ケアストレスカウンセラー

【2021年最新版】ケアストレスカウンセラーとは?資格取得からおすすめ資格取得サイトについて徹底解説!

ケアストレスカウンセラーとは

ケアストレスカウンセラーはどのような資格かは知っていますか?

この記事では「ケアストレスカウンセラーとは」について解説していきます。

結論、ケアストレスカウンセラーはストレスに悩む人の相談に乗って解決のサポートを行います。

その他にも「ケアストレスカウンセラーの資格取得方法」や「ケアストレスカウンセラーに必要なスキル」についても解説します。

ぜひこの記事を読んでケアストレスカウンセラーを目指してみてください。

また介護職で高収入を狙うことができる「認定介護福祉士とは」について知りたい方は、こちらで解説をしています。

シカトル

ケアストレスカウンセラーの資格取得なら、シカトルがおすすめです。

年間の利用者数は10万人以上で、資格取得に向けて充実なサポートを行なっています。

シカトルで資格を取得する

ケアストレスカウンセラーとは

ケアストレスカウンセラーとは

ケアストレスカウンセラーは、ストレスに悩む人の相談を受けて、ストレスの原因を探って解消するためにサポートを行います。

ストレス社会と言われている現代において、ケアストレスカウンセラーという職業は注目されている職業のひとつです。

具体的にケアストレスカウンセラーの業務内容は、主に以下3つの専門分野に分けられます。

  • 青少年ケアストレスカウンセラー
  • 企業中間管理職ケアストレスカウンセラー
  • 高齢者ケアストレスカウンセラー

それぞれの業務内容を下記にて解説します。

青少年ケアストレスカウンセラー

青少年ケアストレスカウンセラーは、青少年とそのご家族の心のケアを行います。

ストレスの付き合い方や解消法、コミュニケーション方法などの指導をします。

社会問題となっている下記の事例についても、適切に対処することが可能です。

  • 産後うつ
  • マタニティーブルー
  • 引きこもり
  • 学級崩壊
  • 不登校
  • 育児ノイローゼ

職場は、学校や塾などの教育現場で働くことが多い傾向です。

企業中間管理職ケアストレスカウンセラー

企業中間管理職ケアストレスカウンセラー

企業中間管理職ケアストレスカウンセラーは、もっともストレスを抱えてしまうとされている中間管理職を対象に、メンタルケアを行います。

実際に、中間管理職は上司と部下に挟まれてしまうポジションのため、精神的に追い込まれてうつ病になってしまう方も少なくありません。

中間管理職の他にも、精神的に問題がある社員に対してもメンタルケアを行う場合もあります。

高齢者ケアストレスカウンセラー

高齢者ケアストレスカウンセラーは、高齢者やそのご家族を対象にメンタルケアを行います。

少子高齢化によって介護サービスが届いておらず、介護疲れによって精神的に病んでしまうご家族も多いでしょう。

年齢を重ねるごとに、老年期特有のストレスを抱えることが増えてしまい、体調不良や認知機能の低下も少なくありません。

今後の日本は、高齢者が増加することが見込まれていることから、高齢者ケアストレスカウンセラーの重要性が注目されています。

ケアストレスカウンセラーの資格取得方法

ケアストレスカウンセラー資格取得方法

ケアストレスカウンセラー認定試験概要は、以下の通りです。

試験名 ・ケアストレスカウンセラー
・青少年ケアストレスカウンセラー
・企業中間管理職ケアストレスカウンセラー
・高齢者ケアストレスカウンセラー
出題形式 ■ケアストレスカウンセラー
CBT多肢選択式25〜27問
■青少年・企業中間管理職・高齢者ケアストレスカウンセラー
CBT多肢選択式25問
試験会場 共通会場にて実施(それぞれの会場ごとのスケジュールはテストセンター空席照会参照のこと)
受験票 基本的に受験票の発想はありません。
予約完了時の確認メールにて試験日程・会場の案内、及び注意事項を明記。
試験結果発表 即時判定
(試験終了後、全受験者にスコアレポートが配布される)
合格認定 ■ケアストレスカウンセラー
ケアストレスカウンセラー試験に合格した時点で合格認定となります。合格者には、受験日より2週間以内に職業技能振興会(03−5545−5528)より認定登録のご案内をメールにて送られます。
■青少年・企業中間管理職・高齢者ケアストレスカウンセラー
ケアストレスカウンセラーの合格が必須です。各試験の合格点の達した時点で、受験日より2周間以内に職業技能振興会(03−5545−5528)より認定登録のご案内をメールにて送られます。
試験後の手続き 認定登録に際し、登録料5,000円(非課税)別途要
連絡先:職業技能振興会(03−5545−5528)
再受験規約 同一試験日程内であれば、何度でも再受験可能
※再試験費用:10,000円

