介護 転職

介護職に受かりやすい人とは?介護転職で失敗しないための対策方法や職場選びのポイントまで

介護職 受かりやすい

介護職って受かりやすいの?
介護職に受かりやすい人の特徴は?

介護職に就いてみたいけど、受かりやすいのがどのような人なのか気になりませんか?

そこで今回は介護職に受かりやすい人の特徴や職場選びのポイントから、転職に失敗しないための対策法についても解説します。

◆本記事の内容

  • 介護職は受かりやすいって本当?
  • 介護職に受かりやすい人の特徴
  • 介護転職で失敗しないための5つのポイント
  • 介護職求人の職場選びに見るべきポイント

[/st-mybox]

詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

介護職は受かりやすいって本当?

介護職 受かりやすい

ここからは、介護職が受かりやすい理由について3つ解説していきます。

  • 人手不足のため受かりやすい
  • 同業界内で転職しやすいため受かりやすい
  • 資格なし未経験でも受かりやすい

1つずつ、詳しく解説していきます。

人手不足のため受かりやすい

介護職 受かりやすい

介護職が受かりやすい理由、1つ目は「人手不足のため受かりやすい」こと。

そのなかでも以下の2点が、介護職に受かりやすい理由となります。

  • 中高年でも採用される
  • 倍率が低いので採用されやすい

1つずつ説明していくので、参考にしてみてください。

中高年でも採用される

介護職は人材不足のため、中高年でも受かりやすいのが特徴

他業界では難しい未経験者や無資格者でも、年齢関係なく採用されやすいといえます。

倍率が低いので採用されやすい

介護職は給料が低かったり重労働だったりするため、倍率は低いといえるでしょう。

倍率が低いため採用率は高く、仕事を探している人にもおすすめです。

同業界内で転職しやすいため受かりやすい

介護職 受かりやすい

介護職が受かりやすい理由、2つ目は「同業界内で転職しやすいため受かりやすい」。

介護職では仕事内容が似ているものや、基本的な部分が同じであることから同業界内で転職しやすいといえます。

介護職のなかで気軽に転職できることから、未経験でも興味から始める人が多いでしょう。

資格なし未経験でも受かりやすい

介護職 受かりやすい

介護職が受かりやすい理由、3つ目は「資格なし未経験でも受かりやすい」。

慢性的に人手不足であることもあり、資格がなくても経験がなくても受かりやすいです。

介護職では40~50歳が中心となって働いているため、中高年の新人教育もしやすいといえます。

介護職に受かりやすい人の特徴

介護職 受かりやすい

ここからは、介護職に受かりやすい人の特徴を10個紹介します。

  1. 身だしなみがきちんとしている
  2. 相手の話を聞き終わってから応答する
  3. 話すときは完結にまとめられる
  4. 志望動機から熱意が伝わる
  5. 面接時に応募した施設や業務について下調べをしている
  6. 転職理由がポジティブである
  7. 謙虚な態度で接する
  8. 質問に対して適切に答えられる
  9. 短気ではない
  10. 履歴書がきれい

