転職について

【OT】作業療法士の転職成功のコツ|おすすめ転職サイトも紹介

【OT】作業療法士の転職成功のコツ|おすすめ転職サイトも紹介

作業療法士の転職活動の進め方について悩んでいませんか?

この記事では「作業療法士の転職のコツ」を解説します。

結論、作業療法士の転職難易度は低いです。

実際に求人数を調査したところ、作業療法士を求めている施設は多く見つかりました。

その他にも「作業療法士におすすめの転職サイト」についても解説します。

ぜひこの記事を参考に、満足のできる転職活動を行ってください。

また「作業療法士の資格取得方法」について知りたい方は、こちらで解説を行っていますのでぜひ確認してみてくださいね。

作業療法士におすすめの転職サイト

 

  1. マイナビコメディカル|PT・OT・ST・技師・栄養士に特化した転職サイト
  2. PTOTSTワーカー|PT・OT・STの転職に特化した転職サイト

作業療法士の主な転職先

作業療法士の主な転職先

作業療法士として転職する前に、主な就職先を知っておきましょう。

転職をする上で、どのような施設に勤めたいか、どのような条件を求めるかによって、勤務する施設は異なります。

主な転職先は、以下の2つになるでしょう。

  • 医療施設
  • 介護施設

一般的に作業療法士として活躍する場は医療施設になりますが、少子高齢化に伴い介護施設に勤務する方も増えています。

また、施設にこだわらず、一般企業への転職も可能です。

以下ではさらに具体的に、どのような施設で働けるかを解説します。

医療施設

医療施設と一重に言っても、大きく分類すると2つに分けられます。

  • 病院……身体障がい領域・精神障がい領域
  • クリニック……脳外科・循環器科・整形外科

病院は、主に身体障がいや精神障がい領域の幅広い業務を行い、クリニックはさらに専門分野に特化している形です。

身体障がい領域に関しては、患者さんの状態をできる限り元に戻すようリハビリを行います。

精神障がい領域は、レクリエーションや料理など、生活に関連する活動を通じて、心と体のリハビリを行うのが目的です。

幅広く学ぶなら病院、専門分野に特化するならクリニックと考えておきましょう。

介護施設

作業療法士の転職先として、医療施設・介護施設と分類できますが、介護施設だけでも以下のように分けられます。

  • 介護老人保健施設
  • サービス付き高齢住宅
  • 特別養護老人ホーム
  • デイサービス

それぞれの施設のなかで、作業療法士は、1人1人に合った動作訓練を行います。

筋力の柔軟性を高める訓練や立つ・歩くのような基本的な動作など、幅広い練習をサポートしなければいけません。

レクリエーションを通じた活動も行うため、知識や技術だけではなく、コミュニケーション能力も求められます。

作業療法士への転職で失敗しないポイント

作業療法士への転職で失敗しないポイント

作業療法士の転職に失敗しないために、いくつかのポイントを意識しておきましょう。

ポイントをハッキリさせておかなければ「条件が合わなかった」「転職先が見つからない」など、失敗につながってしまいます。

とくに注意しておきたいポイントは、以下の5つです。

  • 目的を定める
  • いくつかの施設を比較する
  • 面接対策をしておく
  • 転職理由を明確にしておく
  • 年齢による求められる部分を把握しておく

なぜそれぞれのポイントが重要なのか、どのように考えておくべきなのか、以下で具体的に解説します。

目的を定める

作業療法士として転職する際は、目的をしっかり定めておきましょう。

なぜ転職したいのか、転職するにあたりどこを目指していきたいのかをハッキリさせておけば、転職先で迷わなくなります。

さまざまな転職先を比較していると、どうしても当初の目的からブレてしまう可能性があるので、軸だけは決めておいた方が良いです。

譲れない部分だけを残しておいて、迷った際には一度目的に立ち返ってみましょう。

いくつかの施設を比較する

いくつかの施設を比較する

転職先を決める際は、いくつかの施設を比較してから決めましょう。

最初に見た転職先がたまたま良い条件だったとしても、それ以上の転職先が見つかるかもしれません。

また、自分なりの比較ポイントを決めておくと良いでしょう。

条件面やキャリアップ、立地など、比較できるポイントはいくつもあります。

そのためには、いくつかの転職サイトに登録しておくのも良いでしょう。

選択肢を広くしておけば、より自分に合った条件の転職先を見つけられます。

面接対策をしておく

転職を検討しているなら、面接対策も必ず行っておきましょう。

どれだけ良い転職先でも、面接で落とされてしまえば意味がありません。