引用元:ケアストレスカウンセラー|内閣府許可 一般財団法人 職業技能振興会

ケアストレスカウンセラーの資格取得方法は、下記ステップの通りです。

  1. Webで認定試験の申込みをする
  2. ケアストレスカウンセラーの認定試験を受ける
  3. ケアストレスカウンセラーの認定登録をする
  4. 資格取得

まずは、ケアストレスカウンセラー認定試験概要について詳しくみていきましょう。

ケアストレスカウンセラー認定試験内容

ケアストレスカウンセラー認定試験内容は、以下の通りです。

ケアストレスカウンセラーの資格種類 試験内容
ケアストレスカウンセラー ・心理学の基礎知識
・精神医学の基礎知識
・対人コミュニケーションに関する基礎知識と技術
青少年ケアストレスカウンセラー ・心理学の基礎知識
・精神医学の基礎知識
・対人コミュニケーションに関する基礎知識と技術
・青少年のストレス・マネージメント
・家庭内でのストレス・マネージメント
・子供の発達課題と親の役割
・家庭内のメンタルヘルスケア
企業中間管理職ケアストレスカウンセラー ・心理学の基礎知識
・精神医学の基礎知識
・対人コミュニケーションに関する基礎知識と技術
・職場におけるストレス・マネージメント
・職場のメンタルヘルスケア
・企業とメンタル疾患
・企業のメンタルヘルスケア
高齢者ケアストレスカウンセラー ・心理学の基礎知識
・精神医学の基礎知識
・対人コミュニケーションに関する基礎知識と技術
・高齢者のストレスマネージメント
・介護家族のストレスマネージメント
・高齢者のメンタルヘルスケア

基本的には、選択式で一部記述式が含まれています。

合格基準は、100点満点中の70%以上で合格です。

ケアストレスカウンセラーの受験資格

ケアストレスカウンセラー受験資格

ケアストレスカウンセラーの受験資格は、以下の通りです。

資格種類 受験資格
・青少年ケアストレスカウンセラー
・企業中間管理職ケアストレスカウンセラー
・高齢者ケアストレスカウンセラー
18歳以上で、ケアストレス資格の取得所
・ケアストレスカウンセラー 18歳以上

他の心理カウンセラー系の資格には臨床経験が求められる場合が多くありますが、基本的には18歳以上であれば受験資格を得ることが可能です。

その点では、ケアストレスカウンセラー資格は、取得がしやすいと言えるでしょう。

難易度と合格率

難易度は、正解率が70%以上であれば合格ラインですが、試験範囲が公式テキスト1冊分と広い範囲なのである程度の勉強時間が必要と言えます。

合格率は、公表がされていませんが、計画的に勉強を行うことで合格を狙えるでしょう。

仮に試験で不合格になってしまった場合には、再度受験料が10,000円必要になるため、あらかじめ注意が必要です。

資格勉強方法

勉強方法

ケアストレスカウンセラーの資格勉強方法は、主に以下2つです。

  • 独学
  • 通信講座

それぞれの資格勉強方法の特徴を踏まえて解説します。

どの資格勉強方法が自分に合っているか、ぜひ参考にしてみましょう。

独学

独学での試験勉強方法は、公式テキストを全体的に読み、重要な要点をまとめて勉強する必要があります。

最低でも10〜20時間の勉强時間が必要と言えるでしょう。

費用は、以下の通りです。

  • 受験費:10,000円
  • 認定登録料:3,000円
  • テキスト代:2,640円

上記のように、合計で15,640円の費用がかかるため、何度も受験をするのではなくて、通信教育を利用して一発合格を目指す方が効率良いと考えます。

通信講座

通信講座の試験勉強方法は、独学に比べて重要な要点がまとめられているため、効率よく勉強することが可能です。

費用は、資格講座の種類によって多少異なりますが、35,000円ほど費用がかかります。

添削課題が定期的に送られてきて、最短で4時間ほどで資格取得勉強を行うことができるメリットがあります。

ケアストレスカウンセラーの資格取得ならシカトルがおすすめ!

