介護 転職 理学療法士 転職

ptotstワーカーは評判が悪い?メリット・転職成功方法を解説

ジョブメドレーは悪質

poststワーカーは理学療法士・作業療法士・言語聴覚士専門の転職エージェントです。

pt・ot・stの利用者が多い、ptotstワーカーの評判が気になっている人も多いのではないでしょうか?

そこでこの記事では、実際の口コミや、評判からわかるメリット・デメリット、転職成功方法を解説していきます。

pt・ot・stの転職で悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてください。

ptotstワーカーは評判が悪いって本当?

インターネット上でptotstワーカーの悪い口コミを見て、不安に思っている人も多いのではないでしょうか?

実際のptotstワーカーの利用者満足度は、97%と高い数値を出しています。

病院やクリニック、介護施設など豊富な就職先が用意されているため、希望に沿った転職を行えます

また、雇用条件や福利厚生などの交渉は、ptotstスタッフが行ってくれるため高い満足度を誇っているようです。

ptotstワーカーの口コミ紹介

しかし、利用者満足度はptotstワーカーが発表しているものなので、ユーザーは実際どう思っているのかも気になりますよね。

そこで、ptotstワーカーの口コミをいくつか紹介します

ptotstワーカーのいい口コミ

まずは、ptotstのいい口コミを紹介します。

口コミからもわかるように、ptotstは専門性に特化していることが強みです。

リハビリに特化した転職エージェントを使うことで、より希望にマッチした求人を紹介してもらえます

ptotstワーカーの悪い口コミ

次に、ptotstワーカーの悪い口コミを紹介します。

悪い口コミでは、電話連絡への苦情が多くあげられていました

また、電話の頻度が多すぎる、逆に連絡がまたく来ず、どうなっているのか不安に感じる人が多いようです。

口コミからわかるptotstワーカー5つのメリット

口コミを見ていると、ptotstワーカーのメリットが5つ見えてきました。

ptotstワーカーのメリットは以下の通り。

メリット

  • 介護業界最高水準の求人数
  • 職種別に専門アドバイザーが相談に乗ってくれる
  • 独占・非公開求人の保有率が高い
  • 入職後にもサポートが受けられる
  • LINEでの対応も可能

それぞれのメリットについて、くわしく解説していきます。

業界最高水準の求人数

pt・ot・st向けの転職エージェントの中で、ptotstワーカーは業界トップレベルの求人数を誇ります。

求人の種類や施設形態も豊富で、自分の理想とする働き方が実現可能です。

また、管理職求人や高収入求人も取り扱っているため、キャリアアップを意識した転職ができるでしょう。

これは、多くの求人を取り扱うptotstワーカーの強みといえます。

職種別に専門アドバイザーが相談に乗ってくれる

ptotstワーカーのは、職種別の専門アドバイザーが在籍しています。

pt・ot・stそれぞれの業種に精通したアドバイザーなので、専門職種特有の悩みやニュアンスの違いを機微に感じ取りサポートしてくれるでしょう。

業界を通して、職種専門アドバイザーが在籍していることは少ないため、ptotstwワーカーで転職活動をする大きなメリットになります。

独占・非公開求人の保有率が高い

ptotstワーカーは、独占・非公開求人を多く保有しています

とくに非公開求人は好待遇なものが多く、ユーザーにとって魅力的といえます。

しかし、あまりに求人数が多くても選別に困りますよね。

そこは、専任のアドバイザーが選別して紹介してくれるので、安心してください。

豊富な独占・非公開求人から、ニーズにあった求人へ応募できます。

入職後にもサポートが受けられる

ptotstワーカーでは、入職後のサポートも受けられます

たとえば、「実際に働いてみたら話と職務内容に相違があった」というようなトラブルも、ptotstワーカーが企業と話し合いをしてくれます

ほかには、職場の人間関係キャリアプランなどといったことも相談可能です。

ptotstワーカーを利用する際は、ぜひ利用してみてくださいね。

LINEでの対応も可能

ptotstワーカーでは、電話やメール対応だけでなく、LINEでの相談も行っています

現在の仕事と並行して転職活動を行いたい人には、大きな利ですよね。

LINEで質問や相談をすると、当日中に返事がくるので、就職中であってもスムーズに転職活動が行えます

口コミからわかるptotstワーカーのデメリット

次に、ptotstワーカーのデメリットを5つ紹介します。

ptotstワーカーのメリットは以下の通り。

メリット

  • 担当者によって対応に差がある
  • 地方求人が少ない
  • 登録しないとすべての求人を見られない
  • 自分のペースで転職活動ができない
  • 掲載している求人の内容が少ない

