おすすめの介護資格

理学療法士に転職したい方必読!転職に有利な年齢やおすすめの介護取得サービスについて紹介!

理学療法士 転職 年齢

理学療法士に転職したいけど年齢が気になっている方は多くいます。

結論、理学療法士に転職するなら40歳になるまでがおすすめです。

そこで、今回は理学療法士に有利な年齢や理学療法士に転職するための必要な手順、おすすめの介護資格取得サイトについて具体的に紹介していきます。

これから理学療法士に転職したいと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

理学療法士におすすめの介護資格取得サービス3選

  1. ユーキャン|充実した資格支援サポート
  2. ニチイ|スキルアップ講座も利用可能
  3. 未来ケアガレッジ|大手介護資格専門スクール

理学療法士とは

理学療法士とは

理学療法士とは、高齢や病気、怪我などが原因で運動機能が低下している方に、運動機能の向上・維持を目的に治療を行う職業のことを指します。

具体的な理学療法士の業務内容として、主に下記2つに分けられます。

  • 運動療法
  • 物理療法

それぞれの業務内容について特徴を踏まえて紹介してきますので、ぜひ参考にしてみてください。

運動療法

運動療法とは、身体機能が低下した方に向けて、筋力トレーニングや関節の動きを改善する運動などの運動トレーニングのことを指します。

また、運動をすることによって、肺や心臓などの機能改善をすることが可能です。

具体的に運動療法の効果については、下記が挙げられます。

  • ストレス解消
  • 心肺機能の向上
  • 肥満防止
  • 骨や関節が丈夫になる
  • 血糖値が下がる
  • インスリンの働きが高まる
  • 筋力アップ

上記のようにさまざまな効果を得ることができ、利用者の体調に合わせて無理をしない運動量を行うことが大切です。

物理療法

物理療法とは、水や電気、熱などの物理的な手段を使って筋力増強を促進したり、痛みを和らげることを目的にしている治療法です。

具体的な物理療法の種類については、下記表の通りです。

物理療法の種類 目的
電気刺激 外部から電気を意図的に流して、痛みの感覚を和らげることを目的にしている治療法。
【超音波治療の種類】
・TENS(経皮的電気刺激療法)
・EMS(神経筋電気刺激療法)
・マイクロカレント療法(美田電流療法)
超音波 超音波の振動によって血流の改善や痛みの緩和などを目的にしている治療法。
一般的には1MHzと3MHzの2種類の周波数を使用している。
光治療(レーザー) 神経過敏になっている箇所に対して、神経にレーザー光を照射によって痛みを和らげることが目的。
温熱療法 身体を温めて血行を良くし、神経痛や筋肉の痛み、胃腸の働きを活発にすることが目的としている治療法。
牽引療法 痛みが出ている箇所を引っ張ることによって、神経への圧迫を和らげ、筋肉や靭帯の血流を良くする効果が期待できる。

上記のように利用者の症状や健康状態によって、最適な物理治療を行い、治療後は改善しているのか観察してサポートを継続的に続けていくことが重要です。

理学療法士に転職する際に有利な年齢とは

理学療法士に転職する際に有利な年齢とは

「理学療法士に転職する際に有利な年齢について知りたい」と思っている方は少なくありません。

実際に、理学療法士を目指している方のほとんどは20代〜30代前半と比較的若い人が多い特徴があります。

そのため、理学療法士に転職をする際には、40歳を超えてくると転職先が減っていくため、かなり厳しくなってしまうため、あらかじめ注意が必要です。

転職先によって多少異なりますが、年齢別の作業療法士の求職者の割合については、下記表の通りです。

年齢 求職者の割合
20代 55%
30代 30%
40代 13%
50代以降 2%

また、理学療法士としてキャリアアップを目指すためにはある程度の現場経験期間が必要になるため、年齢を重ねるごとに不利になってしまうデメリットも挙げられます。

理学療法士に転職するために必要な手順

理学療法士に転職するために必要な手順

理学療法士に転職するために必要な手順についてあらかじめ理解しておくことで、効率的に理学療法士を目指すことにも繋げることが可能です。

理学療法士に転職する際には、国家資格の理学療法士資格を取得することが必須条件です。

具体的に理学療法士に転職するために必要な手順については、下記2つに分けられます。

  • 養成学校に通う
  • 国家試験に合格する

上記の項目について紹介してきますので、ぜひ参考にしてみてください。

養成学校に通う

理学療法士資格の受験資格を取得するためには、指定された養成校に通って、必要な単位を取得する必要があります。

指定された養成校については、下記3つが挙げられます。

  • 4年制大学
  • 3年制短期大学
  • 4年制専門学校
  • 3年制専門学校

基本的に養成校で学ぶ内容は、「専門基礎科目」「臨床実習」「専門科目」「一般教養科目」の4種類を勉強して単位を取得する流れです。

3年制の短期大学や専門学校に通うことによって、1年早く働くことができ、費用も抑えることができるメリットがあるため、なるべく早く理学療法士として転職をしたいと思っている方におすすめです。

