介護資格 難易度

【2021年最新版】介護の資格は難しい?資格難易度一覧を紹介!人気の介護福祉士など

介護資格 難易度

介護資格を持っていれば介護の仕事に役立てられます。

資格を持っていれば、色々な仕事に挑戦できるので、評価も高まるでしょう!

この記事では、介護資格の難易度について、一覧表を活用しながら紹介していきます。

おすすめの資格は何か?試験突破にはどういう対策が有効か?

一覧表と共に確認していきましょう!

「介護福祉士」は特に人気の介護資格です。

介護資格で唯一の国家資格であると共に、難関の介護資格でもあります。

介護福祉士になるにはどのような対策をすればいいか?

介護福祉士以外にどういう介護資格があるのか?確認していきましょう!

介護の仕事に役立つのは介護資格以外にもたくさんあります。

医療などの資格を活用することで、介護の仕事に役立てられるでしょう。

資格をとるには資格サービスの活用がおすすめ!

資格サービスを有効活用することにより、介護資格をスムーズに取得できます。

介護の資格をとったら転職活動も検討しましょう!

介護業界は人材の流動が活発であり、難関の介護資格を持っている人材は転職市場でも高く評価されます。

自分の可能性に挑戦するために、転職サービスを活用して仕事の幅を広げていきましょう!

この記事でわかること!

  • 合格率
  • 受験資格
  • 勉強方法
  • 合格発表
  • 過去問
  • よく出る問題
  • 難しい
  • 簡単?

介護士の資格は役立つの?

介護資格 難易度

介護士の資格は何に役立つでしょうか?

資格を持っていることで、企業内でのキャリアアップや転職活動に役立ちます。

介護資格を取得するメリットについて、確認してみましょう!

介護資格を役立てるポイント!

  • キャリアアップに役立つ
  • 転職に役立つ

キャリアアップに役立つ

介護の資格を持っていれば、キャリアアップに役立ちます!

資格奨励制度のある企業だと、資格を持っていると資格手当を貰えます。

忙しい介護の仕事をこなしながら資格の勉強をするのは大変かもしれません。

それでも、資格があれば担当できる業務が増えるため、昇進やキャリアアップに役立つのです。

業務範囲が広がる

資格の中には、その資格を持っていないと特定の業務がこなせないというものがあります。

例えば、介護職員初任者研修以上の資格がなければ、訪問介護の資格は行えません。

このように、介護の仕事をしたい場合は介護資格を持っているほど担当できる業務範囲が広がるため、自分が担当したい仕事と必要な資格について調べておくのがいいでしょう。

転職に役立つ

介護資格 難易度

介護資格を持っていれば転職に役立てられます。

資格を持っていることは、第三者から見ても分かりやすい評価指標です。

転職活動をすることで、今の会社よりも評価の高い会社へと転職できます。

資格取得をアピール材料にすることで、転職活動が有利に進められるでしょう。

転職活動で資格を有効活用!の項も参照ください!

転職エージェントを活用しよう!

転職エージェントとは、転職希望者と企業を仲介する業者です。

転職活動を上手く進めていくには、転職エージェントを有効活用することが攻略の秘訣です。

おすすめの転職エージェントについては、以下の比較記事を参照してみてください!

介護 転職エージェント
介護の転職に役立つ転職エージェントを比較|口コミなどを紹介!

介護の転職におすすめなのが転職エージェントのサービス。 転職エージェントは、転職希望者がスムーズに転職することを支援してくれるサービスです。 しかし、どの転職エージェントを使えばいいのか迷ってしまう人 ...

続きを見る

介護の資格は難しい?どんな資格がある?

介護資格 難易度

「介護の資格って難しいの?」

「どんな資格があるの?」

介護の資格は国家資格や民間資格を含めて、たくさんあります。

どの資格をとっていいか分からない、難しいんじゃないか…と経験してしまう人も多いでしょう。

ここでは、介護の資格や難易度について、一覧表を見ながら確認していきましょう!

介護の資格難易度一覧!

介護に関する主な資格の難易度は以下の通り!

※介護職員初任者研修、介護職員実務者研修は、講習の最後に修了試験を行います。

その試験に合格できれば資格取得という流れになっています。

資格名称 おすすめ度 難易度 合格率
介護職員初任者研修
(ホームヘルパー2級)
★★★★★ ★★☆☆☆
介護職員実務者研修
(ホームヘルパー1級)
★★★★★ ★★★☆☆
介護福祉士 ★★★★★ ★★★★☆ 60~70%
ケアマネジャー
(介護支援専門員)
★★★★★ ★★★★★ 15~20%

介護資格の難易度については、以下記事も合わせてご確認ください!

看護師になるには
介護士になるための資格の難易度は?資格取得方法やおすすすめスクールも紹介

介護士になるには資格が必要だと考えていませんか? この記事では「介護士として取得しておくべき資格の難易度」を解説します。 結論、介護士になるのに資格は必要はありません。 介護士というのは、介護職で働く ...

続きを見る

介護資格の合格率は?

介護資格 難易度

介護資格の合格率は資格によって様々です。

一般的に、難関とされる国家資格ほど合格率が低くなっています。

特に、介護支援専門員は合格率15〜20%と低い合格率です。

合格率が低い試験に対しては、しっかりと対策をして臨みましょう。

研修の資格

研修のかたちをとっている資格は、修了試験に合格すれば資格を得られます。

しかし、修了試験の内容は落とす試験ではなく、「受からせる試験」であることが特徴です。

そのため、しっかりと最後まで受講すれば資格取得となります。

難関資格

介護福祉士やケアマネジャーの試験になると、難関の資格となり、合格することも大変です。

特に、ケアマネジャーなどは例年合格率が10%台になることもあるなど、難関の資格として知られています。

スクールなどで学習する、過去問などの対策をとるなど、万全の対策で臨みましょう!

介護資格の受験資格は?

介護資格 難易度

介護資格には受験するのに受験資格が要されることがあります。

特に、介護福祉士など難関の国家資格では実務経験を一定年数積まなければならない、指定の養成所に通わないといけないなどの条件。

そのため、受験資格を得ること自体が難関のハードルとなることがあるのです。

受験資格として要されるのは、実務経験の年数のほか、指定の養成所やスクールなどに通うという方法があります。

  • 実務経験の年数
  • 指定の養成所などに通う
  • 指定のスクールに通う

介護に関連する資格の難易度一覧!

以下は、主な介護資格以外の介護に関連する資格の難易度一覧表です。

専門的な仕事に従事するためには民間で運営されている資格を取得し、資格要件を満たさなければいけないことがあります。

資格名称 おすすめ度 難易度 合格率
介護事務管理士 ★★★★☆ ★★★☆☆ 50~60%
ケアクラーク ★★★★☆ ★★★☆☆ 70~80%
レクリエーション介護士 ★★★★☆ ★★★☆☆
福祉用具専門相談員 ★★★★☆ ★★★☆☆
サービス介助士
(ケアフィッター)
★★★★☆ ★★★☆☆ 80%
介護資格 取り方
介護資格の取り方とは?介護に必要な資格も紹介

介護資格の取り方にはさまざまなものがあることを知っていますか? この記事では「介護資格の取り方」について解説していきます。 結論、介護の資格と言っても民間のものから国家資格まで様々で独学で取得できるも ...

