おすすめの介護資格

ハローワークで介護職員初任者研修を受けるメリット・デメリットとは?おすすめの介護転職サイトについても紹介!

介護職員初任者研修ハローワーク

「ハローワークで介護職員初任者研修を受けるメリットについて知りたい」「そもそも介護職員初任者研修とは?」などと思っている方は多くいます。

介護職に就きたいと考えている人であれば、介護職員初任者研修を取得すると就職や転職活動などで有利に働くことができます。

そこで今回は、ハローワークで介護職員初任者研修を受けるメリット・デメリットからおすすめの介護転職サイトについて具体的に紹介していきます。

これから介護職員初任者研修を取得したいと考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

介護職員初任者研修とは

介護職員初任者研修とは

介護職員初任者研修とは、介護職として働く上で基本的な知識や技術を取得する研修のことを指します。

資格を取得するためには、講義と演習を合計約130時間受講して、修了試験に合格することが必要です。

具体的に介護職員初任者研修を取得することによって得られるメリットについては、下記3つが挙げられます。

  • 身体介護の業務が対応可能
  • キャリアアップにつながる
  • 家族の介護に活かせる

それぞれのメリットについて紹介していきますので、まだ介護職員初任者研修を取得していない人は、取得することをおすすめします。

身体介護の業務が対応可能

身体介護とは、利用者に対して食事や排泄、入浴など直接身体に触れて行う介護サービスのことを指します。

基本的に身体介護の業務を行うためには、介護職員初任者研修の資格を持っていることが必要とされています。

介護職員初任者研修は、介護に関わる基本的な知識はもちろんですが、身体のしくみや医療知識なども学べることができるため、高齢者との接し方にも役立てることが可能です。

キャリアアップに繋がる

介護職員初任者研修を取得することによって、正社員はもちろんですが、管理者へキャリアアップできる可能性を広げることできます。

実際に、介護職員初任者研修だけ取得してキャリアアップにつなげることは難しいですが、実務経験を積んで実務者研修や介護福祉士などの資格を取得していくことによって、事業所内で信頼度を上げることができ、結果的にキャリアアップに繋げることが可能です。

また、事業所によって、資格手当を貰うことができるため、給与アップのメリットも挙げられます。

このように、介護職で働きたいと思っている方は、介護実務の入門資格として、介護職員初任者研修の資格を取得することをおすすめします。

家族の介護に活かせる

介護職員初任者研修は基本的な介護の知識や技術を身に着けることが可能なので、自分自身の家族の介護にも活用することが可能です。

資格を取得する人の中には、仕事以外にも活用する目的の場合も少なくありません。

また、介護サービスを利用することなく、自分自身で介護を行うことで、介護費用を抑えることができるメリットが挙げられます。

ハローワークで介護職員初任者研修を取得するメリット

ハローワークで介護職員初任者研修を取得するメリット

そもそもハローワークとは、公共職業安定所とも呼ばれており、就職や転職活動をしている人に向けて相談や求人紹介などを行っている機関のことを指します。

ハローワークで介護職員初任者研修を取得するメリットについては、主に下記2つが挙げられます。

  • 無料で資格の取得可能
  • 就職活動で有利に働く

それぞれのメリットについて紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

無料で資格の取得可能

ハローワークで介護職初任者研修を受講することによって、求職者支援制度を利用することができるため、無料で資格取得をすることができます。

求職者支援制度とは、雇用保険を受給することができない人に対して、給付金を支給やきめ細やかな就職支援、無料の職業訓練などを実施して、安定した就職を実現するための制度です。

しかし、求職者支援制度を利用するためには、あらかじめハローワークへの求職申込みが必要になるため注意が必要です。

就職活動で有利に働く

介護業界は深刻な人材不足と言われており、ほとんどの事業所は人材が足りない状況が続いているため、介護職初任者研修を取得することによって、就職活動で有利に働くことができます。