シカトル

 

ケアストレスカウンセラーの資格取得なら、シカトルがおすすめです。

シカトルのケアストレスカウンセラー学習の進め方は、下記ステップで行われます。

  • ステップ1:こころの働きと心理療法の学習
  • ステップ2:心の病気とは何か、その対処方法の学習
  • ステップ3:対人コミュニケーションの学習
  • ステップ4:最終添削課題にチャレンジ

標準学習期間は3ヶ月で、4回添削をします。

また、講義DVDも付属されているため、自宅学習でもスムーズに勉強が可能と言えます。

シカトルで資格を取得する

ケアストレスカウンセラー試験に合格するポイント

ケアストレスカウンセラー試験に合格するポイント

ケアストレスカウンセラー試験の難易度は高くありませんが、不合格になってしまう可能性もあります。

事前に試験に合格するポイントを把握することによって、合格率を上げることが可能と言えます。

具体的なケアストレスカウンセラー試験に合格するポイントは、以下3つです。

  • 選択問題は消去法を活用する
  • 試験時間を把握する
  • 通信講座を活用して効率的に学習する

それぞれのポイントについて、以下で具体的に解説します。

選択問題は消去法を活用する

ケアストレスカウンセラー試験は、基本的には選択問題です。

消去法を活用することによって、答えが分からない場合でも、明らかに違う答えを除外できるため、正解率を上げることが可能と言えます。

選択問題には時間に限りがあるため、できるだけ早く消去法を使えるように練習することが必要です。

試験時間を把握する

試験時間を把握する

試験時間を把握することによって、試験問題の空欄を残さずに回答することができます。

実際に、分からない問題に時間を使ってしまって、他の解答欄が空欄のまま試験が終了してしまうケースも少なくありません。

試験時間を考慮して、時間がかかりそうな問題を最後に残すなどの工夫をすることが求められるでしょう。

合格点が70%でも、100点満点を狙うことが必要と言えます。

通信講座を活用して効率的に学習する

通信講座を活用することによって、独学に比べて合格率を上げることができます。

独学に比べて費用がかかってしまうデメリットがありますが、効率的に資格取得を目指すことが可能と言えるでしょう。

一般的に販売されている問題集もありますが、あくまで補助教材として活用することをおすすめします。

ケアストレスカウンセラーに必要なスキル

ケアストレスカウンセラーに必要なスキル

ケアストレスカウンセラーに必要なスキルは、主に以下3つです。

  • コミュニケーション能力
  • 根気強さ
  • 向上心がある

これからケアストレスカウンセラーを目指している方は、自分に合っている職業なのか認識することをおすすめします。

それぞれのスキルについて、下記にて解説していきます。

コミュニケーション能力

ケアストレスカウンセラーは、相手の話を聞くことはもちろんですが、伝える技術も必要になるため、高いコミュニケーション能力が求められます。

具体的にコミュニケーション能力が高い人の特徴は、以下が挙げられます。

  • 人の話をしっかりと聞き取る
  • 相手の感情を読み取る
  • 相手に伝わりやすい表現をする
  • 的確に物事を伝えられる
  • 相手の動作や口調を見て会話を行う

もし、コミュニケーション能力が低いと感じても、上記の内容を意識することによって、後天的に高いコミュニケーション能力を身につけることが可能でしょう。

根気強さ

カウンセリングに利用する方は、精神的にストレスを抱えているため、心を開いて会話をするためにある程度の期間が必要になるため、根気強さが必要と言えます。

無理やり相手から話を聞くことはせずに、相手が自主的に話すことによって精神的なストレスを減らすことに繋げることが可能です。

このように、ケアストレスカウンセリングは、専門的知識の他にも求められるスキルは多くあります。

資格を取得してケアストレスカウンセラーを目指そう!

資格を取得してケアストレスカウンセラーを目指そう!

この記事ではケアストレスカウンセラーの業務内容と資格について具体的に解説しました。

ケアストレスカウンセラーの業務内容は、ストレスに悩む人の相談に乗って、解決のサポートを行うため、やりがいがある職業と言えます。

また、資格取得する際には、通信教育を活用して効率よく試験勉強を目指しましょう。

ぜひ今回紹介してたことを参考にして、ケアストレスカウンセラーの資格取得を目指してください!

 

シカトル

ケアストレスカウンセラーの資格取得なら、シカトルがおすすめです。

年間の利用者数は10万人以上で、資格取得に向けて充実なサポートを行なっています。

シカトルで資格を取得する

-ケアストレスカウンセラー
-, , , , ,

© 2021 介護資格・お仕事ガイド