未分類

介護職の面接合格率を上げる方法とは?落ちやすい人の特徴から業界に欲される人材まで

介護職 面接 合格率

介護職の面接って、どれくらいの合格率なの?
介護職の面接で合格率を上げる方法は?
面接で介護職員が欲しいと考える人材とは?

本記事を読んでいるあなたは、このようなお悩みを抱えていませんか?

介護職が薄給で重労働といった認識が一般化していることで、面接の合格率が100%であると勘違いしている人が一定数います。

しかし慢性的な人手不足である介護職でも、接客業で対応する相手は人間です。

とくに施設を利用するのが高齢者であることから、介護職の面接ではマナーや人柄などをしっかり見ます。

そこで今回は介護職の面接で落ちやすい人の特徴や合格率を上げる方法から、業界に必要とされる人材について徹底解説していきます。

◆本記事の内容

  • 介護職の面接に落ちる人にみられる特徴8つ
  • 介護職の面接で受かるためのポイント
  • 転職成功率を上げる方法とは?
  • 介護業界が欲しい人材とは
  • 介護職で無資格・未経験は不利?年齢は?

本記事を読むことで、介護職の面接合格率をグッと引き上げることができるでしょう。

ほかにも未経験だったり無資格だったりする人が不利なのか、また年齢で面接に落ちてしまうのかなども解説します。

ぜひ最後まで読んで、参考にしてみてください。

介護職の面接に落ちる人にみられる特徴8つ

介護職 面接 合格率

まずは、介護職の面接に落ちる人にみられる特徴について解説します。

介護職の面接に落ちる人にみられる主な特徴は、以下の8個です。

  1. ネガティブな転職理由を伝える
  2. 会話のキャッチボールができない
  3. 話が長くて分かりにくい
  4. ビジネスマナーの基本が身についていない
  5. 待遇・条件面の自己主張が強い
  6. 傲慢な言葉遣いや態度をとる
  7. 自分の理想ばかりを語る
  8. 仕事に影響を及ぼしそうな短所を伝える

