介護福祉士 介護福祉士 資格

介護福祉士国家試験の受かる方法|勉強方法からおすすめの介護資格取得スクールを解説

介護福祉士 受かる方法

介護福祉士国家試験の受かる方法について知りたいと悩んでいませんか?

この記事では「介護福祉士国家試験の受かる方法」について解説します。

結論、介護福祉士国家試験の受かる方法は、勉強方法や対策などをしっかりと理解しておくことで、資格取得を目指すことが可能です。

他にも「介護福祉士国家試験本番のポイント」や「おすすめの介護資格取得スクール」についても解説します。

ぜひこの記事を参考に、介護福祉士の資格取得を成功させましょう。

また「介護福祉士がよく使う転職サイト」については、こちらで解説していますので、参考にしてみてください。

おすすめの介護資格取得スクール3選

  1. 三幸福祉カレッジ|大手介護スクール
  2. ユーキャン|充実な学習サポート
  3. カイゴジョブアカデミー|就職サポートも利用可能

介護福祉士国家試験とは

介護福祉士国家試験とは

介護福祉士国家試験とは、介護資格で唯一の国家資格です。

1987年の社会福祉士及び介護福祉法制定と同時に誕生しており、介護の重要性が再認識された特徴があります。

介護福祉士は、介護を必要としている高齢者や障害者に対して、一人ひとりの状態に合わせて適切に介助を行うことを目的にしています。

また、介護を受けるご家族に対しても、介護の相談や指導を行い、幅広い知識やスキルが必要と言えます。

資格取得ルート

介護福祉士資格の資格取得ルートについては、以下の通りです。

資格取得ルート 受験資格
養成施設ルート あらかじめ指定された介護養成施設などを卒業後に介護福祉士国家試験を受験することが可能。
福祉系高校ルート 2009年度以降に入学した福祉系高校で、定められた単位や科目を取得して卒業することによって、介護福祉国家試験を受講することが可能。
実務経験ルート 3年以上の実務経験および実務者研修を修了することによって、介護福祉士国家試験を受講することが可能。

上記のように未経験者や働きながら介護福祉士資格を目指すことも可能です。

また、指定養成施設卒業後の5年間は、暫定的に介護福祉士資格が付与されます。

卒業後5年以内に介護福祉士国家試験に合格する又は、卒業後5年間連続して実務に従事することによって介護福祉士資格を保持することができます。

試験科目

試験科目

介護福祉士国家試験は、実技試験と筆記試験に分かれています。

実技試験は、実際の介護現場での事例に基づいた問題が出題され、モデルに対して介助を行います。

筆記試験については、以下の内容が出題されます。

  1. 人間の尊厳と自立
  2. 人間関係とコミュニケーション
  3. 社会の理解
  4. 介護の基本
  5. コミュニケーション技術
  6. 生活支援技術
  7. 介護過程
  8. 発達と老化の理解
  9. 認知症の理解
  10. 障害の理解
  11. こころとからだのしくみ
  12. 医療的ケア
  13. 総合問題

出題数は125問で、5つの選択肢から1つを選ぶマークシート方式の出題形式です。

介護福祉士国家試験の勉強方法

介護福祉士国家試験の勉強方法

介護福祉士国家試験の勉強方法を知っておくことで、より効率的に勉強をする事が可能です。

具体的な介護福祉士国家試験の勉強方法については、以下の5つが挙げられます。

  • 全教科を勉強する
  • 過去問を解いて傾向をつかむ
  • 何度も繰り返し解く
  • 難易度の高い範囲も勉強する
  • 模擬試験を受ける

それぞれの勉強方法について、特徴を踏まえて紹介していきますので、これから介護福祉士国家試験を受けたいと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