また、働きながら理学療法士を目指す方は、夜間の専門学校に通うことによって、効率よく資格を取得することができます。

国家試験に合格する

指定された養成学校で単位取得後に、国家試験に合格することによって、理学療法士として働くことができます。

理学療法士資格の合格率は、約80%と他の国家試験に比べて高い傾向があるため、しっかりと試験に向けて学習をすれば合格を目指すことが可能です。

具体的な理学療法士の試験内容については、下記の通りです。

試験の種類 出題科目
一般問題 ・解剖学
・リハビリテーション医学
・作業療法
・臨床医学
・生理学
・運動学
・病理学概論
実地問題 ・運動学
・臨床心理学
・リハビリテーション学
・作業療法
・臨床医学

上記のように、2種類に試験を行い、基本的にはマークシートでの選択問題となっています。

毎年2月下旬から3月下旬に試験が行われて、合格発表が3月下旬に発表されていますが、時期が変わる可能性があるため、あらかじめ確認をしておくことをおすすめします。

また、理学療法士試験に合格するためのコツについては、下記2つが挙げられます。

  • 自分にあった勉強方法を見つける
  • 計画的に資格勉強する

それぞれの項目について、下記にて具体的に紹介してきます。

自分に合った資格勉強法を見つける

自分に合った勉強法を見つける

自分にあった資格勉強方法を見つけることによって、効率的に資格勉強をすることができることはもちろんですが、モチベーションの維持にも効果的に働くことが可能です。

資格取得勉強方法については、主に下記3つが挙げられます。

  • 独学
  • 通信教育
  • 通学

基本的に資格取得勉強は独学で行いますが、通信教育を受けたり、自宅の近くの教室まで通学をした方が効率的に勉強することができる場合もあります。

通信教育や通学に少しでも興味がある方は、後ほど紹介する「理学療法士の転職におすすめの介護資格サービス3選」を参考にしてみてください。

計画的に資格勉強する

計画的に資格勉強をすることによって、だらだらと勉強をしてしまうことを防ぐことができたり、途中でモチベーションが下がってしまうことを防ぐことが可能です。

資格試験までの時間を逆算して、1日あたりの必要な勉強を時間を割り出してスケジュール作成を行い、1週間ごとに小さな目標設定をすることによって、より効率的に勉強することができます。

また、通勤や休憩時間などのスキマ時間を活用することも、試験勉強には有効に働くことができます。

このように、自分の生活リズムに合わせて計画的に資格勉強をすることをおすすめします。

理学療法士の転職先

理学療法士の転職先

「理学療法士の転職先について具体的に知りたい」と思っている方は多くいます。

具体的な理学療法士の転職先については、下記3つに分けられます。

  • 福祉施設
  • 医療施設
  • スポーツ分野

それぞれの転職先によって、業務内容や勤務形態が異なる場合もあるため、これから理学療法士として転職を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

