終活ライフケアプランナー

【2021年最新版】終活ライフケアプランナーとは?業務内容や資格などについて徹底調査!

終活ライフケアアドバイザー

「終活ライフケアプランナーの業務内容とは?」

「終活ライフケアプランナーの資格って難しいの?」

介護業界で終活ライフプランナーとして働きたい人は、終活ライフケアプランナーの業務内容や資格取得方法を知りたいことでしょう。

この記事では、終活ライフケアプランナーの業務内容や資格などについて紹介します。

おすすめの終活ライフケアプランナーの資格取得サービスについても解説します。

今回紹介することを読んで、終活ライフケアプランナーを目指す上で役立てていただければ幸いです。

また「ケアストレスカウンセラー」についても知りたい方は、こちらにて解説を行なっています。

ユーキャン

終活ライフケアプランナー資格取得に有利になる終活アドバイザー講座を受講するなら、ユーキャンがおすすめです。

お客様満足度87.7%と一人ひとりに合わせて充実したサポートを受けることが可能です。

ユーキャンで終活アドバイザー講座を受講する

 

終活ライフケアプランナーとは

終活ライフケアプランナーとは

終活ライフケアプランナーとは、高齢者に対して終活に関わるアドバイスやサポートを行う職業を指します。

具体的な終活ライフプランナーの業務内容は、主に以下3つです。

  • 終活での問題解決を行う
  • 終活の進め方のアドバイス
  • エンディングノートの書き方のサポート

それぞれについて、特徴を踏まえて解説していきます。

終活での問題解決を行う

終活は、健康面の問題やお金の問題など専門的な知識が必要です。

そのような問題に対して、終活ライフケアプランナーはさまざまな専門と協力をしてサポートを行います。

しかし、終活ライフケアプランナーは民間資格なので、法的な手続きや書類を作成することはできません。

終活の進め方のアドバイス

終活の進め方のアドバイス

一人ひとりの悩みや要望に答えながら、最適な終活の進め方ができるようにサポートを行います。

実際、日本は少子高齢化が進んでおり、終活について不安に思っている方も多いと言えるでしょう。

具体的なアドバイスとしては、以下の通りです。

  • 終活の概要説明
  • 介護方法
  • 遺言書の作成
  • お墓の紹介
  • 葬儀の基礎知識

終活ライフケアプランナーは、終活全般に関わるアドバイスやサポートを行い、終活のスペシャリストとして扱われます。

エンディングノートの書き方のサポート

エンディングノートは、今までの人生で培ってきた財産の整理を行い、家族や孫にメッセージを残して残りの人生が悔いのないようにするノートのことを指します。

書き方や内容に決まった形がないため、自分自身が納得がいく終活プランを立てることができるでしょう。

高齢者がエンディングノートを作成する際には、悲観的にならないように丁寧にサポートを行うことが求められます。

終活ライフケアプランナー資格について

終活ライフケアプランナーの資格とは

終活ライフケアプランナーの資格は、以下の目的としています。

終活を行なう方を支援するために有するべき理論および技能知識の程度を審査し、証明することにより、職業能力の向上と社会的経済的地位の向上に資することを目的とします。

引用元:終活ライフケアプランナー|一般財団法人 日本能力開発推進協会

終活に関わるアドバイスやサポートを行える専門的なスキルを保有していることを証明することができます。

下記にて終活ライフケアプランナーの資格について、詳しく見ていきましょう。

これから終活ライフケアプランナーの資格取得を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

受験概要

終活ライフケアプランナーの受験概要は、以下の通りです。

試験合格後に付与される称号 終活ライフケアプランナー資格
技能審査の対象 終活に関する基礎知識、終末期ケアに関する基礎知識及び終活業務に関する職業能力を審査の対象とする
試験日程・会場 カリキュラム終了後、随時、在宅にて受験可能
受験資格 一般財団法人 日本能力開発推進協会が指定の指定教育機関等が行う教育訓練において、その全カリキュラムを修了した者
受験料 5,600円(税込)
試験申込・合否の判定・通知 認定教育機関での全カリキュラムを修了後、協会ホームページの『検定試験申込』にて、必要記載事項を入力しお申込のうえ、認定校の教材に同封の振込用紙にて受験料を支払う。
「認定教育機関での課題修了確認、協会ホームページからの『検定試験申込』、受験料のお支払い」すべてが確認でき次第、試験問題の発送を行います。
合否判定は得点率70%以上を合格とし、合否結果は答案受付後、約1ヶ月で送付します。

