ソーシャルワーカー

ソーシャルワーカーにおすすめの資格とは?社会福祉士との違いについても徹底解説!

介護福祉士の将来性

ソーシャルワーカーにおすすめの資格について知りたいと悩んでいませんか?

この記事では「ソーシャルワーカーにおすすめの資格」について解説します。

結論、資格が無くてもソーシャルワーカーを目指すことができますが、介護に関わる資格を取得しておくことで、就職や転職に有利に働くことが可能です。

他にも「ソーシャルワーカーにおすすめの資格を取得するメリット」や「おすすめの資格取得サービス」についても解説します。

ぜひこの記事を参考に、ソーシャルワーカーの資格について理解を深めてみてください。

また「介護資格無しの給料」について知りたい方は、こちらで解説を行っていますのでぜひ確認してみてください。

ソーシャルワーカーとは

ソーシャルワーカーとは、社会生活を送る中でその課題を解決するために、医療や介護、福祉などの分野における社会福祉支援活動を行う人を指します。

ソーシャルワーカーには、大きく分けて以下4つの種類に分けられます。

  • 医療ソーシャルワーカー
  • コミュニティ・ソーシャルワーカー
  • スクールソーシャルワーカー
  • サイキアトリック・ソーシャルワーカー

それぞれのソーシャルワーカーについて、特徴を踏まえて解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

医療ソーシャルワーカー

医療ソーシャルワーカーとは、疾患などを治療していく中で、患者本人やその家族が抱えている問題について相談を行い、必要に応じて関係機関と連携しながら課題解決を行います。

具体的な業務内容については、入院手続きや、療養期間中の心身のケアなどが挙げられます。

基本的には、資格がなくても医療ソーシャルワーカーを目指すことができますが、各職種によって異なるため、これから医療ソーシャルワーカーを目指している方は、あらかじめ確認しておくことをおすすめします。

また、社会福祉士や精神保健福祉士などの資格を持っていることによって、医療ソーシャルワーカーを目指しやすくなるメリットが挙げられます。

コミュニティ・ソーシャルワーカー

コミュニティ・ソーシャルワーカーとは、公的な福祉サービスだけでは対応することができない方の課題に対して、地域福祉活動を行いながら課題解決を目指す役割を持っています。

支援をしている方の安否確認や、生活課題の発見、専門機関とのやり取りなどの業務を行い、福祉サービスがスムーズに行われるように、関係機関や小地域ネットワーク活動など連携をすることによって、福祉ネットワークを築き上げていきます。

具体的に、コミュニティ・ソーシャルワーカーの支援の対象になる方については、以下のとおりです。

  • 高齢者
  • 障害者
  • 貧困家庭
  • 外国人
  • ホームレス
  • 単身者

必須資格はありませんが、相談員などの実務経験が必要になる場合があるため、コミュニティソーシャルワーカーを目指そうとしている方は、介護に関わる資格を持っていると有利と言えるでしょう。

スクールソーシャルワーカー

スクールソーシャルワーカーとは、学校や家庭などの問題について課題解決を図っていくことが主な業務内容です。

主な課題については、以下が挙げられます。

  • いじめ
  • 暴力
  • 虐待
  • 日常生活の悩み

スクールソーシャルワーカーを目指すためには、社会福祉士・精神保健福祉士・臨床心理士のいずれかの資格を持っていることが必要になります。

このように、コミュニティー・ソーシャルワーカーは、学校や家庭などを訪問しながら子どもたちの問題解決を図ります。

サイキアトリック・ソーシャルワーカー

サイキアトリック・ソーシャルワーカーとは、精神科のソーシャルワーカーのことを指します。

医療機関を受診する際の相談や入退院の手続きなどを行います。

病院で働いており、国家資格を保有してる精神保健相談を行っている相談員については、精神保健福祉士とも呼ばれています。

主な職場については、生活訓練施設や精神保健福祉センター、福祉事務所などが挙げられます。

現代は、ストレス社会とも呼ばれているほど、ストレスが多い社会になっており、精神的な課題についても、重要性が高まっていると言えるでしょう。

 

