生活支援員

生活相談員の給与・年収は高い?年収を上げる方法やおすすめの介護転職サービスなどについて徹底解説!

生活相談員 給料

「生活相談員の給与・年収について知りたい」「生活相談員の年収を上げる方法とは?」などと思っている方は多くいます。

実際に、これから生活相談員を目指している方は、給与・年収を知っておくことは、非常に重要な要素になります。

そこで、今回は生活相談員の給与・年収について、年収を上げる方法やおすすめの介護転職サービスなどについて具体的に紹介していきます。

生活相談員として働いている方で、年収を上げたいと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

生活相談員とは

生活相談員とは

生活相談員とは、介護が必要な高齢者や障害者などを対象に、通所介護や介護老人福祉施設などで指導や相談援助を行います。

利用者はもちろんですが、職場の連絡や調整を行うことによって、コミュニケーションの円滑化を行うことも業務として含まれます。

具体的に生活相談員の業務内容については、主に下記3つが挙げられます。

  • 相談
  • 事務手続き
  • 医療機関や行政への連絡

それぞれの業務内容について紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

相談

生活相談員は、利用者やそのご家族に対して、日常生活に関わる相談を受けることも業務内容に含まれます。

施設との調整や地域コミュニティーとの連携などを行い、より関係性が円滑になるように業務を行う場合もあります。

また、利用者の健康状態に合わせたサービス計画を立てたり、クレーム処理を行ったり幅広い業務を担当にしている特徴があります。

事務手続き

生活指導員は、入所契約や退所手続きなどの事務手続きも行います。

入所契約を行い際には、入所希望者とご家族との面談を行い、現在の健康状態や環境などの情報を聞いて、施設内の基本的な説明をします。

特別養護老人ホームの場合は、入所判定会議が行われるため、入所希望者の情報を伝えることも生活指導員として重要な業務のひとつです。

医療機関や行政への連絡

高齢者が多い施設では、体調を崩してしまい治療が必要になることが多くあるため、医療機関への連絡も生活相談員の仕事内容のひとつです。

また、行政からの補助金などを受けている施設であれば、行政への報告も必要になります。

生活相談員の給与・年収

生活相談員の給与・年収

生活相談員の給与・年収については、スキルや経験、事業所によって異なりますが、生活相談員の年齢別平均給与は下記の通りです。

年齢 給与
20代 27万円
30代 30万円
40代 32万円
50代 31万円
60歳以上 27万円

上記のように40代が一番高い給与を貰っている傾向がありますが、男性か女性によっても多少給与に差があります。

年収については、270~570万円と幅広いため、高収入を狙えることも可能です。

このように、生活相談員の給与・年収は、日本全体の平均と比べると低い傾向にあります。

生活相談員の給与・年収を上げる方法

生活相談員の給与・年収を上げる方法

生活相談員の給与・年収を上げる方法についてあらかじめ理解しておくことで、余計な手間を掛けずに効率良く給与・年収アップを狙えることが可能です。

具体的に生活相談員の給与・年収を上げる方法については、下記3つが挙げられます。

  • 転職をする
  • キャリアアップをする
  • 夜勤を行う

それぞれの項目について特徴を踏まえて紹介していきますので、自分自身に合った方法を探してみて下さい。

転職をする

高待遇の求人に転職をすることによって、給与・年収を上げることが可能です。

基本的に生活相談員などの介護職は人材不足が問題になっているため、自分自身が希望している求人先に転職がしやすいメリットもあります。

実際に給与が低く昇給がしづらい職場で、給与や年収を上げようとしても、手間や時間がかかってしまうデメリットが挙げられます。

現在勤めている職場の給与体制に不満がある方であれば、転職を視野にいれることをおすすめします。

キャリアアップをする

生活相談員として働きながらキャリアアップを目指すことによって、年収アップを狙うことが可能です。

具体的に生活相談員のキャリアップとして、主に下記が挙げられます。

  • ケアマネージャー
  • 施設長

ケアマネージャーとは、介護が必要な高齢者や障害者に対して、介護方針を決めたり、サービスを行う計画書を作成などを行い、生活相談員よりも数万円給与を上げることが可能です。

