、自分のやりたいことと繋げる手法です。

事業内容は会社情報や求人情報などから知ることができます。

特に、介護業界を経験されている方であれば、他の会社との差別化ができるため様々な経験から自分のやりたいことをアピールしましょう。

また、同業他社すなわち他の介護事業者として特徴的な点をアピールすることで企業理解に繋げることもできます。

「何故その会社でなければならないか」をアピールすることで、企業に対する関心度をアピールできるでしょう。

介護の仕事を通じて社会貢献に繋げたいからです。介護サービスを向上するうえで、私自身のスキルを高めていかなければならないと感じています。

前職では介護の仕事を通じて様々な経験をしてきました。今後はさらに挑戦の幅を広げるために様々なことを経験していきたいです。

そのための準備として、現在介護福祉士の資格に挑戦中です。今後はさらに自分の業務領域を増やしていって、介護サービスの発展に尽力したいと思っています。

今後やりたいことが明確である場合は、それらの内容をアピールするといいでしょう。

また、企業の募集要項を見て、自分のやりたいこととマッチしている場合はそれもアピールしましょう。

企業にとっては、自社で実現したいことが明確な人材を積極的に採用します。

具体的にやりたいことが決まっている場合は、それを実現するために努力をしていることもアピールします。

目標達成のために努力を欠かせないことをアピールすることで、企業にとっても成長意欲のある人材と見られるのです。

NG例

介護サービスに魅力を持っているからです。介護の仕事を通じて社会貢献したいです。

介護業界全般に通じる志望動機はたしかに重要です。

しかし、業界を志望するだけでなくその企業でなければいけない理由を話せなければ志望動機としては弱いです。

ありきたりな志望動機ではなく、しっかりと企業のことを調査して志望動機をつくりましょう。

やりたい仕事がある場合

職種に関して希望がある場合は、志望動機と関連してアピールしましょう。

前職ではその職種ができない理由や、転職することによって職種に挑戦する旨を伝えるのです。

また、新しい職種に挑戦するうえで努力していることを伝えるといいでしょう。

例えば、資格取得に挑戦していることなどを伝えるとスムーズに進められます。

【よくある質問】前職を退職した理由は何ですか?

介護職の面接

転職活動で特徴的なのは、前職を退職した理由を聞かれること。

退職をする場合、多くがネガティブな理由となってしまうものです。

▽詳細はこちらをクリック

面接活動ではポジティブに前向きな印象を持たせることが重要であるため、聞き手にとってポジティブな理由となるように話を持っていきましょう。

職業選びのポイントを考える

転職活動をする際は職業選びのポイントを押さえておきましょう。

自分がどんな職場環境を求めているのか、どういう環境で働けるかを考えましょう。

転職活動では何を実現したいか実現するかを考えることで、転職活動で悩んだときに解決する手段となります。

ネガティブな理由にしない

面接においては、ネガティブな理由にしないことが重要です。

ネガティブな理由を言ってしまうと、「新しい職場で同じことが起こるとまた辞めてしまうのではないか…」といったネガティブな印象を持たれてしまいます。

ネガティブな理由にするのではなく、ポジティブな理由に言い換えることを心がけましょう。

自分本位の理由にしない

介護職の面接

自分本位な理由にしないことが重要です。

仕事というのはチームで行うものであるため、自分本位な理由にしてしまうと相手の心象も下がってしまいます。

「自分がさらに成長していけるように」など、ポジティブな理由に言い換えることが必要です。

本音と建前を上手に使い分けることが、転職活動の面接を進める秘訣になるでしょう。

回答例1:人間関係を理由に退職する場合

私は仕事をするうえで、チームワークを重視して働くことを重視しています。個人で仕事をするのではなく、たくさんの人と協力していくことで仕事を上手く進められると思っています。

そのため、多くの人と協力しながら仕事のできる介護職を希望しています。

人間関係は誰しもが抱える可能性のある悩みです。

転職活動においては「協調性」が求められる場面が多いです。

多くの人間と協力して仕事を進められることをアピールすることで、新しい環境にも馴染んでいきましょう。

NG例

前職では上司のパワハラがきっかけで退職しました。上司は私の些細なミスを指摘する性格で、一緒に働いていて苦痛でした。なので、今の上司がいない職場で働きたいと思っています。