また、ハローワークで介護職初任者研修を取得することによって、自分自身が希望している求人の紹介を受けることができるため、効率よく転職活動を行うことが可能です。

介護経験が豊富な講師も多くいるため、就職活動でも無料で相談することができたりするメリットも挙げられます。

このように、一般的な求人サイトよりも充実したサポートを受けることができるため、ハローワークを利用することをおすすめします。

ハローワークで介護職員初任者研修を取得するデメリット

ハローワークで介護職員初任者研修を取得するデメリット

ハローワークで介護職員初任者研修を取得するデメリットについて理解しておくことで、無駄に手間や費用がかかってしまうリスクを減らせることが可能です。

具体的にハローワークで介護職員初任者研修を取得するデメリットについては、下記3つが挙げられます。

  • 資格取得までに時間がかかる
  • テキスト費用がかかる
  • 審査に落ちる可能性がある

上記のようにハローワークで介護職員初任者研修を取得することは先ほど紹介したメリットの他にデメリットもあるため、あらかじめ注意が必要です。

それぞれのデメリットについて特徴を踏まえて紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

資格取得までに時間がかかる

ハローワーク以外で介護職員初任者研修の資格を取得することに比べて、資格取得までに時間がかかってしまうデメリットがあるため注意が必要です。

通常の民間スクールで介護職員初任者研修を受ける場合には、約1ヶ月半で資格取得することができますが、ほとんどのハローワークだと平日のみの約3ヶ月の期間がかかってしまう傾向です。

このようにハローワークは基本的に平日のみの受講になるため、できるだけ早く資格を取得したいと思っている方は、民間スクールで介護職員初任者研修を取得することをおすすめします。

テキスト費用がかかる

ハローワークによって異なりますが、基本的に介護職員初任者研修を受講するためには、テキスト費用が約1万円かかるデメリットがあります。

また、健康診断結果を提出しなければならない場合もあるため、事前に確認しておくことで、トラブルを防ぐことができます。

このように、テキスト費用や交通費などもちろんですが、それ以外でも費用が発生する可能性があるため、予算は高く見ておくことをおすすめします。

審査に落ちる可能性がある

ハローワークで介護職員初任者研修は、事前に申込みをしてから選考試験に合格することが必要条件で、審査に落ちる可能性があるため、あらかじめ注意が必要です。

実際にハローワークでの介護職員初任者研修は、人気講座に含まれており、高倍率なので合格するのが難しい傾向があります。

しかし、選考試験に受かって受講が始まれば、ほとんどの確率で合格することが可能です。

このように、選考試験に自身がない方であれば、民間が運営しているスクールを検討することをおすすめします。

ハローワークの介護職員初任者研修の選考基準

ハローワークの介護職員初任者研修の選定基準

「ハローワークの介護職員初任者研修の選考基準について詳しく知りたい」と思っている方は少なくありません。

選考基準を事前に理解しておくことで、審査が通る可能性も高くすることが可能です。

具体的にハローワークの介護職員初任者研修の選考基準については、主に下記3つに分けられます。

  • 志望動機
  • 試験
  • 面接

それぞれの選考基準について紹介してきますので、これからハローワークで選考試験を受けたいと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