施設長になるためには、ある程度の期間勤めることが必要ですが、職場での信頼度を上げるために、資格を取得や日々の業務を丁寧に行うことも有効に働くことができます。

しかし、生活相談員のキャリアアップを目指すためには、ある程度の期間が必要になるため、あらかじめ注意が必要です。

夜勤を行う

夜勤を行うことで、夜勤手当を貰えることができるため、短期間で給与アップをすることが可能です。

夜勤手当は事業所によって多少異なりますが、日当たり3,000円~7,000円ほどの収入を増やすことができます。

しかし、夜勤を行うことで、身体に大きな負担をかけてしまうリスクや、友人や家族と違うサイクルで生活をしなければならないので、これから夜勤をやりたいと思っている方は注意が必要です。

生活相談員の転職を成功させるコツ

生活相談員の転職を成功させるコツ

生活相談員の転職を成功させるコツについて理解しておくことで、転職が失敗してしまうリスクを下げることが可能です。

また、自分自身が希望している求人に転職を成功させる可能性を上げるメリットもあります。

具体的に生活相談員の転職を成功させるコツについては、下記3つが挙げられます。

  • 転職理由が明確
  • 十分な面接対策
  • こだわりすぎない

上記項目について特徴などを踏まえて紹介していきますので、これから生活相談員に転職を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

転職理由が明確

転職する理由を明確にすることによって、転職先を決めるために必要な地域や職種などの要素がブレずに転職活動を行うことで、転職成功率を上げることが可能です。

実際に転職理由を明確にせずに転職活動を行ってしまうと、現在よりも給与体制が悪く、職場環境が良くない施設に就職してしまうリスクもあります。

また、面接をする際にも、転職理由が明確に決まっていることで、迷うことなく面接の質問に答えることができるメリットも挙げられます。

十分な面接対策

面接は転職活動で重要な要素のひとつで、十分な面接対策を行うことによって、転職を成功させる可能性が上げることができます。

面接対策は一人でもイメージしながらやることは可能ですが、転職サービスを利用することによって、介護業界を熟知したアドバイザーにサポートを受けながら効率良く転職活動を行うことができます。

介護職に関わる資格やスキル、経験が豊富な方でも、十分な面接対策がされていないと、不採用になってしまうこともあるため、あらかじめ注意が必要です。

こだわりすぎない

転職先にこだわりすぎて、転職先から内定をもらえずになかなか転職をすることができない状況になってしまうリスクがあります。

転職を始める際には、ある程度こだわりを決めておくことも大切ですが、転職をしながら方向性を修正することも転職を成功させるためには重要です。

例として、年収だけにこだわりすぎて転職してしまうと、職場の雰囲気や業務内容などが自分に合わずにまた転職をしてしまうパターンも少なくありません。

このように、転職活動をする際には、こだわる要素をバランスよく決めることをおすすめします。

生活相談員に向いている人の特徴

生活相談員に向いている人の特徴

生活相談員に向いている人の特徴をあらかじめ理解しておくことで、就職してからやっぱり自分に合わなかったというリスクを減らせることができます。

具体的に生活相談員に向いている人の特徴については、下記2つが挙げられます。

  • 責任感が強い人
  • 気配り上手な人

それぞれの項目について、特徴を踏まえながら紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

責任感の強い人

生活相談員は、利用者やご家族が不安に思ってることを解決することが主な業務になるため、最後まで責任を持って業務を行う必要があるため、責任感が強い人が向いています。

仮に責任感がない人に日常生活で不安に思っていることを相談しても、説得力がないことはもちろんですが、信頼度も下げてしまうリスクがあります。

一人ひとりの悩みに対して、解決策を導くのは大変と感じ得る場面も多くありますが、利用者やご家族から感謝されることによって、やりがいを感じることが可能です。

気配り上手な人

利用者の健康状態や精神状態などの少しの変化に気付けることによって、早期治療やトラブルを未然に防ぐことが可能です。

また、気配りが上手な人であれば、利用者からも好印象を持たれやすいため、生活相談員として信頼度を上げることができます。

日頃から利用者にコミュニケーションを取ることも、気軽に相談しやすい印象を与えることができます。

おすすめの介護転職サービス3選

おすすめ介護転職サービス3選

「おすすめの介護転職サービスについて知りたい」と思っている方は少なくありません。

実際におすすめの介護転職サービスをあらかじめ知っておくことで、転職で高収入を狙うことができたり、自分自身が希望している職場で働くことが可能です。

具体的におすすめの介護転職サービスについては、下記3つが挙げられます。

  • マイナビ介護
  • 介護レポ
  • 介護ワーカー

上記の介護転職サービスについて、特徴やメリットなどを踏まえて紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