履歴書の書き方から質問など、対策しておかなければいけない部分はいくつもあります。

また、作業療法士として経験がある上での転職と、未経験からの転職では対策方法が異なるので注意しましょう。

自身に合った転職先に必ず受かるよう、対策を万全にしておいてください。

転職理由を明確にしておく

転職理由を明確にしておく

面接対策の一環として、転職理由を明確にしておきましょう。

作業療法士に限らず、どんな職業でも、転職の理由は必ず聞かれます。

転職理由は企業にとって重要な部分なので、ハッキリ答えられるようにした方が良いです。

また、転職の理由はどんなにネガティブな内容でも、ポジティブな言葉に変換しておきましょう。

たとえば「給与が安い」なら「しっかりと評価されたい」、「仕事内容のレベルが低い」なら「さらにスキルアップしたい」など。

前職のどこがダメだったのかではなく、転職先で何をしたいかを伝えるようにしましょう。

年齢による求められる部分を把握しておく

基本的に転職は、企業側がどのような人物を求めているかを理解しておかなければいけません。

しかし、年齢によって求められるスキルは異なります。

年齢によって求められる能力は、以下を参考にしてください。

  • 20代前半……柔軟性・飲み込みの速さ・素直さ
  • 20代後半……これまでの経験・人柄
  • 30代……これまでのスキル
  • 40代……スキル・経験・対応力

年齢が上にいくほど、企業が求める人物像のレベルは高くなります。

自分の年齢に合わせて、アピールする点をまとめておきましょう。

作業療法士の転職先は転職サイトがおすすめ

作業療法士の転職先は転職サイトがおすすめ

作業療法士の転職は、転職サイトをおすすめします。

求人誌や知人の紹介でも転職先を見つけられますが、一番効率的なのは転職サイトです。

転職サイトをおすすめする理由は、以下の3つ。

  • 求人数が多い
  • アドバイザーによるサポートがある
  • 条件を設定して検索できる

わざわざすべてに目を通さなければいけない求人誌と比べて、サイトは自分の欲しい情報だけを得られので、効率的に転職先を探せます。

転職サイトの特徴を以下で解説するので、ぜひ利用を検討してみてください。

求人数が多い

転職サイトは、求人数が多いです。

利用する転職サイトによって異なりますが、基本的に数百件以上の求人は見つかるでしょう。

また、転職サイトのほとんどには、誰でも見られる公開求人の他に、サイトに登録しなければ見られない好条件の非公開求人もあります。

非公開求人に関しては、求人誌にも掲載されていない場合もあるので、転職サイトを利用した方が、より良い条件の転職先を見つけやすいのです。

アドバイザーによるサポートがある

アドバイザーによるサポートがある

ほとんどの転職サイトは、専任アドバイザーによるサポートを受けられます。

アドバイザーは、初めての転職のサポートや、条件に合った求人を紹介してくれるので、効率的に転職をすすめられるでしょう。

利用サイトによって内容は異なりますが、主に以下のサポートをしてくれます。

  • 条件に合った転職先の紹介
  • 面接対策
  • 書類対策
  • 給与等条件や待遇の交渉

ただ仕事を紹介してくれるだけではなく、転職のノウハウまでアドバイスしてくれるので、とくに初めての方の大きな力になります。

条件を設定して検索できる

転職サイトと求人誌の大きな違いは、条件を設定できるかできないかです。

求人誌は1からページをめくって、自身に合った条件を探さなければいけません。

しかし、転職サイトの場合は、求める条件を入力して検索できます。

わざわざすべての求人をチェックする必要はないので、効率的に転職先を探せるでしょう。

条件の設定項目は、利用サイトによって異なりますが、主に以下の条件を設定できます。

  • 地域
  • 施設
  • 待遇
  • 給与
  • フリーワード

細かく条件を設定すれば「面接してみたけど条件が合わなかった」のような、ミスマッチを防げます。

こだわりの働き方や条件が明確になっているのであれば、転職サイトを利用しましょう。

作業療法士の求人数

作業療法士の求人数

転職する際に重要なのは、求人数です。

転職したいと考えても、求人数が少ないと、なかなか自分の条件に合った転職先は見つかりません。

そこで、5つのサイトから作業療法士の求人を調査しました(2021年8月時点)。

  • JobMedley……5,492件
  • マイナビコメディカル……10,783件
  • e介護転職……760件
  • グッピー……4,969件
  • PTOSTワーカー……14,382件

