訪問看護

訪問看護の転職事情について解説!看護と介護の違いとは?

訪問看護の転職は訪問看護ステーションがおすすめ|メリットや必要資格まで解説

訪問看護への転職を考えていませんか?

この記事では、訪問看護の仕事内容や訪問看護の転職事情について解説していきます。

結論、訪問看護への転職はおすすめです。

医療施設での勤務と比べて、メリットややりがいも多く、給料も比較的高い傾向にあります。

他にも「訪問看護に必要な資格」や「訪問看護のメリットデメリット」についても解説。

ぜひ今回の記事を参考に、訪問看護への転職を成功させてください。

また「訪問看護の仕事内容」に関しては、こちらで解説していますのでぜひ確認してみてくださいね。

訪問看護の転職におすすめの転職エージェント

  1. マイナビ看護師|訪問看護ステーションの求人9,994件
  2. e介護転職|訪問看護に関する求人13,279件
  3. ジョブメドレー|訪問看護ステーションの求人5,615件

訪問看護とは

訪問看護とは

訪問看護とは、利用者の自宅を訪問して看護を行うサービスです。

訪問看護と似たサービスに、訪問介護というサービスがありますが、訪問看護は看護を目的とします。

看護は医療行為であるため、医師の指示に基づいて看護を実施。

医療機器などの扱いをするため、機器の扱いなどにも長けていなければなりません。

2種類の訪問看護

訪問看護には、2種類あります。

1つは病院や診療所が実施しているもの、2つ目は独立した形態で、訪問看護ステーションが実施しているもの。

それぞれの違いは、以下の通り。

  • 病院・診療所の実施する訪問看護…医療機関で受診している患者に限定するため、かかりつけ医の訪問看護を受けられる
  • 訪問看護ステーション…主治医は限定されないため、かかりつけ医がいなくても訪問看護を受けられる

どちらの方が良いという比較はありませんが、近年増えているのは訪問看護ステーションです。

ホスピスとは

ホスピスとは

ホスピスのなかにも、訪問看護の仕事があります。

ホスピスは、末期がんや重い病気などの患者に対して緩和ケアを行う施設で、在宅ホスピスと呼ばれる訪問サービスがあるのです。

在宅ホスピスでは、医師や訪問看護師が患者の自宅を訪れて緩和ケアを行います。

ただし、在宅ホスピスを行う場合は、主治医やケアマネージャーの承諾が必要です。

訪問看護の転職事情

訪問看護の転職事情

訪問看護は、高齢化が進む日本社会において、着実に需要が高まっています。

特別養護老人ホームや有料老人ホームが増えるなか、訪問サービスの需要が高まっているのは、在宅で生活を続けたい方が一定数いるからです。

そのため、国としても在宅支援の必要性を訴えており、訪問看護の存在は大きくなっています。

とくに需要が高いのは、病院の訪問看護ではなく、訪問看護ステーションです。

以下では、訪問看護ステーションをおすすめする理由や、訪問看護ステーションが求める人材について解説します。

訪問看護師の転職なら訪問看護ステーションがおすすめ

訪問看護師の転職なら訪問看護ステーションがおすすめ

訪問看護師なら、病院ではなく、訪問看護ステーションをおすすめします。

訪問看護ステーションの主な特徴は、以下の3つです。

  • 利用者の生活に寄り添える
  • 書類業務が少ない
  • 転職しやすい

病院の訪問看護は、あくまで病院での仕事がメインになります。

一方で、訪問看護ステーションは訪問看護に特化したサービスであるため、病院とは異なる働き方ができるのです。

以下で、訪問看護ステーションの転職事情について解説します。

訪問看護ステーションで求められる資格

訪問看護ステーションで求められる資格は、以下の4つです。

  • 看護師
  • 准看護師
  • 保健師
  • 助産師

いずれかの資格を取得していると、訪問看護師として転職しやすいです。

さらに、病院勤務していた看護師は、訪問看護師として優遇されます。

病院勤務経験のある看護師は、即戦力として扱われるので、訪問看護師として転職しやすいでしょう。

ブランクがある場合の転職

看護師としてブランクがある場合でも、訪問看護師として転職はできます。

訪問看護師に求められるのは、精神的なケアや観察力です。

即戦力となるのはもちろん重要ですが、最も重要なスキルは柔軟な対応力になります。

そのため、多少のブランクがあっても、転職は可能なのです。

訪問看護の仕事内容

訪問看護の仕事内容

訪問看護の仕事内容は、多岐にわたります。

医師の指示のもとケアを行うため、医療施設内での仕事とは異なるからです。

訪問看護の仕事内容を、以下にまとめました。

仕事内容 具体的な内容
健康状態の観察 体温・血圧・脈拍・血糖値などの測定など
医療処置 医師の指示に従い、点滴・カテーテル管理・インスリン注射・服薬管理・在宅酸素・人工呼吸器等の医療機器の管理 など
日常生活のサポート 栄養管理・食事介助・入浴介助・排泄介助・体位変換・移乗のサポートなど
緩和ケア 痛みなどの症状をやわらげるためのケア
認知症ケア 認知症による事故防止・認知症介護の相談やアドバイス
リハビリ 身体機能回復のためのリハビリなど
ご家族のケア 看護・介護に関する相談やアドバイス
報告書の作成 カルテの管理・日常的な訪問記録の作成など
その他 営業活動・自動車のメンテナンスなど

