介護 転職

東京で介護転職するには?東京に強い介護転職エージェント・サイトも紹介

東京で介護転職するには?東京に強い介護転職エージェント・サイトも紹介

転職エージェントやサイトによっても紹介される東京での求人が異なることを知っていますか?

この記事では「東京での介護転職」について解説していきます。

結論、東京では求人は多いですが、施設の労働環境はピンキリなので気をつけることが必要です

東京での介護転職を検討する際に、わかりづらい「東京での介護転職の実態」を調査した結果をまとめたので、ぜひ見ていただければと思います。

その他にも「おすすめの転職サイト」の説明や、「東京での介護転職がおすすめの人」について説明していきたいと思いますので、

ぜひこの記事を読んで東京での介護転職をしていただければ幸いです。

また、この記事では転職の際の志望理由についても解説しています。

東京で介護転職をするメリット

東京で介護転職をするメリット

同じ介護職でも、地域ごとに働く条件が異なる場合があります。東京で介護転職をすることにはどんなメリットがあるのでしょうか?

ここでは次の3つに分けてご紹介します。

  1. 有効求人率が高い
  2. 給与水準が高い
  3. プライベートを充実させることができる

1つずつ詳しくご説明します。

有効求人倍率が高い

東京の介護求人の倍率は、他地域に比べて圧倒的に高い状況です。

東京の介護現場では常に人材不足が叫ばれており、これは求職者側からすると引く手あまたの条件と言えるでしょう。

東京労働局の令和3年度4月分職業別有効求人・求職状況によると、東京都23区の介護職の有効求人数は9,789件に対し、求職者は1,628人で、求人倍率は6.012倍となっています。

つまり、東京では6人の人材が必要な施設に1人の応募しか来ないという状況です。

東京の周辺地域を比較すると、千葉では4.90倍、埼玉では4.80倍、神奈川では2.10倍。

数字から見ても、東京都23区内では求職者に対して介護求人数が非常に多いことがわかります。

有効求人倍率が高いということは、それだけ採用率も高いということですから求職者にとってはメリットと言えるでしょう。

給与水準が高い

給与水準が高い

東京の介護職は他の地域と比べ、給与水準が高いという点もメリットの1つです。

地域ごとを比較した給与平均を表にまとめましたのでご覧ください。

地域 ケアマネージャー ホームヘルパー 福祉施設介護員
東京 34万4300円 28万1400円 28万2700円
千葉 28万5100円 25万800円 25万9200円
埼玉 30万5100円 26万5100円 25万8000円
神奈川 28万8000円 31万8400円 25万8300円

(参照:厚生労働省|賃金構造基本統計調査

厚生労働省の統計は男女別のためこの表では男性の給与を比較しました。

この統計から、東京の介護職は近郊の県に比べて給与2〜3万ほど高いことがわかります。

給与アップを目指して転職をしたい人は、東京の介護職を検討するのもよいかもしれません。

プライベートを充実させることができる

転職において、プライベート時間の改善も見逃せないポイントです。

東京は交通手段が発達しており、都心にあらゆる施設が密集しているため地方より移動時間がかかりません。

都心の介護施設を選べば、付近の賃貸を借りて徒歩で出勤したり、退勤後そのまま近場で遊びに行ったりすることもできるでしょう。

毎日の仕事で生き生きと働くためには、プライベートが充実していることも影響を与えます。

東京で介護転職する際に気をつけること

東京で介護転職する際に気をつけること

東京で介護転職することにはメリットがありますが、反対に人によってはデメリットとなり得る要素もあります。

ここでは東京での介護転職で気をつけたほうが良い、次の2つの点を説明します。

  1. 生活費を含めた固定費が高くなる
  2. 労働環境がピンキリになりやすい

気をつけるべき理由を詳しく見ていきましょう。

生活費を含めた固定費が高くなる

東京の介護職は他地域に比べ給与が高いですが、その分物価が高いというデメリットがあります。

他地域から東京に移転し転職を考えている場合は、まず家賃を検討しなければなりません。

東京のどの地域に住むかにもよりますが、23区の家賃平均は最低条件でも10万円前後とされています。

また、職場が家から遠い場合には定期代、車通勤場合は駐車場代などがかかるでしょう。

毎月いくらくらいの費用が必要になるか予算を立てた上で移転を決定するのがベストです。

労働環境がピンキリになりやすい

東京は介護施設が数多くあり、求人の機会が多いのはメリットです。

その反面、施設が多いため施設ごとに労働環境の差が出やすくブラックな職場も多いのが事実。

地方の場合は施設が少ないため、地域に密着して安定した経営を続けている施設も多いです。

しかし東京の場合は民間の施設が乱立しているため、良質な施設をしっかり見分けることが重要です。

職場選びポイントの1つは、損保ジャパンやベネッセ系など大手の会社が経営している系列の施設を探す方法になります。

求人で出ている条件だけではなく、運営会社が信頼できるかを見極めながら賢い転職活動をしましょう。

東京での介護転職の難易度は?

東京での介護転職の難易度は?

