ソーシャルワーカー

【徹底解説】ソーシャルワーカーとは?仕事内容から資格取得まで紹介!

ソーシャルワーカーとは?

ソーシャルワーカーとはどのような職業なのか知りたいと思っていませんか?

結論、ソーシャルワーカーとは、社会福祉士・精神保健福祉士などの国家資格を持っている方のことを指します。

そこで、今回はソーシャルワーカーについて、仕事内容や資格取得方法、おすすめの介護資格取得サービスについて徹底的に紹介してきます。

これからソーシャルワーカとして働きたいと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

ソーシャルワーカーにおすすめの介護資格取得サービス

  1. ユーキャン|充実した資格支援サポート
  2. 未来ケアカレッジ|大手介護資格専門スクール
  3. 三幸福祉カレッジ|実践的な介護技術の指導

ソーシャルワーカーとは

ソーシャルワーカーとは

ソーシャルワーカーとは、病気や障害を持っている高齢者やご家族などに対して、日常生活を送る上で不安に思っていることに対して、サポートを行う職業です。

また、ソーシャルワーカーとは、幅広い内容を行っており、勤務先によって業務内容や呼び方が異なります。

具体的にソーシャルワーカーは、下記の種類に分けられます。

  • 生活相談員
  • 医療ソーシャルワーカー
  • スクールソーシャルワーカー
  • ケースワーカー

上記のソーシャルワーカーの種類について、特徴や業務内容などを踏まえて紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

生活相談員

生活相談員とは、介護福祉施設で働くソーシャルワーカーのことを指し、利用者やご家族と介護福祉士施設のやり取りを円滑にするために、さまざまな手続きや調整などの業務を行います。

介護福祉施設によって業務内容が多少異なりますが、主な業務内容については下記が挙げられます。

  • 利用者やご家族への相談援助
  • ケアプランの作成
  • 苦情対応
  • 窓口業務
  • 施設内の連絡や調整
  • 医療機関や他の介護福祉施設との連絡や調整
  • 施設の入会・退会手続き

上記のように、生活相談員は利用者と施設とのやり取りを円滑にするためには、必要不可欠な存在です。

医療ソーシャルワーカー

医療ソーシャルワーカーとは、病院や診療所などで働いているソーシャルワーカーのことを指し、メディカルソーシャルワーカーとも呼ばれています。

主な仕事内容は、病院で入院している患者さんやご家族が抱えてる問題に対して、他の医療機関と調整や連絡をして問題解決を行います。

実際に、日本では高齢化社会が進んでいるため、医療ソーシャルワーカーに対する社会的なニーズは高くなっている傾向です。

スクールソーシャルワーカー

スクールソーシャルワーカー

スクールソーシャルワーカーとは、児童が日常生活で問題を抱えてることに対して、問題解決に向けてさまざまな支援を行う職業のことを指します。

例として、不登校になってしまっている児童に対して、通学しやすいように学校に対してアプローチを行ったり、生活環境への調整などを行います。

主な職場については、小中学校や教育委員会、教育事務所などが挙げられ、需要が増えている傾向があるため、将来性が高い職業の一つです。

ケースワーカー

ケースワーカーとは、福祉事務所や公共施設で働くソーシャルワーカーのことを指し、基本的には地方公務員として勤めている方が行っている業務です。

具体的な業務内容は、社会的・肉体的・精神的に困難を抱える方の相談やサポート行い、他の医療機関や福祉施設などと連携をとりながら問題解決を行います。

ケースワーカーに向いている方の特徴としては、物事を冷静に判断することができ、誰かの役に立ちたいと思っている方に向いている職業です。

ソーシャルワーカーにおすすめの資格

ソーシャルワーカーにおすすめの資格

ソーシャルワーカーにおすすめの資格についてあらかじめ理解しておくことで、ソーシャルワーカーとして就職や転職する際に、有利に働くことが可能です。

具体的にソーシャルワーカーにおすすめの資格については、下記3つが挙げられます。

  • 社会福祉士
  • 介護福祉士
  • 精神保健福祉士

それぞれの資格について、特徴や取得方法などを踏まえて紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

社会福祉士

社会福祉士とは、社会福祉士及び介護福祉法に基づいて、福祉や医療などに関する相談援助に必要なスキルや専門知識があることを証明することができる国家資格のことを指します。

