デイケア

デイケア(通所リハビリテーション)の仕事内容とは?向いている性格や必要な資格を解説!

デイケア 仕事内容

デイケア(通所リハビリテーション)はリハビリを目指す方が日常生活に戻れることをサポートする仕事です。

デイケアはどんな仕事をしているでしょうか?デイケアのやりがいとは何でしょうか?

この記事では、デイケアの仕事内容やデイケアに向いている性格、デイケアへ転職するのに必要な資格について解説していきます。

デイケアのやりがいや、介護業界へ転職する方法などを確認しましょう。

デイケアの仕事内容が気になる、デイケアの仕事をしてみたい!という方は是非参考にしてみてください。

デイケアの仕事内容とは?

デイケアの仕事内容

デイケアはリハビリを必要とする方向けの介護サービスです。

主に病院や診療所などの医療機関で患者向けにリハビリ支援を行うことが仕事の内容です。

デイケアの仕事内容について詳しく確認していきましょう。

デイケア(通所リハビリテーション)とは?

デイケアとは通称「通所リハビリテーション」と呼び、怪我等で日常生活が困難になった方を介助するサービスです。

主に入院していた患者が退院してもすぐに日常生活へ復帰できるわけではなく、通院によるリハビリを経る必要があります。

日常生活への復帰を目指すサポートをする使命があるといえるでしょう。

デイケアの利用対象者とは?

デイケアの仕事内容

デイケアの利用対象者は「要支援1~2」あるいは「要介護1~5」の認定を受けている方がサービスの対象になります。

「要支援」とは生活の一部を自力で行うことが困難である方や、将来的に介護が必要になる方など。

「要介護」とは日常生活の大部分を自力で行うことが困難であり、すぐに介護が必要である方など。

何らかの理由で日常生活への復帰を目指す患者のサポートをすることがデイケアの役割です。

デイケアの治療内容

デイケアは身体的なケアだけでなく、精神的なケアも行います。

メンタルの不調で治療に専念していたという方は、社会への復帰が困難になる場合があります。

デイケアでは心身ともに社会復帰を目指す方の復帰をサポートするものです。

様々な事情で治療を行う患者にとって親身に寄り添う存在であることが求められるでしょう。

専門的な医療知識が必要

デイケアは医療業務であるため、専門的な医療知識が必要です。

自身の知識でデイケアの仕事が完遂できるわけでなく、医師や看護師、他のヘルパーなど様々な職種の人と連携して治療を進める必要があります。

ご自身の専門知識を活用することだけでなく、多くの知識を活用する応用能力が問われる仕事です。

デイケアの仕事においては、ご自身の専門知識を活かせるだけでなく専門外の医療知識を身につけることができるため、医療知識の幅を広めたいという方に適した仕事といえるでしょう。

デイサービスとの違い

デイケアの仕事内容

デイケアと似ているサービスに「デイサービス」というものがあります。

デイケアとデイサービスの違いについては、目的や対象者に違いがあります。

デイサービスは一般的に日常生活の介護をしている要介護者がサービスの対象ですが、デイケアの対象は怪我などから日常生活への復帰を目指している方がサービスの対象です。

また、デイケアは医療行為を目的とする治療である点も大きな違いの1つです。

デイケアは治療を目的とする

デイケアは医師の指示に基づいて行う「医療行為」であることも大きな違いです。

デイサービスが介護を目的としているのに対し、デイケアでは治療を目的にサービスを提供しています。

日常生活への復帰を目指す患者に合わせて最適な治療を施すことがデイケアの目的です。

日常生活への復帰を目指す患者の親身になって丁寧に医療行為を行いましょう。

デイケアのやりがいは?

デイケアの仕事内容

デイケアの仕事のやりがいとは?デイケアをするメリットとはどんなものがあるでしょうか?