福祉施設

福祉施設とは、介護認定を受けている高齢者や障害や病気によって自立して日常生活を送ることができない方に対して、治療を行うことを目的にしている施設のことを指します。

福祉施設の中でもさまざまな種類があり、訪問リハビリテーションや通所介護、老人ホームなどが挙げられます。

基本的には、ソーシャルワーカーやケアマネージャーと連携を取って業務を行うため、高いコミュニケーション能力も求められます。

医療施設

理学療法士がもっとも多く働いている職場は、病院や診療所などの医療施設です。

医療施設によって多少業務内容が異なりますが、基本的には怪我や病気などによって身体機能が低下してしまった患者に対して、リハビリを行います。

理学療法士の医療施設での勤務時間は、朝8時頃から出勤して18時頃には終わり、土日は休みと一般的な会社員と同じ働き方です。

しかし、非常勤の場合には、土日も出勤する場合が多いため、自分自身の生活スタイルに合わせて勤務形態を選ぶことが重要です。

スポーツ分野

スポーツ分野については、スポーツチームのトレーナーとして活躍している理学療法士のことを指します。

スポーツでは怪我は常に起こるため、なるべく早く怪我を直して復帰へと導くことが求められます。

また、スポーツ選手の体調管理を行い、怪我をしにくい身体作りや疲労回復のサポートも理学療法士としての業務内容に含まれます。

他の転職先に比べると幅広い業務をこなす必要がありますが、スポーツチームの成長に大きな役割を与えられているため、とてもやりがいがある転職先です。

理学療法士に転職におすすめの介護資格サービス3選

理学療法士の転職におすすめの介護資格取得サービス3選

理学療法士の転職におすすめの介護資格サービスについて理解しておくことで、転職成功率を上げることにも繋げることが可能です。

理学療法士資格を取得するためには、養成校と国家試験に合格する必要がありますが、その他にも介護に関わる資格を持っていることによって、転職では有利に働くことができます。

具体的に理学療法士におすすめの介護資格取得サービスについては、下記3つが挙げられます。

  • ユーキャン
  • ニチイ
  • 未来ケアガレッジ

それぞれの資格取得サービスの特徴について、下記にて紹介してきます。

理学療法士におすすめの介護取得サービス3選

  1. ユーキャン|充実した資格支援サポート
  2. ニチイ|スキルアップ講座も利用可能
  3. 未来ケアガレッジ|大手介護資格専門スクール

ユーキャン

ユーキャン

ユーキャンとは、約160種類の資格講座を開講している大手資格取得サービスです。

基本的に通信教育を行っているため、自宅で資格勉強をすることができるため、普段忙しい方でも自分自身の生活スタイルに合わせて勉強することが可能です。

介護に関わる資格講座については、下記の通りです。

  • ケアマネージャー
  • 認知症介助士
  • 社会福祉士
  • 介護福祉士
  • レクリエーション介護士
  • 介護職コーディネーター
  • 介護予防健康アドバイザー

上記以外にもさまざまな資格講座を取り扱っているため、少しでも興味ある方は、まずは無料で資料請求をすることをおすすめします。

参考サイト:ユーキャン公式https://www.u-can.co.jp/

ユーキャンを利用してみる

ニチイ

ニチイ

ニチイとは、40年以上運営をしている大手資格取得サービスの一つで、全国に教室を展開しており、ほとんどの教室が駅近の好立地にある特徴があります。

介護の現場を知り尽くした講師陣から手厚くサポート受けることができ、より効率的に資格取得することが可能です。

具体的なニチイのサポート内容については、下記が挙げられます。

  • 無料延長制度
  • 無料振替制度
  • 無料対策レッスン
  • 質問回答システム
  • 応援フォローシステム
  • おさらいレッスン

上記のように、他の介護資格取得サービスに比べて、充実したサポートを受けることができます。

参考サイト:ニチイ公式https://www.e-nichii.net/

ニチイを利用してみる

未来ケアガレッジ

未来ケアガレッジ

未来ケアガレッジとは、「人を尊重できる介護者」をコンセプトに運営をしており、資格取得から就職までのサポートを一貫して行っている介護資格取得サービスです。

一人ひとりに専属コーディネーターからのサポートを受けることができるメリットも挙げられます。

これから福祉施設に理学療法士として転職をしたいと思っている方はもちろんですが、キャリアアップを目指している方にもおすすめです。

参考サイト:未来ケアガレッジ公式https://www.brush-up.jp/crs_detail/crs29157

未来ケアガレッジを利用してみる

おすすめの介護転職サービスを利用して理学療法士に転職しよう!

おすすめの介護転職サービスを利用して理学療法士に転職しよう!

今回は、理学療法士に有利な年齢や理学療法士に転職するための必要な手順、おすすめの介護資格取得サイトについて具体的に紹介しました。

理学療法士は、40歳を越えるまでに転職することによって、転職活動で不利になることを防ぐことが可能です。

また、理学療法士におすすめの介護資格取得サービスについては、「ユーキャン」「ニチイ」「未来ケアガレッジ」の3つが挙げられます。

ぜひ、今回紹介したことを参考にして、理学療法士として転職してみてはいかがでしょうか。

理学療法士におすすめの介護取得サービス3選

  1. ユーキャン|充実した資格支援サポート
  2. ニチイ|スキルアップ講座も利用可能
  3. 未来ケアガレッジ|大手介護資格専門スクール

-おすすめの介護資格
-, ,

© 2021 介護資格・お仕事ガイド