高齢者コミュニケーター

高齢者コミュニケーターの資格とは?メリットや活躍できる場所から概要まで徹底解説

高齢者コミュニケーター 資格

高齢者コミュニケーターの資格とは?
どうやって高齢者コミュニケーターの資格を取るの?
高齢者コミュニケーターの働く場所ってどこ?

介護業界の資格である、高齢者コミュニケーター。

そんな高齢者コミュニケーターが、普段どのような仕事をしているのか説明できる人は少ないはず。

そこで今回は高齢者コミュニケーターの資格概要や取得方法から、メリット、活躍場所まで徹底解説していきます。

◆本記事の内容

  • 高齢者コミュニケーターとは?
  • 高齢者コミュニケーター資格取得のメリット
  • 高齢者コミュニケーターの仕事内容とは?
  • 高齢者コミュニケーターの資格取得方法
  • 高齢者コミュニケーターが活躍できる施設
  • 高齢者コミュニケーターの将来性

本記事を読むことで得られるものは、介護業界にてステップアップしたい人や高齢者コミュニケーターになりたい人への役立つ情報です。

ほかにも資格取得することで期待できる収入面や将来性についても紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

高齢者コミュニケーターとは?

高齢者コミュニケーター 資格

高齢者コミュニケーターとは、あらゆる介護・医療施設で高齢者とのコミュニケーションをとる人のこと。

高齢者コミュニケーターは施設利用者よりも年下であるため、接する際の態度や言葉遣い、心遣いなどを学びます。

傾聴方法がとても難しく、
会話のスピード・声の大きさ・高さなどを意識することに大変苦戦しました。

引用-https://nara-daihatsu.co.jp/cs/%E7%A4%BE%E5%93%A1%E3%81%AE%EF%BC%93%E5%88%86%E3%81%AE%EF%BC%91%E3%81%8C%E5%8F%96%E5%BE%97%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B%E3%82%B7%E3%83%8B%E3%82%A2%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%8B%E3%82%B1/

また、高齢者コミュニケーターとして認められるための資格には「高齢者傾聴スペシャリスト」や「高齢者ケアストレスカウンセラー」などがあります。

高齢者コミュニケーターの資格概要

高齢者コミュニケーター 資格

以下が、高齢者コミュニケーターの資格概要です。

高齢者コミュニケーターのカリキュラム
  • 高齢者の方の身体の理解
  • 高齢者の方の精神心理の理解
  • 高齢者の方の家族の理解
  • コミュニケーションの基礎
  • 高齢者の方とのコミュニケーションの基礎
  • 適切なコミュニケーション方法
高齢者コミュニケーターの難易度
  • 1~3ヵ月程度で取得できる
  • 比較的難易度の低い資格
  • 民間資格
高齢者コミュニケーターの勉強方法
  • 通信講座でのテキストをよく読む
  • スクールに通う
高齢者コミュニケーターの受講料金 スクールによって30,000 ~262,500円ほどの差が出る