前職で人間関係に悩んでいた場合は、正直に言うのではなく新しい環境で働きたいことをアピールしましょう。

人間関係にネガティブな発言をすると、新しい職番環境でも馴染めないのではないかと見られてしまいます。

常にポジティブな理由で話すことで、仕事に対してもポジティブに向き合っていける人材であることをアピールしましょう。

回答例2:仕事内容を理由に退職する場合

裁量のある仕事を任されることで、自分のやりがいに合った仕事を進めたいと思っています。介護の現場では多様なお客様の期待に応えるために様々なスキルが要されます。新しい職場では自分のスキルを最大限発揮し、お客様のためになるサービスを進めていきたいです。

新しい仕事に挑戦したいという意欲的な気持ちをアピールすることで、積極的に挑戦する人材とみられるでしょう。

具体的に挑戦したい仕事がある場合は、その仕事内容をピックアップして、自分の経験が活かせることをアピールしましょう。

前職の業務内容が嫌だ、というネガティブな理由よりも新しい仕事に挑戦したいというポジティブな理由が問われます。

NG例

前職では残業が多すぎるのが嫌に思っています。残業が多すぎると疲れますし、プライベートの時間を大事にしたいので残業の少ない環境で働きたいです。

残業をしたくない、というのは多くの人にとって重要なポイントになるでしょう。

しかし、素直に残業をしたくないと言ってしまうとやる気のない人なのか?とみられてしまいます。

「業務効率を上げる環境で働きたい」「プライベートを重要にしたい」など、ポジティブな理由に言い換えていきましょう。

【よくある質問】残業はできますか?

介護職の面接

残業ができるかどうかを重要にする企業は多いです。

面接においては必ずしも譲歩する必要はなく、必要によって自分の条件を要求することも求められます。

こちらの条件を挙げていきながら、場合によっては譲歩することで良い条件を引き出すことができます。

上手に条件を交渉していきましょう。

回答例

▽詳細はこちらをクリック

残業は、必要になる場合であれば柔軟に対応します。ただ、子供の面倒を見なければならないため過度な残業には応じられません。残業の原因が仕事量が多いのであれば、前職で培った経験をもとに業務効率化に取り組みます。

「残業は完全にNG!」というのではなく、場合によっては残業OKなど条件を譲歩することが重要です。

転職活動ではこちらの条件を出すことも重要ですが、相手の条件を聞き入れることも重要です。

条件交渉の中で残業の分量について調整していきましょう。

また、業務効率を改善した実績があることをアピールすることでスキルをアピールすることに繋がります。

業務効率化を推し進めることで、業務スキルのアピールにも繋げられるでしょう。

NG例

残業はできません。子供が小さいため、定時には必ず帰りたいです。残業の出る職場環境では残業に一切対応しません。

「残業が一切できない」と言い切ってしまうと、企業にとってはネガティブに聴こえてきます。

ある程度条件を相手側に譲歩したうえで条件を交渉していくことも考慮しましょう。

また、福利厚生などの一環で託児所などを設けている企業もあるため、場合によっては子育てと両立できる環境ではないかも確認していきましょう。

【よくある質問】夜勤はできますか?

介護の仕事では夜勤などハードな仕事を求められる場合もあります。

転職活動においては条件面での交渉をする際に残業と夜勤の条件をすり合わせていく必要があります。

夜勤は一切できない、と言い切ってしまうと企業からの心象も悪くなってしまうでしょう。

状況に応じて条件交渉を行っていきましょう。

回答例

▽詳細はこちらをクリック

仕事の状況に応じて夜勤は対応可能です。ただし、小さい子供がいるため頻繁に夜勤をすることはできません。

夜勤OKということで、企業側にとってもシフトを組みやすくなるため好印象にとられます。

しかし、夜勤が難しい状態であるにも関わらず「夜勤OK」というと、結局現場に迷惑をかけてしまいます。

夜勤は状況に応じてOKとしたうえで、小さい子供がいるなどの状況も話したうえで交渉を行いましょう。

NG例

夜勤には一切応じられません。夜勤が発生するシフトは一切対応できません。

「一切できない」などと断言してしまうと、協調性がないととられてしまいます。

夜勤が難しい状況であっても、ある程度の譲歩は必要でしょう。

週に一回、月に一回など頻度を限定するなどの譲歩をすることで条件の交渉をしていきましょう。

【よくある質問】今後のキャリアプランはどのように考えていますか?