メリット・デメリットの両方を知ることで、自分に合っているサービスかどうかを判断できます

ptotstワーカのデメリットも、しっかり確認していきましょう。

担当者によって対応に差がある

どんな転職サービスにも当てはまることですが、ptotstワーカーも担当者によって対応に差があります

あたり外れが大きいという口コミもあるので、いい担当者に当たるかどうかは運に左右される面もあるようです。

しかし、自分に合わない担当者や、転職の不利になりそうな場合は我慢する必要はありません

電話やメール、LINEで担当者変更の依頼をして、担当者を変えてもらいましょう

地方求人が少ない

ptotstワークは、都市部の求人を中心に取り扱っています。

そのため、地方求人は少ない傾向にあります

地方で求人を探している場合は、ハローワーク等を利用した方がスムーズに転職を進められる可能性が高いです。

ただし、ハローワークで求人を探す場合、転職エージェントで扱っているような好条件の求人は少ないでしょう。

登録しないとすべての求人を見られない

ptotstワーカーは、非公開求人が大半を占めています。

そのため、登録しないで見られる求人は限られています

転職エージェントに登録すると、連絡が頻繁に来るからいやという人もいるかと思います。

しかし、情報収集だけしたいと伝えると、連絡がくることもないので、転職を検討している人は登録することで得られるメリットの方が大きいでしょう。

自分のペースで転職活動ができない

転職エージェントを利用した転職は、担当のキャリアコンサルタントが主体に行われます

そのため、日程を自分の思うように決めるのは難しいでしょう。

入職日や転職活動のペースに希望がある場合は、キャリアコンサルタントとの面談時に話をしておきましょう

掲載している求人の内容が少ない

転職エージェントは、基本的に担当者から紹介してもらった求人に応募する形になります。

そのため、ネットに掲載されている求人は、情報量が少ないようです。

とはいうものの、通常の求人サイトと同等程度の基本情報は掲載されています

より詳細な情報を知りたい場合は、登録をして担当エージェントに尋ねてみましょう。

ptotstワーカーを使った転職がおすすめな人

ptotstワーカーのメリット・デメリットを見てみて、魅力的に感じた人もいるのではないでしょうか。

そこでここからは、ptotstワーカーの利用がおすすめな人を解説していきます。

ptotstワーカーの利用がおすすめな人は以下の通り。

ptootstワーカーがおすすめな人

  • スキルアップを目指した転職がしたい人
  • 悩みやニーズにあわせた転職をしたい人
  • LINEでスムーズに転職を進めたい人

それぞれ詳しく解説していくので、ptotstワーカーの利用を検討している人は参考にしてみてください。

スキルアップを目指した転職がしたい人

ptotstワーカーは20代~30代向けの求人が多く、アドバイザーも同年代が多いです。

そのため、スキルアップを目指して転職したい人が相談しやすい環境になっています。

また、好条件の求人を多く保有しているため、スキルアップを目指して転職する人に最適です。

悩みやニーズにあわせた転職をしたい人

ptotstは、じっくり相談できる環境が整っているため、悩みや希望にあわせて転職をしたい人に最適です。

現在の職場への悩みや不満、転職先への希望を相談でき、ニーズに合った施設や病院を紹介してもらえます

求人情報サイトではわからない実態や情報を聞けるため、転職のミスマッチが少ないでしょう。

LINEでスムーズに転職を進めたい人

ptotstワーカーは、LINEでの転職相談を行っています

そのため、就業しながら転職をスムーズに進めたい人に最適です。

就業していると、電話対応が思うようにできず、転職に時間のかかってしまうことがあります。

ptotstワーカーはLINEでやり取りができるので、時間のロスを削減できます。