医療サポートに加えて、観察や書類の作成、車のメンテナンスまで行う必要があります。

訪問看護に転職する2つのメリット

訪問看護に転職する2つのメリット

訪問看護では、医療施設で働く場合とまったく異なるメリットがあります。

主なメリットは、以下の2つです。

  • 利用者と向き合える
  • 時間の融通が利く

なぜそれぞれのメリットを感じられるのか、以下で解説します。

利用者と向き合える

訪問看護は、利用者と向き合いたい方におすすめの職種です。

利用者の自宅に行って1対1で話ができるので、しっかり関われるでしょう。

医療施設での看護の場合、1人の利用者に対して多くの時間を割くのは難しいです。

1対1でゆっくり向き合えるのは、訪問看護ならではのメリットと言えます。

時間の融通が利く

訪問看護は、柔軟な働き方のできる職種です。

基本的に夜勤がなく、直行直帰も可能。

さらに、土日休みの事業所も多いため、主婦の方でも働きやすいでしょう。

医療施設の看護師となると、夜勤や週末勤務があるため、訪問看護の働きやすさは大きなメリットです。

訪問看護2つのデメリット

訪問看護2つのデメリット

訪問看護には、デメリットもあります。

主なデメリットは、以下の2つです。

  • オンコール対応
  • 移動の手間がかかる

なぜそれぞれのデメリットが発生するのか、以下で解説します。

オンコール対応

オンコール対応とは、緊急時呼ばれた際に駆け付ける対応です。

担当としている日には、いつ何時でも駆け付けられるようにしなければいけません。

訪問看護に夜勤はありませんが、オンコール対応は大きなデメリットに感じられるでしょう。

ただし、事業所によってどのような体制かは異なるので、事前に確認しておいてください。

移動の手間がかかる

訪問看護は、名前の通り「訪問」しなければいけません。

そのため、移動の手間がかかります。

移動するとなれば、自動車のメンテナンスを行わなければいけませんし、悪天候の日には移動が大変です。

病院勤務であればかからない手間なので、一つ苦労が増えてしまいます。

訪問看護の転職に使える資格

訪問看護の転職に使える資格

訪問看護の仕事を行うためには一定の資格が必要です。

医療行為を行うためには相当の医療知識が必要になり、難関の試験を合格しなければなりません。

必要とされる資格は、以下の4つです。

  • 正看護師
  • 准看護師
  • 助産師
  • 保健師

それぞれの資格について、以下で解説します。

正看護師

正看護師

看護師は、保健師助産師看護師法に基づいた国家資格です。

「人を看る」という看護師独自の視点で患者の生命や健康をサポートします。

病院や診療所だけでなく、訪問看護など様々な場面で活躍できる資格です。

正看護師の資格を取得していれば、ほぼ確実に訪問看護師へ転職できるでしょう。

准看護師

准看護師は看護師に准ずる資格です。

主に医師や看護師の指示に基づいて看護サービスを行います。

看護師が厚生労働省が管轄する国家資格であるのに対し、准看護師は都道府県が管轄する公的資格という位置づけです。

看護師よりも業務内容に制限がありますが、取得にかかるハードルやコストが低いため、准看護師を目指されるという方も多くいます。

訪問看護師に転職する場合は、准看護師でも十分優遇されるでしょう。

助産師

助産師

助産師は出産の介助をはじめ、出産に至るまでの妊産婦に対するケアを行います。

また、産後の母子のケアなども行い、女性の生涯をサポートするという役割も担う仕事です。

訪問看護においても、産前・産後の母子の支援を行います。

対象者が限られてしまうものの、訪問看護において必要な資格です。

保健師

保健師は人々が健康な生活を行えるように保健活動をサポートする仕事です。

保健センターなどの公的施設で検診を行うなど、地域住民の方に健康をサポートします。

医療的なサポートというよりは、保健指導や健康管理がメインです。

訪問看護では、主に必要なケアやリハビリを行います。

訪問看護への転職なら資格取得を検討しましょう

シカトル

訪問看護への転職を目指すなら、事前に資格を取得しておきましょう。

資格を取得しておけば、転職に有利になりますし、今キャリアアップのチャンスも生まれます。

どのような資格を取得するべきか、どこで資格を取得するべきか悩んだ場合には、ぜひ「シカトル」を利用してください。

「シカトル」は介護・医療の資格に特化した資格サービスです。