介護職の面接

正社員として勤める場合、10年先20年先のキャリアプランについても考えておく必要があります。

▽詳細はこちらをクリック

企業は将来的に共に成長していける人材を育成していかなければなりません。

5年後、10年後という長期的なキャリア形成をしている人材に成長していけることをアピールしましょう。

回答例

これまでの職務経験を活かし、貴社のサービス改善に尽力していきます。将来的にはケアマネジャーの資格を取得し、さらに業務領域を広げていき活躍していきたいです。

今までの経験とこれから挑戦したいことを述べることが重要です。

目先のことのみに言及するのではなく、経験を活かしてどのようにキャリアアップしていけるかを考えましょう。

資格取得など、具体的なキャリアビジョンが見えている場合は合わせてアピールするといいでしょう。

NG例

10年先のことはよくわかりません。今は、目の前の仕事を一生懸命こなしていくことだけを考えています。

企業は中長期的に人材の育成を考えています。

たしかに目先のことは重要ですが、5年後10年後のことを考えていない人材と評価されてしまいかねません。

中長期的に企業へどのように貢献できるかを考えましょう。

パートの介護面接

パートやアルバイトなど、非正規での面接の場合は長期的な目線よりもすぐに現場で活躍できるかが重視されます。

パートの面接では、どれだけ働けるか、ご家族の状況など流動的に働ける環境であるかが重要です。

パートの面接攻略に関しては以下の記事もご参照ください。

no image
ビジネスイメージ―女性の活躍

続きを見る

【よくある質問】最後に何か質問はありますか?(逆質問)

介護職の面接

よくある質問、いわゆる逆質問は応募企業への関心度を示すものです。

▽詳細はこちらをクリック

逆質問は不明点を解消するものであるだけでなく、応募企業への関心度を示すものにもなります。

面接に臨む際はあらかじめ応募企業の情報を調べておき、企業へのアピールに繋げましょう。

企業への関心を伝える

面接というのは企業が応募者を見極める場所でありますが、同時に応募者が企業を見極める場でもあります。

疑問点を解消することで、入社後に生じるギャップを減らせるのです。

あらかじめ会社や施設の情報を調べておきましょう。

また、不明点を尋ねることで企業への関心度をアピールすることができるでしょう。

回答例

将来的に成長していけるうえで資格取得を考えています。現在「介護職員実務者研修」の資格を持っており、次のステップに進むために他の資格取得も考えています。貴社で仕事をするにあたって何か身に着けておくべき資格等はあるでしょうか?

資格を持っていることで、スキルの証明になります。

さらに、実務にも役立つ資格を今後も資格の勉強をしていく姿勢を見せることで、成長意欲のある人材であるとアピールできるでしょう。

前向きに成長していける人材であることをアピールするため、逆質問では資格取得などの質問について問うことが有効です。

NG例

・特にありません。・残業はありますか?

・仕事内容はどんなものでしょうか?

「特にない」などの回答は、相手企業に「当社に関心がないのではないか?」と感じさせるためNGです。

あらかじめ質問事項を用意しておき、逆質問へ備えておきましょう。

また、残業の有無、仕事内容など調べればわかるような内容は避けたほうがいいでしょう。

面接官にとっては「会社情報を確認してほしい」と思うようなことを質問してしまうと、評価も下がってしまいます。

会社情報など調べて分かるような情報はあらかじめ確認しておきましょう。

【服装】面接を攻略する注意点は?

介護職の面接

面接で重視するのは「相手に好印象を与えること」です。

特に、介護職は接客の機会が多い商売であるため、お客様の前に安心して出せるような人物であることが望まれます。

面接においては、面接官がお客様であるとの認識を持ったうえで臨んでください。

以下の点を意識することで、相手に与える印象が改善するでしょう。

面接の注意点

  • 服装・身だしなみ
  • マナー
  • 言葉遣い
▽詳細はこちらをクリック

服装・身だしなみ

スーツ等の正装で面接に臨む場合は服装や身だしなみに気をつける必要があります。

相手に清潔感を与えるような服装や身だしなみで臨むことで、相手に安心感を与えることができるでしょう。

面接当日の服装は?