続きを見る

国家資格か民間資格か

介護資格 難易度

介護資格の中には「国家資格」と「民間資格」があります。

国家資格とは、国が運営する資格のこと。

民間資格とは、民間の団体が運営する資格のことです。

一般的に、国家資格の方が法律に基づいて設定された資格であるため、信頼度が高いとされます。

国家資格

国家資格は法律に基づいて国が運営する資格のこと。

介護資格の中では「介護福祉士」が唯一の国家資格と位置付けられています。

介護資格の他に、「看護師」や「社会福祉士」など、介護の資格に有効な資格も多数あります。

  • 介護福祉士
  • 看護師
  • 社会福祉士
  • 介護事務管理士
  • 介護事務実務士

民間資格

民間資格とは、民間団体や都道府県が運営する資格のこと。

国が運営するものではないものの、公的に信頼される資格として公的資格と呼ばれることもあります。

  • 介護職員初任者研修
  • 介護職員実務者研修
  • 介護支援専門員(ケアマネジャー)
  • 准看護師

介護資格早見表

介護に使える!資格一覧表!

以下は、介護に関する仕事の一覧と、それに付随する役立つ資格の一覧表です。

介護の仕事には様々なものがありますが、それぞれの仕事に求められる資格が異なります。

自分の担当する仕事について、どのような資格が必要とされるのか、確認してみましょう!

仕事の種類 役立つ資格
デイサービス(通所介護) 介護福祉士、介護職員初任者研修、介護職員実務者研修
デイケア(通所リハビリテーション) 介護福祉士、介護職員初任者研修、介護職員実務者研修
訪問介護 介護福祉士、介護職員初任者研修、介護職員実務者研修
サービス提供責任者 介護職員実務者研修(必須)、介護福祉士
アマネジャー ケアマネジャー
訪問看護 看護師、准看護師
介護事務 介護事務管理士
理学療法士 理学療法士
作業療法士 作業療法士
社会福祉 社会福祉士、精神保健福祉士

唯一の国家資格「介護福祉士」

介護資格 難易度

「介護福祉士」は介護資格で唯一の国家資格!

『社会福祉士及び介護福祉士法』に基づき、厚生労働大臣の認定を受けた国家資格です。

介護福祉士の資格を持っていれば、介護に関する様々な業務に挑戦可能になります。

受験資格を得るためには、実務経験年数や養成所での教育という要件があるので、確認しておきましょう。

▽詳細はこちらをクリック!

介護福祉士の仕事内容

介護福祉士は介護のプロフェッショナルとして、様々な介護現場で介護サービスを行います。

施設介護や訪問介護など、様々な介護現場で大活躍できる仕事です。

介護福祉士の仕事内容については、以下記事も合わせてご確認ください!

介護福祉士 資格 条件
介護福祉士の資格とは?取得条件やメリット・デメリットを紹介

「介護福祉士の資格って、どんなもの?」 「取得条件や活用方法を教えて…!」 なんとなく介護福祉士が国家資格だと知っている人でも、その詳細をご存知ない方は多いのではないでしょうか? そこで今回は、介護福 ...

続きを見る

介護福祉士の試験内容

介護福祉士の試験は、以下の11項目から出題されます。

福祉や介護に関する出題はもちろん、人間コミュニケーションの理解、社会の理解など日常的に必要な知識も問われるものです。

1  人間の尊厳と自立、介護の基本
2  人間関係とコミュニケーション、コミュニケーション技術
3  社会の理解
4  生活支援技術
5  介護過程
6  発達と老化の理解
7  認知症の理解
8  障害の理解
9  こころとからだのしくみ
10  医療的ケア
11  総合問題

介護福祉士の合格率は?難しい?

介護資格 難易度

介護福祉士の合格率は60~70%ほどといわれています。

一般的な国家資格と比べると、かなり高めの合格率で、多くの受験者が介護福祉士の資格を得ています。

とはいえ、難しい試験であることには変わらず、しっかりと試験対策をして臨みましょう!

過去の合格者数

2021年(令和3年)の試験結果は、84,483人という受験者数に59,975人という合格者数でした。

合格率にすると、71.0%と7割超える受験者が介護福祉士試験に合格するという結果になりました。

過去の傾向を見ても、ここ5年は平均して7割を上回っており、しっかり対策をすれば合格できる試験ということが伺えます。

年度 受験者数 合格者数 合格率
2021年 84,483 59,975 71.0%
2020年 84,032 58,745 69.9%
2019年 94,610 69,736 73.7%
2018年 92,654 65,574 70.8%
2017年 76,323 55,031 72.1%

合格基準

試験は筆記試験と実技試験に分かれ、所定の条件を満たせば実技試験は免除されます。

筆記試験では60%以上の正答率で合格とされています。

基本的な事項を理解していれば十分に得点できる内容といえるでしょう。

試験日程・合格発表はいつ?

試験日程は例年1月ごろ、年に1度行われます。

合格発表は2ヵ月後、3月ごろに行われます。

受験申込は8月~9月ごろに受け付けているので、受験予定の方は忘れずに申し込みをしましょう!

介護福祉士の受験資格

介護資格 難易度

介護福祉士の受験資格は大まかに4つのルートがあり、それぞれ自分に合ったルートで受験資格を満たさなければいけません。

実務経験ルートで受験する場合には、介護職員実務者研修の資格が必要となります。

  • 養成施設ルート:介護福祉士養成施設などを卒業する
  • 実務経験ルート:介護実務に3年以上従事し、介護職員実務者研修を取得する
  • 福祉系高校ルート:福祉系高校を卒業する
  • 経済連携協定(EPA)ルート:EPA介護福祉士候補者

参考:受験資格(資格取得ルート図)

受験資格については、以下記事で詳しく解説しています!

介護福祉士の資格の取得方法やメリット|資格取得ルートは全4つ
介護福祉士の資格の取得方法やメリット|資格取得ルートは全4つ

介護福祉士の資格取得には4つの方法があるとご存知でしょうか? この記事では「介護福祉士の資格」について解説していきます。 結論、今後介護業界で働いていくなら、介護福祉士の資格は取得しておいた方が良いで ...

続きを見る

実技試験の免除

受験ルートによっては実技試験が免除されます。

養成施設ルート、実務経験ルートでは十分な実技経験があるとされ、実技試験が免除されるので、筆記試験の対策に専念できます。

介護福祉士の過去問

介護資格 難易度

介護福祉士の過去問は以下のページから確認できます。

その他、市販のテキストなどで過去問の解説を確認できます。

過去問をチェックすることで、過去の出題傾向をチェックすることが可能。

試験を突破するには、基本的な知識を理解することはもちろん、試験の出題傾向を理解することが効果的です。

過去問をチェックして試験突破といきましょう!