全教科を勉強する

介護福祉士国家試験は、基本的に全科目で一定以上の得点が必要になるため、全教科を勉強することが必要です。

勉強する範囲が広いため、できるだけ早く勉強するように意識し、余裕を持って取り組むことをおすすめします。

また、いきなりすべて覚えようとせず、まずは全教科の勉強を始めることが重要です。

過去問を解いて傾向をつかむ

過去問を解いて傾向をつかむ

他の資格や受験勉強でも同じことが言えますが、過去問を解くことによって、試験に出題される傾向をつかむことができるため、正解率を上げることにも繋がります。

具体的に、過去問を一通り解くことによって、かなりの実力を身につけることができ、本番での試験での得点率を高めることが可能です。

基本的には、過去問は重要な問題が凝縮されているため、試験でもっとも重要な部分と言えます。

このように、できるだけ効率よく勉強したいと思っている方は、過去問を解くことをおすすめします。

何度も繰り返し解く

問題集や過去問が最後まで読み終わったら、もう一度最初から勉強して何度も繰り返し解くことをおすすめします。

何度も繰り返し解くことによって、理解度を高めることができ、試験で出題される問題の傾向もつかむことができます。

また、3回目以降については、自分自身が苦手な科目や問題などを重点的に勉強していきましょう。

さらに、勉強が飽きないように声を出して問題を解くなどの工夫を加えることによって、より効率的に勉強することが可能です。

難易度の高い範囲も勉強する

難易度の高い範囲も勉強する

難易度の範囲も勉強することで、試験の合格率を高めることができます。

具体的に介護福祉士国家試験の難易度が高いとされている科目は、以下の通りです。

  • 社会の理解
  • 障害の理解
  • 生活支援技術
  • 人間の尊厳と自立

科目によっては、ひたすら暗記する必要があったり、毎年最新の情報が出題されることもあるため、あらかじめ勉強しておくことが必要です。

障害の理解については、出題範囲が広いため、浅く広く勉強することを意識することが重要です。

模擬試験を受ける

本番同様の模擬試験を受けることによって、本番の緊張感をあらかじめ把握しておくことで、本番当日で緊張して実力が出しきれないことを防ぐことができます。

介護資格取得スクールによっては、自宅で受けることができる模擬試験もあるため、自分に合った模擬試験を扱っているスクールを選ぶことをおすすめします。

模擬試験によって、自分自身の弱点を見つけることができ、具体的な学習指針を見ることが可能です。

このように、模擬試験は弱点分野の把握と克服を行うことができるため、試験を受ける前に事前に模擬試験を受けましょう。

介護福祉士国家試験の対策

介護福祉士国家試験の対策

介護福祉士国家試験の対策については、主に以下3つが挙げられる。

  • 自分に合った勉強方法を見つける
  • 試験までのスケジューリング
  • 得意な分野から始める

上記の対策を理解しておくことで、勉強時間を有効活用することができ、合格率を上げることが可能です。

下記にて、それぞれの勉強方法について解説します。

自分に合った勉強方法を見つける

自分に合った勉強方法を見つけることによって、勉強するモチベーションの維持にも繋げることが可能です。

具体的な勉強方法については、以下の3つが挙げられます。

勉強方法 メリット デメリット
独学 ・自分のペースで勉強ができる。
・テキスト代だけでコストを抑えることができる。
・質問することができない。
・モチベーション維持が難しい。
通信講座 ・パソコンやスマホがあればどこでも受講できる。
・効率よく勉強できる。
・費用が高い
・基本的に一人で勉強するため、モチベーション維持が難しい。
通学 ・すぐに質問ができる。
・モチベーションが維持しやすい
・費用が高い
・マイペースで勉強することができない

