訪問看護

訪問看護の転職事情について解説!看護と介護の違いとは?

訪問看護 転職

訪問看護の転職事情はどうなっているでしょうか?

この記事では、訪問看護の仕事内容や訪問看護の転職事情について解説していきます。

混合されやすい訪問看護と訪問介護の違いについて、分かりやすく解説。

また、介護職における看護との関わりについても紹介します。

訪問看護の転職事情についても紹介するので、訪問看護の仕事内容を理解して転職活動を検討してみてください!

訪問看護の転職事情

訪問看護 転職

訪問看護の仕事は専門性が高く、社会的にも非常に重宝されています。

仕事内容や訪問介護で働くメリットやデメリットなどを紹介します。

似たサービスに訪問介護というものがありますが、訪問看護と訪問介護の違いについても確認していきましょう。

訪問看護とは?

訪問看護とは、利用者の自宅を訪問して看護サービスを行うこと。

訪問看護と似たサービスに、訪問介護というサービスがありますが、訪問看護は看護を目的とします。

看護は医療行為であるため、医師の指示に基づいて看護を実施します。

医療機器などの扱いをするため、機器の扱いなどにも長けていなければなりません。

訪問看護の社会的需要

高齢化が進む日本社会において、訪問看護の需要は着実に高まっています。

転職市場でも看護師の資格を持っていれば、様々な企業から需要がある人気の仕事といえるでしょう。

看護と介護の違い

訪問看護 転職

「看護」と「介護」、似た響きの持つ言葉ですが両者の持つ意味は異なります。

両者は高齢者の方や病気・怪我等で苦しむ人をサポートすることが共通していますが、サービス内容などに違いがあります。

看護とは医療行為の一環であり、病気や怪我をすることが目的です。

介護とは、日常生活を安心に送れるようにサポートすることが目的であり、医療行為ではありません。

  • 看護:病気や怪我の治療をする
  • 介護:日常生活を安心に送れるようにサポートする

サービス内容の違い

介護サービスはサービス利用者の日常生活をサポートすることがサービス内容です。

一方で、看護サービスはサービス利用者の治療をサポートすることを目的としています。

また、看護師は医師の指示に基づき医療行為が認められています。

介護士は一部を除いて医療行為が認められないため、許可なしに医療行為を行えません。

このように、介護や看護には細かいところでサービス内容に違いがあるのです。

資格の違い

看護の仕事で特徴なのは公的な資格が多いことです。

看護に必要な「看護師」などは国家資格であり、難関の試験をパスしなければ看護の仕事を務められません。

介護に関する資格も「介護福祉士」という国家資格がありますが、多くの資格は公的資格となっています。

看護の仕事は医療行為であり、高度な国家資格が必要であるのに対して、介護の仕事は必ずしも資格を必要としません。

このように、資格によって違いがあるのも介護と看護の違いになります。

訪問看護の仕事内容

訪問看護 転職

訪問看護はどんな仕事をしているでしょうか?