志望動機

志望動機は審査基準の重要項目に含まれるため、事前に対策をすることが重要です。

ハローワークによって多少異なる場合がありますが、志望動機では下記のポイントが重要視されています。

  • 介護職への思い
  • 就職する意思を伝える
  • 将来像を明確に伝える

上記の内容を含めて簡潔に書くことが大切ですが、あまりにも簡潔になりすぎてしまうと、悪い印象を与えてしまうため注意が必要です。

また、志望動機だけが選考試験としている自治体もあるため、あらかじめ確認しておくことをおすすめします。

試験

試験も選考内容に含まれているハローワークでは、適性検査と筆記試験が行われます。

適性検査とは、性格や知的能力を見極めるための検査で、一般的な常識や価値観がずれていなければ審査に通ることができます。

筆記試験は、小学生から中学生レベルが出題されますが、少し不安がある人は過去問を掲載している都道府県もあるため、事前に学習をすることをおすすめします。

面接

面接についても、先ほど紹介した志望動機同様に、介護職に就きたい意欲を見せることが重要です。

また、就職活動や転職活動などでも同様に言えますが、基本的に面接時にはスーツを着ることがマナーとされています。

面接のポイントとしては、面接官に良い印象を与えるために、さわやかな外見にすることを意識して、元気よく受け答えすることなどが挙げられます。

このようにハローワークの介護職員初任者研修の審査基準の中でも重要な審査ポイントとなるため、事前対策が大切です。

おすすめの介護転職サイト3選

おすすめの介護転職サイト3選

「介護職員初任者研修の資格を取得したけど、希望した転職先が見つからない」と悩んでいる方は多くいます。

おすすめの介護転職サイトを把握しておくことで、自分自身が希望している転職先を見つけやすくすることが可能です。

具体的におすすすめの介護転職サイトについては、下記3つが挙げられます。

  • マイナビ介護
  • e介護転職
  • 介護ワーカ

それぞれの介護転職サイトについて、特徴を踏まえて紹介してきますので、ぜひ参考にしてみてください。

マイナビ介護

マイナビ介護

マイナビ介護は、3万件を超える求人を取り扱っており、充実した転職サポートを受けることができる転職サイトです。

非公開求人も多く取り扱っているため、自分自身が希望している就職先を見つけやすいメリットもあります。

また、マイナビ介護はWeb面接も積極的に取り入れているので、日程調整がしやすく、面接会場までに行く手間を無くすことが可能です。

しかし、介護職未経験の求人が少ない傾向なので、介護職経験者や資格保有者の方は、利用することをおすすめします。

参考サイト:マイナビ介護公式サイト:https://kaigoshoku.mynavi.jp/

マイナビ介護を利用してみる

e介護転職

e介護転職

e介護転職は、1999年11月から株式会社ベストパーソンが運営をしており、求人数が約75,000件も取り扱っている特徴があります。

基本的に求人を初回されることは無いため、自分のペースで転職活動を進めることができるメリットがあります。

全国各地の求人情報を取り扱っているため、地方で転職や就職をしたいと考えている方にもおすすめの転職サイトです。

しかし、コンサルタントがいないため、転職活動でわからないことがあれば、自分で調べて解決することが必要になるため、あらかじめ注意が必要です。

参考サイト:e介護転職公式サイト:https://www.ekaigotenshoku.com/

e介護転職を利用してみる

介護ワーカー

介護ワーカー

介護ワーカーは、介護業界はもちろんですが、医療業界や建設業界にも特化している求人を多く取り扱っており、株式会社トライトが運営をしています。

年間3万人以上も利用している実績があり、拠点は全国に13ヶ所もあるため、地方で介護職に転職をしたいと思っている方でも利用することができます。

履歴書や職務経歴書の添削や面接対策などのすべてサービスが無料で受けることが可能です。

また、転職する際に現在勤めている会社に退職理由の伝え方や、転職先に条件交渉などのサポートも行っています。

参考サイト:介護ワーカー公式サイト:https://kaigoworker.jp/

介護ワーカーを利用してみる

ハローワークで介護職員初任者研修を取得して転職しよう!

ハローワークで介護職員初任者研修を取得して転職しよう!

今回は、これから介護職員初任者研修を取得したいと思っている方に向けて、ハローワークで介護職員初任者研修を受けるメリット・デメリットからおすすめの介護転職サイトについて具体的に紹介しました。

ハローワークで介護職員初任者研修を受けるメリットについては、無料で資格の取得可能・就職活動で有利に働く・家族の介護に活かせることの3つが挙げられます。

おすすめの介護転職サイトについては、「マイナビ介護」「e介護転職」「介護ワーカ」の3つを利用することによって、より効率的に転職活動を行うことが可能です。

ぜひ、今回紹介したことを参考にして、ハローワークを利用して無料で介護職員初任者研修を取得しましょう。

-おすすめの介護資格
-,

© 2021 介護資格・お仕事ガイド