面接当日はスーツが無難でしょう。

スーツを着る場合はサイズが合っていること、不自然な印象を与えない服装を心がけましょう。

ネクタイなどをする場合はネクタイが曲がっていないことにも気をつけてください。

女性の服装

女性の場合はスーツが無難ですが、服装を指定されない場合もあります。

オフィスカジュアルのようにオフィスで通用するような格好にするといいでしょう。

「私服可能」と言われた場合はスーツでなくても構いませんが、ジーンズなど極端にカジュアルな格好を避けるようにしてください。

男性の服装

ネクタイをする場合はネクタイが曲がっていないようにしましょう。

入室前はトイレの鏡などで変な格好になっていないか確認しておくといいでしょう。

また、スーツやシャツ等にシワができていないかなどにも気をつけて清潔感のある服装を選んでください。

髪型は?髪色は?

面接当日の髪型や髪色について。

必ずしも黒髪である必要はありませんが、極端に明るすぎる髪色は避けましょう。

また、寝ぐせがはねていないか、ボサボサで清潔感に欠ける髪の長さでないかチェックしてください。

当日の持ち物

介護職の面接

面接当日は、履歴書や職務経歴書などを準備します。

また、書類などを準備するためのカバンの入れ物もチェック。

普段仕事をする際と同じような準備で面接に臨み、平常心を保ちましょう。

履歴書・職務経歴書

Web上で送る場合もありますが、履歴書や職務経歴書を当日持参することが多いです。

あらかじめプリントアウトしたものを用意しておきましょう。

履歴書に添付する証明写真も準備しておき、自分を証明する手段とします。

書類による履歴書等は自分を証明する手段であり、かたちに残るものとして面接と同様に大事な書類です。

カバン

書類を入れるためのカバンを持参します。

カバンは落ち着いた見た目のもので、書類を入れられる程度のものを準備しましょう。

名刺入れ

面接では名刺を渡される場合があります。

特に指定がない限り、こちらから名刺を提示する必要はありませんが、名刺を受け取った際に入れられる名刺入れを準備しておくといいでしょう。

靴は歩きやすいもので、黒やグレーなど落ち着いた色を選びましょう。

足元の汚れは意外と見られる部分なので、汚れがないかしっかりとチェックしてください。

【マナー】面接官の印象を良くしよう!

介護職の面接

面接当日には細かいマナーが必要です。

▽詳細はこちらをクリック

自分は些細なことだと思っても、相手によって不適切だと思われることがあるかもしれません。

あらかじめ、どのようなマナーが求められるかを整理して、失礼がないように振る舞うことが重要です。

具体的なケースに応じてマナーを見ていきましょう。

面接当日のマナー

いよいよ面接当日!