参考:介護福祉士国家試験『過去の問題』

出題範囲

介護福祉士の問題は「人間と社会」「こころとからだのしくみ」「総合問題」という分類で出題されます。

以下は、詳細な出題基準です。

それぞれ、しっかりと試験対策をして臨みましょう。

参考:介護福祉士試験『出題基準・合格基準』

人間と社会 人間の尊厳と自立 人間の尊厳と自立
介護における尊厳の保持・自立支援
人間関係とコミュニケーション 人間関係の形成
コミュニケーションの基礎
社会の理解 生活と福祉
社会保障制度
介護保険制度
障害者自立支援制度
介護実践に関連する諸制度
介護 介護福祉士を取り巻く状況
介護福祉士の役割と機能を支えるしくみ
尊厳を支える介護
自立に向けた介護
介護を必要とする人の理解
介護サービス
介護実践における連携
介護従業者の理解
介護における安全の確保とリスクマネジメント
介護従事者の安全
コミュニケーション技術 介護におけるコミュニケーションの基本
介護場面における利用者・家族とのコミュニケーション
介護におけるチームのコミュニケーション
生活支援技術 生活支援
自立に向けた居住環境の整備
自立に向けた身支度の介護
自立に向けた移動の介護
自立に向けた食事の介護
自立に向けた入浴・清潔保持の介護
自立に向けた排泄の介護
自立に向けた家事の介護
自立に向けた睡眠の介護
終末期の介護
介護過程 介護過程の意義
介護過程の展開
介護過程の実践的展開
介護過程とチームアプローチ
こころとからだのしくみ 発達と老後の理解 人間の成長と発達の基礎的理解
老年期の発達と成熟
老化に伴うこころとからだの変化と日常生活
高齢者と健康
認知症の理解 認知症を取り巻く状況
医学的側面から見た認知症の基礎
認知症に伴う心と体の変化と日常生活
連携と協働
家族への支援
障害の理解 障害の基礎的理解
障害の医学的側面の基礎的知識
連携と協働
家族への支援
こころとからだのしくみ こころのしくみの理解
からだのしくみの理解
身支度に関連したこころとからだの仕組み
移動に関連したこころとからだのしくみ
食事に関連したこころとからだのしくみ
入浴、清潔保持に関連したこころとからだのしくみ
排泄に関連したこころとからだのしくみ
睡眠に関連したこころとからだのしくみ
死にゆく人のこころとからだのしくみ
医療的ケア 医療的ケア実施の基礎
喀痰吸引
経管栄養
総合問題 総合問題 総合問題

介護福祉士のよく出る問題

介護福祉士の問題は、出題範囲の通り幅広い問題の知識を問われます。

そのため、どこかにヤマを張るという試験対策ではなく、全般的な理解が必要とされる試験です。

また、1つの分野を深く理解すること以上に、万遍なく知識を身に着けることが求められます。

過去問の学習などを通じて、どんな問題が来ても対応できるように実力を身につけましょう!

介護福祉士の転職

介護福祉士の資格を持っていれば、様々な介護現場で役立ちます!

介護福祉士の転職事情については、以下記事も合わせてご確認ください!

「介護福祉士」の資格は転職で活かせる?介護福祉士について求人情報と合わせて紹介!

介護福祉士は国家資格であり、取得していることで様々な職場で活かすことができます。 それは、現在介護福祉士の資格を取得して就職・転職活動をするときだけでなく、現在介護福祉士として働いている方の転職活動に ...

続きを見る

未経験者なら「介護職員初任者研修」

介護資格 難易度

介護業界未経験の方におすすめなのが介護職員初任者研修。

介護職員初任者研修とは、介護や福祉に関する基本的な事項を学ぶ資格です。

介護職員初任者研修については、以下記事も合わせてご確認ください!

【最短1ヶ月で受講修了?】介護職員初任者研修の取得方法を紹介
【最短1ヶ月で受講修了?】介護職員初任者研修の取得方法を紹介

介護業界では資格を取得することでキャリアアップできます。無論、資格はたくさんあるのですがあらゆる資格のベースとなるのが介護職員初任者研修です。 そのため、「介護職員初任者研修を最短で取得したい」と考え ...

続きを見る

介護職員初任者研修の試験・過去問・おすすめの勉強方法は?

「介護職員初任者研修試験の過去問が知りたい。」 「介護職員初任者研修試験の難易度は?」 「介護職員初任者研修試験はどんな勉強をすればよい?」 このように介護職員初任者研修の修了試験について詳しく知りた ...

続きを見る

▽詳細はこちらをクリック!

基礎的な介護知識を学べる

初任者研修は旧名を「ホームヘルパー2級」といい、現在の「介護職員初任者研修」と改称されました。

介護のキャリアアップに有用であり、研修を通じて様々な介護知識を身に着け、介護実務を学べます。

介護の仕事で経験を積んでいくには初任者研修は受講必須といっても過言ではないでしょう。

介護職員初任者研修の受講内容

介護職員初任者研修の受講内容は所定に決められており、それぞれ決まった時間で学習を行います。

以下は、公表されているカリキュラムの内容です。

いずれも、介護や福祉に関する基本的な事項を深める内容となっています。

受講科目 必要時間数
職務の理解 6
介護における尊厳の保持・自立支援 9
介護の基本 6
介護・福祉サービスの理解と医療の連携 9
介護におけるコミュニケーション技術 6
老化の理解 6
認知症の理解 6
障害の理解 3
こころとからだのしくみと生活支援 75
講義の振り返り 4
合計 130

取得には何時間かかる?

介護職員初任者研修のカリキュラムは全部で130時間という構成です。

時期にして1ヵ月~2か月ほどかかるのが一般的です。

忙しい介護ワーカーが140時間もの時間を確保するのは大変かもしれませんが、空いた時間を作ってまとめて受講するのもいいでしょう。

介護職員初任者研修は簡単?難しい?合格率は?

介護資格 難易度介護職員初任者研修は簡単でしょうか?それとも難しい?

介護職員初任者研修の合格率について確認してみましょう。

合格率は?

介護職員初任者研修は研修資格なので、合格率というものはありません。

所定の研修を受けたうえで、修了試験に合格すれば全てのひとが取得できる資格となっています。

与えられたカリキュラムをしっかりこなしていけば順調にスキルを伸ばしていけるので、集中して学習に専念できるでしょう。

スクール選び

介護職員初任者研修で重要になるのがスクール選び。

通学費用は数万円~10万円というのが一般的であり、充実したカリキュラムで学習を進められます。

教育訓練給付金制度など、国の制度を活用しながら学習を進められるため、積極的に利用してください。

以下の記事で、介護職員初任者研修のスクール選びについて詳しく解説しているので、ご確認ください!

介護職員初任者研修の費用相場やスクール別費用|助成金・給付金についても解説
介護職員初任者研修の費用相場やスクール別費用|助成金・補助金についても解説

介護職員初任者研修の資格取得費用は、スクールによって異なることを知っていますか? この記事では「介護職員初任者研修の費用相場」について解説していきます。 結論、費用だけではなく、サポートなども比較して ...

続きを見る

介護職員初任者研修は通信のみで取得できる?|通信と通学の併用スクールがおすすめ
介護職員初任者研修は通信のみで取得できる?|通信と通学の併用スクールがおすすめ

介護職員初任者研修は、通信だけで取得できないことをご存知ですか? この記事では「介護職員初任者研修の取得方法」を紹介します。 結論、介護職員初任者研修を取得するなら、通信と通学の併用コースがおすすめで ...

続きを見る

更なるステップアップに「介護職員実務者研修」

介護資格 難易度

更なるステップアップをしたい場合は、介護職員実務者研修がおすすめ。

介護職員実務者研修は初任者研修と比べて、より実践的な介護知識を学ぶ資格です。

旧名を「ホームヘルパー1級」といい、現在の名称に改まっています。

実務者研修の取得難易度は?カリキュラムや口コミから解説
実務者研修の取得難易度は?カリキュラムや口コミから解説

実務研修者の取得を検討していませんか? この記事では「実務研修者の難易度」について解説します。 結論、実務研修者の難易度は低いです。 介護職員初任者研修の資格を取得できている方なら、問題なく取得できる ...

続きを見る

▽詳細はこちらをクリック!