デイケアは怪我などから日常生活への復帰を目指してリハビリを行う方のサポートをする仕事です。

人から感謝される仕事であるため、やりがいのある仕事といえるでしょう。

また、日中の仕事がメインであるため、プライベートとの両立がしやすいというメリットもあります。

人から感謝される

デイケアはリハビリを行う患者のサポートを行う役割であり、困っている人に対して直接役立てるという実感を持つことができます。

デイケアの仕事は日常生活の解除をしたり、治療方法について助言をしたりと困っている患者にとって親身に役立てる存在です。

「誰かの役に立ちたい」という方にとって、非常にやりがいのある仕事であるといえるでしょう。

専門知識を活用できる

デイケアの仕事内容

デイケアは医療行為であり、医療の専門知識を役立てることができます。

デイケアの患者は症状が様々であり、広範な医療知識を活用しなければなりません。

また、患者のデイケアに応用できるよう知識をカスタマイズすることが求められます。

自分の知っている知識だけでなく未知の領域についても挑戦可能です。

未知の分野に挑戦したい、専門領域を広げたいという方にやりがいのある仕事であるといえるでしょう。

日中の仕事が多い

デイケアの仕事は基本的に日中に行うため、夜間や深夜の仕事は少ない傾向にあります。

また、比較的残業の少ない仕事であり、業務時間の調整がしやすい仕事であるといえるでしょう。

そのため、プライベートとの両立が可能な仕事といえます。

育児と両立したい方やダブルワークなどプライベートタイムを充実させたい方にとって時間が調整しやすいというメリットがあります。

夜勤が少ない

デイケアは深夜勤務など夜勤が少ない傾向にあります。

デイサービスなどの仕事では夜間に利用者の対応をしなければならないことがありますが、デイケアにおいては日中の営業がほとんどです。

そのため、夜勤が少ないことはデイケアの仕事のメリットといえるでしょう。

デイケアに向いている性格

デイケアの仕事内容

デイケアに向いている性格はどのようなものがあるでしょうか?

デイケアでは日常生活への復帰を目指す患者のサポートをするため、人の役に立つ実感を持つことができます。

また、多くの関係者と連携して仕事を進める必要があるため、コミュニケーション能力も問われる仕事です。

コミュニケーション能力が高い

ビジネスに必須のコミュニケーション能力スキルですが、デイケアの仕事においてもコミュニケーションは必須です。

デイケアでは顧客応対はもちろん、ケアマネジャーや他のデイケア担当者としっかりとコミュニケーションを取る必要があります。

治療にあたって必要な知識を伝達し、関係者と適切に連携をとらなければいけません。

必要な情報を的確に判断し、デイケアの仕事に役立てることが求められるでしょう。

気配りができる

デイケアの仕事は患者のリハビリをサポートすること。

患者がどういうことに困っているか、言われなくても自然と気配りができることが求められます。

全ての患者が症状を自覚しているということはなく、デイケア担当者が患者の異常に気付いてアドバイスをすることも求められます。

デイケアのアドバイスには専門知識も求められるため、ご自身の経験や思いやりの心が患者に役立つでしょう。

医療知識が豊富

デイケアは医療行為であるため、仕事をするうえでは専門的な医療知識が必要です。

リハビリにあたって適切な行為は何なのか、必要に応じて施術をしたり助言を行います。

ただ、デイケアで必要とされる知識は広範であるため、ご自身の医療知識だけで解決できることばかりとは限りません。

ご自身の知識だけで解決しようとせずに、時には他の専門家の意見なども参考にしながら業務を進めていきましょう。

業務経験で知識を身に着けていく姿勢もデイケアの仕事に求められることです。

デイケアに必要なスキルや資格は?

デイケアの仕事内容

デイケアの仕事をするうえではどのようなスキルや資格が必要になるでしょうか?