面接に臨むにあたって、いくつか注意するべきマナーがあります。

注意するべき点について、チェックリストでまとめたので参考にしてください。

面接当日のマナー

遅刻しない

携帯の電話を切る

入室時のマナー

遅刻しない

当たり前のことかもしれませんが、面接当日に遅刻はNGです。

約束された時間の5~10分前には指定の場所につくようにしましょう。

また、早く来すぎることも相手の都合があるのでNGです。

理想を言えば、30~1時間ほど前に到着して近くの喫茶店等で面接の準備をしておくといいでしょう。

交通機関の乱れ等、やむを得ない事情で遅刻する場合は必ず連絡を入れてください。

遅刻した場合のリカバリーも重要です。

携帯の電源を切る

携帯の電話を切ることはビジネスの基本です。

大切な面接の最中に携帯が鳴ってしまうと、注意が削がれてしまいます。

面接の最中には携帯の電源を切り、音が鳴らないように注意してください。

マナーモードにすると、うっかり振動してしまう場合があるので電源オフにすることをおすすめします。

入室時のマナー

入室時にはノックし、「失礼します」と挨拶をしてから入室します。

また、歩く際の姿勢にも気を配って猫背にならないように心がけてください。

面接ではお互い座っての対面となりますが、面接官から「座ってください」と着席を促されるまでは着席しないようにしましょう。

言葉遣い

介護職の面接

面接でのマナーは言葉遣いにもよります。

ビジネス的な言葉遣いが求められますが、普段から丁寧な言葉遣いを意識することが重要です。

介護の仕事は接客業なので、話し相手が不快にならない程度の言葉遣いを心がけましょう。

面接の練習

言葉遣いは一朝一夕で身に着けるものではないため、普段から言葉遣いを気を付ける必要があります。

転職エージェントの中では、模擬面接の形式で面接を受けることが可能。

他人からのレビューが入ることで、自分の言葉遣いでおかしいところに気付くことができます。

模擬面接でチェック

転職サービスによっては模擬面接のサービスを行ってくれる場合があります。

模擬面接においては、入室時のマナーや服装のマナーなどを本番の想定で行います。

他人の目が入ることで、自分では気づかなかったマナーを学ぶことができるでしょう。

面接本番で減点とならないように、模擬面接などを活用して自分のマナーをチェックしておきましょう。

ハキハキと答える

面接ではハキハキと答えることが重要。

面接においては話している内容よりも、話しているときの印象が評価されることも多いです。

自信がなくても、堂々と答えることで相手の心象もよくなるでしょう。

Web面接の対策

介護職の面接

コロナ禍の影響でZoomなどのWeb会議ツールを使ってWeb面接をする企業も増えています。

▽詳細はこちらをクリック

Web面接では自宅で面接を受けることができるため、普段より落ち着いた心境で受けることができるでしょう。

ただし、通信環境を整えなければならないなど準備が大変な部分もあるので、慎重に準備を進めてください。

Web面接に必要なもの

  • パソコン
  • 通信環境
  • Zoomのアカウント
  • 服装

パソコン

Web会議を行うにはパソコン等の機器が必要です。

スマホやタブレット等でもツール自体は使えますが、パソコンの方が環境が安定しているのでパソコン推奨です。

また、Web会議を行ううえでフロントカメラやマイクなどの環境も必要です。

市販のパソコンでは、カメラやマイクはあらかじめ付いていることが多いですが、もし整っていない場合は別途マイクやカメラを購入してください。

通信環境

パソコンと同様に重要なのが通信環境。

安定した通信環境を整えることでストレスなくWeb面接を進められるでしょう。

Web面接の途中で通信環境が途切れてしまうと、相手方に失礼な印象を与えてしまいます。

最悪の場合はそこで選考が打ち切られてしまうかもしれません。

円滑に進められるように通信環境を整えておきましょう。

途中で通信が途絶えてしまったら?

通信が途絶えてしまったら、すぐに他の手段で連絡をとるようにしましょう。

あらかじめ緊急連絡先を確認しておき、何かあれば電話で連絡をします。

予備のポケットWi-Fiなどを契約しておくと便利です。

Zoomのアカウント

ZoomをはじめるとするWeb会議ツールにはアカウントの登録が必要です。

アカウントの登録はメールアドレス1つですぐに完結するため、1分ほどで登録できます。

Zoomのほかにも、「Skype」や「Google Workspace」などのツールもあるため、必要に応じてアカウントの取得を行いましょう。

Web面接を行う際は企業からURLの案内があります。

当日ログインできずに慌てることがないよう、案内に沿ってログインできるようにテストしておきましょう。

服装

Web会議では基本的に全身を映さないため、全身を正装で整える必要はありません。

服装を準備する手間も軽くなるため、その分面接で話すことの準備に時間を割けるでしょう。

ただし、正装でなくてもいいと気を抜いてしまうと表情などに出てしまいかねません。

服装は必ずしも正装でなくても構いませんが、しっかり気分を引き締めて面接に臨みましょう。

Web面接の注意点

介護職の面接

Web面接においても、やるべきことは対面での面接とさほど変わりありません。

しっかりと相手の目を見て、ハキハキと話すことで面接官に好印象を与えられるでしょう。

カメラの目線に気を付ける

カメラの目線に気を付けましょう。

照明などの位置にも気を配り、相手が不快に思わないようにセッティング。

テスト環境で機材の確認をあらかじめしておくといいでしょう。

周囲の騒音に気を付ける

自宅でWeb面接を行う場合は、周囲の騒音がマイクに入らないように気を付けましょう。

ご家族がいる場合は、面接中に割って入らないように調整しましょう。

場合によっては、会議室などを借りてWeb面接をするのもおすすめします。

緊急連絡先を伝えておく

あらかじめ緊急連絡先を伝えておくことで、トラブルがあった場合に柔軟に対応することができます。

パソコンや周辺機器、通信環境など様々なものにトラブルが生じる可能性も考慮して緊急連絡先を伝えておきましょう。

当日になって連絡ができない場合、電話で対応を確認するのです。

メモなどを用意する

何か伝達事項のある場合はメモなどを用意しておきましょう。

パソコンのメモツールを活用してもOKですが、キータッチ音などが被るため紙のメモを用意しておくと安心です。

おすすめの転職サービスは?

