介護 転職

40代未経験から介護職に転職したい方必読|転職する際のポイントやキャリアプランなどを解説

介護予防運動指導員の将来性

40代未経験から介護職に転職したいと悩んでいませんか?

この記事では、40代から介護職に転職することについて解説します。

結論、40代未経験でも介護職に転職することは可能で、転職が不利になることはありません。

他にも「40代未経験から介護職へ転職する際のポイント」や「40代未経験からのキャリアプラン」についても解説します。

また「介護転職エージェントの比較」について知りたい方は、こちらで解説を行っていますのでぜひ確認してみてください。

おすすめの介護転職サービス

  1. きらケア|充実な転職サポート
  2. e介護転職|幅広い求人の取り扱い
  3. マイナビ介護大手マイナビが運営

40代未経験でも介護職への転職は可能

40代未経験でも介護職への転職は可能

介護職は40代未経験でも転職することは可能です。

しかし、40代未経験から責任感がある介護職へ転職することに対して、不安を持っている方も多いです。

具体的に40代未経験から介護職へ転職可能な理由としては、以下が挙げられます。

  • 未経験求人が多い
  • 介護業界は人手不足

下記にて、それぞれの理由をについて解説しますので、これから介護業界に転職を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

未経験求人が多い

介護業界は、他の業界に比べて、未経験求人が多い傾向です。

未経験求人が多い理由としては、介護職は肉体労働の上に、精神的にもきついという印象がある職業のため、未経験者求人でなければ求職者が集まらないためです。

実際に、介護職は大変と感じることもありますが、やりがいを感じて働いている方も多いのも事実です。

少しでも介護業界に興味ある方は、未経験から介護職にチャレンジしてみることをおすすめします。

介護業界は人手不足

介護業界は人手不足

現在、日本の高齢者は増加傾向にあるため、介護職の需要は高くなっており、介護業界全体は人手不足と言われています。

また、少子高齢化によって働き手となる人材が少ないのも現状です。

介護業界の人手不足を解消するために、以下の対策を行っています。

  • 処遇改善
  • ユニットケアの導入
  • IT化によって業務効率化
  • 外国人労働者を雇用する

これから介護業界の人材不足が深刻化していくことが予測されているため、一人ひとりが介護職に対する理解が求められていると言えます。

40代未経験から介護職へ転職する際のポイント

40代未経験から介護職へ転職する際のポイント

40代未経験から介護職へ転職する際のポイントを把握しておくことで、転職成功率を高めることにも繋げることが可能です。

具体的に介護職へ転職する際のポイントは、以下の4つです。

  • 職場の雰囲気
  • 施設の種類
  • 業務内容
  • 資格取得支援

それぞれのポイントを解説します。

職場の雰囲気

職場の雰囲気を調べておくことで、転職後のミスマッチを防ぐことが可能です。

実際に、雰囲気が良くない職場で長く働くことは難しいため、すぐに転職をしてしまう方は多くいます。

また、職場の雰囲気を職場見学や面接の際に、見極めるポイントについては、以下の通りです。

  • 社内の挨拶
  • 職員の仲の良さ
  • 職員の年齢層

転職する際には、焦って求人を探してしまうことが多いですが、職場の雰囲気が良い職場を選ぶようにしましょう。

施設の種類

施設の種類

介護職は、施設の種類が豊富にあるため、自分の働き方に合った介護施設に転職することが重要です。

具体的な介護施設な以下のようにさまざまな種類があります。

  • 特別養護老人ホーム
  • 介護老人保健施設
  • 養護老人ホーム
  • 軽費老人ホーム
  • 介護付き有料老人ホーム
  • 住宅型有料老人ホーム
  • 健康型有料老人ホーム
  • サービス付き高齢者住宅
  • グループホーム

