介護 転職

社会福祉士の手取り給料相場|地域や雇用形態別の平均給料を調査

社会福祉士の手取り給料相場|地域や雇用形態別の平均給料を調査

社会福祉士として介護職への転職を検討していませんか?

この記事では「社会福祉士の手取り給料」について解説します。

結論、社会福祉士の給料は、職場によって異なるものです。

社会福祉士の給料の傾向について解説するので、転職活動の参考にしてください。

他にも「社会福祉士の手取りに関する口コミ」についても解説します。

ぜひ今回の記事を参考に、社会福祉士として満足できる働き方をしてください。

また「社会福祉士の仕事内容」に関しては、こちらで解説していますのでぜひ確認してみてくださいね。

社会福祉士におすすめの転職エージェント

  1. 介護ワーカー|公開求人数8万件以上
  2. マイナビ介護職|気軽に参加できる転職相談会も開催

社会福祉士の給料相場

社会福祉士の給料相場

社会福祉士の給料相場は、正社員の平均年収で約322万円です。

月収に換算すると、約27万円になります。

国税庁の「令和2年分 民間給与実態調査統計」によると、日本の平均年収は約430万円なので、平均に比べると低い傾向です。

さらに以下では、社会福祉士の給料相場を5つの項目にわけて解説していきます。

  • 年収
  • 初任給
  • 手取り目安
  • ボーナス目安
  • 福利厚生

社会福祉士の給料相場が気になる人は、参考にしてください。

社会福祉士の年収

社会福祉士の平均年収は322万円ですが、給与幅で見ると268万円~672万円と幅広い年収になっています。

最も数が多いのは268万円~318万円までの年収。

400万円以上の年収の人は少ない傾向です。

勤務先や勤続年数、スキルなどによって年収に大きく差が開きます。

社会福祉士の初任給

社会福祉士の初任給

一般的な社会福祉士の初任給は、19万円程度が相場です。

ただし、初任給にも差があります。

大卒か短大卒・専門学校卒かによっても数万円の差があるので、学歴もある程度関係すると考えておきましょう。

基本的には、勤続年数に応じて、安定した昇給が見込めます。

社会福祉士の手取り目安

社会福祉士の手取り目安は、平均月収の27万円から換算すると21万円~22万円程度です。

初任給相場の19万円から換算すると、手取りは約15万円。

額面×80%で計算すれば、簡単に手取りの目安を算出できます。

昇給するにつれて手取り額も上がっていくので、社会福祉士の手取り額は15万円~30万円台前半を目安と考えておきましょう。

社会福祉士のボーナス目安

社会福祉士のボーナス目安

社会福祉士のボーナス目安は、厚生労働省による令和2年「介護労働実態調査」によると、月給制で働く人の平均額で65万6,079円です。

社会福祉士の場合、355人中78%の人に40万円以上のボーナスが支給されています。

ただし、ボーナスは本人の勤続年数やスキルだけではなく、勤務先の規模や経営状況も色濃く反映される傾向にあるので注意が必要です。

年に2回、1カ月分の給与額以上が支給されるケースが多く、昇給によってボーナスの支給額も上がっていきます。

社会福祉士の福利厚生

公務員として勤務する場合は、民間と比べて福利厚生が充実しています。

主な福利厚生としては、通勤手当や住宅手当をはじめとする各種手当です。

手当は基本給とは別に支給されるため、勤務経験が浅いうちから安定した生活を送れます。

民間の場合でも、福利厚生は比較的手厚いといえるでしょう。

勤務先によってさまざまですが、基本給のほかに1~3万円の資格手当が支給されるケースも多くあります。

パターン別社会福祉士の給料相場

パターン別社会福祉士の給料相場

社会福祉士の給料相場は、地域や雇用形態などによっても変動します。

以下では、3つのパターンで給料相場を見ていきましょう。

  • 地域別
  • 雇用形態別
  • 求人条件別

それぞれのケースでどのように相場が異なるのか、確認しておいてください。

地域別の給料

地域別の給料

社会福祉士の給料は働く地域によって変わり、都心に近いほど給料が高くなる傾向があります。

地域別の給料相場は、以下のとおりです。

地域 年収相場
北海道・東北 281万円
甲信越・北陸 298万円
関東 332万円
東海 315万円
関西 309万円
中国 281万円
四国 282万円
九州・沖縄 278万円

最も年収相場が低いのは九州・沖縄地方で、高いのは関東地方です。

関東地方の都道府県別給料相場は、以下のとおりです。

関東地方の都道府県 年収相場
東京都 348万円
神奈川県 348万円
千葉県 342万円
埼玉県 334万円
栃木県 322万円
茨城県 317万円
群馬県 314万円

