スポーツフードアドバイザー

スポーツアドバイザーとは?仕事内容や資格から活躍するシーンについて解説

スポーツアドバイザーとは

スポーツアドバイザーって、どんな仕事なの?
スポーツアドバイザーを取得すると、どんなことができるの?

スポーツアドバイザーという仕事は、身の回りによくある仕事ではないですよね。

そのためどのような仕事であるのか、資格などの詳細を知っている人は少ないはず。

そこで今回はスポーツアドバイザーの仕事内容や資格、活躍するシーンについて解説します。

◆本記事の内容

  • スポーツフードアドバイザーとは?
  • スポーツフードアドバイザーの口コミ・評判
  • スポーツフードアドバイザーの資格をいかした3つの仕事とは?
  • スポーツフードアドバイザーの資格を取得するのに向いている人は?
  • スポーツフードアドバイザーの活躍シーンは?

ぜひ最後まで読んで、参考にしてみてください。

スポーツフードアドバイザーとは?

スポーツアドバイザーとは

まずは、スポーツフードアドバイザーに関する基礎知識について解説します。

  • スポーツフードアドバイザーの特徴は?
  • スポーツフードアドバイザーのカリキュラム
  • スポーツフードアドバイザーの費用
  • スポーツフードアドバイザーの勉強期間
  • スポーツフードアドバイザーの口コミ・評判

詳しく解説しますので、1つずつ見ていきましょう。

スポーツフードアドバイザーの特徴は?

スポーツアドバイザーとは

スポーツフードアドバイザー®養成講座は、トライアスロン世界選手権出場選手の元専属コーチである藤田英継講師と、元日本オリンピック委員会(JOC)強化スタッフとしてオリンピック選手・Jリーグ・Vリーグの選手をサポートする川端理香講師が全面監修したもの。

こういった資格取得講座で挑戦するのが一般的です。

スポーツフードアドバイザーは比較的簡単な資格で、取得しておくと活躍シーンも幅広くあります。

スポーツフードアドバイザーの資格について

スポーツアドバイザーとは

スポーツフードアドバイザーの資格の基礎情報について、解説します。

  • スポーツフードアドバイザーのカリキュラム
  • スポーツフードアドバイザーの費用
  • スポーツフードアドバイザーの費用
  • スポーツフードアドバイザーの勉強期間

スポーツアドバイザーの講座では、セットで他の資格とお得に受けることができる場合が多いです。

スポーツフードアドバイザーのカリキュラム

スポーツフードアドバイザーのカリキュラムは、以下のようになっています。

1ヶ月目の学習内容:栄養素と食事の基本
◆学習項目

  • 栄養素の種類と役割
  • 栄養素別の身体組成
  • 栄養素からエネルギーへ
  • エネルギー必要量の求め方
  • バランスのよいメニューづくり
  • 脂肪をためない体をつくる
  • 健康的で引き締まった体に
  • 骨と筋肉の強化を目指す ほか

2ヶ月目の学習内容:期別・目的別の食事指導
◆学習項目

  • 期別による栄養と食事
  • 体脂肪の落とし方
  • 疲労をとる栄養素と食材
  • 練習期のメニュー作成
  • 試合期の栄養と食事
  • 運動後の栄養補給
  • コンビニの上手な活用法
  • メンタルトレーニング ほか

3ヶ月目の学習内容:食事カルテ
◆学習項目

  • 練習期の主食
  • 練習期の主菜
  • 練習期の副菜
  • 練習期の汁物
  • 練習期の補食
  • 練習期のドリンク
  • 試合前のメニュー
  • 試合後のメニュー ほか

3ヵ月で完結する資格のため、予定通り進められればすぐに取得できます。

スポーツフードアドバイザーの費用

スポーツフードアドバイザーの費用は56,200円

これは認定講座の受講費用に加えて、試験受験料も含まれています。

総額なので、比較的安価で取得できる資格といえるでしょう。

スポーツフードアドバイザーの勉強期間

スポーツフードアドバイザーの勉強期間は、およそ3ヵ月ほど

合格基準は得点率が70%以上なので、かなり簡単といえるでしょう。

在宅で受験可能ですので、家の場所は関係なく取得できます。

スポーツフードアドバイザーの口コミ・評判

スポーツアドバイザーとは

ここからは、スポーツフードアドバイザーの口コミ・評判について紹介します。

40歳にして人生で初めて勉強意欲が湧き学びを楽しんでいます。大学でもっと興味を持って学んでいればと後悔もありますが、今からでも遅くない。
野球少年の息子の体作りのためにスポーツフードアドバイザーと整体系の資格を取り、今はキャリアコンサルタントの勉強中。学びって人生を豊かにしますねほっとした顔

息子のパフォーマンスがあがるように。家族が元気よく過ごせるように。

スポーツフードアドバイザー

の資格の勉強を始めた所ですホットドリンク

『スポーツフードアドバイザー』の資格を取得しましたウエイトを持ち上げる人キラキラ

海外でも通用するアスリートらしい元気な体を手に入れるために自粛期間に食事や栄養の勉強をしましたメモ料理!

