介護 転職

異業種から介護職に転職するには?後悔するポイントも紹介

介護異業種

介護転職であっても利用する転職サイトによって紹介される条件が違うことを知っていますか?

この記事では「異業種からの介護転職」について解説していきます。

結論、介護転職サイトは複数のサイトに登録して幅広く求人を探すことが必要です。

介護転職を検討する際、わかりづらい「異業種からの介護転職」を調査した結果をまとめたので、ぜひ見ていただければと思います。

その他にも「おすすめの転職サイト」の説明や、「介護転職の後悔」について紹介していきたいと思いますので、ぜひこの記事を読んで介護転職を実施していただければ幸いです。

また「介護職への転職」について知りたい方は、こちらで解説を行っていますのでぜひ確認してみてくださいね。

異業種からの介護転職の手順

異業種からの介護転職の手順

異業種から介護転職する場合、勝手がわからず戸惑うこともあるかもしれません。

介護職に転職する際には、次のような手順を踏むとスムーズです。

  • 介護転職サイトに登録する
  • 経験やスキルの棚卸しをする
  • 求人に応募して面接を受ける

介護転職サイトに登録する

介護転職サイトに登録しておくと、条件に合った求人を見つけやすく便利です。

登録した条件の新着求人をメールで受信したり、履歴書を見た事業所の求人担当者から直接スカウトメールが届くケースもあります。

また、専門のキャリアアドバイザーによって求人の紹介や条件交渉、面接日の調整などをしてもらえるエージェントも多いです。

経験やスキルの棚卸しをする

経験やスキルの棚卸しをする

好条件の求人に採用されるかどうかは、経験やスキルによっても異なります。

ある程度自分の経験やスキルで、挑戦できる求人条件を理解しておくのも良いことです。

もっと高い給与を目指したいという場合は、今の転職だけではなく将来を見据えたキャリアプランを立てることもできます。

また、事業所によっては、資格取得を積極的にサポートするところもあります。

そのため、現在応募できる条件はそれほど高収入ではなくても、キャリアアップが描きやすい働き方を選択することも良いでしょう。

求人に応募して面接を受ける

応募したい求人をいくつか絞ったら、コンタクトをとり、面接の日を調整します。

転職エージェントでは、面接の日程調整、履歴書の作成、面接同行、条件交渉など全て一括でサポートしてくれるところもあるでしょう。

転職活動に関するストレスや労力をできるだけ軽減したいという人には、エージェントのアドバイザーの力を借りるのもおすすめです。

介護転職で後悔しやすいポイントとは?

介護転職で後悔しやすいポイントとは?

