介護 転職

介護職への転職方法まとめ|方法から資格取得べき資格まで一挙解説

介護職への転職方法まとめ|方法から資格取得べき資格まで一挙解説

介護職への転職に関して、悩まれていませんか?

  • どのような介護転職サービスを使うべきか?
  • どんなポイントで転職先を選ぶべきか?
  • 転職するにあたって重視するべき部分は?

この記事では、介護転職に関する情報をまとめていきます。

結論、転職する際は、自身の目標や求める条件を明確にしておきましょう。

目標を明確にしておけば、自身の理想とマッチした転職方法を考えられます。

他にも「介護転職におけるQ&A」についても解説するので、参考にしてください。

ぜひこの記事を参考に、介護職の転職を成功させましょう。

シカトル

介護職への転職をするなら、介護資格は取得しておくべきです。

気になる資格がある場合は、シカトルで無料資料請求をおすすめします!

シカトルで介護資格資料を無料請求

基本的な介護職への転職方法2つ

基本的な介護職への転職方法2つ

介護職への転職は、基本的に2つのパターンがあります。

  • 求人サイトで転職先を探す
  • 転職エージェントを利用して転職先を探す

他にも、知り合いの紹介で転職するケースもありますが、知り合いの紹介はまれなケースでしょう。

求人サイトと転職エージェントでどのような違いがあるのか、以下で具体的に解説します。

求人サイトで転職先を探す

求人サイトで転職先を探す方法は、介護職経験豊富な方におすすめです。

自身でいくつかの求人を見比べて、良い待遇の事業所や職種に転職できます。

ただし、すべて自分で行わなければいけないため、多少手間がかかってしまうでしょう。

ある程度介護職の平均給料相場を理解していなければ、良い事業所を見極められません。

一定年数介護の経験があり、自身で良い求人を見つけられる方は、求人サイトを利用しましょう。

転職エージェントを利用して転職先を探す

転職自体が初めての人や、介護職への転職が初めての人は、エージェントの利用をおすすめします。

なぜなら、転職エージェントは、エージェントやアドバイザーによる転職サポートを受けられるサービスだからです。

自分にどのような仕事が合っているのか、求める待遇の求人があるか、などを相談しながら進めていけます。

また、面接対策や書類添削まで行ってくれるので、転職ノウハウがわからない方は、転職エージェントの利用が良いでしょう。

介護転職サイトの選び方まとめ

介護転職サイトの選び方まとめ

介護転職サイトを選ぶ際は、4つのポイントから選ぶと良いでしょう。

  • 好待遇の求人が多い
  • 介護に特化している
  • 職種の幅が広い
  • サポートが充実している

なぜこれらを重視して選ぶべきなのか、以下で具体的に解説します。

好待遇の求人が多い

介護転職サイトを利用する際は、求人の質を確認しておきましょう。

求人数はもちろんですが、数だけ多く好待遇の求人が少なければ、自身の求める条件の職場が見つかりません。

給料や待遇面で、どのような求人が揃っているのか、事前にいくつか見てみると良いでしょう。

また、自身に合う求人を見つけやすいか、どのような絞り込みをできるかも重要なポイントです。

介護に特化している

介護に特化している

転職サイトや求人サイトはいくつもありますが、介護職への転職なら、介護に特化したサイトを選びましょう。

介護職に特化している転職サイトであれば、細かい職種や条件で絞り込み可能です。

また、介護に関する情報も掲載されています。

介護の知識を得るためにも、介護に特化した転職サイトを選んでください。

介護の職種が幅広い

介護転職サイトは、幅広い職種を掲載しているサイトを選びましょう。

介護転職サイトのなかには、職種が偏っているサイトもあります。

好待遇の求人を見つけるためにも、選択肢は広くあった方が良いです。

ほとんどのサイトは登録せずに求人内容を確認できるので、登録前に確認しておきましょう。

サポートが充実している

サポートが充実している

介護の転職が初めての方は、サポートの充実しているサイトを選びましょう。

転職エージェントを利用するのも一つの手です。

その他にも、転職ノウハウや介護ノウハウ、転職説明会などのイベントを行っているサイトだと、より活用できるでしょう。

転職活動のためはもちろんですが、今後も使い続けられるサイトを選んでください。

介護転職の求人でチェックしておくべきポイントまとめ

介護転職の求人でチェックしておくべきポイントまとめ