訪問看護とはサービス利用者の自宅を訪問して看護サービスを行う仕事です。

具体的な例を挙げながら確認していきましょう。

訪問看護の働く場所

訪問看護はサービス利用者の自宅を訪問して仕事をするため、利用者の自宅に移動してサービスを行うことが多くなります。

訪問看護の受付は医療機関や訪問看護センターで行っており、利用者の自宅を訪問して看護サービスを行います。

訪問看護の目的はサービス利用者に寄り添って健康に導くことです。

また、医師など他の職種の人とも適切なコミュニケーションをとりながら進める必要があるため、高度なコミュニケーションスキルやビジネススキルが必要とされます。

訪問看護のサービス内容

訪問看護 転職

訪問看護のサービス内容は、医師の診察などをサポートすることで患者の治療に役立てることです。

具体的には、問診や注射など、医療機器を活用して治療行為を行います。

医師との連携や患者のケアなど様々なコミュニケーションが必要となるため、医療に関する知識だけでなくコミュニケーション能力も必要となる仕事です。

  • 問診
  • 療養生活支援・相談
  • 点滴・注射・採血など

訪問看護のメリット

訪問介護では利用者の自宅を訪問するため、個別にオーダーメイドしたサービスを行えます。

個別にサービスを行うため、利用者に寄り添ったサービスを提供可能です。

また、診療所によっては直行直帰などを行えるため、ライフワークバランスに考慮した働き方ができます。

患者の距離も近いため、丁寧なサービスを行えるでしょう。

訪問看護のデメリット

訪問介護では個別に自宅訪問するため、イレギュラー対応などが求められることもあります。

また、訪問看護をしている際は他の患者への対応が難しく、移動などの時間もとられてしまいます。

そのため、訪問看護に要する時間のマネジメントや人員配置などを考えなければなりません。

訪問看護の転職に使える資格を紹介!

訪問看護 転職

訪問看護の仕事を行うためには一定の資格が必要です。

医療行為を行うためには相当の医療知識が必要になり、難関の試験を合格しなければなりません。

人の命を預かる大切な仕事であるため、社会的な価値も高い資格といえるでしょう。

看護師

公益社団法人「日本看護協会」:https://www.nurse.or.jp/aim/nursing.html

看護師は保健師助産師看護師法に基づいた国家資格です。

「人を看る」という看護師独自の視点で患者の生命や健康をサポートします。

病院や診療所だけでなく、訪問看護など様々な場面で活躍できる資格です。

看護師になるには?

看護師になるためには法律で定められた教育を受けて、必要な国家資格に合格しなければなりません。

看護師の教育を受けるためには、4年制の大学や短期大学、看護師養成所などで集中的に教育を受ける必要があります。

看護の仕事は人の命を預かる仕事であり、責任感と共に複雑な看護に対する知識や実習経験が必要になります。

難関の国家資格に合格しなければ看護師になれないため、看護師になるには相当の勉強や学費がかかるといえるでしょう。

  • 看護大学(4年制)
  • 看護短期大学(3年)
  • 看護師養成所(3年)

看護師の年収は?

看護師の平均年収は450~500万円ほどといわれています。

一般的な給与水準と比べても高いものであり、社会的に価値のある仕事だけに高水準の年収です。

サービス自体への需要も高く、仕事に困るということは少ないでしょう。

准看護師

訪問看護 転職

https://www.nurse.or.jp/aim/jyunkan/index.html

准看護師は看護師に准ずる資格です。

看護師が厚生労働省が管轄する国家資格であるのに対し、准看護師は都道府県が管轄する公的資格という位置づけになります。

主に医師や看護師の指示に基づいて看護サービスを行う仕事です。

看護師よりも業務内容に制限がありますが、看護師よりも取得にかかるハードルやコストが低いため、准看護師を目指されるという方も多いです。

助産師

助産師は出産の介助をはじめ、出産に至るまでの妊産婦に対するケアを行います。

また、産後の母子のケアなども行い、女性の生涯をサポートするという役割も担っています。

幅広い仕事があるのが助産師の仕事です。

保健師

訪問看護 転職

保健師は人々が健康な生活を行えるように保健活動をサポートする仕事です。

保健センターなどの公的施設で検診を行うなど、地域住民の方に健康をサポートします。

また、企業に勤めて従業員の健康をサポートするという働き方もあります。

介護福祉士

介護福祉士は介護に関する国家資格です。

先に紹介したように、看護と介護ではサービス内容が異なりますが、サービス利用者をサポートするという意味で共通することはたくさんあります。

介護福祉士では介護サービスや社会福祉などに関わる知識を身に着けられます。

介護のプロフェッショナルとして、看護の仕事に貢献できるでしょう。

資格サービスを活用する

看護や介護の資格を取得するには資格サービスの利用をおすすめ!

資格を取得することで、キャリアアップのチャンスが生まれます。

また、転職市場でも高い評価を受けられるため、積極的に資格を取得してスキルアップを目指しましょう。

シカトル

シカトル

シカトルで自分に合った資格サイトを探す

「シカトル」は介護・医療の資格に特化した資格サービス。

様々な資格スクールから自分に合ったスクールを選べます。

訪問看護で転職するには?

訪問看護 転職

訪問看護の仕事で転職するには転職エージェントを利用がおすすめ!

