生活支援員

生活指導員の仕事内容とは?就職する際に有利な資格からおすすめの資格取得サイトについて徹底解説!

生活相談員 仕事内容

「生活指導員の仕事内容について具体的に知りたい」「生活指導員に就職する際に有利な資格とは?」などと思っている方は多くいます。

生活指導員などの介護職は、基本的に人材不足なので、資格を取得することによって、介護業界での市場価値を高めることが可能です。

そこで、今回は生活指導員の仕事内容や就職する際に有利な資格、おすすめの資格取得サイトについて具体的に紹介していきます。

これから生活指導員として就職したいと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

生活相談員の仕事内容とは

生活相談員の仕事内容とは

生活相談員の仕事内容について理解しておくことで、実際に働いてみたら自分が思っていた仕事内容と違っていたことを防ぐことができます。

具体的に生活指導員の仕事内容については、下記3つに分けられます。

  • 相談
  • 援助
  • 支援

それぞれの仕事内容について、特徴を踏まえて紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

相談

生活相談員の仕事内容は幅広くあり、利用者やご家族が不安に思っていることなどの相談を受けることも仕事内容の一つです。

また、苦情対応や職員での精神的なケアサポートも行うため、生活指導員は事業所を運営する上で重要な役割の特徴があります。

援助

援助は、職員が不足している際に業務を代わりに行ったりすることも仕事内容に含まれます。

例として、利用者が散歩などを行う際に、安全を確保するための見守りや声掛けを行います。

しかし、基本的には利用者やご家族、事業所内の不便な箇所を改善することが主な業務内容になるため、幅広く知識を身につけることが必要です。

支援

事業所が運営を行う上で必要な、関係機関や行政などの打ち合わせや連絡などの支援も行います。

入居者希望者に対して、助成金や施設概要の説明を行ったり、日常生活を送る上で不満に思っていることの相談受けたりすることが挙げられます。

また、事業所内の連携を良くするために、改善点を見つけ出して組織体制の見直しを行うため、高いマネージメント力も必要です。

生活相談員の就職先

生活相談員の就職先

「生活相談員の就職先について詳しく知りたい」と思っている方は少なくありません。

具体的に生活相談員の就職先については、下記3つが挙げられます。

  • 特別養護老人ホーム
  • 有料老人ホーム
  • 通所介護(デイサービス)
  • 短期入所生活介護施設(ショートステイ)

それぞれの就職先の特徴やメリットなどを踏まえて紹介していきますので、これから生活相談員を目指している方は、ぜひ参考にしてみてください。

特別養護老人ホーム

特別老人ホームとは、自宅で日常生活を送ることが困難になった高齢者が入居することができ、地方自治体や社会福祉法人が運営をしている介護保険施設です。

入居条件は、基本的に要介護レベルが3以上で、40〜64歳ので特定疾病が認められた人や65歳以上の高齢が特別養護老人ホームに入居することが可能です。

しかし、要介護レベルが1〜2の人でも、特例により入居が認められる場合もあるため、トラブルを避けるためにもあらかじめ確認をしておくことをおすすめします。

特徴としては、他の介護施設に比べて費用が安く、介護スタッフが24時間常駐しているため、利用者一人ひとりに対して適切な介護を受けることができます。

有料老人ホーム

有料老人ホームとは、高齢者に向けて高いバリアフリー施設や、サービスを受けることができ、民間企業が運営をしている介護施設のことを指します。

入居条件は有料老人ホームによって異なるため、あらかじめ確認することをおすすめします。

有料老人ホームの種類については、大きく分けて下記3つに分けられます。

  • 介護付有料老人ホーム
  • 住宅型有料老人ホーム
  • 健康型有料老人ホーム

介護付き有料老人ホームとは、都道府県から「特定施設入居者生活介護」の認定を受けた施設のことを指し、国の定めた品質基準をクリアしている特徴があります。

住宅型有料老人ホームは、生活支援が主な支援内容で、介護が必要になる場合には外部サービスを利用することが必要です。

健康型有料老人ホームは、基本的に介護が必要になった場合には、退去することが必要で、食事などのサービスを受けることができる高齢者施設のことを指します。

通所介護(デイサービス)

通所介護(デイサービス)