試験は毎年2月頃に行われており、選択問題式ですが、出題範囲は非常に広いため資格取得向けて勉強する必要があります。

具体的な出題範囲については、下記科目が挙げられます。

  • 社会理論と社会システム
  • 人体の構造と機能及び疾病
  • 心理学論と心理的支援
  • 社会保障
  • 保健医療サービス
  • 地域福祉
  • 福祉行財政と福祉計画
  • 現代社会と福祉
  • 障害者自立支援制度
  • 生活保護制度
  • 保健医療サービス
  • 成年後見制度
  • 相談援助の基盤と専門職
  • 福祉サービスの経営と組織
  • 介護保険制度
  • 家族福祉制度
  • 更生保護制度

上記以外にも試験範囲として含まれる場合もあるため、過去問題を重点的に勉強することをおすすめします。

また、合計で150問が出題され、試験時間が240分で合格点が全体の60%が正解する必要があるため、あらかじめ確認をしておくことをおすすめします。

介護福祉士

介護福祉士とは、高齢者や障害を持っている方に向けて介護を行う専門職のことを指し、介護や福祉に関わる専門的な経験や知識を持っていることを証明する国家資格として扱われています。

資格を取得することによって、幅広い業務を担当することができ、キャリアアップや待遇のアップなどを期待することが可能です。

介護福祉士の試験内容については、下記のとおりです。

範囲 科目 問題数
介護 介護の基本 10
コミュニケーション技術 8
生活支援技術 26
介護過程 8
人間と社会 人間関係とコミュニケーション 2
社会の理解 12
人間の尊厳と自立 2
こころとからだのしくみ こころとからだのしくみ 12
障害 10
認知症 10
老化と発達 8
医療ケア 医療ケア 5
総合問題 - 12

また、介護福祉士を受験するためには、3年以上の実務経験期間と実務者研修の修了が必須条件となるため、あらかじめ受験資格を把握しておくことも重要です。

精神保健福祉士

精神保健福祉士とは、精神面に障害のある方を対象に日常生活を送る上で必要な支援などの業務を行うことができる国家資格のことを指します。

資格を取得するためには、財団法人社会福祉振興・試験センターが実施している国家試験に合格をすることが必須条件です。

また、精神保健福祉士の受験資格については、主に下記が挙げられます。

  • 保健福祉系大学4年で指定科目履修
  • 保健福祉系短大3年で指定科目履修と相談援助実務1年
  • 保健福祉系短大2年で指定科目履修と相談援助実務2年
  • 大学4年と一般養成施設等1年
  • 短大3年と相談援助実務1年と一般養成施設等1年
  • 短大2年と相談援助実務2年と一般養成施設等1年
  • 実務4年と一般養成施設等1年
  • 社会福祉士と短期養成施設等6ヶ月
  • 福祉系大学4年と基礎科目履修と短期養成施設等6ヶ月
  • 福祉系短大3年と基礎科目履修と相談援助実務1年と短期養成施設等6ヶ月
  • 福祉系短大2年と基礎科目履修と相談援助実務2年と短期養成施設等6ヶ月

上記のように、自分自身に合った受験資格を取得することをおすすめします。

試験は毎年1回行われており、合格率は約60%なので、しっかりと基礎を勉強していれば、資格を取得することが可能です。

ソーシャルワーカーにおすすめの資格取得サービス3選

ソーシャルワーカーにおすすめの資格取得サービス3選

ソーシャルワーカーにおすすめの資格取得サービスについてあらかじめ理解しておくことで、より効率的に資格を取得することが可能です。

実際に、独学で資格勉強をするよりも、試験に出題される重要なポイントを重点的に学習することができるため、資格の取得率を上げることもできます。

具体的にソーシャルワーカーにおすすめの資格取得サービスについては、下記の3つが挙げられます。

ソーシャルワーカーにおすすめの介護資格取得サービス

  1. ユーキャン|充実した資格支援サポート
  2. 未来ケアカレッジ|大手介護資格専門スクール
  3. 三幸福祉カレッジ|実践的な介護技術の指導

上記の介護資格取得サービスについて特徴やメリットを踏まえて紹介していきますので、これから資格を取得したいと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