資料請求は無料なので、まずは資格を知る段階から始めてみましょう。

シカトルで無料資料請求

訪問看護に転職するなら転職エージェントがおすすめ

訪問看護に転職するなら転職エージェントがおすすめ

訪問看護の仕事で転職するなら、転職エージェントの利用をおすすめします。

転職エージェントは、求人を紹介してくれるだけではなく、転職活動のサポートをしてくれるサービスです。

転職活動が初めてだったり、ブランクがあって不安があったりする場合には、強い味方になります。

以下でサービス内容を解説するので、ぜひ利用してみてください。

転職エージェントのサービス内容

転職エージェントのサービス内容は以下の通りです。

  • 求人の紹介…公開求人の他、会員にしか紹介されない非公開求人を紹介してもらえる
  • 書類添削…履歴書や職務経歴書の添削を受けられる
  • 面接対策…面接でアピールするべきポイントや話し方・マナーについて教えてもらえる。エージェントによっては面接同行も可能
  • 条件交渉…入社後の給与や残業時間などの交渉を代わって行ってくれる

転職活動におけるすべてのサポートを行ってくれるため、転職が初めての方でも安心して活動できます。

また、転職エージェントのほとんどは無料です。

そのため、いくつかの転職エージェントに登録しておいても良いでしょう。

訪問看護の転職におすすめの転職サービス

訪問看護の転職におすすめの転職サービス

訪問看護の転職におすすめの転職サービスを紹介します。

以下で紹介する3つの転職サービスは、訪問看護に関する求人が多いです。

転職活動をする際の、参考にしてください。

訪問看護の転職におすすめの転職エージェント

  1. マイナビ看護師|訪問看護ステーションの求人9,994件
  2. e介護転職|訪問看護に関する求人13,279件
  3. ジョブメドレー|訪問看護ステーションの求人5,615件

以下で、それぞれの特徴を解説します。

ぜひ、自身に合った事業所を見つけてください。

マイナビ看護師|訪問看護ステーションの求人9,994件

マイナビ看護師

「マイナビ看護師」はマイナビグループの転職サービスです。

大手のマイナビが運営しているだけあり、訪問看護ステーションの求人は9,994件もあります(2021年12月現在)。

また、転職エージェントが転職活動をサポートしてくれるので、初めて転職する方でも安心。

サポート重視で決めるなら、マイナビ看護師をおすすめします。

マイナビ看護師で訪問看護の求人を探す

e介護転職|訪問看護に関する求人13,279件

e介護転職

「e介護転職」は医療・介護専門の転職サービスです。

訪問看護に関する求人は、訪問介護・訪問看護・訪問入浴・訪問リハビリなど細かく分かれており、合計の求人数は13,279件(2021年12月現在)。

会員登録するとスカウト機能として求人案内が届くなど、便利な機能が充実しています。

圧倒的な求人数なので、多くの求人から自身で転職を進めたい方におすすめです。

e介護転職で訪問看護の求人を探す

ジョブメドレー|訪問看護ステーションの求人5,615件

ジョブメドレー

「ジョブメドレー」は医療介護従事経験者が運営する転職サービスです。

ほぼすべての医療介護求人を取り扱っており、2021年12月現在では30万件以上の求人を保有しています。

訪問看護ステーションの求人は5,615件ではあるものの、決して少ない数ではありません。

ジョブメドレーから応募した際には、事業所に直接メールが届くので、面接までのスピードが速いです。

できるだけ早めに転職を決めたい方は、ジョブメドレーを利用してみましょう。

ジョブメドレーで訪問看護の求人を探す

訪問看護の仕事を理解して転職活動をしよう!

訪問看護の仕事を理解して転職活動をしよう!

訪問看護は、看護業界で注目されている職種です。

比較的時間の融通が利きやすい上に給料も高いので、看護師としてメリットの多い働き方と言えるでしょう。

また、利用者と向き合えるため、看護師ならではのやりがいも感じられます。

ぜひ今回の記事を参考に、訪問看護師への転職を成功させてください。

訪問看護の転職におすすめの転職エージェント

  1. マイナビ看護師|訪問看護ステーションの求人9,994件
  2. e介護転職|訪問看護に関する求人13,279件
  3. ジョブメドレー|訪問看護ステーションの求人5,615件

-訪問看護
-,

© 2022 介護資格と転職ガイド