ptotstワーカーで転職を成功させるポイント

実際にptotstワーカーを使って転職を成功させるためのポイントを紹介します。

転職を成功させるポイントは以下の通り。

転職を成功させるポイント

  • 担当アドバイザーと蜜に連絡を取る
  • 希望条件と優先順位を決めておく
  • ほかの転職エージェントも利用する

転職を成功させるポイントも、詳しく解説していきます。

下記の記事では、履歴書の書き方を例文付きで解説しています。

履歴書に苦手意識を持っている人は、こちらを参考に履歴書を作成してみましょう。

【例文あり】理学療法士への転職で気を付けたい履歴書の書き方

担当アドバイザーと蜜に連絡を取る

担当のアドバイザー連絡を密に取ることで、より多くの求人情報が得られます

新着求人の情報を早い段階で得られるため、より多くの求人の中から転職先を検討できるでしょう。

また、転職への意欲を示すことにもなり、アドバイザーも積極的に働きかけてくれます

アドバイザーとの連絡は、2、3日に1回程度取るのがおすすめです。

電話での連絡が難しい人は、メールやLINEを活用しましょう。

希望条件と優先順位を決めておく

転職をする際は、希望条件と優先順位を設定しておくことが大切です。

希望条件と優先順位を決めておくと、数多くの求人情報の中から、ニーズに合ったものを担当アドバイザーが選んでくれます

最低限決めておかなければいけない希望条件は以下の通り。

決めておくべき希望条件

  • 施設の形態
  • 給与
  • 休日
  • 福利厚生の有無
  • 雇用形態

また、上記とあわせてスタッフ数や年齢層などの希望を伝えておくと、ミスマッチを防げます

ほかの転職エージェントも利用する

転職エージェントを活用した転職は、1つの会社だけにしぼらず複数社登録するのがおすすめです。

複数社の転職エージェントに登録すると、求人やアドバイザーの質を比較し、より良い条件の転職エージェントを利用できます

また、転職エージェントによって求人の保有傾向や数が異なるため、多くの情報が取得できるでしょう。

応募先の選択肢が増えることで、より良い転職が行えます。

下記の記事では、転職エージェントを紹介しています。

ほかの転職エージェントを知りたい人は、こちらの記事も参考にしてみてください。

作業療法士の給与・年収とは?資格取得方法からおすすめの介護転職エージェントについて紹介!

ptotstワーカーの利用方法

ptotstワーカーを利用するには、まず登録フォーム必要事項を記載するひつようがあります

その後の流れは以下の通り。

利用の流れ

  1. 登録フォームに必要事項を記載
  2. アドバイザーと面談
  3. 求人を紹介してもらう
  4. 求人に応募・面接
  5. 内定

面接後内定がでれば、転職活動終了です。

入職日や労働条件の交渉も、アドバイザーが行ってくれます

自分から提示しづらい条件も、アドバイザーにお願いしいて希望を叶えましょう。

以下の記事では、転職面接の対策を解説しています。

転職の面接が不安な人は、以下の記事も参考にしてみてください。

理学療法士の転職面接対策ポイント|重視するポイントからよく聞かれる質問

pt・ot・stの転職はptotst workerで好条件求人を勝ち取ろう

理学療法士や作業療法士、言語聴覚士向けの転職エージェントはまだ数が少なく、サービス自体も発展途上にあります。

そのなかでも、ptotstワーカーは多くのユーザーを抱え、満足度の高いサービスです。

自分の希望や悩みに合わせた転職をしたい人におすすめです。

pt・ot・stの転職は、ぜひptotstワーカーを利用してみてください。

下記の記事では、より良い転職先の探し方を紹介しています。

今よりもいい条件で転職をしたい人は、あわせて参考にしてみてください。

【失敗しない仕事選び】介護業界における転職先の良い探し方とは?

-介護 転職, 理学療法士 転職
-,

© 2022 介護資格と転職ガイド