通所介護は、要介護レベルの高齢者を対象に、食事や入浴、排泄などの介護や機能訓練などを日帰りで行う施設のことを指します。

高齢者になると、外出する機会が減り社会的孤独感が大きくなってしまう傾向がありますが、通所介護を利用することによって、そのような精神的なストレスを改善することができるメリットがあります。

基本的に自己負担金額は1割ですが、事業所や利用者の所得によって、自己負担額が異なる場合があるため、あらかじめ確認をしておくことをおすすめします。

短期入所生活介護施設(ショートステイ)

短期入所生活介護施設とは、利用者が自立して日常生活を送れるように、短期的に入所して食事や入浴などの介護サービスを受けながら機能訓練を行うことができる施設のことを指します。

普段は自宅で介護をすることが出来ても、長期的に家を空けなければならない状況などに短期入所生活介護施設を活用することが可能です。

また、今後長期的に施設入居を考えている方も、施設に慣れる目的で利用するご家族も多くいます。

生活相談員に就職する際に有利な資格

生活相談員に就職する際に有利な資格

生活相談員に就職する際に有利な資格をあらかじめ知っておくことで、就職活動や転職活動を行う際に、自分自身が希望している就職先で働く可能性を上げることができます。

具体的な生活相談員に就職する際に有利な資格については、下記3つが挙げられます。

  • 社会福祉士
  • 精神保健福祉士
  • 社会福祉主事任用資格

それぞれの資格を下記にて紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

社会福祉士

社会福祉士とは、福祉や医療などの支援や相談を行うために必要な能力や知識を証明することができる国家資格のことを指します。

実際に、生活相談員は幅広い業務内容を行い、高い専門性も求められるため、社会福祉士を保有していることで、自分自身の市場価値を上げることが可能です。

社会福祉士試験は1年に1度だけ行われており、受験資格は福祉系4年制大学卒業者や社会福祉士指定養成施設卒業者などが対象になります。

難易度については、過去5年間の平均合格率は約28%と低くはないため、しっかりと勉強をすれば取得することは可能です。

精神保健福祉士

精神保健福祉士とは、精神的に病を抱えた人が日常生活が行えるように、生活支援や相談、環境調整などを行うことができる国家資格のことです。

生活相談員は、高齢者やご家族が不満に思っていることなどのメンタルケアも業務内容に含まれるため、生活相談員はもちろんですが、介護職に就職活動や転職活動に有利に働くことができます。

受験資格については、下記3種類が挙げられます。

  • 大学で指定科目を履修する
  • 短大等で指定科目を履修して1~2年の実務経験をする
  • 養成施設を卒業する

また、合格率は60%以上なので、他の国家資格に比べて比較的簡単に資格取得することが可能です。

社会福祉主事任用資格

社会福祉主事任用資格とは、社会福祉によるサポートを業務内容として、都道府県や市町村の福祉事務所に配属される職員になる資格を得ることができます。

しかし、実際に社会福祉主事になるためには、社会福祉主事任用資格を取得することはもちろんですが、公務員試験にも合格をする必要があるため、あらかじめ注意が必要です。

資格の取得方法については、通信教育や大学などにおける科目履修によって受験資格を得ることができるため、少しでも興味がある方は、受験してみることをおすすめします。

生活相談員に向いている人の特徴

生活相談員に向いている人の特徴

生活相談員に向いている人の特徴を理解しておくことで、実際に就職してみたら自分に合わなかったなどのリスクを減らすことが可能です。

また、介護職で働きたいけど具体的にどのような仕事をやりたいのか悩んでいる方にも、参考にすることができます。

具体的に生活相談員に向いている人の特徴については、下記3つが挙げられます。

  • マネジメント能力がある
  • コミュニケーション能力が高い
  • デスクワークが得意

それぞれの特徴について紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

マネジメント能力がある

生活相談員は、利用者やご家族の話をしっかりと聞いて問題解決するために行動することが求められるため、マネジメント能力が求められます。

そもそもマネジメント能力とは、組織を統括して効率よく動かすための必要な能力のことを指し、介護職以外にもビジネス業界でも必要とされている能力の一つです。

マネジメント能力を高めるためには、常に冷静に行動することや、スケジュールを作成して進捗を管理することなどを意識することが必要です。

コミュニケーション能力が高い

利用者はもちろんですが、ご家族や職員などの関係性が円滑になるように、高いコミュニケーション能力が必要です。

コミュニケーション能力が高ければ、利用者への信頼度を高める大きな要因にもなるため、非常に重要なスキルの一つです。

具体的にコミュニケーション能力を高める方法は、聞き上手になって相手の話を受け止めることで、相手が話しやすい雰囲気を出すことができ、結果的に相手から好印象を持たせることが可能です。