介護職の面接

転職活動を進めるうえでは転職サービスを使うことが重要です。

▽詳細はこちらをクリック

転職をする際には企業に直接応募する方法もありますが、多くの人は転職サービスを利用しています。

転職サービスでは求人を紹介してもらうだけでなく、転職に関する様々な相談事ができます。

面接に関する悩みも解決することができるでしょう。

転職サービスの選び方

介護の転職では介護業界に特化した転職サービスの利用がおすすめ。

業界に特化したサービスを選ぶことで、求人情報や転職に役立つ情報を集めることができます。

転職サービスを選ぶ際は以下の点に注目してみましょう。

  • 求人数が充実しているか
  • 転職に関するアドバイスが充実しているか

求人数が充実しているか

転職サイトを選ぶ際に最も重要したいのが求人数。

多くの求人があると、それだけ選択肢が見つかります。

中には非公開の求人もあり、多くの求人情報を有する転職サービスを利用することで好条件の求人に出会える可能性も高まります。

また、1つの転職サービスのみを活用するのではなく、様々な転職サービスを使いながら比べてみるのがおすすめです。

様々な転職サービスを活用しながら自分に合った求人を見つけていきましょう。

転職に関するアドバイスが充実しているか

介護職の面接

転職サービスにおいては転職に関するアドバイスをしてくれます。

転職活動に関する基本的な事柄から面接に関することまで様々な情報を得ることができます。

特に、初めて転職活動をするという方にとっては分からないことも多いでしょう。

転職に関する情報を集めることでスムーズに転職活動を進められるでしょう。

サービスの例

  • 求人の紹介
  • 転職アドバイス
  • 模擬面接
  • 労働条件の交渉

アドバイザーを利用する

転職サービスによっては専任のアドバイザーが転職のサポートをしてくれます。

面接の対策方法などをはじめ、転職に関する様々な悩み事を相談してくれます。

転職活動にはテクニックが必要ですが、仕事の進め方やキャリアの形成方法をアドバイスしてくれるでしょう。

アドバイザーは利用者の転職活動がスムーズに進められるように寄り添う存在であるため、共に協力し合って転職活動を進めていきましょう。

転職エージェントとは

転職エージェントとは、転職希望者と企業の仲介を行う人材紹介業者のこと。

企業と募集者の間に立って転職がスムーズに行くように支援します。

応募者だけでなく、企業にとっても最適な転職を実現させることが転職エージェントの役割です。

転職エージェントにとっては、転職希望者をスムーズに転職させることが仕事であるため、頼りになる存在といえるでしょう。

転職エージェントのサービス

  • 求人の紹介
  • 転職に関するアドバイス
  • 面接に関するアドバイス
  • 条件交渉など

きらケア

きらケア

きらケアで介護求人を探す

「きらケア」は介護専門の転職サービス。

介護業界に特化した求人紹介が手厚く、様々な条件から求人を見つけることができます。

面接対策や面接同行などのフォローもしてくれるので、特に面接に関する転職の悩み事を解決してくれるサービスです。

充実の転職フォロー

きらケアは仕事の紹介だけでなく、キャリア形成に関するアドバイスを受けることができるなど、キャリアを形成していくうえで便利なサービスです。

書類選考や面接の対策を行ってくれるので、初めての転職活動でも安心できます。

専任のアドバイザーがつくため、転職活動で分からないことがあれば気軽に相談していきましょう。

マイナビ介護

マイナビ介護

マイナビ介護で介護求人を探す

マイナビ介護は人材業界大手のマイナビが運営する介護専門の転職サービス。

大手ならではの充実した求人数と転職アドバイザーサービスが魅力です。

マイナビ介護については、以下の記事で詳細を解説していますので合わせてご確認ください。

介護レポ

介護レポ

介護レポで介護求人を探す

「介護レポ」は介護業界に特化した転職サービス。

登録するだけで、専任の担当者が転職活動をしっかりサポートしてくれます。

求人情報に載っていない情報

求人情報は公開されている情報ですが、中には求人票に載せられない情報もあります。

例えば、現場のリアルな声や残業の実態などは求人票以外のところから情報を集めなければなりません。

求人情報のみではわからない情報も積極的に探すことができるので、情報収集に役立つサービスです。

特に、転職活動では情報収集力が必要です。

介護レポのサービスを有効活用して転職に役立つ情報を積極的に集めていきましょう。

e介護転職

e介護

e介護転職で転職

「e介護転職」は介護の転職に役立つ転職サービス。

会員登録をすることで、様々なサービスを受けることができます。

スカウト機能

e介護転職に会員登録すれば、スカウトを受けることができます。

転職活動におけるスカウトは、積極的に採用を行っている企業からアプローチを受けることができるのです。

転職活動に積極的でないという方でも、思わぬ好条件でアプローチを受けられるかもしれません。

介護ワーカー

介護ワーカー

介護ワーカーで転職

「介護ワーカー」は介護職の転職をサポートしてくれる転職サービス。

様々な条件の求人を探すことができるほか、介護の転職に役立つ情報を集めることができます。

非公開求人

非公開求人とは、一般的な転職サイトやハローワークなどに紹介されていない求人のこと。

ハイレベルなスキルを持った人材のみに公開されるため、好条件の求人が多いことが特徴です。

介護ワーカーに登録すれば、これらの非公開求人を見ることができるので、有利に転職活動を進めることができるのです。

ナイス介護

ナイス介護

ナイス介護で転職

「ナイス介護」は介護職専門の派遣・紹介サイト。

派遣型の仕事を探したいときに便利なサービスです。

「未経験OK」「好条件での求人」など、スキルや要望に応じた仕事を探せることが魅力です。

また、キャッシュバック利用で介護初任者研修の取得を実質無料で受けることができます。

介護の転職に資格は必要?

