介護職について

介護のリスクマネジメントとは?目的や取組方法などについて徹底解説

介護のリスクマネジメントについて知りたいと悩んでいませんか?

この記事では「介護のリスクマネジメント」について解説していきます。

結論、介護のリスクマネジメントを理解しておくことで、介護事故のリスクを把握することができ、事故を未然に防ぐことにも繋げることが可能です。

介護事業所の信用度も高めることができるメリットも挙げられます。

他にも「介護のリスクマネジメントの目的」や「介護現場で事故が起きた際の対応方法」についても解説します。

ぜひこの記事を参考に、介護のリスクマネジメントについて理解を深めましょう。

また「介護保険制度」について知りたい方は、こちらで解説を行なっていますので、ぜひ確認してみてください。

おすすめの介護資格取得スクール3選

介護のリスクマネジメントとは

介護のリスクマネジメントとは、介護現場での事故リスクをあらかじめ把握して、組織的に管理・運営を行うことによって、重大な事故を未然に防ぐことを目的としています。

利用者が安全に介護サービスを受けられることはもちろん、介護事業所の信用度も高めることにも繋げることが可能です。

実際に、介護のリスクマネジメントは、集客効果も期待することができるため、事業所の運営を安定させるためには、必要不可欠な要素と言えるでしょう。

このように介護のリスクマネジメントは、利用者と事業所事態にも良い影響を与えることができるでしょう。

介護のリスクマネジメントの目的

介護のリスクマネジメントの目的をあらかじめ理解しておくことで、介護現場での安全性向上にも効果的に働くことが可能です。

具体的な介護のリスクマネジメントの目的については、以下3つが挙げられます。

  • 利用者の安全確保
  • 訴訟リスクを減らす
  • 介護スタッフが働きやすい環境づくり

それぞれの項目について特徴を踏まえて、解説していきますので、これから介護サービスを利用しようとしている方は、ぜひ参考にしてみてください。

利用者の安全確保

介護のリスクマネジメントの目的としてもっとも重要なのは、利用者の安全確保を行うことです。

実際に、介護サービスを利用している方は、加齢によって心身機能が低下しており、命に関わる重大な事故を引き起こしてしまうケースも少なくありません。

すべての介護サービスに共通して言えることですが、常に細心の注意を払って利用者の確保を最優先に考えることが必要です。

また、重大な事故に至らないヒヤリハットが起きた際にも、再発が起きないようにしっかりと原因を探って、対策を減らすことが必要と言えるでしょう。

訴訟リスクを減らす

介護事業所などでは、事故が起こりやすく、訴訟が起きてしまうケースも少なくありません。

訴訟が起きてしまうと、事業所自体の信頼度が下がってしまい経営困難になってしまう場合もあります。

介護のリスクマネジメントを行うことによって、重大な事故を防ぐことができるため、訴訟リスクを最小限に抑えることができるメリットも挙げられます。

介護スタッフが働きやすい環境づくり

介護のリスクマネジメントを行うことによって、介護スタッフへの精神的なストレスを最小限に抑えることができ、働きやすい環境づくりを行うことができます。

介護事故が起こったことによって、トラウマになってしまい、介護スタッフとして働くことができなくなってしまうケースも少なくありません。

また、介護事故が起きてしまうケースとして、「階段を登る際に手すりがついていない」などの設備的な問題も多くあるため、事業所全体の設備の見直しを行う場合もあります。

介護のリスクマネジメントの取組方法

介護のリスクマネジメントの取組方法を把握しておくことで、介護現場で安全・安心を確保することにも繋げることが可能です。

具体的なリスクマネジメントの取組方法については、以下のとおりです。

  • ステップ1:リスクの把握
  • ステップ2:リスクの分析
  • ステップ3:リスク対応策
  • ステップ4:リスクコントロール

それぞれの項目について解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

ステップ1:リスクの把握

リスクの把握については、介護施設内で利用者が事故を起こしてしまうリスクがあるものを把握することが必要です。

過去に起こってしまった事故事例やヒヤリハットを参考にすることで、さらに効率的にリスクの把握をすることが可能です。

実際に、重大事故の背後には軽度の事故やヒヤリハットが多く存在しているとされてため、ヒヤリハットをしっかりと対策を行うことによって重大事故を未然に防ぐことにも繋がります。