実践的な介護知識を学べる

介護職員実務者研修は実践的な介護知識を学ぶ資格です。

介護福祉士の受験要件

介護職員実務者研修は上位資格である「介護福祉士」の受験要件となっています(実務経験ルートの場合)。

そのため、介護福祉士を取得するにはまず介護職員実務者研修を取得しなければなりません。

介護職員実務者研修で学習した知識は、そのまま介護福祉士など上位の資格にも活用できるので、しっかりと学習を進めましょう!

介護職員実務者研修の受講内容

介護職員実務者研修のカリキュラムは全450時間。

なお、初任者研修と共通している項目があるので、初任者研修を持っている方は130時間を除いた時間が実務者研修での受講対象となります。

科目名 学習時間 介護職員初任者研修共通科目
人間の尊厳と自立 5時間
社会の理解Ⅰ 5時間
社会の理解Ⅱ 30時間
介護の基本Ⅰ 10時間
介護の基本 20時間
コミュニケーション技術 20時間
生活支援技術Ⅰ 20時間
生活支援技術Ⅱ 30時間
介護過程Ⅰ 20時間
介護過程Ⅱ 25時間
介護過程Ⅲ(スクーリング) 45時間
発達と老化の理解Ⅰ 10時間
発達と老化の理解Ⅱ 20時間
認知症の理解Ⅰ 10時間
認知症の理解Ⅱ 20時間
障害の理解Ⅰ 10時間
障害の理解Ⅱ 20時間
こころとからだのしくみⅠ 20時間
こころとからだのしくみⅡ 60時間
医療的ケア 50時間
合計 450時間

介護職員実務者研修は簡単?難しい?

介護資格 難易度

介護職員実務者研修は、初任者研修と同様に研修資格なので、所定のカリキュラムを消化すれば取得できるものです。

そのため、修了試験に合格すれば全ての人が取得できる内容となっています。

介護職員実務者研修の取得期間

介護職員実務者研修は450時間のカリキュラム構成となっています。

働きながら資格取得するという場合、これだけの時間を作り出すことは難しいかもしれませんが、根気よく学習をしていきましょう。

サービス提供責任者になれる

介護職員実務者研修の資格を持っていればサービス提供責任者の仕事ができます。

事業所によってサービス提供責任者の設置が義務付けられていることもあり、サービス提供責任者は多くの現場で重宝される仕事です。

サービス提供責任者とは

サービス提供責任者とは、介護現場で介護サービスのマネジメントを行う仕事です。

通称「サ責」と略されることもあります。

介護現場に関する理解や経験が必要となるので、介護職員実務者研修以上の資格が必要とされます。

介護の資格はもちろん、ケアマネジャーやヘルパーなど多くの人と連携をとる仕事のため、やりがいのある仕事です。

サービス提供責任者の仕事内容については、以下記事も合わせてご確認ください!

サービス提供責任者 仕事内容
サービス提供責任者(サ責)の仕事内容とは?関連する資格や給料について解説!

サービス提供責任者(サ責)ってどんな仕事? 責任者と名のつく仕事ですから、複雑で高度な介護知識や経験が必要になる仕事です。 介護に関する知見だけでなくマネジメント能力も問われるため、介護現場において非 ...

続きを見る

介護のプロへ「介護支援専門員(ケアマネージャー)」

介護資格 難易度

介護支援専門員、通称ケアマネージャーは介護のプロフェッショナル資格!

介護福祉士などで活躍した人が挑戦する資格で、介護に関するマネジメントを行う仕事です。

ケアマネージャーの試験内容や難易度については、以下記事も合わせてご確認ください!

ケアマネジャー(介護支援専門員)とは?必要な国家資格など資格取得方法、仕事内容を調査!

「ケアマネジャーはどんな仕事をするの?」 「ケアマネジャーになる方法は?」 介護の仕事と聞くと「ケアマネジャー」を思い浮かべる人も多いのでは? ケアマネジャーは介護職の一つの到達点として、目指している ...

続きを見る

▽詳細はこちらをクリック!

介護支援専門員(ケアマネージャー)の仕事内容

ケアマネージャーは介護保険法に基づいたケアプランを作成する仕事です。

ケアプランとは、文字通り介護に関する計画を立案すること。

サービス利用者と面談をすることで、必要な介護サービスをプランニング。

サービス提供責任者やヘルパーなどとも調整する必要があるため、調整能力やコミュニケーション能力が求められます。

介護福祉士の上位資格

ケアマネージャーは国家資格である介護福祉士の上位資格と位置付けられています。

そのため、介護資格の中でも最上位の資格という扱いで、相当の介護知識や経験が必要です。

介護支援専門員(ケアマネージャー)の働き方

ケアマネージャーには居宅ケアマネージャーと施設ケアマネージャーの2つがあります。

居宅ケアマネージャーは、訪問介護など自宅で介護サービスを受ける利用者に対して介護サービスを提供。

施設ケアマネージャーは、介護施設に通所するサービス利用者について介護サービスを提供します。

いずれも、介護サービス利用者が十分な介護サービスを受けられることがケアマネージャーの役割です。

ケアマネージャーの受験資格

ケアマネージャーの試験は、「介護福祉士」などの国家資格に5年以上実務経験が必要とされるなど、相当な経験が必要です。

また、看護師など介護資格以外の受験者が多いことも特徴であり、様々なバックグラウンドを持つ人がケアマネージャーを受験します。

以下は、ケアマネージャーの受験に必要とされる国家資格の一例です。

  • 介護福祉士
  • 看護師
  • 准看護師
  • 理学療法士
  • 作業療法士
  • 社会福祉士
  • 精神保健福祉士 など

必要な国家資格や要件の詳細については、以下記事で確認してください!

勉強
ケアマネージャーの受験資格とは?介護福祉士との違いも徹底解説

「ケアマネージャーの受験資格って?」 「介護福祉士との違いは?」   という疑問をお持ちではありませんか?   この記事ではケアマネージャーの受験資格について詳しく解説していきます ...

続きを見る

介護支援専門(ケアマネージャー)の資格対策

介護資格 難易度

ケアマネージャーの資格試験対策は、資格スクールや過去問などを活用して攻略!

勉強方法は資格スクールで!

ケアマネージャーの資格対策は、資格スクールの活用がおすすめ!

専門的で難しく、独学では理解が進まない部分も多いです。

おすすめの介護スクール一覧については、介護の資格をとるには?の項も参照ください!

以下記事で、資格スクールの一覧や活用方法について解説しているので、合わせてご確認ください!

社会福祉士を取得してキャリアアップ
【最新版】ケアマネージャーの資格取得方法|合格率や試験内容まで解説

ケアマネージャーの資格取得は難関だとご存知でしょうか? この記事では「ケアマネージャーの資格」について解説していきます。 結論、ケアマネージャーの資格を取得するなら、講座に通った方が良いです。 合格率 ...

続きを見る

ケアマネージャーの出題内容

ケアマネージャーの試験は「介護支援分野」および「保健医療福祉サービス分野」から出題されます。

それぞれ、介護支援分野が25題、保健医療福祉サービス分野が35題という点数配分で、全部で60題です。

それぞれ、過去問などでしっかり対策を行いましょう!

介護支援分野 25題
保健医療福祉サービス分野 35題

過去問で対策!

ケアマネージャーの試験対策で有効なのが過去問対策!