引用元:終活ライフケアプランナー|一般財団法人 日本能力開発推進協会

学習内容

学習内容

終活ライフケアプランナー資格の学習内容は、主に以下3つです。

  • 就活ライフケアプランナーの活動内容
  • 終活の基礎知識
  • 終末期ケア医療

上記のように、終活ライフケアプランナーは、幅広い知識が求められる職業と言えるでしょう。

それぞれの学習内容について、特徴を踏まえて解説します。

終活ライフケアプランナーの活動内容

終活ライフケアプランナーの活動内容は、資格を取得後にどのようにして活動を行なっていくのかを学習します。

資格を取得しても活用の仕方が分からないという方も多い傾向と言えるでしょう。

終活に関わるセミナーを開催したり、集客方法や顧客情報管理などの学ぶことが可能です。

終活ライフケアプランナーとして働く具体的なイメージを掴むことが重要と言えます。

終活の基礎知識

終活の基礎知識

終活ライフケアプランナーは、終活の基礎知識を学習して、高齢者に対して的確にアドバイスやサポートをすることが求められます。

財産の相続や医療、介護などについて学習を行います。

基礎的な知識の他には、一人ひとりの要望に答えるために、専門的な知識が必要にある場合もあります。

終末期ケア医療

終末期ケア医療は、病気や加齢などの要因によって、死についてしっかりと向き合えるようにアドバイスやサポートを行います。

死への不安を持っている方は多いため、相談者が不安に思っていることを読み取って精神的なサポートを行うことが求められます。

残された人生を有意義に過ごすために業務を行うため、終活ライフケアプランナーとしてやりがいを思っている方も多い傾向です。

試験難易度

終活ライフケアプランナー試験の難易度は正式に公表されていませんが、しっかりと基礎学習をすることで、合格を狙えると言えるでしょう。

試験の得点率が70%以上であれば合格することが可能です。

実際に、終活ライフケアプランナー試験内容は、幅広い知識が求められるため、決して簡単な試験ではありません。

しかし、教材を見ながら在宅で試験を受けることができるため、一つひとつの問題を確実に解くことが求められます。

終活ライフケアプランナー資格取得するまでの流れ

終活ライフケアプランナー資格取得するまでの流れ

終活ライフケアプランナー資格の取得するまでの流れは、以下の通りです。

  1. 終活ライフケアプランナー養成講座の受講申込みをする
  2. 約3ヶ月間終活ライフケアプランナー養成講座を受講する
  3. 終活ライフケアプランナー養成講座の全カリキュラムを修了する
  4. 日本能力開発推進協会のホームページから検定試験を申し込む
  5. 終活ライフケアプランナー検定試験を受験する
  6. 終活ライフケアプランナーの資格取得

上記のように終活ライフケアプランナーの資格取得するためには、流れとして特に難しくありません。

終活ライフケアプランナー検定試験を受験するためには、キャリアカレッジが開講している終活ライフケアプランナー養成講座の全カリキュラムを修了することが必須条件です。

以下にて詳しく解説します。

終活ライフケアプランナー養成講座のカリキュラム内容

終活ライフケアプランナー養成講座のカリキュラム内容

終活ライフケアプランナー養成講座は、1ヶ月ごとのカリキュラムに分かれており、合計3ヶ月の養成講座を受講します。

具体的な1ヶ月ごとの終活ライフケアプランナーの養成講座については、以下の通りです。

期間 カリキュラム内容
1ヶ月 ・終活とは
・終活が必要になったわけ
・終活を始めるタイミング
・エンディングノート
・医療の希望
・介護について
・家系図の必要性
・遺言書の作成
・財産の整理
・相続税について
・葬儀について
・お墓について
・公的年金の仕組み
2ヶ月 ・終末期ケアと死生観
・ホスピス運動
・死を見つめることの意味
・尊厳死について
・自殺について
・グリーフケア
・スピリチュアルケア
・ライフサイクル論
・前世や来世という観点
・死に間際と死後の流れ
・現場教育
3ヶ月 ・終活の心得
・終活ライフケアプランナーの活動内容
・集客の方法
・顧客情報管理
・求められるスキル
・就活セミナー開催の流れ

