レクリエーション介護士

【最新版】レクリエーション介護士とは?資格取得から将来性などについて解説!

レクリエーション介護士とは

レクリエーション介護士についてご存じでしょうか?

この記事では「レクリエーション介護士とは」について解説します。

結論、レクリエーション介護士は、高齢者とのコミュニケーション能力の向上や、レクリエーションスキルを身につけることを目的にしている資格です。

しかし、レクリエーション介護士として働くためには、資格取得が必須条件と言えます。

その他にも「レクリエーション介護士の資格」や「レクリエーション介護士に向いている人の特徴」も解説します。

ぜひこの記事を参考に、レクリエーション介護士を目指してみてください。

また、これから介護職目指そうとしている方で「介護初任者研修の費用」について知りたい方は、こちらで解説を行なっていますので、ぜひ確認してみてくださいね。

未来ケアカレッジ

レクリエーション介護士の資格取得なら、未来ケアカレッジがおすすめ。

資格取得サポートから就職サポートまで充実したサポートを受けることができます。

未来ケアガレッジついて詳しくはコチラ

レクリエーション介護士とは

レクリエーション介護士とは

レクリエーション介護士は、介護に関わる専門知識などを取り入れながらレクリエーションを提供する職業です。

基本的には、レクリエーション介護士の業務だけではなくて、介護職員と兼務して業務を行っています。

具体的にレクリエーション介護士の業務目的については、主に以下2つです。

  • 介護予防
  • 精神的な健康促進

それぞれの項目について、特徴を踏まえて解説していきます。

介護予防

予防介護とは、65歳以上の高齢者が要介護者になることを予防していたり、状態の悪化を防ぐためにサポートを行います。

レクリエーションは、身体機能の向上や多くの方とのコミュニケーションを取ることができるため、予防介護に効果的と言えるでしょう。

レクリエーション介護士は高齢者が自立した日常生活を送る重要な役割を持っているため、やりがいがある職業です。

精神的な健康促進

レクリエーション介護士は、精神的な健康促進にも効果的に働くことが可能です。

精神障害は高齢者に多いとされています。

日常生活の質に悪影響を与えてしまい、最悪の場合は自殺をしてしまう場合も少なくありません。

精神障害の原因としては、以下の通りです。

  • 加齢による身体機能の低下
  • 周囲とのコミュニケーションの減少
  • 生活環境
  • 日常的なストレス

レクリエーションを行い、心身ともにリフレッシュさせることによって、精神障害の治療や予防になると言えます。

レクリエーション介護士の資格について

レクリエーション介護士の資格

レクリエーション介護士の資格は、高齢者を対象にしたレクリエーションの知識やスキルを身につけることを目的にしています。

具体的にレクリエーション介護士の資格について、以下3つを解説します。

  • 資格酒の種類
  • 資格取得までの流れ
  • 試験出題範囲

上記の内容を把握しておくことで、レクリエーション介護士の資格取得成功率を上げることが可能でしょう。

これからレクリエーション介護士の資格取得を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

資格の種類

レクリエーション介護士の資格は、以下の2種類に分けられます。

  • レクリエーション介護士2級
  • レクリエーション介護士1級

それぞれの資格の特徴などを踏まえて解説します。

レクリエーション介護士2級

レクリエーション介護士2級の資格概要は、以下の通りです。

受験資格 誰でも受験可能
※業務経験、年齢、資格不要
受験費用 35,000円〜40,000円(税込)
※通学講座、通信講座問わず
研修期間・勉強時間 通学講座:約2日
通信講座:約3ヶ月
習得スキル ・介護の基本的な知識
・レクリエーションの企画
・レクリエーションの実行、見直し方法
・高齢者とのコミュニケーション方法

最短2日で資格取得が可能で、試験難易度も比較的低いとされています。

高齢者の生活の質を向上させるために必要な基礎知識と、高齢者と円滑なコミュニケーションが取れるスキルを取得することが可能です。

レクリエーション介護士1級

レクリエーション介護士1級の試験概要は、以下の通りです。

受験資格 レクリエーション介護士2級取得者
受験費用 91,300円(税込)
※テキスト代、実技及び筆記試験手数料(1回分)も含む
研修期間・勉強時間 3ヶ月〜6ヶ月程度
・講座4日間(通学又は動画)
・試験(筆記+実技)
・現場実習 計3施設
・必要書類の提出
習得スキル ・一人ひとりに合わせたレクリエーションのアレンジ能力
・レクリエーション実施リーダーとしての知識
・事業所の理念、方針に合わせたレクリエーション実施スキル