過去問対策をすることで、過去の出題パターンなどが分かります。

公式ホームページから過去問を参照できるので、受験する方は参照してください。

参考:東京都福祉保健局『介護支援専門員の試験情報

また、市販のテキストなどで過去問対策をすることも有効!

過去問をどんどん演習して試験対策を進めましょう!

ケアマネージャー試験の過去問対策については、以下記事と共に確認してください!

ケアマネージャー 過去問
ケアマネージャー試験は過去問で攻略!おすすめの対策は?

ケアマネージャー(介護支援専門員)試験は介護資格の中でも難関の試験で、相当の対策が必要な試験です。 ケアマネージャーの試験対策は過去問で攻略するのがおすすめ! この記事では、ケアマネージャー試験対策や ...

続きを見る

介護支援専門員(ケアマネージャー)は難しい?

介護資格 難易度

ケアマネージャーは介護資格の中で最上位に位置づけられており、多くの国家資格取得者が受験する難関資格です。

試験突破は一筋縄ではいかず、しっかりとした試験対策が必要とされます。

ケアマネージャーの合格率は?

ケアマネージャーの合格率は15~20%ほど。

介護福祉士の合格率60~70%と比べると、3分の1となっており、難関資格であることが分かります。

以下は、厚生労働省が発表している合格率の推移です。

年によって変動していますが、15~20%前後と難関の資格となっています。

参考:厚生労働省『第23回介護支援専門員実務研修受講試験の実施状況について

実施期間 受験者数 合格者数 合格率
第23回 2020年10月11日 46,415人 8,200人 17.7%
第22回 2019年10月13日 41,049人 8,018人 19.5%
第21回 2018年10月14日 49,332人 4,990人 10.1%
第20回 2017年10月8日 131,560人 28,233人 21.5%
第19回 2016年10月2日 124,585人 16,281人 13.1%

ケアマネージャーの難易度

ケアマネージャーは合格率が低く、難関の資格です。

しっかりとした対策が求められる試験です。

詳しい試験内容や対策方法については、以下記事を参照ください!

ケアマネージャーの資格難易度は高い!試験内容や合格基準を解説
ケアマネージャーの資格難易度は高い!試験内容や合格基準を解説

ケアマネージャーの資格取得を検討していませんか? この記事では、ケアマネージャーの資格難易度を解説します。 結論、ケアマネージャーの資格難易度は高いです。 また、ケアマネージャーは受験資格が厳格に定ま ...

続きを見る

介護に使える!資格

介護資格 難易度

介護の仕事には様々な資格があります。

主な介護資格のみならず、専門的な資格を持っていれば専門的な介護知識が身に付きます。

一部の業務には資格取得を必須としていることもあるので、資格を持っていれば業務の幅が広がるでしょう。

資格名称 おすすめ度 難易度 合格率
介護事務管理士 ★★★★☆ ★★★☆☆ 50%
ケアクラーク ★★★★☆ ★★★☆☆ 70~80%
レクリエーション介護士 ★★★★☆ ★★★☆☆
福祉用具専門相談員 ★★★★☆ ★★★☆☆
サービス介助士
(ケアフィッター)
★★★★☆ ★★★☆☆ 80%
▽詳細はこちらをクリック!

介護事務管理士

介護資格 難易度

介護事務管理士は介護事務に関する介護資格。

介護事務の資格については、以下記事も合わせてご確認ください!

【最新版】介護事務の資格取得難易度を資格別に解説
【最新版】介護事務の資格取得難易度を資格別に解説

介護事務の資格取得を検討していませんか? この記事では「介護事務の資格取得難易度」について解説します。 結論、介護事務の資格取得難易度は低いです。 介護事務といっても、いくつかの資格がありますが、基本 ...

続きを見る

おすすめの介護事務資格5選|取得方法から難易度まで解説
おすすめの介護事務資格5選|取得方法から難易度まで解説

介護資格のなかには、介護事務の資格があるとご存知でしょうか? この記事では「おすすめの介護事務資格」について解説します。 結論、介護事務資格は、取得しやすい資格です。 「介護職で働きたいけど介護資格は ...

続きを見る

介護事務とは

介護事務とは、介護サービスに関する事務のこと。

お客様をサービスに案内する接客窓口のほか、レセプト(診療報酬明細書)の作成など専門的な知識が必要な仕事です。

介護事務管理士の難易度

介護資格 難易度

介護事務管理士技能認定試験​ | JSMA 技能認定振興協会

介護事務管理士はJSMA 技能認定振興協会が運営する民間資格。

介護事務やレセプト作成などの技能を問う試験で、介護事務に役立てる資格です。

介護事務管理士の合格率

JSMA 技能認定振興協会によると、介護事務管理士の合格率は50%ほどとされています。

介護事務管理士の受験資格

介護事務管理士には特に受験資格はありません。

年齢制限等も設けられていないので、誰でも受験できる資格です。

介護事務管理士の勉強方法

資格を運営しているJSMA 技能認定振興協会によると、介護事務管理士の合格に必要なことは「たくさんレセプトを書くこと」とされています。

地道なレセプトの実務経験が合格に繋がるでしょう。

介護事務管理士の過去問

JSMA 技能認定振興協会の過去問は以下のページで販売されています。

過去問をしっかり解いて試験合格を目指しましょう!

介護事務管理士試験問題集

ケアクラーク

介護資格 難易度

ケアクラークは一般財団法人日本医療教育財団という団体が運営する民間資格です。

介護事務業務の従事者として必要な、社会福祉制度や介護報酬請求事務などに関する事務の技量を証明する資格となっています。

参考:ケアクラーク技能認定試験

ケアクラークの難易度・合格率

ケアクラークの合格率は70%ほどとされています。

試験は年に3度行われ、70%以上の問題に正答すれば合格となります。

ケアクラークの受験資格

ケアクラークには受験資格はありません。

年齢制限もなく、誰でも受験できる資格となっています。

ケアクラークの勉強方法

介護資格 難易度

ケアクラークは筆記試験と実技試験の2部構成になっています。

筆記試験では、介護や福祉に関する基本的な知識を問う出題です。

実技試験ではレセプトの作成を行い、レセプトの技能を問うものです。

ケアクラークの過去問

ケアクラークの過去問は公式サイトなどで公表されていませんが、市販のテキストなどで類似の問題について対策できます。

ただ、ケアクラークの試験自体に関するテキスト自体は取り扱いが少ないです。

資格スクールなどに通学し、必要な教材を取りそろえるといいでしょう。

レクリエーション介護士

介護資格 難易度

レクリエーション介護士は介護レクリエーションの資格。

「2級」と「1級」があり、介護レクリエーションのノウハウについての知識が活かせます。

参考:レクリエーション介護士|日本アクティブコミュニティ協会

レクリエーション介護士とは

レクリエーション介護士は介護におけるレクリエーション技術を問う資格です。

レクリエーションを通じて高齢者の方とコミュニケーションがスムーズに行えるため、レクリエーション技術は介護において重要なスキルとなります。

レクリエーション介護士の合格率

レクリエーション介護士の合格率は公表されていませんが、正答率60%以上で合格とされています。

難易度としては中程度で、しっかり対策とれば取得できる資格といえるでしょう。

レクリエーション介護士の受験資格

レクリエーション介護士の受験資格は特にありません。

年齢も関係なく、誰でも受験できる資格です。

レクリエーション介護士の勉強方法

レクリエーション介護士の勉強方法は、通信あるいは通学講座で行います。

公式の教材により、テキスト、DVD、テストを通じて学べるので、効率的に学習可能です。

勉強期間はおよそ3か月とされており、短期間で集中的にレクリエーション介護について学べます。

テキスト教材などの資料請求はユーキャンから行えるもの(2級)で、スムーズに学習していきましょう。

受講費用は2級で35,000円ほどです。

参考:ユーキャン「レクリエーション介護2級」

レクリエーション介護士の過去問

レクリエーション介護士の過去問については公表されていませんが、公式テキストが用意されています。

試験内容は基本的に公式テキストと同様の出題となるため、しっかりテキストで学習すれば合格できるでしょう。

福祉用具専門相談員

介護資格 難易度

参考:一般社団法人全国福祉用具専門相談員協会

福祉用具専門相談員は車いすなどの福祉用具の取り扱いに関する資格。

福祉用具専門相談員の資格を攻略するには以下記事も合わせて参照してください!