都道府県別では、東京都と神奈川県の年収相場が348万円と最も高い水準になっています。

年収を重視するなら、給料水準の高い勤務地で求人を探してみるのがよいでしょう。

雇用形態別の給料

雇用形態別の給料相場は、以下のとおりです。

雇用形態 給料相場
正社員 平均年収 約322万円
パート・アルバイト 平均時給 約1,047円
派遣社員 平均時給 約1,375円

正社員として働く場合の平均年収は約322万円で、平均月収は約27万円です。

パート・アルバイトや派遣社員は、平均時給での相場となっています。

派遣社員で1日8時間・月に20日間働くと仮定し、時給1,375円で計算した場合、日給は11,000円、月給は22万円です。

単身であれば生活に困らない程度の収入になるので、決して低くはない給料水準といえます。

求人条件別の給料

求人条件別の給料

求人を探す際の条件別による給料相場を紹介します。

条件 年収相場
住宅手当 321万円
市役所 338万円
地域包括支援センター職員 327万円
年齢不問 324万円
管理職 365万円

「市役所」や「地域包括支援センター職員」といった条件付きの求人は、平均年収の322万円よりも高い水準です。

また、管理職になると給料相場は高くなります。

求人の条件によっても給料相場が異なるので、希望にあった求人を探す際の参考にするとよいでしょう。

社会福祉士の手取り額に関する口コミ

社会福祉士の手取り額に関する口コミ

社会福祉士の手取り額に関する口コミを紹介します。

手取り給料は低いという口コミがある一方で、高いという口コミもありました。

違いとしては、職場や地域差も関係しているでしょう。

以下で実際の口コミを紹介します。

社会福祉士の手取り給料は低い

社会福祉士の手取り給料は低い

社会福祉士の手取り給料は低いという口コミとして、実際に次のような意見がありました。

https://twitter.com/ai_mai_mocoo/status/1253819041375899649?s=20&t=Cr5IizMi10UXur-yhCprqA

社会福祉士は専門職なのに、手取り額が低いという不満の声がありました。

勤続年数や経験に応じて給料が高くなる傾向にあるので、初任給や20代の若者の給料相場は低いケースが多いようです。

手取り額は下がったけど、残業や夜勤がなくなりプライベートな時間が充実したという口コミもあり、社会福祉士の働きやすさは評価されています。

社会福祉の手取り給料は高い

社会福祉の手取り給料は高い

手取り給料は低いといわれる一方で、高いという口コミもありました。実際の意見は次のとおりです。

https://twitter.com/OnzP7g/status/1006464060198514689?s=20&t=_vkVGE1Aw49hWHEwU_lZGw

大卒24歳で手取り30万円以上もらえたという口コミがありました。

20時間分の残業や年末調整などを考慮しても、非常に高い水準といえるでしょう。

資格手当や役職手当などの各種手当が含まれると、より給料は高くなる傾向にあります。

社会福祉士の手取り給料に差が出る理由

社会福祉士の手取り給料に差が出る理由

同じ社会福祉士でも、手取り給料に差が出る理由はいくつか考えられます。

主な理由として、以下の4つが挙げられるでしょう。

  • 施設による違い
  • 地域による違い
  • 勤続年数による違い
  • 他資格取得による違い

なぜそれぞれで違いが出るのか、以下で解説します。

施設による違い

社会福祉士の就職先は多岐にわたり、施設によって給料に差が出ます。

主な就職先は次のとおりです。

  • 医療機関
  • 児童相談所、児童福祉施設
  • 高齢者施設
  • 学校、学童
  • 障害者支援施設
  • 地域包括支援センター
  • 社会福祉協議会

児童相談所や児童福祉施設、公立学校で勤務するためには公務員試験への合格が必要です。

給料は各自治体で定められた公務員給料表によって支給されるので、社会福祉士の就職先の中でも年収は高くなります。

民間経営の施設は、経営企業によって給料の差が大きいです。

年収300万円~400万円の施設が多いですが、大規模な施設だと年収500万円にのぼる場合もあります。

地域による違い

地域による違い

人口が多い都市部の方が社会福祉士の需要は高まるので、求人数が多く給料も高くなりやすい傾向にあります。

平均年収が最も高いのは東京都と神奈川県の348万円。

最も低い都道府県は宮崎県で266万円です。

差は82万円にもなり、地域差による給料の違いは明らかでしょう。

勤続年数による違い

社会福祉士は勤続年数が長くなるほど、昇給していく傾向にあります。

下記は厚生労働省の「令和2年度介護従事者処遇状況等調査結果」をもとにした、介護職員全体の勤続年数に応じた平均月収です。

勤続年数 平均月収
1年 28万3,480円
2年 28万7,940円
3年 29万1,010円
4年 29万6,700円
5年 29万6,930円
6年 30万4,290円
7年 31万1,680円
8年 31万3,830円
9年 31万9,570円
10年 32万6,830円