介護職の面接

介護の転職で有利になるのが資格。

▽詳細はこちらをクリック

資格を持っていれば実務に役立てるだけでなく、面接で資格のアピールをすることができます。

資格を持っているというのはそれだけで実務スキルを証明することができるため、面接する際に頼もしくなる存在になるでしょう。

資格はスキルを証明するもの

資格を持っていると業務に役立てるだけでなく、スキルの持った人材であることを応募先の企業へアピール可能。

例えば、「介護福祉士」の資格を持っていれば介護に関する相当の知識を持っているとアピールできます。

面接では多数の応募者から人材を選考しますが、資格を持っているだけで他のライバルに差をつけられるのです。

応募資格

企業によっては応募条件に特定の資格が必須になることもあります。

特に、転職市場など経験が必要になる場合は専門的な介護資格を持っていることが条件となるでしょう。

こうなると、資格がなければ選考が進まらないという状況になるため、人気の求人へ応募する場合は資格などを取得することで転職のチャンスが広がるのです。

おすすめの資格サービス

介護資格をとるには介護資格に特化したサービスの利用をおすすめ。

介護の資格はたくさんあり、何をとればいいか分からないかもしれません。

多数の資格から自分に合った資格を選ぶために、様々な資格スクールなどを比較検討するための情報が必要になるのです。

シカトル

シカトル

シカトルで自分に合った資格サイトを探す

「シカトル」は介護資格に特化した資格サービス。

介護業界で人気の資格について、資格スクールを選ぶことができます。

働きながら資格をとる場合は時間の調整が大変です。

資格スクールを上手く活用することで

自分に合った資格スクールを選び、資格取得に励みましょう。

ベネッセケアスタイル

ベネッセケアスタイル

ベネッセケアスタイルで資格をとる

「ベネッセケアスタイル」は教育業界大手のベネッセグループが運営する資格サービス。

ベネッセならではのノウハウで資格を学べます。

充実したカリキュラムで安心して学習を進められるので、介護の資格をとるのにおすすめです。

三幸福祉カレッジ

三幸

三幸福祉カレッジで資格をとる

「三幸福祉カレッジ」は介護の資格に特化したサービス。

介護職員初任者研修や介護福祉士など、人気の資格を効率的に学べます。

福祉教育の専門学校として設立され、豊富なノウハウから介護資格の取得に役立ちます。

介護面接で重要なこと

介護職の面接

ここまで、介護面接の進め方やよくある質問への対策などを見てきました。

介護面接で重要なことは、接客業としてお客様に最適なサービスを届けられることです。

▽詳細はこちらをクリック

そのために、介護の専門的なスキルを活用できること、お客様へのサービスを届けるというマインドが必要になります。

転職エージェントを頼る

転職活動は孤独な戦いになりがちです。

転職をするべきかどうか悩んでしまう人も多いでしょう。

そんなときには、転職エージェントを頼ってみることが重要です。

面接アドバイス・模擬面接

介護職の面接

面接対策は自分ひとりでは中々難しいものです。

なぜならば、自分が良いと思っていることも他人から見れば良くないことである可能性があるからです。

例えば、面接時のマナーをとってみても、自分だけでは気付けないマナーがあるでしょう。