レクリエーションの企画から実施に関わる高度な知識を取得することが可能です。

さまざまな介護施設や事業所の理念や方針に合わせてレクリエーションを実施することができ、介護職に就職・転職をする際にも有利に働くでしょう。

資格取得までの流れ

資格取得までの流れ

レクリエーション介護士の資格取得までの流れは、以下の通りです。

  1. 申込み
  2. 必須講座の受講(通学or通信)
  3. 実技試験の合格
  4. 筆記試験の合格
  5. 現場実習
  6. 資格取得

資格取得サービスなどによって多少異なりますが、基本的には上記の流れで資格取得を行います。

必須講座は、通学と通信のどちらかを選択することができ、働きながらレクリエーション介護士資格を取得したい方は、通信を利用することをおすすめします。

試験出題範囲

レクリエーション介護士2級と1級の試験出題範囲は、以下の通りです。

資格種類 試験出題範囲
レクリエーション介護士2級 ・介護の基礎的な知識
・レクリエーションの企画力と計画力
・レクリエーションの実行力と改善力
・高齢者とのコミュニケーションスキル
レクリエーション介護士1級 ・レクリエーションのアレンジ力
・レクリエーションプログラムの設定
・レクリエーションの指導
・レクリエーションローダーとしての知識
・高齢者の機能や生理の把握

レクリエーション介護士の資格取得なら未来ケアカレッジがおすすめ

未来ケアカレッジ

レクリエーション介護士の資格取得なら、未来ケアカレッジがおすすめです。

未来ケアカレッジは、年間受講者数が約27,600人で、日本の介護資格専門スクールNo.1です。

カリキュラム例として、以下が挙げられます。

  • 介護レクリエーションの役割
  • レクリエーションにおけるコミュニケーション技術
  • レクリエーションの企画と計画方法
  • レクリエーションの実行と見直し
  • レクリエーション介護士2級 筆記試験

上記のカリキュラムは合計13時間(2日間)で行えます。

転職サポートも充実しているため、介護職に転職を検討している方にも、おすすめの資格取得サービスと言えるでしょう。

参考サイト:未来ケアガレッジ公式サイト

未来ケアガレッジついて詳しくはコチラ

 

レクリエーション介護士を取得するメリット

レクリエーション介護士の資格を取得するメリット

レクリエーション介護士には、大きなメリットがあります。

レクリエーション介護士の資格を取得するメリットは、主に以下3つが挙げられます。

  • 高齢者のQOLの向上
  • ご家族とのコミュニケーションが学べる
  • やりがいのある仕事ができる

なぜそれぞれのメリットが発生するのか、詳しく解説します。

レクリエーション介護士の資格取得を考えているなら、ぜひ参考にしてみてください。

高齢者のQOLの向上

レクリエーションは、高齢者にとって心身ともに活発することができ、生活の質を向上させることが可能です。

しかし、高齢者一人ひとりが満足できるようなレクリエーションを提供することは決して簡単なことではありません。

レクリエーション介護士の資格取得することによって、レクリエーションに関わる知識はもちろん、介護に関わる重要な知識も取得できます。

介護職の仕事を行う上で、レクリエーション介護士の資格を取得するメリットは大きいと言えます。

ご家族とのコミュニケーション方法を学べる

ご家族とのコミュニケーション方法を学べる

ご家族とのコミュニケーション方法を学ぶことで、介護に関わるトラブルを防ぐことにも繋がります。

実際に、介護職は利用者のご家族とのコミュニケーション不足で、お互いの関係がぎくしゃくしてしまうことが多い傾向です。

些細な言葉や行動によって関係性が崩れてしまうリスクを少しでも減らせるでしょう。

また、職場でのコミュニケーションにも活用することができるため、スムーズに業務を行うことにも繋がると言えます。

やりがいのある仕事ができる

レクリエーション介護士は、自分の趣味と特技を生かして介護の仕事を行うことができるため、やりがいのある仕事ができるメリットが挙げられます。

レクリエーションを行うことで、高齢者を楽しめさせることができるため、やりがいを持っているレクリエーション介護士は多いと言えます。

さらに、日々のストレスを少なくすることもメリットとしても挙げられるでしょう。

レクリエーション介護士の将来性

レクリエーション介護士の将来性

レクリエーション介護士の将来性は、今後の日本では少子高齢化が進んでいくため、これから伸びる職業と言えるでしょう。

しかし、現状では求人などを見ても介護に関わる国家資格を募集要項として含まれていることは多いですが、レクリエーション介護士はほとんど含まれていません。

レクリエーション介護士の資格を活かすことができる職場は少ないと言えますが、高齢者にとって高い付加価値をサービスにしている事業所や施設にとっては需要が高いです。

これから介護職として働きたいと思っている方は、レクリエーション介護士の資格を取得して自分の市場価値を上げることをおすすめします。

今後のレクリエーション介護士の年収は上がるの?