東京で介護転職をする場合、仕事を見つけること自体はそれほど難しくありません。

東京の介護求人率は非常に高く、どこの施設も人手を必要としている状況です。

しかし自分の納得の行く転職を成功させるためには、良い職場を見極める能力も必要とされます。

選択肢が多い分、明確な目標を持って効率的な転職活動が行えなければ、東京での転職は難易度が高いと感じる人もいるでしょう。

東京での介護転職の成功のポイントは、数多くある転職先からいかに好条件の職場を見つけられるかという点なのです。

東京で介護転職をするための5つの方法

東京で介護転職をするための5つの方法

それでは、実際に東京で介護転職をしたい場合、どんな方法で転職先を見つければ良いのでしょうか?

転職活動の方法は様々ありますが、ここでは次の5つの方法に分けてご紹介します。

  1. 介護求人サイト
  2. 介護転職エージェント
  3. ハローワーク
  4. リファラル採用
  5. 直接応募

それぞれの方法を詳しく解説します。

介護求人サイト

介護求人サイトでは、希望する職場の条件を検索するだけで数多くの求人情報を探すことが可能です。

サイトによっては、施設の連絡先も公開されておりそのまま自分で応募できるところもあれば、紹介が必要な場合もあります。

介護求人サイトを利用するメリットは、多くの情報を得られるという点です。

比較的転職活動の経験があり、自分でどんどん応募面接を進めていけるというタイプの人は求人サイトの利用が向いているでしょう。

介護転職エージェント

介護転職エージェントは、登録するとアドバイザーが付き、条件にあった仕事を紹介してくれるサービスです。

エージェントによっては、面接同行や条件交渉まで行ってくれるところもあります。

求人サイトの情報で自分でどんどん応募していくスタイルと異なり、エージェントを間に挟むため、進展のスピード感はゆっくり目になります。

しかし、求人情報だけではわからない詳細な情報を教えてもらえたり、相談に乗ってもらえて心強いという点はメリットです。

ハローワーク

ハローワーク

ハローワークでも介護職の求人を探すことができます。

ハローワークは公的機関のため、公開される求人も信頼度が高いのが特徴です。

また、ハローワークでは介護関連の職業訓練も行っています。

未経験でこれから介護職に就きたいという人は、ハローワークで公的制度を生かしたキャリアアップの方法を相談してみてください。

リファラル採用

リファラル採用とは、すでに働いている職員に紹介・推薦をしてもらい採用につなげる方法です。

好条件の施設で働いている知り合いがいる場合はおすすめの方法です。

リファラル採用は職場の雰囲気や人間関係など詳細な点まで知った上で入職できるため、ミスマッチが少ないのがメリット。

施設側からしても、既存職員からの紹介の場合信頼できる人材と見込みやすく、採用に踏み切りやすいでしょう。

直接応募

地域の広報や求人誌などに載せられている各施設の求人情報を元に、直接応募するのも1つの方法です。

直接応募のメリットは、競争率が低いという点。

求人サイトなど多くの人の目につく場所に求人を出していない施設の場合、好条件の求人でも採用率が高くなる傾向があります。

また、よく知っている地域の施設であれば、直接見に行ってみるのも良いでしょう。

職員の雰囲気や利用者の方の評判が良い施設で、働いてみたいと思う場所があれば求人を募っていないか直接聞いてみることもできます。

東京で介護転職をする時におすすめの転職サイト・エージェント

東京で介護転職をする時におすすめの転職サイト・エージェント

東京で介護転職をするなら転職サイトやエージェントを利用するのも良い方法です。

転職サイトやエージェントを利用することにより、多くの求人情報の中からより自分の希望条件に合った転職先を見つけやすくなります。

また、アドバイザーが応募から面接までサポートしてくれるところも​あり、​1人で転職活動をするよりも心強い味方となってくれるでしょう。

東京での介護転職の際利用するのにおすすめなのは次の転職サイトです。

  • e介護転職
  • 介護ワーカー
  • マイナビ介護
  • 介護レポ
  • きらケア

それぞれのサービスの内容を見ていきましょう。

e介護転職

e介護転職

e介護転職は、1999年から介護事業を運営している会社の転職サービスです。

長年の介護事業運営により介護業界とのつながりが厚く、ノウハウもしっかりしている点は安心できるポイント。

説明会や見学会も積極的に開催しており、職場の雰囲気を知るのに役立ちます。

e介護転職では、実際の介護現場で働く介護職だけではなく、介護施設に関連する事務やドライバーなどの職種の求人も公開しています。

転職の可能性を広げたい人におすすめのサービスです。

e介護転職で東京の求人を探す

介護ワーカー

介護ワーカー

介護ワーカーは、介護特化型の転職サービスの中では、求人公開数トップクラスのサイトです。

2021年10月現在では全国8万件以上の求人情報を公開しています。

無料のメール登録をすると最新求人が届くのも便利なサービスです。

また、面接同行や条件交渉などのサポートが手厚く、経験が少ない人でも安心して転職活動が行えます。

好条件な求人が多く、転職後の年収が上がりやすいことでも評判の転職エージェントです。