参考:厚生労働省 「令和2年度介護従事者処遇状況等調査結果」

表を見ると、勤続年数が1年増えるごとに月収が上がっているのがわかります。

介護職員全体のデータですが、社会福祉士にも当てはまると考えられるでしょう。

他取得資格による違い

他取得資格による違い

社会福祉士にプラスして、仕事に関係する別の資格を取得すると給料が上がる可能性があります。

幅広い知識やスキルを評価され、資格手当が支給されるためです。

勤務先に資格手当の制度があるかはよく確認しておきましょう。

また、昇給を目指すなら管理職にキャリアアップするというのもひとつの手です。

管理職になれる人数は限られていて、マネージメント能力も求められるので簡単ではありませんが、役職手当による昇給が見込めます。

社会福祉士で手取り給料をアップするなら転職エージェントがおすすめ

社会福祉士で手取り給料をアップするなら転職エージェントがおすすめ

現状の手取り給料に満足していない場合、転職するという手段も考えられます。

働き始めてから自分の希望とマッチしていないと気づくリスクがあるので、転職する際は転職エージェントの利用がおすすめです。

転職エージェントをおすすめする理由は2つあります。

  • 希望給与で求人を探してくれる
  • 事業所との給与交渉などを行ってくれる

それぞれのメリットについて解説します。

希望給与で求人を探してくれる

転職エージェントでは、キャリアアドバイザーに希望給与や条件を伝えると、マッチする求人を探して紹介してくれます。

希望条件が必ず反映されるわけではないものの、希望条件に近い転職先を紹介してくれるでしょう。

「このくらいの月給はほしい」「今よりも収入を増やしたい」といった希望をアドバイザーに相談すれば、基本的には希望と大きく外れた求人は紹介されません。

自分に合った転職先を探すのは、膨大な手間と時間がかかるので、手間を削減できるだけでもメリットになるでしょう。

事業所との給与交渉などを行ってくれる

事業所との給与交渉などを行ってくれる

転職エージェントは、直接言いづらい給料や待遇についての交渉も代行してくれます。

求職中は立場が弱くなってしまいがちで、なかなか企業に要望を伝えられないという人は多いです。

転職エージェントを利用すると企業との間に入ってくれるので、スムーズに交渉を行えるのです。

どんな要望でもキャリアアドバイザーが相談に乗ってくれるので、思い切って伝えてみるのをおすすめします。

社会福祉士におすすめの介護転職エージェント

社会福祉士におすすめの介護転職エージェント

どの転職エージェントを選べばいいかわからないという人のために、おすすめの介護職専門転職エージェントを2つ紹介します。

社会福祉士におすすめの転職エージェント

  1. 介護ワーカー|公開求人数8万件以上
  2. マイナビ介護職|気軽に参加できる転職相談会も開催

社会福祉士の仕事は介護職にあたるため、介護職専門の転職エージェントを利用すると求人を紹介してもらいやすいです。

転職エージェントは無料で利用できるので、ぜひ以下の転職エージェントを検討してみてください。

介護ワーカー|公開求人数8万件以上

 

介護ワーカー

運営会社 株式会社トライトキャリア
求人数 公開求人:84,755件
対応エリア 全国対応

介護ワーカーは、介護業界に精通したアドバイザーが希望に合った求人を紹介してくれる転職サービスです。

提出書類や面接のアドバイス、入職時の給与・待遇交渉までフルサポートしてくれます。

公開求人数が多く、必要に応じて未公開求人の紹介も受けられるので、自身に合った職場が見つかるでしょう。

社会福祉士の資格や経験を考慮した上で求人を探してくれるので、ぜひ相談してみてください。

介護ワーカーで求人を探す

マイナビ介護職|気軽に参加できる転職相談会も開催

マイナビ介護職

運営会社 株式会社マイナビ
求人数 公開求人:55,568件
対応エリア 全国対応

マイナビ介護職は、介護・福祉専門のキャリアアドバイザーに希望に合った転職先を紹介してもらえる転職サポートサービスです。

転職希望や悩み相談も含めて、1対1でサポートしてもらえるのが魅力。

40年以上にわたり人材関連ビジネスを展開している株式会社マイナビが運営しているので、安心して利用できます。

全国19会場でさまざまな転職相談会を開催しているので、転職について悩んでいる人は参加してみるのもよいでしょう。

マイナビ介護職で求人を探す

社会福祉士の手取りをあげるなら職場探しが重要

社会福祉士の手取りをあげるなら職場探しが重要

社会福祉士の手取り給料をアップさせるなら、まずは職場探しを重視してください。

社会福祉士の手取り給料は、地域や施設によって大きく異なります。

もちろん職種や歴によっても異なりますが、大きな差は地域や施設によるものです。

満足できる手取り給料をもらうために、転職エージェントの利用も検討してみましょう。

社会福祉士におすすめの転職エージェント

  1. 介護ワーカー|公開求人数8万件以上
  2. マイナビ介護職|気軽に参加できる転職相談会も開催

-介護 転職
-, , , ,

© 2022 介護資格と転職ガイド