また、ヒヤリハット報告書を作成することによって、職場でも共有して対策をすることにも繋げることができます。

ステップ2:リスクの分析

事業所内で発生したヒヤリハット事例に対して、以下の項目を分析することによって、ヒヤリハット事例に対して、具体的な解決策を行うことが可能です。

  • 人的要因
  • 設備的要因
  • 環境的要因
  • 管理的要因

上記の項目に沿って、リスクの分析を行うことによって、職場の管理体制や職員の働き方などの改善に繋げることができます。

ステップ3:リスク対応策

次に、事故が起こってしまった場合にどのような行動をするべきなのか具体的な対応策を決定します。

重大な事故が起こってしまった場合でも、早期発見をすることによって、被害を最小限に抑えることが可能です。

事故が起こってしまった際に、慌てずに適切な対応を行うことが重要になるため、職員研修の実施やマニュアル作成などを行うことが重要と言えるでしょう。

職場によって多少異なりますが、リスク対応策などの活動は安全管理委員会のスタッフが行う役割とされています。

ステップ4:リスクコントロール

リスクコントロールとは、事業所内でリスク対策の実施するために、システム化を行うことを指します。

具体的には、職員研修や業務手順などの見直しを行うことによって、事業所で起こるさまざまなリスクを減らすことが可能です。

リスクコントロールを行うことによって、職員一人ひとりがリスクに対して理解を深めることができるメリットも挙げられます。

また、リスクコントロールを行うためには、下記のような多種多少なメンバー構成で実行することで、さらに効果的に働きます。

  • 施設長
  • 相談員
  • 介護士
  • リハビリ
  • 看護師
  • ヘルパー

上記のメンバーで、定期的に打ち合わせや会議などに取り込める体制を整えることをおすすめします。

介護現場の事故事例

介護現場の事故事例については、以下が挙げられます。

  • 利用者が階段をのぼる際に転倒してしまった
  • 食事をする際に、入れ歯を付けずに食事をしてしまった
  • 他の利用者の薬を誤って飲んでしまった
  • 車いすから降りようとしたら、車いすごと転倒してしまった
  • トイレの便器から落ちそうになった
  • 入浴介助の際に利用者の冷たい水をかけてしまった
  • 車いすのブレーキをかけ忘れて、壁に衝突してしまった
  • ベッド柵が無かったため、就寝中に寝返りを打った際に落ちてしまった
  • リハビリの際に、すこし目を離してる間に手すりから離れて転倒してしまった

上記のように、利用者の要介護・要支援レベルによって、さまざまな事故が予想されます。

介護現場での事故を防ぐ対応については、防ぐことができる事故を優先的に対策を行うことが大切と言えるでしょう。

介護現場で事故が起きた際の対応方法

介護現場で事故が起きた際の対応方法について理解しておくことで、慌てることなく適切に対処することが可能です。

具体的に介護現場で事故が起きた際の対応方法については、以下のとおりです。

  • 応急処置
  • 利用者のご家族への報告
  • 介護事故の原因調査

それぞれの対応方法について解説していきますので、これから介護職で働きたいと検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