マイナビ介護

マイナビ介護

マイナビ介護とは、大手企業の株式会社マイナビが運営をしている、介護専門転職エージェントです。

取り扱っている求人数が5万件以上もあり、介護業界を熟知しているプロのキャリアアドバイザーから書類の添削や面接対策などの手厚いサポートを受けることが可能です。

また、地方で生活相談員として転職をしたいと思っている方についても、地元に特化した求人も多く取り扱っているため、利用することをおすすめします。

参考サイト:マイナビ介護公式https://kaigoshoku.mynavi.jp/

マイナビ介護を利用してみる

介護レポ

介護レポ

介護レポとは、2018年7月に設立されたばかりの株式会社repoが運営をしており、介護職に特化している転職サービスです。

取り扱っている求人の質が高いため、高収入を狙えることができる求人や、福利厚生がしっかりしている求人など幅広く取り扱っている特徴があります。

介護職未経験でも応募することができる求人も多く取り扱っており、資格取得支援制度や教育体制が充実している求人の紹介を受けることも可能です。

参考サイト:介護レポ公式https://www.repo.co.jp/kaigolp/

介護レポを利用してみる

介護ワーカー

介護ワーカー

介護ワーカーとは、株式会社トライトキャリアが運営をしており、求人数が7万件以上も取り扱っている介護職専門の転職エージェントです。

非公開求人も多く取り扱っているため、他の介護転職サービスで良い求人が見つからなかった場合でも、介護ワーカーを利用することによって自分自身が希望している求人を見つけることが可能です。

また、初めて転職をする方でも、専属のエージェントが面接に同行してもらうことができるサービスもあるため、安心して転職活動を行うことができます。

参考サイト:介護ワーカー公式https://kaigoworker.jp/

介護ワーカーを利用してみる

生活相談員に転職する際の注意点

生活相談員に転職する際の注意点

生活相談員に転職する際の注意点について理解しておくことで、自分自身が思っていた職場とは違っていて何度も転職をしてしまうリスクを減らせることができます。

具体的に生活相談員に転職する際の注意点については、下記2つが挙げられます。

  • なるべく在職中に転職活動を行う
  • イメージだけで転職先を選ばない

それぞれの注意点について、特徴を踏まえて紹介してきますので、ぜひ参考にしてみてください。

なるべく在職中に転職活動を行う

なるべく在職中に転職活動を行うことによって、金銭面に余裕がある状態で転職活動を行うことができるため、精神的な余裕を持つことができるメリットが挙げられます。

転職活動を初めて転職が成功するまでに平均期間は2ヶ月ほどかかるケースが多いため、転職活動をするために焦って退職しないように注意が必要です。

しかし、毎日が忙しくて転職活動ができないという方であれば、転職エージェントに相談をしてみることをおすすめします。

イメージだけで転職先を選ばない

イメージだけで転職先を選んでしまうと、自分自信が思っていた職場とは違っていたなどと後悔するリスクを減らせることができます。

転職を成功させるためには、慎重になりすぎず行動をすることも大切ですが、ある程度転職先の情報を知っておくことも重要です。

実際に転職先を決める際には、職場見学やキャリアドバイザーから情報収集などをすることをおすすめします。

おすすめの転職サービスを利用して転職を成功させよう!

おすすめの転職サービスを利用して転職を成功させよう!

今回は生活相談員の給与・年収について、年収を上げる方法やおすすめの介護転職サービスなどについて具体的に紹介しました。

生活相談員の給与・年収を上げるための方法は、転職をする・キャリアアップをする・夜勤を行うなどが挙げられます。

おすすめの介護転職サービスについては、「マイナビ介護」「介護レポ」「介護ワーカー」の3つを利用することで転職成功率を上げることが可能です。

ぜひ、今回紹介したことを参考にして、生活相談員の年収アップを目指してみてはいかがでしょうか。

-生活支援員
-,

© 2021 介護資格・お仕事ガイド