転職エージェントを上手く活用することで、転職に必要な情報を収集できます。

転職エージェントのサービス内容や、上手な使い方を見ていきましょう。

転職エージェントを活用する

転職エージェントとは、転職希望者と採用企業を仲介する人材紹介業者のこと。

転職活動をする際に必要な情報を効率よく集められるほか、転職面接のアドバイスを受けられます。

転職エージェントを上手く活用することで、効率的に転職活動を進められるでしょう。

転職エージェントのサービス内容

訪問看護 転職

転職エージェントのサービス内容は以下の通りです。

転職エージェントは転職希望者を円滑に転職を実現させることを目的としており、転職に必要な情報を集められます。

また、書類添削や面接対策など、転職活動で困りがちなこともサポートしてくれるため、転職エージェントを上手に活用することで転職活動を成功させられるでしょう。

  • 求人の紹介
  • 非公開求人の紹介
  • 書類添削や面接対策
  • 入社条件の交渉
  • 利用料は無料!
求人の紹介

転職エージェントを活用することで求人の紹介を受けられます。

看護や介護の仕事は人手が足りていないということが多く、積極的に採用を行っている企業の情報を得られます。

非公開求人の紹介

転職エージェントでは一般には公開されていない非公開求人を入手可能。

非公開求人とは、ハローワークなどに公開されていない特別な求人のこと。

高スキルの人材を求めているため、高年収など特別な条件で転職を実現できるでしょう。

書類添削や面接対策

履歴書・職務経歴書などの添削を受けられます。

書類添削を受けることで、転職をする際に書類選考を通過する確率を高めることが可能に。

高レベルのスキルを持っていても、書類や面接などで上手く表現できなければ採用とはなりません。

書類添削や面接対策などを行ってアピールをしていきましょう。

入社条件の交渉

転職エージェントでは入社条件の交渉をしてくれます。

年収の交渉から、残業時間など労働面の交渉を行ってくれるため、有利に転職活動を進められるでしょう。

利用料は無料!

便利な転職エージェントですが、ほとんどすべての機能が無料で使えます!

というのも、転職エージェントは転職を成功させることで、企業から人材紹介の手数料を受け取っているためです。

転職エージェントのサービスを最大限に利用して、転職活動を成功させましょう。

マイナビ看護師

マイナビ看護師

マイナビ看護師で転職活動

「マイナビ看護師」はマイナビグループの転職サービス。

看護師の求人に特化した転職エージェントで、様々なサポートを受けながら転職活動を進められます。

マイナビグループは人材紹介業の大手であり、大手ならではのノウハウを活かした様々なサポートを実施します。

転職活動で困ったことがあっても、専門のアドバイザーが徹底サポート。

安心して転職活動を進められるサービスです。

e介護転職

e介護転職

e介護転職で転職活動

「e介護転職」は医療・介護専門の転職サービス。

会員登録するとスカウト機能として求人案内が届くなど、便利な機能が充実しています。

転職活動に役立つ情報を集められるため、積極的に利用していきましょう。

ジョブメドレー

ジョブメドレー

ジョブメドレーで転職活動

「ジョブメドレー」は医療介護従事経験者が運営する転職サービス。

医療介護分野で充実の求人数があり、訪問看護の求人を見つけられるでしょう。

キャリアサポートも充実しており、様々な条件から理想の転職を実現させてください。

訪問看護の仕事を理解して転職活動をしよう!

訪問看護 転職

訪問看護の仕事内容や転職事情について見ていきました。

訪問看護はやりがいのある仕事で、転職をする際も多くの人が注目している転職市場です。

看護師になるためには相当の努力や時間が必要ですが、社会から必要される仕事であり、やりがいのある仕事です。

看護師は医師や介護士など、他の職種とも連携するため、広範な知識やコミュニケーション能力が必要。

看護の転職なら看護専門の転職サービスがおすすめ!

転職サービスや転職エージェントを上手く活用することで、希望の転職活動を実現できます。

訪問看護の仕事を理解して、充実した転職活動を実現させましょう!

-訪問看護
-,

© 2021 介護資格・お仕事ガイド