模擬面接などを行うことで、第三者からのアドバイスを受けることができるため、

職務経歴書・履歴書の対策

転職活動では職務経歴書と履歴書の対策をしなければなりません。

職務経歴書と履歴書は、自分の経歴を証明してくれるもので、自分の分身ということもできるでしょう。

これらの書類は企業の目に留まり、相手にとって自分を評価するための大きな材料です。

職務経歴書をしっかりと作ることで書類選考を突破する可能性が高まります。

転職エージェントと相談して職務経歴書をしっかり作ることで、面接を突破する可能性が大幅に高まるでしょう。

職務経歴書と履歴書の違い

職務経歴書と履歴書はどう違うでしょうか?

2つの書類は企業にアピールする書類という点で共通しています。

履歴書は自分の経歴を書式に従って書く形式ばったものです。

これに対して、職務経歴書は職歴だけではなく、自分の職歴を具体的に書いて自己PRも載せるものです。

履歴書が形式ばった名刺のようなものであるのに対し、職務経歴書は自分をアピールする材料となります。

両者の違いを認識して、正確に企業へアピールしていきましょう。

本当に転職をするべきか?

そもそも、本当に転職をするべきかどうか?という問題に立ち返るきっかけにもなります。

転職をすることによってキャリア形成をするチャンスが増えます。

しかし、場合によっては転職をせずに現職にとどまる方法もあります。

例えば、現職の就労期間が短すぎる場合は転職をしなければいいという場合もあります。

少なくとも1年以上は働いたほうがいい、などの場合には転職をしなければならないという結論もあるでしょう。

転職が本当に必要かどうか、転職エージェントと話し合う機会を設けることで転職について見なおすきっかけになります。

資格の勉強をする

介護職の面接

専門知識を高める

介護の資格をとることで、介護の専門性を高められます。

介護職は専門的な知識や経験を要することが多いため、介護の資格を積極的にとることで専門的な知識を身に着けられます。

専門知識を高めることで、色々な仕事に挑戦するチャンスが増えるでしょう。

資格の勉強はご自身のキャリアを形成するうえで助けとなるものといえます。

キャリアアップに役立つ

介護の仕事には資格がなければ務まらない仕事がたくさんあります。

例えば、ケアマネジャーの資格がなければケアマネジャーの仕事はできません。

このように、資格を持っていることで仕事の選択肢が広がるのです。

多くの仕事を選択できるということは、キャリアアップの機会が高まるということです。

積極的に介護資格を取得することでキャリアアップに役立てましょう。

転職面接を攻略して理想の転職活動をしよう!

介護職の面接

介護の転職活動について、例文を踏まえながら紹介していきました。

面接は応募者と企業がお互いを知り合う機会であり、適切にコミュニケーションを取ることが重要です。

特に、介護の仕事はお客様と関わることが多いため、接客業をするにあたって必要なマナーを問われるものです。

面接の対策をとることでビジネスに必要なマナーも向上するでしょう。

介護の転職を進めるうえでは、転職サービスの利用がおすすめ。

転職サービスではアドバイザーなどから助言を受けることができるので、面接に関するアドバイスも受けられるのです。

転職サービスを上手く活用しながら転職活動を進めていきましょう!

-介護の面接対策
-,

© 2021 介護資格・お仕事ガイド