福祉用具専門相談員 転職
福祉用具専門相談員へ転職したい?メリット・デメリットや年収を徹底チェック

「福祉用具専門相談員へ転職したいけど、どうしたらいいか分からない…!」 「福祉用具専門相談員へ転職する前に知るべきこととは?」 職種名としては、知名度の低い福祉用具専門相談員。 介護職で転職する際に「 ...

続きを見る

福祉用具専門相談員の仕事内容

福祉用具専門相談員は車いすなどの福祉用具専門を取り扱うための資格。

福祉用具貸与・販売事業者では福祉用具専門相談員の設置が義務付けられているため、就職に役立てられます。

福祉用具専門相談員の難易度・合格率

福祉用具専門相談員は研修を最後まで受講すれば合格できる内容となっています。

福祉用具専門相談員のカリキュラムは40~50時間に設定されており、受講を完了して修了試験に合格すれば資格が取得できます。

福祉用具専門相談員の受験資格

福祉用具専門相談員に受験資格は設定されていません。

年齢に関係なく取得できるため、誰にでも受験資格があります。

福祉用具専門相談員の勉強方法

福祉用具専門相談員の勉強は協会が指定する指定講習会に参加します。

それぞれ、スケジュールについては公式HPなどで確認してみましょう。

研修会・イベント

サービス介助士(ケアフィッター)

介護資格 難易度

サービス介助士(ケアフィッター)は公益財団法人 日本ケアフィット協会が運営する民間資格です。

サービス介助士(ケアフィッター)とは

サービス介助士、あるいはケアフィッターとは「ケアをフィットする」という考え方です。

すなわち、介護や介助をする際に相手の立場になった「おもてなしの心」を重視するという考え方です。

ケアフィッターの難易度・合格率

ケアフィッターの合格率は80%とされています。

50問の試験で70%以上の正答率で合格の試験です。

しっかりと試験勉強をすれば取得できる資格といえるでしょう。

ケアフィッターの受験資格

ケアフィッターの対象者は社会人・大学生・専門学生が対象とされています。

資格の有効期間は3年間とされているので、取得後も資格の更新が必要です。

ケアフィッターの勉強方法・過去問

ケアフィッター『取得の流れ・料金』

ケアフィッターの勉強方法や過去問は公式テキストなどの教材を取り寄せられます。

公式テキストをしっかりこなしていれば合格できるでしょう。

介護関連の資格

介護資格 難易度

介護の仕事をするには、医療など他業種の資格も活用できます。

それぞれ、難関の国家資格ということもあり、合格するためには何年も専門の学校に通わなければならないなど資格取得のハードルはかなり高いです。

資格名称 おすすめ度 難易度 合格率
看護師 ★★★★★ ★★★★★ 90%
准看護師 ★★★★★ ★★★★☆ 95%
理学療法士 ★★★★★ ★★★★★ 80%
作業療法士 ★★★★★ ★★★★★ 80%
社会福祉士 ★★★★★ ★★★★★ 30%
精神保健福祉士 ★★★★★ ★★★★☆ 60%
▽詳細はこちらをクリック!

看護師

介護資格 難易度

看護師は看護に関する国家資格です。

看護の仕事は、患者が怪我や病気を治療するための補助をする医療行為を行います。

介護の仕事とも近しいものがある仕事になっています。

看護師の難易度・合格率・受験資格

看護師の合格率は90%ほどとされています。

看護師の受験資格を得るためには、看護系の大学や専門学校、養成所などを卒業しなければなりません。

そのため、受験資格が難しく、受験者自身がハイレベルな人材であるため高い合格率になっているでしょう。

看護師の勉強方法・過去問

看護師の勉強法は過去問などを繰り返し解くことがおすすめ。

過去問は厚生労働省のホームページなどで確認できます。

理解を整理するためには、資格スクールや市販のテキストなどで必要な知識を身につけましょう。

理学療法士・作業療法士

介護資格 難易度

理学療法士・作業療法士は理学療法などを用いて身体機能障害などからの回復を行う国家資格です。

理学療法士・作業療法士については、以下記事も合わせてご確認ください!

介護職員初任者研修(旧ヘルパー2級)のメリット
理学療法士の転職面接対策ポイント|重視するポイントからよく聞かれる質問

理学療法士の面接対策に対して、万全な準備ができているでしょうか? この記事では「理学療法士の転職面接対策」について解説します。 結論、面接対策は第三者を含めて練習すると良いでしょう。 とくにどのような ...

続きを見る

理学療法士・作業療法士の難易度・合格率・受験資格

理学療法士・作業療法士を受験するには養成所、大学、短期大学などで3年以上学ぶ必要があります。

理学療法士・作業療法士の合格率は80%ほどとされています。

理学療法士・作業療法士の勉強方法・過去問

厚生労働省『第54回理学療法士国家試験問題』

理学療法士・作業療法士の過去問は厚生労働省のホームページで公開されています。

また、市販テキストなどで解説を見ながら学習できるので、合わせて確認してみましょう。

理学療法士・作業療法士の転職

理学療法士・作業療法士は難関国家資格であり、様々な現場で必要とされる仕事です。

主な働き場所としては、病院やリハビリセンターなど、リハビリを必要とする施設で働くのが一般的です。

【例文あり】理学療法士への転職で気を付けたい履歴書の書き方
【例文あり】理学療法士への転職で気を付けたい履歴書の書き方

理学療法士の転職において、履歴書を万全の状態に仕上げられているでしょうか? この記事では「理学療法士の履歴書の書き方」について解説します。 結論、理学療法士であっても、基本的なビジネスマナーを守って履 ...

続きを見る

社会福祉士

介護資格 難易度

社会福祉士は社会福祉に関する国家資格です。

介護知識だけでなく、社会福祉に関する幅広い知識が求められる難関資格となっています。

介護の仕事とも深い関わりを持っており、介護や社会福祉に関する様々な知識が必要とされます。

社会福祉士の仕事内容や資格については、以下記事もご確認ください!

社会福祉士は難易度が高い?試験や合格率について詳しく解説

「社会福祉士ってどういう仕事?」 「社会福祉士の試験は難しいの?」 この記事では、社会福祉士について掘り下げていきます。 社会福祉士の仕事内容、そして試験と合格率についても見ていきます。 この記事が、 ...