1つずつ、詳しく見ていきましょう。

ネガティブな転職理由を伝える

介護職の面接に落ちる人にみられる特徴、1つ目は「ネガティブな転職理由を伝える」です。

たとえば前職のスタッフが原因で退職している場合でも、理由を正直に話すことはおすすめしません。

実際にネガティブな転職理由でも、採用して退職するときに施設の悪い噂を流す人かもと警戒される可能性があります。

会話のキャッチボールができない

介護職 面接 合格率

介護職の面接に落ちる人にみられる特徴、2つ目は「会話のキャッチボールができない」です。

面接官の聞く質問に対して答えられなかったり、話が逸れたりしてしまう人は合格率が下がるでしょう。

なぜなら、仕事上でも意思疎通ができずにミスへつながると考えられてしまうからです。

話が長くて分かりにくい

介護職の面接に落ちる人にみられる特徴、3つ目は「話が長くて分かりにくい」です。

面接では限られた時間のなかで、どれだけ自分の魅力をアピールできるかが勝負といえます。

そのなかで理由をいちいち長く話していれば、魅力は伝わりません。

これでは、介護職の面接合格率がぐっと下がってしまうでしょう。

ビジネスマナーの基本が身についていない

介護職 面接 合格率

介護職の面接に落ちる人にみられる特徴、4つ目は「ビジネスマナーの基本が身についていない」です。

介護職ではスーツを着用するような仕事ではありませんが、年上の方を相手にします。

つまりマナーを無視しているような人は、採用できません。

面接時にビジネスマナーを見られるのは、採用後の規則を守るかどうかについても判断されています。

待遇・条件面の自己主張が強い

介護職の面接に落ちる人にみられる特徴、5つ目は「待遇・条件面の自己主張が強い」です。

経験が豊富で即戦力など、介護施設にとってメリットのある人材であれば問題ありません。

しかし未経験者や無資格者であれば、交渉ではなくわがままと受け取られてしまいます。

入職前から謙虚さを感じられなければ、合格率は下がります。

傲慢な言葉遣いや態度をとる

介護職 面接 合格率

介護職の面接に落ちる人にみられる特徴、6つ目は「傲慢な言葉遣いや態度をとる」です。

介護職の面接は受かりやすいといわれていますが、それに甘んじて態度が悪ければ合格率は下がります。

特に介護職では、傲慢な言葉遣いは言語道断です。

しっかりとした受け答えで、面接に臨みましょう。

自分の理想ばかりを語る

介護職の面接に落ちる人にみられる特徴、7つ目は「自分の理想ばかりを語る」です。

理想のキャリアプランを話すのはOKですが、それがあまりにも現実的でない場合は要注意。

高齢者を自分の駒のように扱うスタッフだと認識され、面接に落とされるかもしれません。

仕事に影響を及ぼしそうな短所を伝える

介護職 面接 合格率

介護職の面接に落ちる人にみられる特徴、8つ目は「仕事に影響を及ぼしそうな短所を伝える」です。

長所や短所は、介護面接だけでなくともよく聞かれる質問の1つですよね。

このうち短所については、仕事への影響が出ないものにしましょう。

もしくは仕事に影響を及ぼす可能性が多少あっても、反対に長所になりえることを説明できればOKです。

介護職の面接で受かるためのポイント

介護職 面接 合格率

つづいて、介護職の面接で受かるためのポイントについて解説します。

介護職の面接で受かるための主なポイントは、以下の4つです。

  1. 履歴書を丁寧に書く
  2. 身だしなみを整えて臨む
  3. 明るくハキハキと会話をする
  4. 話は短く分かりやすく伝える

1つずつ、詳しく見ていきましょう。

履歴書を丁寧に書く

介護職 面接 合格率

介護職の面接で受かるためのポイント、1つ目は「履歴書を丁寧に書く」です。

字がきれいかどうかは、面接の合否に影響しません。

しかし丁寧に書かれているかどうかは、施設によっては見られるでしょう。

きれいな字でなくとも、時間をかけて丁寧に書くのがおすすめです。

身だしなみを整えて臨む

介護職の面接で受かるためのポイント、2つ目は「身だしなみを整えて臨む」です。

面接では、その人が日常で行っていることを仕草などから見ています。

身だしなみは第一印象を決めるものなので、とくに注意して何度も確認しましょう。

明るくハキハキと会話をする

介護職 面接 合格率

介護職の面接で受かるためのポイント、3つ目は「明るくハキハキと会話をする」です。

介護職では、高齢者とのコミュニケーションに大きな声と笑顔が必要となります。

明るい・ハキハキ話しているといった2点だけでも印象がガラッと変わるので、ぜひ意識してください。

話は短く分かりやすく伝える

介護職の面接で受かるためのポイント、4つ目は「話は短く分かりやすく伝える」です。

面接では、結論から話して理由の順番をしっかりと守りましょう。

理由から話すと、相手に「結局なにが言いたいのか分からない」と思われる可能性があります。

転職成功率を上げる方法とは?

介護職 面接 合格率

ここからは、転職成功率を上げる方法について解説します。

転職成功率を上げる主な方法は、以下の5つです。

  1. 未経験者は介護職員初任者研修を取る
  2. 未経験可の施設に応募する
  3. 常勤で即戦力であることを伝える
  4. 謙虚な態度で主張するべきポイントははっきり話す
  5. 介護施設の見学や体験をする