難易度の低い民間資格であり、資格取得も通学と通信から選べます

働きながらでも取得できる資格として、非常に人気です。

介護においてコミュニケーションが難しい場面とは

高齢者コミュニケーター 資格

ここからは、介護においてコミュニケーションが難しい場面について解説します。

今回紹介するのは、以下の3つです。

  • 関係が浅くて話題がないとき
  • 認知機能が低下している人との関わり
  • 興奮している・拒否的な人との関わり

詳しく解説するので、参考にしてみてください。

関係が浅くて話題がないとき

介護においてコミュニケーションが難しい場面、1つ目は「関係が浅くて話題がないとき」です。

自分自身が転職したり利用者が施設に来たりと、お互い関係性が築けてないときには話す内容がどうしても浅くなってしまいます。

天気や自分の話をしても興味を持ってもらうのは難しく、このような場面では利用者と十分にコミュニケーションを取るのは難しいです。

認知機能が低下している人との関わり

高齢者コミュニケーター 資格

介護においてコミュニケーションが難しい場面、2つ目は「認知機能が低下している人との関わり」です。

認知機能が低下している利用者とは、たとえ数時間前に話したことでもつながりのある会話はできません。

話す度に関係性をゼロから構築する必要があるため、コミュニケーションを取るのが難しいといえるでしょう。

興奮している・拒否的な人との関わり

介護においてコミュニケーションが難しい場面、3つ目は「興奮している・拒否的な人との関わり」です。

利用者のなかには、介護施設に拒否的な方もいます。また人との関わりが苦手で、興奮しているケースも多く見受けられます。

そのような場合は介護スタッフの話をまともに聞いてくれず、コミュニケーションを取るのが難しいでしょう。

高齢者コミュニケーターの仕事内容とは?

高齢者コミュニケーター 資格

つづいて、高齢者コミュニケーターの仕事内容について解説します。

高齢者コミュニケーターの主な仕事内容は、以下の3つです。

  • 利用者の気持ちに寄り添う
  • コミュニケーションを取って質の高いケアをする
  • 介護スタッフとの連携

1つずつ、詳しく解説します。

利用者の気持ちに寄り添う

高齢者コミュニケーターの仕事内容、1つ目は「利用者の気持ちに寄り添う」です。

介護施設を利用している高齢者のなかには、孤独感を抱えているなどもいます。

そのなかで気持ちに寄り添えるのは、介護スタッフだけ。

利用者にとって心地の良い状態や心理についての知識を学び、活用することで1人ひとりに向き合い寄り添うことが仕事内容となります。

コミュニケーションを取って質の高いケアをする

高齢者コミュニケーター 資格

高齢者コミュニケーターの仕事内容、2つ目は「コミュニケーションを取って質の高いケアをする」です。

コミュニケーションが取れないと、質の高いケアをいくらいしても利用者の満足度にはつながりません。

満足度の低いケアはなら、介護工程として十分でも質が高いとは言えないのではないでしょうか?

利用者とのコミュニケーションを取るのも、高齢者コミュニケーターの仕事内容です。

介護スタッフとの連携

高齢者コミュニケーターの仕事内容、3つ目は「介護スタッフとの連携」です。

利用者とのコミュニケーションを取れたら、逐一、以下のような事柄を介護スタッフと共有します。

  • 声の大きさ
  • 話の内容
  • 好き嫌いがある話

高齢者とのコミュニケーションにおいて重要なのは、相手に「この人なら自分を分かってくれる」といった思いを持ってもらうこと。

上記のようなヒントを介護スタッフと共有できれば、質の高いケアにつなげられるでしょう。

高齢者コミュニケーター資格取得のメリット

高齢者コミュニケーター 資格

ここからは、高齢者コミュニケーター資格取得のメリットについて解説します。

今回紹介する高齢者コミュニケーター資格取得の主なメリットは、以下の4つです。

  • 利用者の気持ちが分かるようになる
  • 自分に自信が持てるようになる
  • 介護を必要とする家族の役に立つ
  • 利用者のQOLが向上する

詳しく解説するので、参考にしてみてください。

利用者の気持ちが分かるようになる

高齢者コミュニケーター資格取得のメリット、1つ目は「利用者の気持ちが分かるようになる」です。

介護施設で質の高いケアを提供するには、利用者とのコミュニケーションが重要であると先述しました。

コミュニケーションを取るには、まず相手の気持ちが分かるようになる必要があります。

高齢者コミュニケーターの資格は相手を限定していることで、より深く知識が学べます。

自分に自信が持てるようになる

高齢者コミュニケーター 資格

高齢者コミュニケーター資格取得のメリット、2つ目は「自分に自信が持てるようになる」です。

たとえば、道に迷っている高齢者に声をかけようとしてやめてしまったという経験はありませんか?