今は次のステップへ向けて準備中女性の料理人♥

#ダンサー #社交ダンス #ボールルームダンス #アスリート #study

#キャリカレアンバサダー
#キャリカレ
#スポーツフードアドバイザー
最近長男がスイミングをやり始めました泳ぐ男性キラキラ
水泳は有酸素運動だから…水泳の前日と当日はスポーツフードアドバイザーで勉強した通りにご飯を作ってみようかキラキラ
ところで、最近金曜のお題がないのかしら??寂しい〜(。・_・`。)

VALXオンラインカレッジ、1ヶ月で無事修了曲げた上腕二頭筋
めっちゃ勉強になって楽しかった!今は姿勢について勉強中。
スポーツフードアドバイザーの資格もあるので、トレーナー活動を始めたい。
食事指導、姿勢改善、トレーニング初心者など興味ある人モニターいかがでしょう?!

#VALX

たくさんいただいたわさび菜でバター炒め!βカロテン、ビタミンCで抗酸化!ビタミンB2で脂質の代謝を助けます!
#料理#家庭料理#副菜#わさび菜#大根の葉#ダイエット#スポーツフードアドバイザー#三重県#津市#伊賀市#忍者市#いいね返し#フォローバック#フォロー返し

元カノをサポート出来るようにと
取得した「スポーツフードアドバイザー」

今は自分の食事の役に立っているから、
人生無駄なことなんてないなって思っている。

https://twitter.com/monimonitto/status/1426455991739031554?s=20

スポーツフードアドバイザーの勉強ほんと少しずつしかできないけどその日にへえーと思ったことをつぶやこうと思う。
今日のへえー右指差し加工食品や清涼飲料水によく含まれるリンは、カルシウムの吸収を低下させるので、摂り過ぎないこと!具体的にリンが含まれるのは牛乳豆乳ビールコーラ濃いお茶湯のみ乾杯

スポーツフードアドバイザー
に合格しました中くらいの星

素直に嬉しい!やっと取れました訴えかける顔
自分のためにも今後のためにもなると思い始めたんですが、栄養やバランスって奥深いし考える事覚える事も多くて改めて凄いなと思いました深くお辞儀する女性
実践も勉強もまだまだ足りない事が沢山!
これからも隙間時間に頑張ります書籍

スポーツフードアドバイザーの資格をいかした3つの仕事とは?

スポーツアドバイザーとは

ここからは、スポーツフードアドバイザーの資格をいかした3つの仕事について解説します。

  • スポーツトレーナー
  • スポーツチームのマネージャー
  • コーチ・監督

1つずつ解説するので、参考にしてみてください。

スポーツフードアドバイザーの仕事①スポーツトレーナー

スポーツアドバイザーとは

スポーツフードアドバイザーの資格をいかした仕事、1つ目は「スポーツトレーナー」。

あらゆるスポーツのトレーナーをしている人にとって、食生活の指導も仕事のうちに入ります。

つまりスポーツ界でがんばる人のためにアドバイスする仕事として、スポーツトレーナーがあげられるでしょう。

スポーツフードアドバイザーの仕事②スポーツチームのマネージャー

スポーツアドバイザーとは

スポーツフードアドバイザーの資格をいかした仕事、2つ目は「スポーツチームのマネージャー」。

野球、サッカー、バスケットボールなど、スポーツチームのマネージャーが選手のために食生活を改善するのに、スポーツフードアドバイザーの資格は役立ちます。

スポーツフードアドバイザーの仕事③コーチ・監督

スポーツアドバイザーとは

スポーツフードアドバイザーの資格をいかした仕事、3つ目は「コーチ・監督」。

選手の食生活管理はマネージャーの仕事ですが、コーチや監督もスポーツフードについて知識を持っていると良いでしょう。

マネージャーへの指導も含めて、スポーツフードアドバイザーの資格が役立ちます。

スポーツフードアドバイザーの資格を取得するのに向いている人は?