せっかく転職するのであれば、後悔のない転職活動をしたいものです。

ここでは、介護職への転職で後悔しやすいポイント3つをご紹介します。

事前に注意ポイントを知っておくことで、つまづかないための参考にしてください。

  • 給料条件のすり合わせができていなかった
  • 自分が最重視する条件を決めないまま転職してしまった
  • 退職した上で転職活動を始めてしまった

給料条件のすり合わせができていなかった

面接から契約に進むまでの間に、給料条件のすり合わせをすることは必須です。

給料については、額面の月収などだけではなく、手当の有無などについても確認しておくことが必要です。

残業手当や夜勤手当てなど、労働条件に見合った給与が支給されるのかは、しっかりと確認しておきたいポイントになります。

自分が最重視する条件を決めないまま転職してしまった

自分が最重視する条件を決めないまま転職してしまった

転職活動をする際には、自身の条件をはっきり定めておくことも大切です。

働く人によって、重視する労働条件は異なります。

給与を重視する人もいれば、プライベートの予定を優先したい人、今後のキャリアアップができる環境を選びたい人など様々です。

転職活動を始める前に、なぜ転職したいのかという目的をはっきりさせておきましょう。

もちろん、全てが条件にぴったりあった求人を見つけられるとは限らず、妥協する必要がある場合もあります。

しかし、ある程度譲れない条件を設定しておくことで、方向性がはっきりとして転職がスムーズに行くのも事実です。

退職した上で転職活動を始めてしまった

未経験や無資格などの状況から介護職に飛び込む場合には、転職活動が長引くことも予想し、生活のための基盤を用意しておくことは必要です。

退職した上で転職活動を始めてしまうと、予想より転職活動が難航した場合生活手段を失うこととなってしまいます。

せっかく転職をするなら、できるだけ長く働ける好条件の職場を見つけたいものですが、目下の生活に困ってしまうとゆっくりと比較検討ができなくなります。

ゆとりを持った転職活動を行うためには、現在の勤務先で働きながら転職活動をする。

もしくは、ある程度余裕を持った生活費の貯蓄をした上で退職し、転職活動に入るのがおすすめです。

異業種から介護転職する人が多い3つの理由

異業種から介護転職する人が多い3つの理由

実は介護職は、異業種から転職する人も多い職種です。

その理由には次の3つの背景が挙げられます。

  • 仕事としての需要が高い
  • 人とコミュニケーションをとりながら働ける
  • 採用のハードルが低い

1つずつ詳しく解説していきます。

仕事としての需要が高い

高齢化が進む状況において、日本国内の介護職への需要はますます増しています。

そのため、介護業界での人手不足は慢性化しており、未経験・無資格でもとにかく人を採用したいという事業所も少なくありません。

他業種にチャレンジしてみたものの、転職先が見つからなかったという人にとって、介護職は比較的職探しが有利になる職種であると言えます。

人とコミュニケーションをとりながら働ける

人とコミュニケーションをとりながら働ける

他職種を経験した後、介護職の特性に魅力を感じ転職する人もいます。

介護職では人とコミュニケーションを取る機会が多く、人の役に立っている実感が得やすい職業です。

特に、今までの社会人経験や子育て経験など、人生経験を活かせる中高年の世代の人が介護職で活躍するケースは多いでしょう。

そのため、資格や技術などだけではなく、人間力が活かせる点は介護職の特徴です。

採用のハードルが低い

介護業界は常に人手不足の状態にあるため、採用のハードルが低いのも異業種から転職する人が多い理由です。

職種によっては、新卒以外の採用が難しい業界もあります。

それに対して介護業界は、比較的年齢層が高くても未経験・無資格で始められる敷居の低い業種です。

採用のハードルが低いため、あらゆる職種の経験者が流入している状況があります。

おすすめの介護転職サイト5選

おすすめの介護転職サイト5選

ここでは、おすすめの介護転職サイトを5つ紹介します。

  • 介護ワーカー
  • かいご畑
  • ジョブメドレー介護
  • きらケア介護求人
  • マイナビ介護職

介護ワーカー

介護ワーカー

おすすめポイント

  • 介護職専門のアドバイザーに相談できる
  • 全国に求人あり
  • 非公開求人あり

介護ワーカーは、全国8万件以上の求人を紹介する大手転職エージェントです。

サイト上でこだわり検索をし、条件に合った求人を見つけることができます。

さらに介護職専門のアドバイザーに相談しながら転職活動をすることもできるので、未経験者でも安心です。

一般には公開されない非公開求人も用意されており、競争率が高く見つけ出すのが難しいような好条件の仕事が発掘できる可能性もあります。

面接日の調整から、書類の準備、条件交渉までしっかりサポートしてもらえるのも嬉しいポイントです。

求人数 86808件
特徴 アドバイザーに相談できる
おすすめの人 未経験で介護職を探す人

公式サイト:介護ワーカー

かいご畑

かいご畑

おすすめポイント

  • 福祉に特化した人材サービスのネットワークあり
  • キャリアアップ応援制度あり
  • 条件にこだわれる

かいご畑は、長年福祉に特化した人材サービスを運営している株式会社ニッソーネットの転職支援サービスです。

長年の実績とネットワークにより、全国各地から良質な求人情報を厳選して紹介。

介護資格を持つコーディネーターがそれぞれのキャリアに合った好条件の求人を提案します。

さらに、働きながら無料で介護資格が取れるキャリアアップ応援制度もあり、未経験・無資格の人でも安心です。

用意している求人の種類も豊富で、日勤のみ、週3〜4勤務など、条件にこだわった職探しもできます。

求人数 9776件
特徴 福祉のネットワークが広い人材会社