ソーシャルワーカーとして働く上でおすすめの資格

ソーシャルワーカーとして働く上でおすすめの資格を把握しておくことで、ソーシャルワーカーに就職や転職をする際に有利に働くことが可能です。

具体的に、ソーシャルワーカーとして働く上でおすすめの資格については、以下のとおりです。

  • 社会福祉士
  • 介護福祉士
  • 精神保健福祉士

それぞれの資格について、特徴を踏まえて紹介していきますので、これからソーシャルワーカーを目指そうとしている方は、ぜひ参考にしてみてください。

社会福祉士

社会福祉士とは、自立した日常生活を送ることができない方を支援するための国家資格のことを指します。

試験の出題範囲については、以下の19科目が挙げられます。

  1. 人体の構造と機能及び疾病
  2. 心理学理論と心理的支援
  3. 社会理論と社会システム
  4. 現代社会と福祉
  5. 地域福祉の理論と方法
  6. 福祉行財政と福祉計画
  7. 社会保障
  8. 障害者に対する支援と障害者自立支援制度
  9. 低所得者に対する支援と生活保護制度
  10. 保健医療サービス
  11. 権利擁護と成年後見制度
  12. 社会調査の基礎
  13. 相談援助の基盤と専門職
  14. 相談援助の理論と方法
  15. 福祉サービスの組織と経営
  16. 高齢者に対する支援と介護保険制
  17. 児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制
  18. 就労支援サービス
  19. 更生保護制度

上記のように、19科目も試験範囲があるため、まんべんなく勉強することが必要になります。

合格率は約30%とされており、難関資格とされています。

働きながらでも、社会福祉士の資格を取得することは可能で、通学コースや通信コースを選ぶことも可能です。

介護福祉士

介護福祉士は、介護士資格の中でも唯一の国家資格のことを指します。

専門的な知識や技術を活かして精神的・身体的ケアを行い、利用者が自立した生活を送れるように介護サービスを行います。

現場職員の育成や指導も行うことも業務内容に含まれており、幅広い知識や技術が求められると言えるでしょう。

具体的な介護福祉士の筆記試験の出題範囲については、以下のとおりです。

領域 科目
人間と社会 ・人間の尊厳と自立
・人間関係とコミュニケーション
・社会の理解
介護 ・介護の基本
・コミュニケーション技術
・生活支援技術
・介護過程
こころとからだのしくみ ・発達と老化の理解
・認知症の理解
・障害の理解
・こころとからだのしくみ
医療的ケア ・医療的ケア

また、実技試験については、介護等に関する専門的技能に関する内容に基づいて、実際に介護現場を想定したシュミレーション試験が行われます。

精神保健福祉士

精神保健福祉士とは、心の病を持った人に対して、サポートを行う専門職として働くことができる国家資格のことを指します。

試験内容については、5択のマークシート方式で行われており、合格基準は総得点の60%以上を獲得しすることが必須条件となります。

具体的な試験内容については、以下のとおりです。

  • 精神疾患とその治療
  • 精神保健の課題と支援
  • 精神保健福祉相談援助の基盤
  • 精神保健福祉の理論と相談援助の展開
  • 精神保健福祉に関する制度とサービス
  • 精神障害者の生活支援システム
  • 人体の構造と機能及び疾病
  • 心理学理論と心理的支援
  • 社会理論と社会システム
  • 現代社会と社会システム
  • 現代社会と福祉
  • 地域福祉の理論と方法
  • 福祉行財政と福祉計画
  • 社会保障
  • 障害者に対する支援と障害者自立支援制度
  • 低所得者に対する支援と障害者自立支援制度
  • 保険医療サービス
  • 権利擁護と成年後見制度