介護転職サービスによっては、一人ひとりに適切な介護施設を紹介してもらうことが可能です。

業務内容

介護職は主な業務は下記2つです。

業務の種類 内容
身体介護 食事介助・排泄介助・入浴介助・移動介助
生活援助 食事の用意・買い物・洗濯・掃除・その他

基本的に、身体介護は資格を持っていない方は業務を行うことができないため、生活援助がメイン業務になることが多いです。

しかし、具体的な業務内容は、施設によって大きく変わるため、あらかじめ確認をしておくことで、入職してからのトラブルを減らすことができます。

資格取得支援

資格取得支援

40代未経験から介護職に転職してから、リアアップを視野に入れている方は、資格取得支援のある職場がおすすめと言えます。

介護資格を取得することによって、業務の幅が広がることはもちろん、高収入を目指すことが可能です。

職場によっては、介護資格にかかる費用を一部負担してくれる場合もあるため、資格取得支援を行っている職場を選ぶことも視野に入れましょう。

40代未経験が転職に有利になる介護資格

40代未経験が転職に有利になる介護資格

介護資格を持っておくことによって、転職成功率を上げることはもちろん、好条件で転職を目指すことも可能です。

具体的に40代未経験が転職に有利になる介護資格は、以下2つです。

  • 介護職員初任者研修
  • 介護福祉士実務者研修

それぞれの介護資格を解説します。

介護職員初任者研修

介護職員初任者研修は、介護の基礎的な知識やスキルを証明するための資格のことを指します。

キャリアアップをするための入門資格としても位置づけられており、将来的に「介護福祉国家資格」の取得を目指すことも可能です。

資格取得するためには、以下のカリキュラムを修了して試験合格をすることが必要です。

カリキュラム項目 時間
職務の理解 6時間
介護における尊厳の保持・自立支援 9時間
介護の基本 6時間
介護・福祉サービスの理解と医療の連携 9時間
介護におけるコミュニケーション技術 6時間
老化の理解 6時間
障害の理解 3時間
こころとからだのしくみと生活支援 75時間
講義のまとめ 4時間

また、基本的に受講条件は無いため、未経験・無資格の方でも資格取得を目指すことができます。

介護福祉士実務者研修

介護福祉士実務者研修

介護福祉士実務者研修とは、介護現場で実践的な知識やスキルを学ぶことができる介護資格です。

また、介護のチームリーダーとして活躍することができ、転職先でも即戦力となる人材として扱われることが可能です。

受講資格は、介護職員初任者研修と同様に年齢や資格などの制限が無いため、誰でも資格取得を目指すことができます。

また、資格取得方法については、以下のカリキュラムの修了と試験合格が求められます。

カリキュラム項目 時間
人間の尊厳と項目 5時間
社会の理解Ⅰ 5時間
社会の理解Ⅱ 30時間
介護の基本Ⅰ 10時間
介護の基本Ⅱ 20時間
コミュニケーション技術 20時間
生活支援技術Ⅰ 20時間
生活支援技術Ⅱ 30時間
発達と老化の理解Ⅰ 10時間
発達と老化の理解Ⅱ 20時間
認知症の理解Ⅰ 10時間
認知症の理解Ⅱ 20時間
障害の理解Ⅰ 10時間
障害の理解Ⅰ 20時間
こころとからだのしくみⅠ 20時間
こころのからだのしくみⅡ 60時間
介護過程Ⅰ 20時間
介護過程Ⅱ 25時間
介護過程Ⅲ 45時間
医療的ケア 50時間

これから介護職として転職を考えている方は、ぜひ介護福祉士実務者研修を取得することをおすすめします。

おすすめの介護転職サービス

おすすめの介護転職サービス

おすすめの介護転職サービスは、以下の3つです。

おすすめの介護転職サービス

  1. きらケア|充実な転職サポート
  2. e介護転職|幅広い求人の取り扱い
  3. マイナビ介護大手マイナビが運営

それぞれの介護転職サービスによって、転職サポート内容や特徴が異なるため、自分に合った転職サービスを選ぶことによって、転職成功率を上げることが可能です。

それぞれの介護転職サービスを解説します。

きらケア

きらケア

サービス名 きらケア
運営会社 レバレジーズメディカルケア株式会社
拠点 全国(北海道、宮城、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、愛知、静岡、大阪、京都、兵庫、奈良、広島、福岡)
設立 2005年4月
公開求人数 約45,000件
求人職種 ヘルパー、介護職、生活相談員、サービス提供責任者、管理職、管理職候補、ケアマネージャー