続きを見る

社会福祉士の受験資格・合格率・難易度

社会福祉士の合格率は30%とされています。

社会福祉士の受験資格を得るためには養成所や大学などで一定期間以上学ぶ必要があります。

介護に関する資格の中でも特に合格率の低い試験であり、十分な試験対策が求められる資格です。

社会福祉士の勉強方法・過去問

参考:社会福祉士国家試験『過去の試験問題』

社会福祉の過去問については公式ホームページで公開されています。

その他、公式テキストや資格スクールなどで専門的に過去問対策、試験対策が可能です。

社会福祉士の過去問については、以下記事をご覧ください!

社会福祉士で過去に出題された問題を紹介|試験の形式や内容も徹底解説

社会福祉士の試験ではいかに過去問対策を行うかが合否の鍵になることを知っていますか? この記事では「社会福祉士の過去問」について解説していきます。 結論、社会福祉士の試験では過去に出題された問題の類似問 ...

続きを見る

社会福祉士の転職

社会福祉士は難関資格であり、それだけ求められる職場が多いです。

しっかり転職活動をすれば、スムーズに転職が進むでしょう。

社会福祉士の転職については、以下記事も合わせてご確認ください!

【社会福祉士の資格は転職に有利?】求人や年収など業界の常識を紹介
【社会福祉士の資格は転職に有利?】求人や年収など業界の常識を紹介

介護関連の資格の一つである社会福祉士。国家資格なので「資格を取得して社会福祉士に転職すれば安泰」と考えている人も多いのではないでしょうか。 たしかに介護業界は慢性的な人手不足ですから、社会福祉士の資格 ...

続きを見る

精神保健福祉士

介護資格 難易度

精神保健福祉士は精神障害者に対するサポートなどを行う国家資格です。

社会福祉士と近い業務ですが、精神保健に特化した仕事であることが特徴です。

精神保健福祉士の難易度・合格率・受験資格

精神保健福祉の合格率は60%とされています。

精神保健福祉になるには養成所や大学などで一定期間学ぶ必要があります。

社会福祉士に比べると、精神保健の分野に特化した資格であり、若干ですが合格しやすい試験といえるでしょう。

精神保健福祉士の勉強方法・過去問

参考:精神保健福祉士『過去の試験問題』

精神保健福祉士の過去問は公式ホームページで公開されています。

詳細な解説や試験対策については、資格スクールや市販テキストなどで学習を進めていきましょう!

介護の資格をとるには?

介護資格 難易度

ここまで、おすすめの介護資格一覧や難易度について見ていきました。

ここからは、介護の資格をとるのに必要な方法について解説していきます。

介護資格をとるには介護スクールの活用がおすすめ!

特に、研修資格などを取得する場合は所定のスクールに通う必要があります

おすすめの介護スクールの選び方についてみていきましょう!

資格スクールを活用する!

介護資格を取るなら資格スクールの活用がおすすめ!

資格スクールとは、介護資格をとるために必要な知識を学べる場所です。

自分に合った資格スクールを選ぶことで、介護資格を効率よく取得できるでしょう。

資格スクール一覧

以下は、おすすめの資格スクールおよび資格サービス一覧です。

資格スクールを検討するサービスから、無料で使える試験対策など、様々なサービスを活用してください!

シカトル 資格スクールを比較!
三幸福祉カレッジ 資格取得から就職までサポート!
ベネッセスタイルケア 充実のカリキュラム!
ユーキャン 学びやすい教育体制!
まなびネット 現場から生まれたカリキュラム!
カイゴジョブアカデミー 未経験から徹底サポート!
グッピー 無料のスマホアプリで対策!
▽詳細はこちらをクリック!

資格スクールの選び方

資格スクールを選ぶにはどういう点を重視すればいいでしょうか?

1つに、通いやすいスクールであること。

通学範囲にあるか、あるいは通信環境で学べるかといったことを注意しましょう。

さらに、自分が学べる資格を取り扱っているか、資格を取った後のアフターフォローが充実しているかどうかも資格スクールを選ぶポイントになるでしょう。

その他、料金面も重視しましょう。

資格をとれば、後に給料が上がるので先行投資と考えるべきですが、なるべくなら料金を抑えたいですよね。

料金を見るときは、値段だけでなく、同じ料金でアフターサービスが充実しているところ、例えば無料で補講をしてくれるかどうかなども考慮するといいでしょう。

  • アフターフォローの充実
  • 通いやすい場所か
  • 料金

シカトル

シカトル

シカトルで自分に合った資格サイトを探す

「シカトル」は介護資格専門の資格サービス。

数ある資格スクールの中からピックアップできるサービスです。

選べる!介護資格スクール!

数多くある介護資格スクールの中から自分の通いやすい条件に合った介護スクールは大変です。

シカトルでは多数の介護スクールからピックアップして厳選できるので、介護スクール選びに最適のサービスです!

無料で資料請求

シカトルでは介護スクールの資料を無料で請求できます。

いくつか資料を取り寄せてみて、自分に合いそうだと感じるスクールを選んでみましょう。

三幸福祉カレッジ

三幸福祉カレッジ

三幸福祉カレッジで資格をとる

「三幸福祉カレッジ」は介護専門の資格スクール。

資格取得はもちろん、就職までサポートしてくれます。

3つの幸せ

三幸福祉カレッジの「三幸」とは3つの幸せという意味です。

すなわち、サービス利用者の幸せ、介護者の幸せ、介護現場の幸せを実現します。

介護サービスを行うには、サービス利用者もちろん、介護をする側も幸せでなくてはならない、というのが三幸福祉カレッジの考え方です。

介護を通じて幸せを獲得するべく、介護について学んでいきます。

ベネッセスタイルケア

ベネッセスタイルケアで資格をとる

ベネッセスタイルケアはベネッセグループの介護資格サービス。

教育と介護の現場で様々なノウハウのあるベネッセグループならではの学習ができます。

充実のカリキュラム

ベネッセスタイルケアでは、ベネッセグループが培ってきた介護ノウハウと教育ノウハウが詰まったサービスを受けられます。

介護現場の実践に基づいたカリキュラムに従って学習を進められます。

現役の介護職講師も在籍しており、現場の声を反映した教育を進められるのがベネッセスタイルケアの特徴です。

便利な受講支援制度

ベネッセスタイルケアでは便利な受講支援制度で学びやすい環境が整えられています。

急な欠席の場合も振替制度があるなど、忙しい介護ワーカーにとっても嬉しい制度が盛りだくさんです。

ユーキャン

ユーキャン

ユーキャンで資格をとる

「ユーキャン」は資格サービス大手のサービス。

様々な資格について学べるサービスとして有名ですが、介護資格においても圧倒的な人気です。

充実のカリキュラム

ユーキャンは数多くの資格合格者を出しています。

その秘密は、充実のカリキュラムにあり。

専門のノウハウが詰め込まれた教材を活用し、効率よく介護の知識を身に着けられるサービスです。

ニチイ「まなびネット」

ニチイ

まなびネットで資格をとる

ニチイの「まなびネット」は学びやすい環境が魅力。

現場の声を反映したカリキュラムが特徴で、介護現場をイメージしながら学習を進められます。

現場から生まれたカリキュラム

ニチイのまなびネットでは、全国各地で培った医療や介護に関するノウハウが充実。

45年以上にわたって医療・介護に関するプロフェッショナル人材を輩出しており、現場の声がカリキュラムにも反映されています。

カイゴジョブアカデミー

カイゴジョブアカデミー

カイゴジョブアカデミーで資格をとる

「カイゴジョブアカデミー」は介護資格専門の資格スクール。

一生を変える学びを通じて輝く介護人材を育て、豊かで充実した高齢社会を実現します。

学びやすいサポート

カイゴジョブアカデミーは様々な制度により学びやすい環境をサポートしてくれます。

例えば、振替システムを使うことにより、欠席した授業を別の日程に振り替えることが可能。

また、就職サポートなども行っているため、資格を取得したあとの進路もしっかりと考えられるサービスです。

スマホアプリ「グッピー」で無料試験対策!

