ガイドヘルパー(同行援護従業者)

ガイドヘルパーの転職におすすめのサイト|向いてる人や口コミも解説

ガイドヘルパーの転職におすすめのサイト|向いてる人や口コミも解説

ガイドヘルパーへの転職を検討していませんか?

この記事では「ガイドヘルパーの転職」について解説します。

結論、ガイドヘルパーへ転職するなら今がおすすめです。

ガイドヘルパーへの転職を考える前に、仕事内容や給料について知っておくと良いでしょう。

「ガイドヘルパーの転職先」や「ガイドヘルパーの口コミ」についても解説するので、転職する際の参考にしてください。

ぜひこの記事を参考に、ガイドヘルパーへの転職を成功させましょう。

また「ガイドヘルパーと同行援護従業者の違い」について知りたい方は、こちらで解説を行っていますのでぜひ確認してみてくださいね。

ガイドヘルパーにおすすめの転職サイト

  1. Jobmedley|25万件以上の求人数
  2. 介護ワーカー|コンサルタントによるサポート
  3. リッチマン介護|96%の給与アップ成功率

ガイドヘルパーの種類による仕事内容

ガイドヘルパーの種類による仕事内容

視覚障害・全身性障害・知的障害などによって、1人では外出が難しい方の移動支援を行うのが「ガイドヘルパー」です。

ガイドヘルパーは「移動介護従事者」とも呼ばれており、以下の3種類に分けられます。

ガイドヘルパーの種類によって仕事内容や取得する資格は違うものです。

  • 視覚障害者ガイドヘルパー
  • 全身障害者ガイドヘルパー
  • 知的障害者ガイドヘルパー

大人だけではなく、子どももガイドヘルパーによる移動支援の対象です。

いずれも特に外出の目的に決まりは設けられていません。

そのため、通院・ショッピング・旅行など、様々なケースへの対応が必要になるでしょう。

状況に応じた対応が求められる難しさもありますが、やりがいが感じられる仕事です。

種類による仕事内容について、それぞれくわしく紹介します。

視覚障害者ガイドヘルパー

視覚障害者ガイドヘルパー

「同行援護従業者」とも呼ばれているのが、視覚障害者の援助を行う視覚障害者ガイドヘルパーです。

公共交通機関の乗降・階段やエスカレーターの移動支援なども行いますが、代読や代筆に対応する必要もあります。

ガイドヘルパーの中でも、特に視覚障害者ガイドヘルパーは需要が高い仕事です。

視覚障害者ガイドヘルパーの資格は一般課程と応用課程の2種類。

応用課程を受けるためには、1年間の実務経験が必要です。

一般課程を修了すると、視覚障害者の外出介助ができるようになります。

さらに応用課程を修了すると、サービス提供責任者も目指せる資格です。

資格取得方法

視覚障害者ガイドヘルパーの資格を取得するためには、「同行援護従事者養成研修」を修了する必要があります。

受講資格が設けられていないため、視覚障害者ガイドヘルパーは誰でも取得が目指せる資格です。

実際の研修では、11時間の講義と9時間の演習が行われます。

一般課程は3日間、応用課程では2日間が基本的な日程です。

筆記試験や実技試験はないため、研修を修了すると資格が取得できます。

全身性障害者ガイドヘルパー

全身性障害者ガイドヘルパー

自治体により「支援の必要性がある」と認められている方をサポートするのが、「全身障害者ガイドヘルパー」です。

以下の障害を持つ方の、通院や買い物などでの移動支援・食事や排泄の介護などを行います。

  • 全身にわたる運動障害または機能障害を持つ方
  • 四肢体幹機能障害がある方
  • 身体障害者手帳1級を持つ方

歩道には傾斜や段差があり、車椅子の操作は想像以上に困難なもの。

また、階段や横断歩道の移動にも多くの危険が伴います。

そこで全身障害者ガイドヘルパーの仕事では、自力での歩行が困難な方に対して車椅子を使ったサポートも行います。

重度の障害を持つ方でも階段・段差・横断歩道などを安全に使えるよう、丁寧な介助が必要です。

資格取得方法

全身障害者ガイドヘルパーは「全身性障害者課程研修」を修了すると取得できます。

筆記試験や実技試験などは設けられておらず、研修で行われるのは講義と演習です。

研修は16時間で、通常は2~3日に分けて行われます。

演習によって、障害についての基礎知識や、移動・排泄・食事の介助方法などが習得できるでしょう。

初任者研修・実務者研修・介護福祉士の有資格者は、希望により研修の一部を免除できます。

そのため有資格者は短時間での取得が可能です。

知的・精神障害ガイドヘルパー

知的・精神障害ガイドヘルパー

知的障害・精神障害を持つ方の外出をサポートするための資格が、「知的障害者ガイドヘルパー」です。

知的障害者ガイドヘルパーは大人だけではなく子どもの移動支援も多いため、道路への飛び出しなどへの注意も求められます。