また、人間には承認欲求があるため、相手の話を否定せずに認めてあげることも人間関係を良くする上で、非常に有効に働くことができます。

デスクワークが得意

生活相談員は、書類作成やスケジュール管理などとデスクワークがメインの仕事内容になるため、デスクワークが得意な人であれば向いている職業です。

「デスクワークが自分自身に向いているのか分からない」と思っている方については、下記の特徴に当てはまっていればデスクワークに向いている可能性高いです。

  • 正確で細かな作業ができる
  • パソコン作業が得意
  • 集中力が高い
  • コツコツ作業するのが好き

デスクワークで身につけられるスキルは、他の業界でも共通していることが多いため、転職する際にも活用することができるメリットも挙げられます。

おすすめの資格取得サイト3選

おすすめの資格取得サイト3選

「おすすめの資格取得サイトについて詳しく知りたい」と思っている方は少なくありません。

あらかじめおすすめの資格取得サイトを知っておくことで、より効率的に資格取得することにも繋がることが可能です。

具体的におすすめの資格取得サイトについては、下記3つが挙げられます。

  • 未来ケアガレッジ
  • ユーキャン
  • ニチイ

それぞれの資格取得サイトについて、特徴を踏まえて紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

未来ケアガレッジ

未来ケアガレッジ

未来ケアガレッジとは、「未来の福祉を担う人材の育成を目指す」というコンセプトで運営をしており、全国で開講100教室以上ある介護資格取得の専門サイトです。

資格取得のサポートはもちろんですが、充実の就職サポートも受けることができるため、より効率的に就職・転職活動をすることが可能です。

また、幅広い口座の種類があるため、自分自身がすこしでも興味がある介護資格は、まずは講座を受けてみることをおすすめします。

参考サイト:未来ケアガレッジ公式https://www.brush-up.jp/crs_detail/crs29157

未来ケアガレッジを利用してみる

ユーキャン

ユーキャン

ユーキャンとは、株式会社ユーキャンが運営をしており、介護資格はもちろん幅広い業界の資格を取り扱っている大手資格取得サイトです。

基本的に通信教育で資格取得することが可能で、140種類以上の通信講座があり、サポートも充実している特徴があります。

通信教育でわからない箇所については、メールなどで問い合わせを行うことで、講師や指導スタッフが丁寧に教えてもらうことができるメリットも挙げられます。

しかし、他の通信講座に比べて料金が高いデメリットもあるため、あらかじめ注意が必要です。

参考サイト:ユーキャン公式https://www.u-can.co.jp/

ユーキャンを利用してみる

ニチイ

ニチイ

ニチイとは、医療・福祉関連の教育事業を40年以上も運営をしており、全国に教室がある大手資格取得サイトの一つです。

介護現場の経験が豊富な講師から充実したサポートを受けられることはもちろんですが、就職活動や就業相談などのサポートも充実しているメリットがあります。

参考サイト:ニチイ公式https://www.e-nichii.net/

ニチイを利用してみる

生活相談員に有利な資格を取得して就職しよう!

生活相談員に有利な資格を取得して就職しよう!

今回はこれから生活指導員として就職したいと思っている方に向けて、生活指導員の仕事内容や就職する際に有利な資格、おすすめの資格取得サイトについて具体的に紹介しました。

生活指導員の仕事内容は、相談・援助・支援の3つに分けられます。

また、おすすめの資格取得サイトについては、「未来ケアガレッジ」「ユーキャン」「ニチイ」が挙げられます。

ぜひ、今回紹介したおすすめの資格取得サイトを利用して、生活相談員に有利な資格を取得してみてはいかがでしょうか。

-生活支援員
-,

© 2021 介護資格・お仕事ガイド