試験内容は毎年同じとは限らないため、広い範囲で勉強をすることをおすすめします。

ソーシャルワーカーにおすすめの資格を取得するメリット

ソーシャルワーカーにおすすめの資格を取得するメリットについては、主に以下の4つが挙げられます。

  • 活躍できる場を増やせる
  • キャリアアップ
  • 就職や転職が有利になる
  • 専門的な知識を得ることができる

それぞれのメリットについて解説してきますので、ぜひ参考にしてみてください。

活躍できる場を増やせる

ソーシャルワーカーとして働くために資格は必要ありませんが、幅広い資格を持っておくことで、活躍できる場所を増やすことができるメリットが挙げられます。

他の職業でも共通して言えることですが、専門的な資格を持っておくと、職場での信用度を高めることができます。

また、ソーシャルワーカーは、福祉業界だけではなくて、幅広い職場で活躍することができるため、選択肢を多く持つことができます。

そのため、やりたい職業が見つからない方にも、ソーシャルワーカーに関わる資格を取得しておくことをおすすめします。

キャリアップ

勤務先によって異なりますが、資格を取得することによって、職場での信頼度を高めることができ、結果的にキャリアアップにも繋がると言えるでしょう。

また、資格手当を貰えることができるため、給料アップを目指すことも可能です。

ソーシャルワーカーのキャリアアップ例として、認定社会福祉士や認定上級社会福祉士などの例が挙げられ、職場内でのリーダーシップを求められたり、指導や教育などの役割を担うことが期待されていると言えるでしょう。

 

国家資格を持っていることによって、ケアマネージャーや介護福祉士などの資格も目指しやすくなるため、キャリアアップを目指している方は、国家資格を取得することがおすすめします。

就職や転職が有利になる

他の業種でも同じことが言えますが、専門的な資格を保有していれば、就職や転職が有利に働くことが可能です。

ソーシャルワーカーとして働くためには、資格は必須ではありませんが、ソーシャルワーカーに関わる資格を持っていることによって、自分自身の市場価値を高めることにも繋がると言えるでしょう。

実際に、ソーシャルワーカーは需要が高い職業のため、資格を保有しておくことで、自分の理想としている職場で働きやすくなるメリットも挙げられます。

また、ソーシャルワーカーのような介護や福祉に密接に関わっている職業の就職や転職におすすめの資格については、主に以下が挙げられます。

  • 介護職員初任者研修
  • 実務者研修
  • 介護福祉士
  • 認定介護福祉士
  • 介護支援専門員(ケアマネージャー)

このように、これから介護職に就職や転職を考えている方は、介護資格を取得することをおすすめします。

専門的な知識を得ることができる

資格を保有するということは、専門的な知識を得ることができるため、より質の高いサポートを行うことにも繋げることができます。

また、ソーシャルワーカーとして働いており、利用者やその家族との相談に乗るときに、資格の有無は、信頼関係にも効果的に働くとされています。

専門的な知識を持っていることよって、一人ひとりの課題に対して、問題解決がしやすくなるメリットがあると言えるでしょう。

未経験からソーシャルワーカーを目指したいと思っている方は、ソーシャルワーカーに関わる専門的な資格の取得を目指しましょう。

社会福祉士とソーシャルワーカーの違い

社会福祉士とソーシャルワーカーの違いについて、業務内容はほとんど同じ内容と言えます。

基本的には、ソーシャルワーカーは、必ずしも介護や福祉の仕事に限定しているわけではなくて、社会が抱える問題や課題に対して働きかけを行い、発展へとつなげることを目的としています。

社会福祉の場合には、介護や福祉に限定した業務を行い、高齢者や身障者の支援を目的としているため、より専門的な知識や技術が求められると言えるでしょう。

そのため、社会福祉士は、ソーシャルワーカーに含まれる職種として扱われています。

実際に、ソーシャルワーカーに含まれている職業については、介護福祉サービスに関連していることが多いため、介護福祉サービスを支えている重要な職業とされています。

おすすめの資格を取得してソーシャルワーカーを目指そう!

介護 資格 取り方

今回は、ソーシャルワーカーの資格について知りたいと思っている方に向けて、ソーシャルワーカーにおすすめの資格や資格を取得するメリットについて紹介しました。

ソーシャルワーカーにおすすめの資格については、以下のとおりです。

  • 社会福祉士
  • 介護福祉士
  • 精神保健福祉士

ソーシャルワーカーとして働く上で必須とされている資格はありませんが、職場によっては、あらかじめ決められた資格が必要な場合もあります。

また、ソーシャルワーカーに関わる資格を取得しておくことで、就職や転職が有利なると言えるでしょう。

今回の記事を参考に、ソーシャルワーカーを目指してみてください。

-ソーシャルワーカー
-,

© 2022 介護資格と転職ガイド