1つずつ、詳しく見ていきましょう。

未経験者は介護職員初任者研修を取る

介護職 面接 合格率

転職成功率を上げる方法、1つ目は「未経験者は介護職員初任者研修を取る」です。

未経験でも無資格でも働けるのが介護職のメリットですが、資格を取得したほうが合格率もあがります。

介護職員初任者研修は未経験者でも簡単に取得できるので、ぜひ受けてみてください。

未経験可の施設に応募する

転職成功率を上げる方法、2つ目は「未経験可の施設に応募する」です。

もともと求人表に未経験者を歓迎している文言があれば、比較的合格しやすいといえます。

そういった介護施設では、未経験者のサポートや育成環境が整っているでしょう。

常勤で即戦力であることを伝える

介護職 面接 合格率

転職成功率を上げる方法、3つ目は「常勤で即戦力であることを伝える」です。

未経験者だったとしても、多く勤務ができることを伝えると面接合格率がぐっと上がります。

やはり介護職は人材不足なので、人間性に問題がなければ未経験者でも即戦力として扱うことが多いでしょう。

謙虚な態度で主張するべきポイントははっきり話す

転職成功率を上げる方法、4つ目は「謙虚な態度で主張するべきポイントははっきり話す」です。

面接合格率を上げるには、謙虚な態度が良いと先述しました。

しかし主張できない人と見られてしまう可能性があるので、はっきりと自分の意見はいいましょう。

態度は謙虚に、ポイントで主張するのがおすすめです。

介護施設の見学や体験をする

介護職 面接 合格率

転職成功率を上げる方法、5つ目は「介護施設の見学や体験をする」です。

面接前に、あらかじめ介護施設に問いあわせて見学や仕事体験をさせてもらうのをおすすめします。

求職者にとっても、現場の細かいところまで観察できるのがメリットです。

介護業界が欲しい人材とは

介護職 面接 合格率

つづいて、介護業界が欲しい人材について解説します。

介護業界が欲しい主な人材の特徴は、以下の6つです。

  1. 明るく前向きに働くことができる人
  2. コミュニケーション能力がある人
  3. 誰かのために働くことにやりがいを感じる人
  4. 判断力や観察力がある人
  5. 思いやりをもっている人

1つずつ、詳しく見ていきましょう。

明るく前向きに働くことができる人

介護業界が欲しい人材、1つ目は「明るく前向きに働くことができる人」です。

高齢者のなかにはコミュニケーションを取りにくい人もいますが、明るく前向きなスタッフによって変わることもあります。

元気なスタッフがいる施設は、それだけで場が明るくなるでしょう。

利用者に笑顔で楽しくいてほしいと介護スタッフは考えているはずなので、明るく前向きに働ける人が介護業界が欲しい人材といえます。

コミュニケーション能力がある人

介護職 面接 合格率

介護業界が欲しい人材、2つ目は「コミュニケーション能力がある人」です。

スタッフ同士の連携が、なによりも大切なのが介護業界といえます。

利用者とのコミュニケーションももちろんですが、スタッフ間での対応についてもきちんと理解のある人でなければ働くのは難しいでしょう。

誰かのために働くことにやりがいを感じる人

介護業界が欲しい人材、3つ目は「誰かのために働くことにやりがいを感じる人」です。

自己中心的な考えを持っていると、自分が休むために高齢者への対応を蔑ろにする可能性があります。

誰かのために働いて、感謝の言葉が嬉しいと感じる人を介護業界は欲しています。

判断力や観察力がある人

介護職 面接 合格率

介護業界が欲しい人材、4つ目は「判断力や観察力がある人」です。

高齢者を相手にする介護職では、早急な判断で命を救うこともあります。

そのため人を観察する能力や判断力がある人は、介護業界が欲している人材といえるでしょう。

これは面接でも見られていることなので、質問をされたらすぐに答えられるようにしておくのをおすすめします。

思いやりをもっている人

介護業界が欲しい人材、5つ目は「思いやりをもっている人」です。

もちろん仕事なので、介護を慈善事業のように考える必要はありません。

しかし気づいたときに利用者を助けられたり、スタッフへの声がけができたりする人材は介護業界の理想とする人でしょう。

見返りを求めず、思いやりをもった行動ができるような人になりましょう。

介護職で無資格・未経験は不利?年齢は?

介護職 面接 合格率

結論からいえば、介護職で無資格や未経験であることは不利ではありません

なぜなら業務内容さえ覚えられれば、あとは身体を動かす作業だからです。

もちろん心のケアなど、思いやりの心をもって接することは必要となります。

しかし他の業界と比較すると、資格が取得しやすかったり職場が費用負担してくれる確率が高いといえるでしょう。

また年齢にも制限がなく、若いほど即戦力として期待されます。

まとめ

介護職 面接 合格率

今回は介護職の面接で落ちやすい人の特徴や合格率を上げる方法から、業界に必要とされる人材について徹底解説しました。

介護職の面接で落ちやすい人は技術や知識不足ではなく、コミュニケーション能力などの人間性やマナーが原因です。

また受かるポイントとしても、ハキハキ話したり笑顔で対応できることが1番のコツといえます。

面接の合格率を上げたいときにも、上記のことを意識して臨むと良いでしょう。

無資格・未経験だからといって挑戦をやめず、採用してもらえる求人に応募してみてください。

当サイトではほかにも、介護関係の記事を随時更新しています。

ぜひ他の記事も読んで、介護職の面接合格率を上げる参考にしてみてください。

-未分類
-, ,

© 2022 介護資格と転職ガイド