グッピー

グッピーで資格をとる!

「グッピー」は無料で過去問をマスターできるスマホアプリ!

App storeやGoogle Playから無料でダウンロードできるため、お得に学習するのにおすすめ!

主な対応資格

  • 介護福祉士
  • 看護師
  • 社会福祉士
  • 精神保健福祉士
  • 理学療法士
  • 作業療法士

人気の国家試験アプリ!

グッピーは人気の国家試験アプリ!

介護福祉士国家試験など、人気の国家資格の過去問を学べます。

「サーキット・ランニング方式」と呼ばれる繰り返し学習できる仕組みで、過去問を効率的に学べます!

国家試験対策には、過去問を反復演習することが何よりも効果的。

人気のスマホアプリで、隙間時間を有効に活用して過去問対策を進めていきましょう!

無料で過去問対策!

グッピーでは無料で過去問対策ができます!

スマホアプリで、iPhoneにもAndroidにも対応しているので、隙間時間に学習可能です!

利用は無料で可能なので、試験対策をしたいという方は、まず試してみてください!

就活サポートも充実

グッピーでは就活サポートも充実!

苦労してとった資格を有効活用するには、資格を活かせる企業で働く必要があります。

充実の求人情報から、希望の条件で働けるようになるでしょう!

転職活動で資格を有効活用!

介護資格 難易度

資格をとったら転職活動!

転職を通じて、今よりも評価の高い企業で働ける可能性が高まります。

また、特定のポジションで仕事をしたいという場合、転職によって新しいことにチャレンジできます。

転職活動をすることで、充実のキャリアを歩みましょう!

転職活動で資格をアピール

転職活動で有利になるのが資格!

資格を持っていれば、分かりやすく評価の指標となります。

資格がない人よりも、資格がある人の方が間違いなく介護職に対しての知識やスキルが深いと評価されるでしょう。

▽詳細はこちらをクリック!

無資格でも転職できる?

資格があれば有利になることは間違いないですが、無資格でも転職は可能。

介護業界は人材不足といわれており、今後のやる気やポテンシャル次第で採用の可能性は高いです!

介護の転職については、以下記事も合わせて参照ください!

介護職への転職でおすすめの資格4選|無資格でも転職できる?
介護職への転職でおすすめの資格4選|無資格でも転職できる?

介護職の転職で、資格を取得するべきか悩んでいませんか? この記事では「介護職の転職におすすめの資格」について解説します。 結論、資格は取得しておいた方が良いです。 資格を取得しているかいないかでは、待 ...

続きを見る

【必見】介護士の転職ですべき5つのこと|転職の成功談・失敗談も紹介

「介護職ですが転職を考えています。」 「介護士の転職で気を付けることは?」 ここでは、介護士が転職を考えた時にまずすべきことを紹介します。 転職をするなら今よりも良い環境で今よりも良い収入を望むのは当 ...

続きを見る

転職エージェントを活用する

転職エージェントの活用がおすすめ!

転職エージェントは、転職希望者と企業の仲介をする人材紹介業者のこと。

転職エージェントを有効活用することで、転職活動の成功に繋がります。

転職エージェントのサービス内容

転職エージェントでは転職活動に関して様々なサービスを受けられます。

代表的なのが、求人紹介や非公開求人の紹介。

特に、非公開求人の紹介では、通常出回っていない求人情報を得られるので、転職活動に関して大いに助けとなるでしょう!

  • 求人紹介
  • 非公開求人の紹介
  • 履歴書添削
  • 面接対策・面接同行フォロー
  • 労働条件の交渉

無料で使える!

便利な転職エージェントですが、基本的に利用は無料です!

というのも、転職エージェントは転職成功につき企業から紹介料を受け取るという仕組みになっています。

そのため、優秀な人材を効率よく転職させられるか、というのが転職エージェントの務めです。

自分という商材を売り込むために、積極的に転職エージェントを活用していきましょう!

面接対策

転職エージェントのサポートを活用すれば、面接対策もバッチリ!

転職活動の面接では、自分の経験や強みを伝えるために、しっかりとした面接が必要です。

自己PRや志望動機などを説明することで、企業への印象もよくなるでしょう。

介護転職の面接対策や自己PRについては、以下記事も参照ください!

介護 志望動機
【例文あり】介護転職の志望動機を紹介|思いつかない時の対処法も掲載

介護職に転職する場合は、志望動機が重要になることを知っていますか? この記事では「介護転職の志望動機」について解説していきます。 結論、介護の職種によっても志望動機が異なるので職種に合わせた志望動機が ...

続きを見る

きらケア

きらケア

きらケアで介護求人を探す

「きらケア」は介護専門の転職サービス。

豊富な求人数が魅力で、自分に合った転職先を見つけられます。

求人情報が豊富!

きらケアの特徴は圧倒的に豊富な求人数!

「未経験・無資格OK」など様々な条件から転職先を選べます。

介護資格を活用すれば、月給33万円以上など好条件の求人も見つけられるでしょう!

マイナビ介護

マイナビ介護

マイナビ介護で介護求人を探す

「マイナビ介護」はマイナビグループの介護専門転職エージェントサービス。

マイナビグループならではの充実した転職サービスを受けられます。

丁寧なサポート!

マイナビ介護は充実のサポートで介護転職をサポート!

多数の転職希望者を成功に導いてきたノウハウを活用し、充実の転職サポートを受けられます。

履歴書添削や面接対策など、転職活動のテクニックはもちろん、キャリア全般の相談などをすることでキャリアを見つめなおすきっかけとなるでしょう。

e介護転職

e介護転職

e介護転職で介護求人を探す

「e介護転職」は登録型の介護転職サービス。

会員登録することにより、介護転職に関する情報を収集できます!

スカウトが届く!

e介護転職に会員登録すれば便利な情報が届きます!

スカウト機能が搭載されているので、気になる求人からスカウトが届くことも。

スカウトをしてくれる企業は採用に熱心な企業であり、登録者の実力を十分に評価している企業です。

そのため、転職が成功する可能性が高い企業といえるでしょう!

資格をとって充実の介護ライフを!

介護資格 難易度

介護資格の難易度などについて確認していきました。

介護業界は専門的な知識が必要とされるため、難易度の高い資格が多いです。

特に、介護福祉士などの国家資格は細かい受験資格が定められていることも多く、受験資格を得るだけでも一苦労でしょう。

介護の資格を得るためには、日ごろから介護業務に関する経験を積んでおくことが重要です。

「介護職員初任者研修」など、未経験者や初学者でも知識を身に着けやすい環境が整っており、未経験や異業種からのチャレンジも積極的に行える業界といえます。

介護資格をとるためには、便利な資格サービスの利用がおすすめ。

資格スクールなどを有効活用することにより、難関の資格もスムーズに学習を進められるでしょう。

資格をとったら転職活動を検討してみましょう。

転職エージェントなどのサービスを活用すれば、スムーズな転職活動を支援してくれます!

難易度の高い国家資格を取得することで、充実した介護ライフを過ごしてください!

-介護資格 難易度
-,

© 2021 介護資格・お仕事ガイド