介護職へ転職する際は、失敗しないために4つの条件をチェックしておきましょう。

  • 「労働時間が適しているか」
  • 「給料に満足できるか」
  • 「キャリアアップに適しているか」
  • 「人材育成に力を入れているか」

転職をするなら、現状よりもメリットのある職場を目指すべきです。

具体的にどのような条件が好ましいか、以下で解説します。

労働時間が適しているか

まずは労働時間を確認してください。

労働時間があまりにも長時間であったり短時間であったりする場合は、デメリットになります。

単純に「〇時~〇時」という記載はもちろん、休日や休憩時間についても確認しておきましょう。

また、休日をどのように取得できるか、残業はあるかなども確認しておいてください。

いざ転職したときに、労働時間の面でミスマッチがないようにしましょう。

給料に満足できるか

給料に満足できるか

転職する上で、給料の部分はとても重要です。

どれだけ働きやすく自分に合っている職種でも、給料が低ければ生活に支障をきたしかねません。

給料面は、単純な基本給から手当の種類や金額、賞与の有無など確認しておきましょう。

職種それぞれの平均給料相場を確認して、下回っていないかどうかも確認しておいてください。

キャリアアップに適しているか

長く勤めていくならば、キャリアップしやすい職場かどうかもチェックしておくべき部分です。

キャリアアップすれば、給料も高くなる傾向があります。

主にチェックしておくのは、以下の3つです。

  • 「キャリアアップ制度はあるか?」
  • 「キャリアアップに伴う役職につけるか?」
  • 「実際にキャリアップをしている人がいるか?」

今後長く介護業界で働き続けるのであれば、必ず確認しておきましょう。

人材育成に力を入れているか

人材育成に力を入れているか

人材育成に対して、どのような取り組みをしているかも確認しておきましょう。

人材育成に力を入れている職場であれば、自身のスキルや知識を磨きやすいです。

たとえば、資格取得支援や社内研修などがあるか確認しておくと良いでしょう。

また、福利厚生が充実しているかもチェックしておいてください。

介護職の転職は資格によって待遇が異なる

介護職は資格によって待遇が異なる

介護職の転職では、資格による待遇差があります。

未経験無資格で転職できないわけではありませんが、給料の差は出てしまうでしょう。

どのような差が出てしまうのか、以下で具体的に解説します。

無資格

無資格の場合は、求人の幅が限られてしまいます。

無資格でも転職できないわけではありませんが、資格がなければ転職できない職種もあるので、事前にどのような資格が必要か調べておくと良いでしょう。

また、以下のどちらかによっても待遇は異なります。

  • 無資格・未経験
  • 無資格・介護の経験あり

無資格でも、介護職の経験があれば、多少の優遇はされるでしょう。

ただし、大きな差が生まれるのは資格です。

経験がある場合でも、資格を取得しておくにこしたことはありません。

介護資格あり

介護資格あり

介護資格を取得していると、求人の幅が大きく広がります。

未経験無資格でも転職できる職場はありますが、募集要項として資格を定めている事業所も多いです。

資格は、職種によって異なるので、事前に必要資格を確認しておきましょう。

また、以下のどちらかによっても待遇は異なります。

  • 資格あり・未経験
  • 資格あり・介護の経験あり

資格を取得していて介護の経験ありの方が、当然待遇は良いです。

ただし、未経験でも資格の種類によっては好待遇になる可能性があります。

経験年数よりも資格による待遇の差が大きいと考えておきましょう。

介護職の転職で取得しておきたい資格まとめ

介護職の転職で取得しておきたい資格まとめ

介護職の転職では、資格の有無が大きく関係します。

一つ資格を取得しておけば転職に有利に働くので、資格取得は検討しておいた方が良いでしょう。

そこで、取得しておきたい資格3つを解説します。

  • 介護職員初任者研修
  • 介護実務者研修
  • 介護福祉士

それぞれの資格の特徴や資格取得難易度について解説します。

介護職員初任者研修

介護職員初任者研修は、介護の基本資格と言われています。

試験はなく、研修を受けるだけで資格取得可能なので、まず始めに取得しておきたい資格です。

研修期間は合計で130時間、通信講座もありますが、修了するためには通学も必要になります。