詳しく、1つずつ解説していきます。

身だしなみがきちんとしている

介護職 受かりやすい

介護職に受かりやすい人の特徴、1つ目は「身だしなみがきちんとしている」。

介護職は人を相手にする仕事なので、身だしなみがきちんと整っている人は受かりやすいといえるでしょう。

たとえば爪が短く整っていたり、髪の毛を束ねていたりといった些細なことで構いません。

相手の話を聞き終わってから応答する

介護職 受かりやすい

介護職に受かりやすい人の特徴、2つ目は「相手の話を聞き終わってから応答する」。

介護職では、メンタル面のケアもします。

相手の話を遮ってしまうような人では務まらないため、最後まで聞いてから対応できる人は採用されやすいでしょう。

話すときは完結にまとめられる

介護職 受かりやすい

介護職に受かりやすい人の特徴、3つ目は「話すときは完結にまとめられる」。

話を聞くことが多い介護職でも、スタッフ間では意見を求められることもあります。

しかし介護業界は忙しいため、完結に意見をまとめて話せる人が受かりやすいでしょう。

志望動機から熱意が伝わる

介護職 受かりやすい

介護職に受かりやすい人の特徴、4つ目は「志望動機から熱意が伝わる」。

たとえば「家から近いから」「時給が高かったから」などの事実ではなく、どのような介護をしたいのかといったような熱量の高い志望動機がおすすめです。

志望動機から熱意が伝わるような人は、介護職に受かりやすいでしょう。

面接時に応募した施設や業務について下調べをしている

介護職 受かりやすい

介護職に受かりやすい人の特徴、5つ目は「面接時に応募した施設や業務について下調べをしている」。

入社するための面接なので、基本的にはどのような質問が来ても良いように下調べをしておきましょう。

介護職が受かりやすいからとって、手抜きをする人は不採用になります。

転職理由がポジティブである

介護職 受かりやすい

介護職に受かりやすい人の特徴、6つ目は「転職理由がポジティブである」。

前職をやめた理由や介護職を希望した理由がネガティブだと、また同じことを繰り返されるのではないかと考えられてしまいます。

介護職に転職する際は、ポジティブな理由を話すことで採用率が上がるでしょう。

謙虚な態度で接する

介護職 受かりやすい

介護職に受かりやすい人の特徴、7つ目は「謙虚な態度で接する」。

これは介護職に限りませんが、横柄な態度で面接を受ける人はいませんよね。

謙虚な態度でいることだけでも、面接官からの印象は良いでしょう。

質問に対して適切に答えられる

介護職 受かりやすい

介護職に受かりやすい人の特徴、8つ目は「質問に対して適切に答えられる」。

質問されたとき、答えではなく言い訳から話し始める人は一定数います。

単語で答えられるときに理由から述べる人は、時間単位で語句介護職では採用されません。

短気ではない

介護職 受かりやすい

介護職に受かりやすい人の特徴、9つ目は「短気ではない」。

介護施設の利用者は高齢で、話すスピードがゆっくりである場合がほとんどです。

面接時に短所が「短期」である場合、高確率で不採用となるでしょう。

履歴書がきれい

介護職 受かりやすい

介護職に受かりやすい人の特徴、10こ目は「履歴書がきれい」。

些細なことではありますが、履歴書を丁寧に書いてあると印象があがります。

必須ではないものの、丁寧な介護を行いそうだと印象付けられるでしょう。

介護転職で失敗しないための5つのポイント

介護職 受かりやすい

つづいて、介護転職で失敗しないための5つのポイントを解説します。

  • 同時に複数社のエントリーをする
  • 求人サイトとエージェントを使い分ける
  • なるべくはやく返事を送る
  • 担当者が合わないなら変更する
  • 複数のサイトを使って1つの求人に応募するのは禁止

詳しく、1つずつ解説していきます。

同時に複数社のエントリーをする

介護職 受かりやすい

介護転職で失敗しないためのポイント、1つ目は「同時に複数社のエントリーをする」。

受かるか分からないから1社ずつ受けるという方もいますが、それでは転職活動に時間がかかり挫折の原因にも。

同時に複数社エントリーして、何社か内定をいただいた場合は1社以外に辞退の連絡をいれましょう。

求人サイトとエージェントを使い分ける

介護職 受かりやすい

介護転職で失敗しないためのポイント、2つ目は「求人サイトとエージェントを使い分ける」。

求人サイトでは自分が行動しなければいけませんが、エージェントではキャリアアドバイザーが担当してくれます。

自分に合う求人の紹介はエージェントに任せて、求人サイトではどのような選択肢があるか見てみるなど使い分けてみてください。

なるべくはやく返事を送る

介護職 受かりやすい

介護転職で失敗しないためのポイント、3つ目は「なるべくはやく返事を送る」。

介護業界は人手不足ですが、近年人気になりつつあります。

常識としても、人気の職場が埋まらないためにもなるべくはやく返事を送りましょう。

担当者が合わないなら変更する

介護職 受かりやすい

介護転職で失敗しないためのポイント、4つ目は「担当者が合わないなら変更する」。

エージェントで担当してくれるキャリアアドバイザーも、私たちと同じ人間です。

なかには自分と合わない人がいますが、その場合はすぐに変更するようにしましょう。

複数のサイトを使って1つの求人に応募するのは禁止

介護職 受かりやすい

介護転職で失敗しないためのポイント、5つ目は「複数のサイトを使って1つの求人に応募するのは禁止」。

どうしても合格したい職場だからといって、複数のサイトから同じ求人に応募するのはやめましょう。

同一人物であることがすぐに分かるほか、確認作業のための時間も奪うことになり迷惑です。

介護職求人の職場選びに見るべきポイント

介護職 受かりやすい

ここからは、介護職求人の職場選びに見るべきポイントを4つ紹介します。

  • 年収は適正か
  • 教育体制は整っているか
  • 極度の人手不足ではないか
  • 入職前に見学ができるか

詳しく解説していきます。

年収は適正か

介護職 受かりやすい

介護職求人の職場選びに見るべきポイント、1つ目は「年収は適正か」。

介護職は改善されてきているものの、給料水準が低い傾向にあります。

きちんと年収が適正かどうか判断し、納得したうえで転職活動をしましょう。

教育体制は整っているか

介護職 受かりやすい

介護職求人の職場選びに見るべきポイント、2つ目は「教育体制は整っているか」。

未経験者や無資格者に易しいと謳いながら、教育体制が一切整っていない介護施設もあります。

なにも分からない状態で仕事を割り振られることになりかねないので、教育体制の有無を確認しましょう。

極度の人手不足ではないか

介護職 受かりやすい

介護職求人の職場選びに見るべきポイント、3つ目は「極度の人手不足ではないか」。

介護施設内で極度の人手不足である場合、スタッフ1人あたりの負担が大きくなります。

転職した瞬間に別の業務を行うことも考えられるため、適正な人数が配置されているか確認しましょう。

入職前に見学ができるか

介護職 受かりやすい

介護職求人の職場選びに見るべきポイント、4つ目は「入職前に見学ができるか」。

人が集まりやすい文言で求人を掲載するのは簡単ですが、本当にそれが実現されているかが問題です。

やましくなければ入職前に見学ができるはずなので、申し出てみてください。

まとめ

介護職 受かりやすい

今回は介護職に受かりやすい人の特徴や職場選びのポイントから、転職に失敗しないための対策法についても解説しました。

施設利用者が高齢であることもあり、介護職に受かりやすいのは常識がある人とも言い換えられますよね。

当サイトでは、他にも介護に関する記事を更新しています。

ぜひ他の記事も読んで、介護職に就くための参考にしてみてください。

-介護 転職
-,

© 2022 介護資格と転職ガイド