スポーツアドバイザーとは

つづいて、スポーツフードアドバイザーの資格を取得するのに向いている人の特徴を紹介します。

  • 人を支えるのが好き
  • アスリートを指導する立場にいる
  • 普段の食生活を見直したいスポーツマン

1つずつ、詳しく解説します。

人を支えるのが好き

スポーツアドバイザーとは

スポーツフードアドバイザーの資格を取得するのに向いている人の特徴、1つ目は「人を支えるのが好き」。

監督やコーチ、マネージャー、トレーナーなど、努力している人を支えるのが好きな人はスポーツフードアドバイザーが向いています。

努力している本人の食事管理について、さまざまな知識やレシピなどが学べます。

アスリートを指導する立場にいる

スポーツアドバイザーとは

スポーツフードアドバイザーの資格を取得するのに向いている人の特徴、2つ目は「アスリートを指導する立場にいる」。

アスリートに普段からアドバイスする立場にいる人にとって、スポーツフードアドバイザーの資格はもはや必須ともいえるでしょう。

細かな動作以外にも、同時に食事管理についてアドバイスできるようになります。

普段の食生活を見直したいスポーツマン

スポーツアドバイザーとは

スポーツフードアドバイザーの資格を取得するのに向いている人の特徴、3つ目は「普段の食生活を見直したいスポーツマン」。

なんらかのスポーツを行っている、ダイエットのためにスポーツを始めたなど、普段の食事を見直したい人におすすめ。

資格があるだけで間違っている情報を判断でき、効率よく実力を伸ばしていけるようになるでしょう。

スポーツフードアドバイザーの活躍シーンは?

スポーツアドバイザーとは

ここからは、スポーツフードアドバイザーの活躍シーンについて解説します。

  • スポーツチーム
  • インストラクター
  • 料理教室の先生
  • 部活を支える親
  • アスリート本人

解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

スポーツチーム

スポーツアドバイザーとは

スポーツフードアドバイザーの活躍シーン、1つ目は「スポーツチーム」。

スポーツチームへの就職が決まっている人にとっては、どんな役職でも必須の資格といえるかもしれません。

選手のサポートする人であれば特に、スポーツフードアドバイザーの資格を取得しておきましょう。

インストラクター

スポーツアドバイザーとは

スポーツフードアドバイザーの活躍シーン、2つ目は「インストラクター」。

ジムやヨガのインストラクターなど、スポーツを教える立場にいる方は、生徒から食事管理についての質問をされることも多いですよね。

そんなとき説得力のある答えをできるように、食事管理の指導とその理由について勉強できるのがスポーツフードアドバイザーです。

料理教室の先生

スポーツアドバイザーとは

スポーツフードアドバイザーの活躍シーン、3つ目は「料理教室の先生」。

なかにはスポーツに関係しない方でも、スポーツフードアドバイザーの資格を取得している人もいます。

料理教室の先生は食事に関する質問を多く受けるため、勉強しておいて損はないでしょう。

部活を支える親

スポーツアドバイザーとは

スポーツフードアドバイザーの活躍シーン、4つ目は「部活を支える親」。

スポーツフードアドバイザーの資格が役立つのは、仕事だけではありません。

子どもがスポーツ系の部活に入っているなど、そういった方の親が少しでも栄養学を学ぶためにスポーツフードアドバイザーの資格が役立ちます。

アスリート本人

スポーツアドバイザーとは

スポーツフードアドバイザーの活躍シーン、5つ目は「アスリート本人」。

スポーツの内容に関係なく、必要な栄養やそれらを摂取できる料理などをアスリート本人が勉強したいときにスポーツフードアドバイザーの資格が役立ちます。

自分の食事は自分で管理したいと考えている人であれば、なおさら必要です。

まとめ

スポーツアドバイザーとは

今回はスポーツアドバイザーの仕事内容や資格、活躍するシーンについて解説しました。

スポーツフードアドバイザーという仕事や資格はあまり知られていませんが、アスリートにとってはかけがえのない存在です。

あらゆるスポーツマンのために、また自分のためにスポーツフードアドバイザーの資格取得を検討してみてくださいね!

当サイトでは他にもあらゆる仕事について解説しています。

ぜひ気になる記事があれば、最後まで読んで参考にしてみてください。

-スポーツフードアドバイザー
-, , ,

© 2021 介護資格と転職ガイド