サイトによって求人数の差はありますが、PTOSTワーカーは14,000件以上も見つかりました。

全体的に見て、作業療法士の求人は多いと言えるでしょう。

実際の求人例

最も求人数の多いPTOSTワーカーから、いくつかの求人例を紹介します。

求人例から、特徴や傾向を知っておきましょう。

  • 雇用形態:常勤
  • 給与:【月給】26万円(※試用期間は25万円)
    【賞与】年2回、3.00ヶ月分(前年度実績)【昇給】あり
  • 施設形態:介護施設
  • 勤務時間:8:30~17:30
  • 福利厚生:社会保険完備・通勤手当・退職金制度

引用:PTOSTワーカー

 

  • 雇用形態:常勤
  • 給与:【月給】27万7,800円~28万4,800円
  • 施設形態:病院
  • 勤務時間:(1)08:30〜17:00(2)08:30〜12:30
  • 福利厚生:4週8休制・ 日祭日休み・ 年末年始・ 創立記念日 ・月に4回の半日休日・有給休暇・ 夏季休暇・ 慶弔休暇

引用:PTOSTワーカー

求人の傾向を見る限り、作業療法士の条件や待遇は良いと言えます。

作業療法士におすすめの転職サイト

作業療法士におすすめの転職サイト

作業療法士におすすめの転職サイトを、2つ紹介します。

どちらも作業療法士に特化したサイトなので、自身に合った転職先を見つけられるでしょう。

作業療法士におすすめの転職サイト

 

  1. マイナビコメディカル|PT・OT・ST・技師・栄養士に特化した転職サイト
  2. PTOTSTワーカー|PT・OT・STの転職に特化した転職サイト

以下でそれぞれの特徴や使い方を解説するので、ぜひ利用してみてください。

マイナビコメディカル|マイナビが運営する作業療法士特化転職サイト

マイナビコメディカル

マイナビコメディカルは、就職や転職情報を提供している株式会社マイナビの、作業療法士や理学療法士に特化した転職サイトです。

専門性に特化しているため、作業療法士に関するお役立ちコンテンツも充実しています。

求人検索はもちろん、転職成功事例や転職支援情報、ノウハウまであるので、初めて転職をする方でも利用しやすいでしょう。

また、キャリアアドバイザーは求人の紹介から施設の面接、見学にも同行してくれます。

すべてのサービスを完全無料で受けられるので、初めて作業療法士の転職をする方に、ぜひおすすめです。

マイナビコメディカルで転職活動を始める

PTOTSTワーカー|作業療法士の求人数が圧倒的に多い

PTOTSTワーカー

PTOTSTワーカーは、作業療法士・理学療法士・言語聴覚士に特化した転職サイトです。

作業療法士に特化した転職サイトのため、求人数はなんと14,382件(2021年8月時点)と、他サイトと比較しても圧倒的な求人数となっています。

サイトに登録すれば、非公開求人も多数紹介してくれるので、多くの求人から転職先を選びたい方におすすめです。

条件設定では、こだわり条件やフリーワードの他、給与の希望額まで設定可能。

作業療法士として、条件や待遇を重視するなら、PTOTSTワーカーをおすすめします。

PTOTSTワーカーで転職活動を始める

作業療法士として満足できる転職活動を!

作業療法士として満足できる転職活動を!

作業療法士の転職活動は、比較的難易度が低いといえます。

作業療法士の足りている施設が少ないため、求人数も多いので、自身に合った転職先を見つけられるでしょう。

転職先を絞り込めなくなった場合には、自身の目的に立ち返ってみてください。

軸をぶらさず目的さえハッキリさせておけば、必ず自身に合った良い転職先は見つかります。

ぜひ今回の記事を参考に、満足できる転職活動をしてください。

作業療法士におすすめの転職サイト

 

  1. マイナビコメディカル|PT・OT・ST・技師・栄養士に特化した転職サイト
  2. PTOTSTワーカー|PT・OT・STの転職に特化した転職サイト

-転職について
-, , ,

© 2021 介護資格・お仕事ガイド