声をかけられなかった理由は人それぞれでも「助けられないかも」といった、ざっくりとした不安があるはずです。

高齢者コミュニケーターの資格が直接影響するわけではなくても、取得しているとコミュニケーションには自信が持てるようになります

積極的に、困っている人を助けられるような自分になれるでしょう。

介護を必要とする家族の役に立つ

高齢者コミュニケーター資格取得のメリット、3つ目は「介護を必要とする家族の役に立つ」です。

家族内で介護が必要となった方に対して、接し方や心の汲み方が分かるようになります。

身内だからこそより過ごしやすくしたいといった思いが、高齢者コミュニケーターの資格・知識を通して実現できるでしょう。

利用者のQOLが向上する

高齢者コミュニケーター 資格

高齢者コミュニケーター資格取得のメリット、4つ目は「利用者のQOLが向上する」です。

利用者(=高齢者)にとって、介護・医療施設での会話も脳のリハビリに役立ちます。

自分にとって興味のある話題を多く話せることは、利用者自身のQOLが向上します。

QOL(Quality of life)とは?

QOL(Quality of life)とは、「生活の質」「生命の質」などと訳される。患者の状態をはかるための指標の一つ。

QOLは高低によって表され、「患者に活力があるか」「生きがいを感じているか」「日々の生活に満足しているか」といったことが判断の主軸となる。生きがいなどを感じられるよう、様々な工夫が医療機関等によって行われることを「QOLの向上」と言い、患者が日々の生活に苦痛を感じている場合は「QOLが低下している」といわれる。

引用-Answers

高齢者コミュニケーターが活躍できる施設

高齢者コミュニケーター 資格

つづいて、高齢者コミュニケーターが活躍できる施設について解説します。

  • あらゆる介護施設
  • あらゆる医療施設
  • 飲食業・販売業などの接客施設

詳しく見ていきましょう。

あらゆる介護施設

高齢者コミュニケーターが活躍できる施設、1つ目は「あらゆる介護施設」。

特別養護老人ホーム、有料老人ホーム、デイサービス施設など、要介助度・要介護度の高低差はあるものの、介護施設を利用するのは高齢者です。

どの介護施設でも、高齢者コミュニケーターの資格が役立つでしょう。

あらゆる医療施設

高齢者コミュニケーター 資格

高齢者コミュニケーターが活躍できる施設、2つ目は「あらゆる医療施設」。

介護施設だけではなく、病院でも高齢者とのコミュニケーションは行います。

高齢者コミュニケーターが1人いるだけで、医療スタッフの負担軽減にも役立つでしょう。

飲食業・販売業などの接客施設

高齢者コミュニケーターが活躍できる施設所、3つ目は「飲食業・販売業などの接客施設」。

介護・医療施設での活躍が多いと考えられがちな高齢者コミュニケーターですが、実は飲食業や販売業でも役立ちます。

高齢者とのコミュニケーションが主な仕事なので、他にも必要としている業界はたくさんあるでしょう。

高齢者コミュニケーターの将来性

高齢者コミュニケーター 資格

高齢者コミュニケーターの将来性は、これからどんどん高まると予想されます。

なぜなら厚生労働省によると、2025年には人口の1/3が高齢者になると発表されているからです。

また2050年には、高齢者の人口数が現在の3倍になるともいわれています。

このなかで介護や医療業界だけでなくても、高齢者コミュニケーターの需要が高まるのは自然な流れといえるでしょう。

まとめ

高齢者コミュニケーター 資格

今回は高齢者コミュニケーターの資格概要や取得方法から、メリット、活躍場所まで徹底解説しました。

高齢者コミュニケーターとは、今後人口の1/3を占めるといわれている高齢の方に対して質の高いケアやサービスを行うために開発された資格です。

高齢者コミュニケーター資格取得のメリットには「利用者の気持ちが分かるようになる」「自分に自信が持てるようになる」「介護を必要とする家族の役に立つ」「利用者のQOLが向上する」などが挙げられます。

また利用者の気持ちに寄り添ったり介護スタッフとの連携をしたりする高齢者コミュニケーターは、質の高いケアを提供できるでよう。

医療や介護以外にも飲食業・販売業などの接客施設で活躍が見込める高齢者コミュニケーターは、これから徐々に需要が増加するため将来性があります

当サイトではほかにも高齢者コミュニケーターについて詳しく解説した記事を更新していますので、参考にしてみてください。

-高齢者コミュニケーター
-,

© 2022 介護資格と転職ガイド