働きながらでも取得可能ですが、転職前に取得しておくと転職しやすくなるでしょう。

介護職員初任者研修の取得難易度については、コチラで解説しています。

介護実務者研修

介護実務者研修

介護実務者研修は、介護実務者研修の一つ上の資格と考えてください。

研修のみで取得できますが、450時間もの研修を受けなければいけません。

また、介護実務者研修と同様、通学講座も必要です。

介護職員初任者研修を取得していれば、いくつかの研修が免除になるので、介護職員初任者研修を先に取得しておくと良いでしょう。

実務者研修を取得している方は少ないので、確実に転職で有利になるでしょう。

実務者研修の取得難易度については、コチラで解説しています。

介護福祉士

介護福祉士は、介護における国家資格です。

国家資格であるため、確実に重宝される存在になります。

給料アップや今後のキャリアップ、転職の幅も一気に広がるでしょう。

ただし、介護福祉士には、実務経験や他資格の取得など、受験資格があります。

試験難易度はそこまで高くないので、今後のために取得を検討しておきましょう。

介護福祉士の合格基準についてはコチラで解説しています。

ケアマネージャー

ケアマネージャー

介護の施設管理者を目指すなら、ケアマネージャーを取得しておきましょう。

ケアマネージャーは、ケアプランの作成やサービス事業者との調整を行う職種です。

ただし、ケアマネージャーの資格取得には、以下の要件を満たしていなければいけません。

  • 生活相談員・支援相談員・相談支援専門員・主任相談支援員での業務経験5年以上
  • 国家資格に基づく実務経験が5年以上

受験資格のハードルが厳しいため、取得しにくい資格です。

しかし、その分ケアマネージャーの資格を取得している人は少ないので、重宝される存在になります。

介護の転職Q&Aまとめ

介護の転職Q&Aまとめ

介護転職におけるQ&Aを解説します。

介護の転職で、主にある疑問点として、以下3つを用意しました。

  • 「介護の転職における面接対策は?」
  • 「どのような介護転職エージェントを利用するべきか?」
  • 「どのような介護求人サイトを選ぶべきか?」

それぞれの疑問点について解説するので、参考にしてください。

介護の転職における面接対策は?

介護の転職における面接対策としては、以下の4つを考えておきましょう。

  • 転職理由
  • 履歴書の書き方
  • 志望動機
  • 服装

それぞれは、介護職に限らず、どんな職種においても注意しておくべきポイントです。

基本的には、失礼のないよう、前向きで誠実な対応を心がけてください。

具体的な内容に関しては、以下で解説しています。

どのような介護転職エージェントを利用するべきか?

どのような介護転職エージェントを利用するべきか?

介護に特化した転職エージェントサービスは、いくつもあります。

目指す職種や取得している資格によって、向き不向きがあるので、事前にどのような職種に特化しているのか確認しておくと良いでしょう。

また、いくつかの転職エージェントを併用して利用する方法も良いです。

おすすめの転職エージェントについては、コチラで解説しています。

どのような介護求人サイトを選ぶべきか?

介護求人サイトも、介護転職エージェントサービス同様、向き不向きがあります。

「どのような求人サイトを選ぶべき」というよりも、いくつかのサイトを比較して、自身に合ったサイトを見つけると良いでしょう。

主な比較ポイントは、以下の3つです。

  • 求人数が多い
  • 口コミ評価が高い
  • 利用しやすい

介護求人サイトの比較や選び方に関しては、コチラで解説しています。

満足できる介護職への転職を目指しましょう

満足できる介護職への転職を目指しましょう

介護職へ転職をするなら、失敗しないように目的や目標を明確にしておきましょう。

目的や目標を明確にしておけば、どのような資格が必要で、どのような転職サイトを使うべきか、決めやすくなります。

たとえば、管理職を目指すなら転職より先に資格取得を目指すべきですし、職種を変えずに好待遇を考えるなら求人検索を優先した方が良いです。

今回の記事を参考に、失敗しない介護職への転職を目指してください。

シカトル

介護職への転職をするなら、介護資格は取得しておくべきです。

気になる資格がある場合は、シカトルで無料資料請求をおすすめします!

シカトルで介護資格資料を無料請求

-介護 転職
-, , , , , , , , ,

© 2021 介護資格・お仕事ガイド