ユーキャン

ユーキャン

ユーキャンとは、株式会社ユーキャンが運営を行っており、介護に関わる資格以外にも140以上もの通信講座を利用することが可能です。

働きながら資格を取得したいと思っている方に対しても、自宅で試験を受けることができる資格も多く取り扱っている特徴があります。

また、基礎的な資格から専門的な資格まで幅広い資格講座を取り扱っているため、自分自身の業務経験や目的に合わせて講座を受けることができるメリットが挙げられます。

参考サイト:ユーキャン公式https://www.u-can.co.jp/

ユーキャンを利用してみる

未来ケアカレッジ

未来ケアガレッジ

未来ケアカレッジとは、年間約27,000人以上が受講している大手介護資格取得サービスの一つです。

特徴としては、全国各地に教室があるため、地方に住んでいる方でも気軽に通うことができ、他の介護取得サービスに比べて学びやすい環境で学習することができます。

介護の資格取得はもちろんですが、就職支援までも行っているため、未経験で介護職として働きたいと思っている方にもおすすめの介護資格取得サービスです。

参考サイト:未来ケアカレッジ公式https://www.brush-up.jp/crs_detail/crs29157

未来ケアカレッジを利用してみる

三幸福祉カレッジ

三幸福祉カレッジとは、「介護は人と人とのコミュニケーション」という理念のもとで運営をしており、利用できる資格講座は下記が挙げられます。

  • 介護職員初任者研修
  • 介護福祉士実務者研修
  • 介護福祉士国家試験対策講座
  • ケアマネージャー受験対策講座
  • 福祉用具専門相談員養成講座
  • 介護事務講座
  • 全身性障害者ガイドヘルパー養成研修

上記以外の介護資格についても取り扱っているため、少しでも興味があれば利用してみることをおすすめします。

また、介護職未経験の方でも安心の無料就職サポートも行っているメリットも挙げられます。

参考サイト:三幸福祉カレッジ公式https://www.sanko-fukushi.com/

参考福祉カレッジを利用してみる

介護資格を取得するコツ

介護資格を取得するコツ

「介護資格を取得するコツについて詳しく知りたい」などと思っている方は少なくありません。

具体的に介護資格を取得するコツについては、下記3つが挙げられます。

  • 計画的に学習する
  • 自分に合った勉強法を見つける
  • 試験問題の傾向を把握する

それぞれの項目について紹介していきますので、これから介護資格を取得したいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

計画的に学習する

計画的に学習をすることによって、だらだらと学習することを予防して、モチベーションを下げずに資格取得をすることが可能です。

計画的に学習をするコツについては、1日あたりの勉強時間を割り出して資格取得に必要な学習時間を含めてスケジュールを作成することが必要です。

また、通勤時間や休憩時間などのスキマ時間を上手に活用することによって、より効率的に学習をすることができ、資格取得の成功率を上げることができます。

自分に合った勉強法を見つける

自分にあった勉強法を見つけることによって、より効率的に資格勉強を行うことが可能です。

具体的な勉強方法については、大きく分けて下記3つに分けられます。

資格取得の勉強方法 メリット
独学 ・自分のペースで勉強が出来る
・お金がかからない
・自分に好きなやり方で勉強ができる
通信教育 ・スキマ時間でも勉強できる
・重要なポイントが記載されている
・好きな場所や時間で勉強できる
通学 ・わからない箇所があればすぐに聞ける
・強制的に勉強できる
・勉強仲間ができる

上記のように、資格取得に向けた勉強方法はさまざまありますが、通信教育は試験に出る重要な箇所が記載されており、効率よく勉強を行うことができるため、おすすめの資格取得の勉強方法です。

おすすめの資格取得サービスを活用してソーシャルワーカーとして働こう!

おすすめの介護資格取得サービスを利用してソーシャルワーカーとして働こう!

今回はソーシャルワーカーについて、仕事内容や資格取得方法、おすすめの介護資格取得サービスについて徹底的に紹介しました。

ソーシャルワーカーの仕事内容は、生活相談員・医療ソーシャルワーカー・スクールソーシャルワーカー・ケースワーカーなどの職場や職種によって仕事内容が異なるため、あらかじめ注意が必要です。

また、ソーシャルワーカーにおすすめの介護資格取得サービスについては、「ユーキャン」「未来ケアカレッジ」「三幸福祉カレッジ」の3つが挙げられます。

ぜひ、今回紹介したことを参考にして、ソーシャルワーカーとして働いてみてはいかがでしょうか。

ソーシャルワーカーにおすすめの介護資格取得サービス

  1. ユーキャン|充実した資格支援サポート
  2. 未来ケアカレッジ|大手介護資格専門スクール
  3. 三幸福祉カレッジ|実践的な介護技術の指導

-ソーシャルワーカー
-

© 2021 介護資格・お仕事ガイド