また障害による行動や特性などによって外出に支障が出ないよう、コミュニケーションや援護を行うのも大切な仕事です。

ガイドヘルパーとの交流は、知的障害・精神障害を持つ子どもにとって、大切な社会参加への機会ともなります。

資格取得方法

知的障害者ガイドヘルパーの資格には「知的障害者移動介護従業者養成研修」の修了が必要です。

研修ではコミュニケーション技術や障害に対する基礎知識など、支援にあたって必要な技術や知識を学びます。

主催となって研修を開催しているのは、自治体や民間の福祉系学校など。

研修は主催者により日程や開催時期が変わるため、取得を考えているのならチェックしておきましょう。

ガイドヘルパーの主な転職先

ガイドヘルパーの主な転職先

ガイドヘルパーの資格があると、転職先の選択肢は広がるでしょう。

主な転職先には次のような施設が考えられます。

  • 訪問介護事業所
  • 障害者支援施設
  • 公的機関

障害者自立支援法に基づく訪問介護事業所では、3種類のガイドヘルパーすべてが活躍。

入所系の障害者支援施設の多くは移動支援事業を併設しているため、ガイドヘルパーの資格があると大いに役立つでしょう。

さらに社会福祉協議会を始めとする公的機関などもガイドヘルパーが活躍できる転職先となっています。

ガイドヘルパーの平均給料

ガイドヘルパーの平均給料

ガイドヘルパーの雇用形態別平均給料は以下の通りです。

  • 正社員……平均月給18~22万円(年収250~280万円)
  • パートタイマー……時給1,000~1,800円

ガイドヘルパーの給料には地域差があり、関東や関西は比較的高めです。

仕事は利用者の用途に合わせて早朝から深夜までとなるため、シフト制の勤務が一般的。

早朝や深夜の勤務がある場合には、給料に手当てが加算される場合もあります。

ガイドヘルパーで収入アップを目指すなら全身性障害者課程

ガイドヘルパーは「視覚障害者ガイドヘルパー・全身障害者ガイドヘルパー・知的障害者ガイドヘルパー」の3種類。

そのうち、もっとも給料の平均が高くなっているのが全身障害者ガイドヘルパーです。

そのため、ガイドヘルパーの仕事で収入アップを目指すなら、「全身性障害者課程」の修了を考えてみましょう。

また複数の資格を取得して対応できる仕事が増えれば、収入アップ・キャリアアップを目指せます。

パート勤務で収入アップする可能性

ガイドヘルパーは、全体的に時給の設定が高めです。

そのため複数の勤務先で掛け持ちをすると、パート勤務でも収入アップする可能性があります。

「ライフスタイルに合わせて自由に働きつつ収入も上げたい」と考えている方もいらっしゃるでしょう。

そんな時は職種にパートを選び、掛け持ちで働く方法も考えてみてください。

ガイドヘルパーの将来性

ガイドヘルパーの将来性

高齢化が進む日本において、ガイドヘルパーは今後さらに需要が高まっていく仕事だと考えられています。

自力での通院や外出が難しく、付き添いとして移動支援を利用しているのは、施設利用者ばかりではありません。

施設を利用せず自宅で暮らしている高齢者や障害者が、移動にあたりガイドヘルパーを必要とする場合もあるでしょう。

そのため、ガイドヘルパーは、介護をしている家族の負担を軽減するためにも必要な存在となっています。

ところが現在のところ、資格を持ったガイドヘルパーは不足している状態です。

今後ますます需要が見込まれるため、ガイドヘルパーは将来性がある仕事だと言えるでしょう。

こんな方はガイドヘルパーへ転職をおすすめ

こんな方はガイドヘルパーへ転職をおすすめ

ガイドヘルパーの仕事では、障害を持った方が自分らしい生活をするための移動支援を行います。

仕事内容から、ガイドヘルパーはとくに以下のような方におすすめです。

  • 喜ばれる仕事に就きたい
  • やりがいのある仕事がしたい
  • 未経験から介護の仕事に就職したい
  • 障害者支援の仕事でキャリアアップしたい

ガイドヘルパーは利用者から感謝されることも多い仕事です。

「喜ばれたい」「やりがいを実感したい」と考えているなら、ガイドヘルパーは向いている仕事でしょう。

種類に応じた研修を修了する必要はありますが、ガイドヘルパーは未経験からでも挑戦は可能です。

人材の不足から未経験者を歓迎している企業も多く、入社後に資格取得のサポートが受けられるケースもあります。

現在介護の仕事をしていて、「さらに技術や知識を高めたい」と考えている方にも良いでしょう。

ガイドヘルパーへ転職した人の口コミ

実際にガイドヘルパーへ転職した人の口コミを紹介します。

実際にやってみると、歩道の段差や自動車との距離など健常者ではなかなか気づけない危険があることが分かり、障害者支援において重要な知識を得ることができました。

引用:クリエイト転職

 