介護ワーカーで東京の求人を探す

マイナビ介護

マイナビ介護職

マイナビ介護は、大手求人サイトのマイナビが運営する介護職転職サービスです。

介護業界に精通したコンサルタントから手厚いサポートを受けることができます。

介護職の各施設に強い繋がりを持っており、求人情報だけでは読み取れない職場環境や雰囲気まで教えてもらえるのは嬉しいポイント。

新しい職場に馴染むことに不安がある人におすすめの転職サービスです。

マイナビ介護で東京の求人を探す

介護レポ

介護レポ:株式会社repo

介護レポは、転職者1人ひとりに対し専属のコンサルタントがつき、初回相談から転職後のアフターサポートまで行ってくれる転職サービスです。

担当のコンサルタントが最初から最後までフォローしてくれるため、介護職未経験の人でも安心できるでしょう。

サイト内では公開求人は見れず、登録後にコンサルタントと相談しながら応募する職場を決めていく流れとなります。

他の求人サイトで自力で転職先を見つけることが難しかったという人におすすめのサービスです。

介護レポで東京の求人を探す

きらケア

きらケア

きらケアは、年間80万人が利用する介護転職サービスの中では大手のサイトです。

職場の雰囲気や離職率などのネガティブ情報も隠さず教えてくれるため、信頼度が高いとの評判。

またキャリアの提案や面接同行などサポートも手厚く、1人ひとりの転職活動に寄り添ってくれます。

初めて介護職に転職する人にもおすすめのサービスです。

きらケアで東京の求人を探す

東京での介護転職がおすすめな人

東京での介護転職がおすすめな人

東京という地域で働くこと、また介護職で働くことには、人によって向き・不向きがあります。

自分にあっている場所、また職種で働くことは満足のいく転職活動の鍵です。

東京での介護転職がおすすめなのは、次のような人です。

  • 今すぐに職を見つけたい人
  • 介護職としてレベルアップをしたい人
  • プライベートと仕事を両立させたい人

それぞれの理由をご説明します。

今すぐに職を見つけたい人

東京では介護求人の数が多く、採用率も他地域と比べて高いです。

そのため、急いで転職活動をしている人にはおすすめ。

介護職未経験の人でも、介護施設で関連職に就きながらスキルアップして行くことが可能です。

まずは働いてみて、経験を積むのもよいでしょう。

介護職としてレベルアップをしたい人

介護職としてレベルアップをしたい人

介護職でレベルアップをしたい人にとっても東京では多くの機会があります。

東京の介護業界は全体的に人手不足なため、現場で働く介護職員だけでなくケアマネージャーなどの管理職の求人も多いです。

管理職のポストは1施設につき1人など、それほど多くないため介護施設が少ない地方では、すでに長年働いている人がおり新たにスキルアップしたい人が目指すにはハードルがあるかもしれません。

しかし東京では施設の母数も多いため、レベルアップする機会もそれだけ多いと言えます。

プライベートと仕事を両立させたい人

都心にある介護施設で働く場合、交通アクセスが良く、通勤に時間がかからない点もメリットです。

また東京の介護施設では出退勤管理が明確にされており、アットホームな地域型の施設に比べ、きちんと退勤時間に帰宅できる場合が多いかもしれません。

プライベートも充実させた生活がしたい、という人には都会型の働き方が合っているでしょう。

東京での介護転職がおすすめではない人

東京での介護転職がおすすめではない人

現在の状況によっては、東京での介護転職が向いていない人もいます。

そのような人は、他の地域でより条件に合った介護職の職場を見つけることをおすすめします。

東京での介護転職がおすすめではない人は次のような理由です。

  • 家族がいる人
  • 現在の給与水準を下げたくない人

このような人が東京での転職がデメリットとなり得る点を解説します。

家族がいる人

家族がいる場合、今いる地域から東京の施設に転職するなら家族全員での引っ越しを考えなければいけないでしょう。

東京の介護職は他地域よりも給与が高いですが、東京の物価が高いのも事実です。

固定費のうち最も大きな割合を占めるのが家賃。

東京ではワンルームであれば、格安物件を見つけることもできますが、家族で住む住居は地方に比べてかなり高額になりがちです。

給与が上がっても、それ以上に固定費が上がり生活していけないということもあるので、家族がいる人にはあまりおすすめできません。

現在の給与水準を下げたくない人

すでに地方で安定した職についている人にも、東京での介護転職はおすすめできません。

東京での転職は機会も多いですが、上手に転職できなければブラックな職場に当たってしまう場合も少なくないからです。

現在働いている施設の職場環境が良く特に不満がないという場合は、あえて東京へ移転するよりも今の職場で給与が上がることを望む方が現実的でしょう。

東京で介護転職しよう

東京で介護転職しよう

 

東京の介護業界は常に人手不足のため、機会が多い分、良い職場を見極める力が必要なのも事実です。

もし今の現状を考え、東京で転職することに多くのメリットがあると感じた人はぜひ次のステップに踏み出してください。

この記事があなたのキャリアアップを検討する上での参考になれば幸いです。

-介護 転職
-,

© 2021 介護資格と転職ガイド