今後のレクリエーション介護士の年収は増加していくことが予想されます。

介護現場で働く方の処遇改善をするために介護職員処遇改善加算が行われることによって、年収アップを実現することが可能と言えます。

いつくかの区分に分けられていますが、最大で月額37,000円の加算を受け取ることができます。

介護職員処遇改善加算

介護職員処遇改善加算の具体的な月額加算や要件は、以下の通りです。

加算種類 月額加算
(介護職員一人当たり)
要件
加算Ⅰ 37,000円相当 キャリアパス要件Ⅰ、Ⅱ、Ⅲの全て+職場環境要件を満たす
加算Ⅱ 27,000円相当 キャリアパス要件Ⅰ及びⅡ+職場環境等要件を満たす
加算Ⅲ 15,000円相当 キャリアパス要件Ⅰ又はⅡ+職場環境等要件を満たす
加算Ⅳ 13,500円相当 キャリアパス要件Ⅰ又はⅡ又は職場環境等要件のいずれかを満たす
加算Ⅴ 12,000円相当 キャリアパス要件Ⅰ・Ⅱ、職場環境等要件のいずれも満たさない

引用元:「介護職員処遇改善加算」のご案内|厚生労働省

キャリアパス要件を満たすことによって、月額加算を受け取ることができます。

キャリアパス要件

キャリアパス要件は、以下の通りです。

Ⅰ…職位・職責・職務内容に応じた任用要件と賃金体系の整備をすること
Ⅱ…資質向上のための計画を策定して、研修の実施または研修の機会を設けること
Ⅲ…経験若しくは資格等に応じて昇給する仕組み又は一定の基準に基づき定期に昇給を
判定する仕組みを設けること。

キャリアパス要件Ⅲによる昇給の仕組みの例
「勤続年数」や「経験年数」などに応じて昇給する仕組み
「介護福祉士」や「実務者研修修了者」などの取得に応じて昇給する仕組み
「実技試験」や「人事評価」などの結果に基づき昇給する仕組み

引用元:「介護職員処遇改善加算」のご案内|厚生労働省

これらのキャリアパス要件を満たすことによって、加算を受け取れます。

レクリエーション介護士に向いている人

レクリエーション介護士に向いている人の特徴

レクリエーション介護士に向いている人の特徴は、主に以下2つが挙げられます。

  • 思いやりのある人
  • 高齢者と関わるのが好き

実際に、介護職を目指している方で、自分に向いている職業なのか不安を持っている方も多くいます。

それぞれの特徴について、下記にて具体的に解説します。

思いやりのある人

レクリエーション介護士は、高齢者にレクリエーションを通して喜びを与えることが目的なので、思いやりがある人にとって向いている職業と言えます。

具体的に思いやりのある人の特徴は、以下が挙げられます。

  • 常に感謝の気持ちを持っている
  • 広い視野を持っている
  • 責任感がある
  • 優しいだけじゃなくて厳しい面もある

思いやりを持っている人になりたいと思った方は、上記の内容をぜひ参考にしてみてください。

高齢者と関わるのが好き

介護職で働くすべての人に言えることですが、高齢者と関わることが好きという人が向いています。

レクリエーション介護士の業務では、当然のように高齢者と毎日コミュニケーションを取ります。

そのため、高齢者と関わるのが好きという人であれば、日々の業務でも苦にならないと言えるでしょう。

資格を取得してレクリエーション介護士として働こう!

資格を取得してレクリエーション介護士として働こう!

この記事では、レクリエーション介護士の業務内容や資格などについて解説しました。

現在、レクリエーション介護士としての需要は少ない傾向ですが、今後は少子高齢化が進んでいくため、需要が高くなることが言えるでしょう。

ぜひ今回紹介したことを参考にして、レクリエーション介護士を目指してみてください!

未来ケアカレッジ

レクリエーション介護士の資格取得なら、未来ケアカレッジがおすすめ。

資格取得サポートから就職サポートまで充実したサポートを受けることができます。

未来ケアガレッジついて詳しくはコチラ

-レクリエーション介護士
-, , , , ,

© 2021 介護資格・お仕事ガイド