前提として、デイケアは患者に対する思いやりの気持ちが必要です。

合わせて介護に関する専門知識があれば鬼に金棒といえるでしょう。

資格を有していれば、ご自身のキャリアップに繋がることも考えられます。

デイケアに役立つスキルや資格について確認していきましょう。

コミュニケーションスキル

デイケアは患者と接する仕事ですので、患者はもちろん他の関係者ともコミュニケーションをとる必要があります。

分からないことがあれば不明点を整理し、医師や専門家などに助言を求めることも必要です。

顧客が安心できるようなデイケアサービスをするよう、しっかりとデイケアの状態についてコミュニケーションを取ります。

また、顧客の健康状態をしっかりと把握するため、ケアマネジャーや他のデイケア担当者においてもコミュニケーションが必要です。

介護資格

デイケアの仕事内容

デイケアを進めるうえでは介護資格が有用です。

医療行為であるデイケアを進めるうえでは専門的な医療知識が求められます。

介護資格を有し、介護や医療に関する知識を習熟すれば実務への応用も可能になるでしょう。

介護福祉士

介護資格で代表的なものが、介護福祉士。

介護福祉士とは介護や社会福祉に関する国家資格であり、介護の専門家についての知識を習得することができます。

デイケア実務においても介護福祉士に関する知識は有効で、介護のプロフェッショナルとして実務に応用可能です。

介護福祉士になるには難解な試験対策や実務経験が必要です。

その分、介護福祉士の資格を保有していればデイケアの実務へ応用が可能になり、転職市場での評価も高くなります。

介護資格ならシカトル

シカトル

シカトルで自分に合った資格サイトを探す

介護資格ならシカトル!

シカトルは介護資格に特化した資格サービスです。

介護福祉士や医療事務など、介護に関する資格を通学や通信などで学ぶことができます。

デイケアでは広範な医療知識や介護知識が必要となります。

そのため、資格取得のための学びや研修などを通じて学習していくことが効果的でしょう。

未経験からデイケアに転職できる?

高齢化が進む日本においては介護や医療の現場は慢性的な人手不足であり、転職市場においても多くの求人が出回っています。

未経験や資格がない方の求人も多数あり、理想の求人を見つけることが可能です。

介護業界やデイケアを未経験の場合、転職サービスを利用するのが効果的。

おすすめのサイトをいくつか比較して確認していきましょう。

きらケア

きらケア

きらケアで介護求人を探す

きらケアは介護業界に特化した転職サービス。

「未経験可能」や「資格不問」など介護業界が初めての方にとっても魅力的な求人が多数あります。

「月給33万円以上」など好条件の求人も多数あり、ご希望に敵った求人が見つかることでしょう。

安心のフォロー体制も魅力であり、スムーズな転職活動を支援します。

豊富な実務経験を生かして、月額33万円以上など好条件の求人に巡り会うことも可能です。

介護レポ

介護レポ

介護レポで介護求人を探す

「介護レポ」は専門のアドバイザーが転職活動の支援をしてくれるサービスです。

特に、未経験から介護業界に挑戦したいという方には初めての介護業界の転職活動に戸惑うことも多いでしょう。

アドバイザーが親切・丁寧な対応で転職活動をサポートします。

また、求人には載っていない「現場の声」などを聴けるため、安心して転職活動を進めることができます。

転職活動では情報量の多さが重要になるため、専門のアドバイザーから多数の情報を入手し、転職活動を有利に進めていきましょう。

マイナビ介護

マイナビ介護

マイナビ介護で介護求人を探す

「マイナビ介護」は人材業界大手のマイナビが運営する介護専門の転職サービス。

大手ならではの豊富な求人数が魅力で、多数の求人からご自身の希望にマッチする介護の求人を見つけることができるでしょう。

専任のアドバイザーがヒアリングを行い、ご希望の条件や経験に応じた求人を紹介。

面接対策から入社に向けた動きへのサポートをしてくれます。

悩んでいることをすぐに解決できるため、安心して転職活動を進められるでしょう。

デイケアの仕事の魅力

デイケアの仕事内容

デイケアの仕事内容やデイケアへの転職方法などを見ていきました。

デイケアは日常生活への復帰へ向けて困っている患者をサポートできる存在です。

医療についての専門知識だけでなく、困っている患者への気配り、関係者や患者に必要な確認を行うコミュニケーションスキルが必要な仕事です。

その分で、困っている患者に寄り添えるという意味でやりがいのある仕事である点がやりがいといえるでしょう。

デイケアの仕事へ転職するには介護資格の取得、転職サービスの利用などがおすすめ。

デイケアの仕事を理解し、理想の仕事ができるように努めていきましょう。

-デイケア
-,

© 2021 介護資格・お仕事ガイド