障害者の中には、なかなか外出ができず不便や不安を感じている方も多いです。ガイドヘルパーはそんな方に対して、身体的・精神的な支えとなれる仕事であるため、感謝されることも少なくありません。利用者さんの生き生きした様子を見ると、自分も元気を貰えます。

引用:クリエイト転職

口コミからは、ガイドヘルパーの仕事を通じて、新たに得られる知識があると分かります。

また口コミにあるように、ガイドヘルパーの仕事で感謝されることにやりがいを感じる方も多いでしょう。

実際に働いている方にとっても、ガイドヘルパーはメリットの大きい仕事です。

ガイドヘルパーにおすすめの転職サイト

ガイドヘルパーにおすすめの転職サイト

ガイドヘルパーの仕事を探しているなら、ぜひ介護に特化している転職サイトの活用を考えてみてください。

なぜなら特化型の転職サイトを利用すると、在職中でも効率良く希望に近い条件の仕事が探せるからです。

転職サイトによっては、アドバイザーやコンサルタントからサポートも受けられるため、転職活動の効率が上がります。

また現在よりも待遇の良い仕事が見つかる可能性も高いでしょう。

介護に特化した3つの転職サイトについて、それぞれの特徴を紹介します。

ガイドヘルパーにおすすめの転職サイト

  1. Jobmedley|25万件以上の求人数
  2. 介護ワーカー|コンサルタントによるサポート
  3. リッチマン介護|96%の給与アップ成功率

転職を考えているのなら、ぜひ紹介する各サイトをチェックしてみてください。

Jobmedley|25万件以上の求人数

JobMedley

医療介護従事経験者によって運営されている、医療・介護・保育などに特化した求人サイトが、「Jobmedley」です。

  • LINEで専任キャリアサポートに相談できる
  • 掲載求人数が非常に多い
  • スピード返信をしている企業が分かる

「Jobmedley」では、25万件以上の求人が掲載されており、会員登録をしなくても求人検索ができます。

ただし利用を考えているのなら、無料会員登録がおすすめ。

なぜなら「Jobmedley」では、スカウト経由の応募だと内定率が1.7倍と高めになっているからです。

転職を考えているのなら、無料会員登録をした上でスカウトを活用しましょう。

効率良く転職活動を進められる可能性が高くなります。

Jobmedleyでガイドヘルパーの転職先を探す

介護ワーカー|コンサルタントによるサポート

介護ワーカー

介護業界に特化している転職サポートサービスが、「介護ワーカー」です。

「介護ワーカー」のサービスには以下のような魅力があります。

  • 常時数万件の介護求人が掲載されている
  • 掲載されている介護お役立ちコラムから実務に役立つ情報が得られる
  • コンサルタントによる手厚いサポートが受けられる

介護に特化しているため掲載されている求人数は多く、新着情報も随時更新されます。

求人検索も可能ですが、「介護ワーカー」の大きな魅力はコンサルタントによるサポートです。

コンサルタントからの求人紹介数には上限が設けられていません。

手厚い転職サポートを受けたいと考えているのなら「介護ワーカー」の利用がおすすめです。

介護ワーカーでガイドヘルパーの転職先を探す

リッチマン介護|96%の給与アップ成功率

リッチマン介護

96パーセントの給与アップ成功率を誇る、高給与専門の介護系求人サイトが、「リッチマン介護」です。

「リッチマン介護」には以下のような特徴があります。

  • 非公開求人を多数扱っている
  • 福利厚生が充実している求人が多い
  • 面接にかかる交通費の支給がある

「リッチマン介護」は専任アドバイザーが面接への同行や待遇の交渉をしてくれるため、初めて転職する方でも安心です。

取り扱い求人数は5万件前後となりますが、正社員だけでなくアルバイトや派遣社員の求人も扱っています。

無資格でも登録は可能ですので、ガイドヘルパーの仕事を探すなら、まずは登録してみましょう。

リッチマン介護でガイドヘルパーの転職先を探す

ガイドヘルパーとして転職を成功させましょう

ガイドヘルパーとして転職を成功させましょう

現在の仕事に不満や悩みを感じているなら、ガイドヘルパーへの転職を考えてみましょう。

ガイドヘルパーは、数ある介護職のなかでも、やりがいを感じられる仕事です。

今後需要の高まる業界なので、今から転職を考えてみても良いのではないでしょうか。

ぜひ今回の記事を参考に、ガイドヘルパーへの転職を成功させてください。

ガイドヘルパーにおすすめの転職サイト

  1. Jobmedley|25万件以上の求人数
  2. 介護ワーカー|コンサルタントによるサポート
  3. リッチマン介護|96%の給与アップ成功率

-ガイドヘルパー(同行援護従業者)
-, , , ,

© 2021 介護資格・お仕事ガイド