きらケアは、全国に拠点があり、地方に住んでいる方でも理想の求人を探すことができる介護求人サービスです。

一人ひとりのニーズに答えてくれるため、転職後のミスマッチを減らすことができます。

また、未経験・無資格の求人も多く取り扱っているため、未経験で介護職に転職したいと思っている方にもおすすめと言えます。

きらケアを利用する

e介護転職

e介護転職

サービス名 e介護転職
運営会社 株式会社ベストパーソン
拠点 3拠点(東京、大阪、広島)
設立 1999年11月
公開求人数 約75,000件
求人職種 施設系介護職、訪問系介護職、介護福祉士、ケアマネージャー、生活相談員、看護師、理学/作業療法・リハビリ関連、他福祉職(福祉用具・住環境コーディネーター)、管理職・介護事務/事務員、送迎ドライバー、障害者・障害児支援関連

e介護転職は、株式会社ベストパーソンが運営をしており、取り扱っている求人数が多い特徴がある介護転職サービスです。

担当のキャリアアドバイザーがいないため、自分のペースで転職活動を行うことができるため、マイペースで転職活動をしたいと思っている方におすすめと言えます。

他の介護転職サービスに比べて、介護の送迎ドライバーや受付事務員など取り扱いが少ない求人も多く掲載されています。

e介護転職を利用する

マイナビ介護

マイナビ介護職

サービス名 マイナビ介護
運営会社 株式会社マイナビ
拠点 全国
設立 1973年8月
公開求人数 約54,000件
求人職種 介護福祉士、ケアマネージャー、社会福祉士、ヘルパー1級、ヘルパー2級、介護職員初任者研修、社会福祉主事、実務者研修、精神保健福祉士、介護職

マイナビ介護は、介護専門転職サービス利用者満足度No.1の実績があり、多くの方が利用している実績がある介護転職エージェントです。

非公開求人も多く取り扱っているため、自分の理想としている求人を見つけることができます。

また、履歴書の添削や面接の練習など幅広いサポートを行っているため、より効率良く転職活動を行うことが可能です。

st-mybutton url="https://sonatrach-dz.com/ad/waiting.php?ad=s_0041" title="マイナビ介護を利用する" rel="" fontawesome="" target="_blank" color="#fff" bgcolor="#e53935" bgcolor_top="#f44336" bordercolor="#e57373" borderwidth="1" borderradius="5" fontsize="" fontweight="bold" width="" fontawesome_after="fa-angle-right" shadow="#c62828" ref="on"]

40代未経験からのキャリアプラン

40代未経験からのキャリアプラン

40代未経験からのキャリアプランは、以下の2つが挙げられます。

  • ケアマネージャー
  • 管理職

これから転職を目指そうとしている方には、キャリアプランをしっかりと考えて転職先を探すことが重要です。

それぞれのキャリアプランを紹介していきます。

ケアマネージャー

ケアマネージャーは、介護が必要な方に対して、介護保険サービスを受けることができるように、ケアプランの作成などの業務を行います。

また、介護保健に関わるスペシャリストとして位置づけられています。

ケアマネージャを目指すためには、介護福祉士資格を取得して5年の実務経験が必要になるため、計画的に資格取得をすることが必要です。

長期的に介護職で働きたいと思っている方であれば、ケアマネージャーを目指すことをおすすめします。

管理職

管理職

サービス付き高齢者向け住宅や有料老人ホームなどで管理職を目指す場合には、必要な資格は無いため、未経験の方でも目指しやすいキャリアプランと言えます。

しかし、ある程度は介護職員として経験を積んで、職場の信頼を獲得する必要です。

また、介護福祉士の資格を取得することによって、早く職場から信頼を得ることができ、より管理職を目指しやすくなります。

おすすめの介護転職サービスを利用して転職を成功させよう!

おすすめの介護転職サービスを利用して転職を成功させよう!

今回は、40代未経験から介護職への転職を考えている方に向けて、介護職へ転職する際のポイントや40代未経験からのキャリアプランを紹介しました。

40代未経験から介護職へ転職する際のポイントは、以下の通りです。

  • 職場の雰囲気
  • 施設の種類
  • 業務内容
  • 資格取得支援

転職をする際には、キャリアプランをしっかりと考えながら転職先を探すことが重要言えます。

また、自分ひとりで転職活動をするよりも、おすすめの介護転職サービスを利用して転職活動を行うことで、より効率的に転職活動を行うことが可能です。

ぜひ今回の記事を参考に、40代未経験からでも介護職に転職を成功させましょう。

おすすめの介護転職サービス

  1. きらケア|充実な転職サポート
  2. e介護転職|幅広い求人の取り扱い
  3. マイナビ介護大手マイナビが運営

-介護 転職
-, ,

© 2022 介護資格と転職ガイド