応急処置

介護事故が発生した際には、利用者の安全確保を最優先に行い、応急処置が必要になります。

利用者の状態を把握して、その場に適した最適な応急処置が求められます。

例として、心臓マッサージや止血、人工呼吸などの対処を行います。

重大な介護事故の場合には、医師や看護師に応援依頼を行い、救急搬送などを行うケースも少なくありません。

利用者のご家族への報告

介護事故が発生した場合には、利用者のご家族にも報告をすることが必要です。

事故の状況によって多少異なりますが、なるべく早く利用者のご家族へ報告をすることが求められます。

重大な事故の場合はもちろんですが、小さい事故についても、なるべく細かく利用者のご家族に伝えることで、介護事業所とご家族とのトラブルを防ぐことにも繋がります。

介護事故の原因調査

介護事故の原因調査を入念に行うことによって、今後の対策にも繋げることが可能です。

個人的なミスによる介護事故の場合でも、事業所全体で再発防止策を検討することが重要と言えるでしょう。

また、必要に応じて関係機関の指導を受けることによって、より効果的に介護事故の原因対策を行うことができます。

明確な原因調査を行うためには、時系列に出来事を整理して、一人ひとりの行動を明確に把握することが大切と言えるでしょう。

おすすめの介護資格取得スクール3選

おすすめの介護資格取得スクールを利用することによって、介護に関わる知識を身につけることができ、介護事故のリスクマネジメントにも活用することが可能です。

具体的におすすめの介護資格取得スクールについては、以下のとおりです。

おすすめの介護資格取得スクール3選

それぞれの介護資格取得スクールについて、特徴を踏まえて紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

カイゴジョブアカデミー

カイゴジョブアカデミー

カイゴジョブアカデミーは、資格取得に必要な受講料やテキスト代が無料で利用することが可能です。

資格取得サービスが充実していることはもちろんですが、介護職に転職や就職のサポートも行っています。

経験豊富なキャリアパートナーが、約2万件の求人情報から一人ひとりに合った就職先の提案を受けることができます。

また、就業後も無料サポートが付いているため、安心して利用できるメリット挙げられます。

カイゴジョブアカデミーを利用する

三幸福祉カレッジ

三幸福祉カレッジ

三幸福祉カレッジは、現場経験豊富なベテラン講師から資格取得から就職支援までトータルサポートを受けることができる介護資格取得スクールです。

卒業生が多く、実績がある大手スクールのため、はじめて介護資格取得スクールを利用する方でも、安心して利用することが可能です。

試験に出てくる問題を徹底的に分析したオリジナルテキストを採用しているため、より効率よく資格勉強を行うことができます。

また、三幸福祉カレッジの拠点情報については、以下のとおりです。

エリア 都道府県
北海道・東北 北海道・青森県・岩手県・秋田県・秋田県・山形県・福島県
関東 東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・茨城県・栃木県・群馬県
甲信越・北陸 新潟県・長野県・山梨県
東海 愛知県・岐阜県・静岡県
近畿 大阪府・兵庫県・京都府・滋賀県・奈良県
中国・四国 鳥取県・広島県
九州・沖縄 福岡県・長崎県・熊本県・鹿児島県・沖縄県

時期によっては、開催されていない場合もあるため、これから三幸福祉カレッジを利用しようとしている方は、あらかじめ確認しておくことをおすすめします。

三幸福祉カレッジを利用する

ニチイ

ニチイは、100万人以上の利用実績があり、全国に約300ヵ所の大手介護資格取得スクールです。

基本的に駅近の好立地に教室があるため、地方に住んでいる方でも、気軽に利用できるメリットが挙げられます。

おさらいレッスンや就業相談などの手厚いサポートを受けることができるため、資格試験の合格率を高めることが可能です。

また、期間限定のキャンペーンも実施しているため、利用する前に確認しておくことをおすすめします。

ニチイを利用する

 

介護のリスクマネジメントについて理解を深めよう!

介護 転職 おすすめ

今回は、介護のリスクマネジメントについて知りたいと思っている方に向けて、介護のリスクマネジメントの目的や取組方法を紹介しました。

介護のリスクマネジメントの取組方法については、以下のとおりです。

  • ステップ1:リスクの把握
  • ステップ2:リスクの分析
  • ステップ3:リスク対応策
  • ステップ4:リスクコントロール

また、おすすめの介護資格取得スクールを利用することによって、介護に関わる知識を増やすことができるため、介護事故の予防に繋げることが可能です。

今回の記事を参考に、職場での介護事故を未然に防ぎましょう。

おすすめの介護資格取得スクール3選

-介護職について
-,

© 2022 介護資格と転職ガイド