おすすめの人 条件にこだわりがある人

公式サイト:かいご畑

ジョブメドレー介護

ジョブメドレー 評判

おすすめポイント

  • 会員数100万人以上の大手サイト
  • スカウト制度あり
  • 会員限定機能もあり

ジョブメドレーは、医療介護従事経験者が運営する求人サイトです。

求人は、すべて契約事業所からの正規の求人情報で、応募するとすぐに直接事業所と連絡が取れ転職活動がスムーズ。

また、会員登録すると、希望に合った求人をメールやLINEで受け取れます。

希望の職種やエリアなどを登録するだけで、新着求人が届くため、働きながら転職活動をする忙しい人にもおすすめ。

事業所から直接連絡がくるスカウト機能では、好条件な求人を見つける可能性が高まります。

さらに、会員限定機能として、履歴書・職務経歴書作成機能、職場の環境の閲覧などの便利なシステムがあるのも特徴です。

求人数 83962件
特徴 会員数100万人以上の大手サイト
おすすめの人 効率的な転職活動がしたい人

公式サイト:ジョブメドレー介護

きらケア介護求人

きらケア:レバレジーズメディカルケア株式会

おすすめポイント

  • 年間80万人の会員が利用
  • 求人のネガティブ情報も聞ける
  • 面接同行もあり

きらケア介護求人は、年間80万人の会員が利用する介護職専門の転職エージェントです。

10万件以上の施設や求人の公開があり、一人ひとりのキャリアや条件に合わせた仕事が見つけられます。

求人情報は、労働条件だけではなく離職率や人間関係などのネガティブ情報も聞けるため、わかりづらい施設の雰囲気も知れるのは嬉しいポイント。

また、専門のアドバイザーが提案から条件交渉、就職後の悩み相談まで行うため、安心して転職活動が行えます。

面接対策や面接同行も行ってもらえるため、転職活動に不安がある人にもおすすめです。

求人数 公開なし
特徴 サポートが手厚い
おすすめの人 転職活動に不安がある人

公式サイト:きらケア介護求人

マイナビ介護職

マイナビ介護職

おすすめポイント

  • 40年の実績ある転職エージェント
  • 登録が簡単
  • 非公開求人の紹介もあり

マイナビ介護職は、40年以上にわたり人材関連ビジネスを展開し、日本最大級の就職情報サイトを運営している株式会社マイナビが提供する介護職専門の転職サービスです。

介護職専任のキャリアアドバイザーが面談のセッティング、キャリア相談や書類作成のアドバイスを行うため、転職活動がスムーズ。

転職までの流れも簡単で、まずは申し込みフォームからプロフィールや希望条件など、1分程度で完了する簡単な質問に答えるだけで登録できます。

登録完了後はキャリアアドバイザーが電話やメールで希望詳細のヒアリングを行い最適な求人を紹介するのが特徴です。

取り扱っている求人の約40%は非公開求人のため、他では見つけられない好条件の求人を紹介してもらえるケースもあります。

また、キャリアアドバイザーとのやり取りは電話やメールで進めるため、遠方の求人に応募したい場合も便利です。

求人数 56826件
特徴 キャリアアドバイザーとのやりとりがスムーズ
おすすめの人 遠方の求人も検討したい人

公式サイト:マイナビ介護職

異業種からの介護転職がおすすめの人

異業種からの介護転職がおすすめの人

介護職は、異業種からでも転職が容易な業界です。

特に、次のようなタイプの人は介護職への転職がおすすめです。

  • とにかく正社員として働きたい人
  • 体力に自信がある人
  • 夜勤でも働ける人

とにかく正社員として働きたい人

他業界では、正社員の中途採用は難しい職種も多くあります。

特に40代以上の世代では、全く未経験の業界へ飛び込み、正社員として働くことはかなり難しいでしょう。

しかし、介護職の場合は、中高年の世代であっても未経験で正社員として採用される機会が多くあります。

職種を選ばずとにかく正社員で働きたいという人は、窓口の広い介護職がおすすめです。

体力に自信がある人

体力に自信がある人

介護職では、利用者の身体介助など体力勝負となる場面も多くあります。

もちろん、技術や知識なども必要な場面がありますが、それらは入職後に身につけていくこともできます。

しかし、無資格・未経験であっても体力がある人は即戦力になりやすいです。

また、長期的に介護職で働くことを考えている人の場合、体力は大きな強みになります。

介護職自体は好きでも、腰痛など体に支障をきたしてしまい離職する人も少なくありません。

その点、体力に自信がある人は即戦力になりかつ、長期的に働けるのでおすすめです。

夜勤でも働ける人

介護職では、夜勤のニーズも多くあります。

住居型の介護施設では、夜間に駐在するスタッフが必要となりますが、多くの施設では夜勤を担うスタッフの人手不足に悩まされています。

そのため、夜勤手当てを手厚くしている施設もあり、夜勤が苦にならない人にとってはメリットといえるでしょう。

施設によって夜勤の過酷さは異なり、場合によってはただ待機しているだけで何もしなくても良いというとても楽なケースもあるため、転職の際は勤務内容の確認も必須です。

異業種からでも介護転職は可能

異業種からでも介護転職は可能

この記事のポイントは次のとおりです。

  • 異業種から介護職に転職する人は多い
  • スムーズな転職にはエージェントの利用がおすすめ
  • 介護職なら正社員の求人も見つかりやすい

介護職は異業種から転職する人が多い職種です。

その理由としては、人手不足のため求人の敷居が低く、未経験・無資格でも比較的簡単に正社員の求人が見つけられるという背景があります。

転職活動のストレスを軽減したいなら、手厚いサポートのあるエージェントの利用もおすすめです。

この記事で介護職への転職に関心を持たれましたら、エージェント選びから始めてみてくださいね。

-介護 転職
-,

© 2022 介護資格と転職ガイド