それぞれの勉強方法にはメリット・デメリットが挙げられるため、自分に合った勉強方法を選ぶことが大切と言えます。

どの勉強方法が自分に合っているのか分からない場合については、まずは費用が安く気軽に始めることができる独学がおすすめです。

試験までのスケジューリング

試験までのスケジューリング

介護福祉士国家試験は、出題範囲が広いため、試験までのスケジューリングをしっかりと行う必要があります。

最初の期間については、とにかく全科目の勉強を行い、全体的にインプットします。

次に、ひたすら問題を解いてアウトプットを行い、最終的には苦手な科目を重点的に勉強をすることによって、試験の得点を上げることにも繋げることが可能です。

得意な分野から始める

モチベーション維持するために、得意な分野から勉強を始めることをおすすめします。

最初から苦手な分野から勉強を初めてしまうと、勉強することがストレスの原因となってしまい、結果的に勉強しなくなってしまうリスクがあります。

また、得意な科目から勉強することによって、知っていることから暗記することができるため、記憶にも定着させやすいメリットが挙げられます。

介護福祉士国家試験本番のポイント

介護福祉士国家試験本番のポイント

介護福祉士国家試験本番のポイントを理解しておくことによって、本番当日でも慌てずに普段通りに試験を受けることが可能です。

具体的に介護福祉士国家試験本番のポイントについては、以下の3つが挙げられる。

  • 時間配分に気をつける
  • 消去法で解く
  • 分からなくてもとにかく答えを埋める

それぞれのポイントについて、解説していきます。

時間配分に気をつける

介護福祉士の筆記試験では、時間配分をしっかりと行い、余裕を持って素早く回答することをおすすめします。

試験の問題数と時間については、以下の通りです。

試験問題数 試験時間
午前の部 68問 110分
午後の部 57問 110分

基本的には、1問あたりにかけられる時間配分は約2分ほどしかないため、分からない問題は後回しにして素早く回答することが重要です。

消去法で解く

介護求人サービスを選ぶポイント

介護福祉士国家試験では、マークシート式で回答をするため、消去法で解くことによって、正解率を高めることが可能です。

試験問題は、選択問題が5つあり、1つを選択する形式です。

必ず間違えていると思っている問題から消去することによって、回答するスピードを上げることができます。

分からなくてもとにかく答えを埋める

わからない問題があっても、とにかく答えを埋めるようにしましょう。

空欄のままだと必ず減点になってしまいますが、答えを埋めることによって、正解する可能性もあります。

しかし、模擬試験などでは、分からない問題を把握するために、未回答にすることをおすすめします。

おすすめの介護資格取得スクール3選

おすすめの介護資格取得スクール

おすすめの介護資格取得スクールを利用することによって、独学よりも試験合格率を上げることに繋げることが可能です。

具体的におすすめの介護資格取得スクールについては、以下の3つです。

おすすめの介護資格取得スクール3選

  1. 三幸福祉カレッジ|大手介護スクール
  2. ユーキャン|充実な学習サポート
  3. カイゴジョブアカデミー|就職サポートも利用可能

それぞれの介護取得スクールによって、特徴やサポート内容が異なるため、自分自身に合っているスクールを選ぶことが重要です。

下記にて、それぞれの介護取得スクールについて解説します。

三幸福祉カレッジ

三幸福祉カレッジ

三幸福祉カレッジは、全国に教室があり、地方に住んでる方でも利用することができる大手介護資格首取得スクールです。

介護福祉士国家試験受験対策講座以外にも、以下の講座も受講することができます。

  • 初任者研修
  • 介護福祉士実務者研修
  • ケアマネージャー受験対策講座
  • 福祉用具専門相談員養成講座
  • 介護事務講座
  • 同行援護従業者育成研修
  • 全身性障がい者ガイドヘルパー養成研修
  • 行動援護従業者養成研修

また、未経験でも無料就職サポートを行っているため、これから介護職に就職したいと思っている方にもおすすめと言えます。

三幸福祉カレッジを利用する

ユーキャン

ユーキャン

ユーキャンは、介護福祉士通信講座はもちろん、簿記や行政書士、宅建など140以上の資格通信講座を受講することが可能です。

過去10年間で27,900人以上が受講しており、ユーキャン独自のノウハウが含まれているため、より効率的に介護福祉士国家試験の勉強を行うことができます。

また、試験合格まで余裕を持ったスケジュールで勉強を行うことができるメリットも挙げられます。

ユーキャンを利用する

カイゴジョブアカデミー

カイゴジョブアカデミー

カイゴジョブアカデミーとは、株式会社エス・エム・エスが運営している介護資格取得スクールです。

介護福祉士資格以外にも、以下の資格が取得可能です。

  • 介護職員初任者研修
  • 介護福祉士実務者研修
  • 福祉用具専門相談員
  • 全身性ガイドヘルパー
  • 同行援護従業者

また、就職支援も行っているため、未経験から介護職に就職・転職したいと思っている方にもおすすめです。

カイゴジョブアカデミーを利用する

介護福祉士国家試験に合格しよう!

介護福祉士国家試験に合格しよう!

今回は、これから介護福祉士資格を取得したいと思っている方に向けて、介護福祉士国家試験の勉強方法から対策を紹介しました。

介護福祉士国家試験の勉強方法としては、以下の通りです。

  • 全教科を勉強する
  • 過去問を解いて傾向をつかむ
  • 何度も繰り返し解く
  • 難易度の高い範囲も勉強する
  • 模擬試験を受ける

また、おすすめの介護資格取得スクールを利用することによって、より効率的に勉強することが可能です。

今回の記事を参考に、介護福祉士資格を取得してみてください。

おすすめの介護資格取得スクール3選

  1. 三幸福祉カレッジ|大手介護スクール
  2. ユーキャン|充実な学習サポート
  3. カイゴジョブアカデミー|就職サポートも利用可能

-介護福祉士, 介護福祉士 資格
-, ,

© 2022 介護資格と転職ガイド