終活の基礎知識から専門知識まで幅広く学ぶことが必要です。

知識が全くない状態でも、教材がわかりやすく、キャリアカレッジのサポートも充実しているため、安心して受講できるでしょう。

養成講座の受講方法

終活ライフケアプランナー養成講座の受講方法は、自宅で受講可能な通信講座です。

働きながら受講をすることができ、自分のペースで勉強することができます。

仮に養成講座の受講中に、仕事が忙しくなって勉強する時間が無い場合には、最長で700日まで延長するが可能です。

また、映像講座付きなので、効率よく勉強をすることができるメリットがあります。

ユーキャンの終活アドバイザー講座がおすすめ!

ユーキャン

終活ライフケアプランナー資格取得に有利になる終活アドバイザー講座を受講するなら、ユーキャンがおすすめです。

終活アドバイザーは、介護業界で働いている方はもちろん、医療・金融・保険業界など幅広い業界でも活かせます。

具体的な終活アドバイザーの試験概要は、以下の通りです。

資格名称 終活アドバイザー
実施団体 NPO法人ら・し・さ就活アドバイザー協会
受験資格 誰でも受験可能
試験日時 受講期間内であれば受験可能
受験形態 在宅にて受講
※添削課題を提出し、修了課題の検定試験合格することによって資格取得
試験方法 マークシート方式
合格基準 ユーキャン通信講座の添削課題を全て提出し、修了課題の60%以上で合格

試験で不合格が出てしまっても、受講期間中はいつでもチャレンジ可能なので、比較的簡単に資格取得を狙うことが可能と言えます。

終活ライフケアプランナーにすこしでも興味がある方は、ユーキャンの終活アドバイザー講座を受講することをおすすめします。

ユーキャンで終活アドバイザー講座を受講する

終活ライフケアプランナーになるメリット

終活ライフケアプランナーになるメリット

終活ライフケアプランナーになるメリットとしては、以下が挙げられます。

  • スキルアップに活用できる
  • 今後の市場価値を上げることが可能
  • 自分自身が納得する終活ができる

それぞれの終活ライフケアプランナーになるメリットについて、特徴を踏まえて解説します。

スキルアップに活用できる

終活ライフケアプランナーは、ファイナンシャルプランナーにも活用することができる知識を得ることができるため、仕事のスキルアップを狙えるメリットがあります。

終活という言葉できたのが2009年と比較的新しいため、まだ認知していない方も多くいます。

そのため、終活に関わる知識を身につけることによって、キャリアアップにも繋げることが可能です。

今後の市場価値を上げることが可能

自分自身の市場価値を上げれる

終活ライフケアプランナーの資格を活かせる職種の需要が高まっていくと予想されています。

実際に総務省が公表した「高齢者人口及び割合推移」の内容によると、今後は高齢者をターゲットにしたサービス需要が拡大していくことが考えられます。

終活ライフケアプランナー資格を取得して、自分の市場価値を上げることによって、長期的に仕事に活用しましょう。

特に、20代や30代といった比較的早いうちから資格取得することをおすすめします。

自分自身が納得する終活ができる

終活に関わる知識を身につけることができるため、自分らしい終活を行えるメリットも挙げられます。

さらに、ご家族や友人にも的確にアドバイスを行うことができるため、周りの人たちの役に立つことが可能と言えるでしょう。

自分自身が納得する終活を行うことによって、終活の不安や悩みごとをすこしでも減らすことができるため、生活の質を向上できます。

将来性がある終活ライフケアプランナーを目指そう

将来性がある終活ライフケアプランナーを目指そう

この記事では、終活ライフケアプランナーの業務内容や資格について紹介しました。

終活ライフケアプランナーは今後も需要が伸びるとされている職業です。

資格取得をすることによって、幅広い職業でも活用することができ、自分自身の価値を上げるメリットが挙げられます。

ぜひ今回の記事を参考に、終活ライフケアプランナーを目指してみてください。

ユーキャン

終活ライフケアプランナー資格取得に有利になる終活アドバイザー講座を受講するなら、ユーキャンがおすすめです。

お客様満足度87.7%と一人ひとりに合わせて充実したサポートを受けることが可能です。

ユーキャンで終活アドバイザー講座を受講する

 

-終活ライフケアプランナー
-,

© 2021 介護資格・お仕事ガイド