ケアマネージャー

ケアマネの面接でよくある質問5選|ケアマネに求められるスキルや転職に役立つスキルを徹底紹介

ケアマネ 面接 質問

ケアマネの面接でよくある質問について知りたいと悩んでいませんか?

この記事では「ケアマネの面接でよくある質問」について解説します。

ケアマネの面接でよくある質問をあらかじめ把握しておくことで、質問の意図に対して的確に答えることができ、面接官に好印象を与えること可能です。

他にも、「ケアマネで求められるスキル」や「ケアマネの転職に役立つ資格」についても解説します。

ぜひこの記事を参考に、ケアマネを目指してみてください。

また「人気の介護職求人」についても知りたい方は、こちらで解説を行っていますのでぜひ確認してみてください。

ケアマネの面接でよくある質問5選

ケアマネの面接でよくある質問5選

ケアマネの面接でよくある質問を事前に把握することで、面接で慌てることなく質問の回答を行うことができます。

具体的にケアマネの面接でよくある質問は、主に以下の5つです。

  • 質問①:今までの経歴を教えてください
  • 質問②:応募した志望動機を教えてください
  • 質問③:当施設でチャレンジしたいことはありますか?
  • 質問④:いつから働くことができますか?
  • 質問⑤:何か聞きたいことはありますか?

下記にて、それぞれのよくある質問を詳しく解説していきます。

質問①:今までの経歴を教えてください

【回答例】

私はこれまで3年間介護職の業務をしてきました。基本的には生活介助から身体介助を行い基本的な介護業務は行うことが可能です。
また、新人教育やマネジメントなども積極的に携わっていました。

面接で経歴を聞かれる意図としては、ケアマネとして働く上で必要な業務経験やスキルなどを持っていることを確認したいことが挙げられます。

ケアマネとして働くためには、ある程度の業務経験を積んで、介護現場を把握することは必要です。

また、介護施設の特徴に合った回答を事前に考えておくことで、面接官により良い印象を与えることができます。

質問②:応募した志望動機を教えてください

質問②:応募した志望動機を教えてください

【回答例】

これまでの介護職での経験やスキルを生かして、御施設でケアマネとして働きたいと思い志望いたします。
御施設は、人材育成に力を入れているという事に大きな魅力を感じており、スキルアップをしていきたいと考えております。
また、職場見学をした際にスタッフ同士でコミュニケーションを取りながら、とても良い雰囲気が印象的だったため、私もこの職場で働きたいと感じました。

志望動機を聞かれる意図は、「数多くある介護施設の中からなぜ選んだのか」を確認するためです。

事前に求人先のホームページに書いてある情報を調べておくことで、面接で話せる内容も増やせるメリットがあります。

実際に、志望動機を明確に答えることができれば、面接官に良い印象を与えることができ、面接を成功させる確率を上げることが可能です。

質問③:当施設でチャレンジしたいことはありますか?

【回答例】

介護職として働きながら、多くの利用者が満足できるように、介護スキルを上げていきたいです。
前職でも介護職で働いており、介護の基礎的なことは習得しているため、より満足度の高い介護サービスを行っていきたいです。
ケアマネとして働きながら、利用者が安心して満足度が高い介護施設を作りたいと思っております。
実現するためには、日々の業務に目標を持ちながら行い、スキルアップや資格取得などを行いたいと考えております。

入社後にチャレンジしたいことの質問の意図は、目標を持って業務に取り組む姿勢があるかどうかを確認するためです。

また、チャレンジしたいことが大きくズレており、入社後のミスマッチを防ぐためにも、質問する意図も含まれます。

回答するポイントは、チャレンジする上で、どのようなことに取り組んでいくのか明確にすることで、面接官に好印象を残すことが可能です。

質問④:いつから働くことができますか?

質問④:いつから働くことができますか?

【回答例】

現在勤めている業務の引き継ぎがあるため、内定承諾後1ヶ月後です。
すぐにでも御社で働きたい気持ちはありますが、しっかりと業務を引き継いでから終わらせることが必要と考えておりいます。

入社日を決める際に、もっとも一般的な期間は、1ヶ月〜2ヶ月と答えることが一番無難な回答です。

しっかりと責任を持って引き継ぎを行ってから退職をすることを伝えることで、面接官にアピールすることが可能です。

しかし、明確なスケジュールも決まっていない状態で回答してしまうと、入社日が遅れてしまいトラブルの原因にもなってしまうため、あらかじめ注意が必要と言えるでしょう。

質問⑤:何か聞きたいことはありますか?

【回答例】

一日でも御社で活躍をしたいと考えておりますが、入社後はどのような流れで業務を行うのでしょうか?
また、将来的には、ケアマネとして活躍したいと考えておりますが、どのような能力が求められますか?

面接の最後に逆質問をする意図は、仕事の意欲を知ることはもちろん、コミュニケーション能力を確かめるためです。

自分をアピールすることができるため、面接を受ける前からあらかじめ聞きたいことを決めておくことが必要です。

また、面接での逆質問は面接官に良い印象を残すことができるため、メリットが多くあると言えるでしょう。

ケアマネで求められるスキル

ケアマネで求められるスキル

ケアマネで求められるスキルをあらかじめ知っておくことで、面接の成功率を高めることにも繋がります。

具体的にケアマネで求められるスキルについては、主に以下の4つです。

  • コミュニケーション能力
  • 複数の業務を同時に進められるスキル
  • 基本的なパソコン操作
  • フットワークの軽さ

それぞれのスキルについては、特徴を踏まえて紹介していきます。

コミュニケーション能力

ケアマネは、介護相談のプロとして介護が必要な方に向けて、ケアマネジメントを行う専門職のため、高いコミュニケーション能力が求められます。

実際に、利用者のご家族とサービス事業所を繋げる調整役として、介護サービス計画を作成して、一人ひとりの悩みを解決することを目的にしています。

コミュニケーション能力を上げるコツとして、聞き手に回ることを意識することで、相手が気持ちよく会話をすることができ、結果的に好印象を与えることができます。

また、相手の表情や視点なども観察することで、何を伝えたいのか考えることも、コミュニケーションを取る上で有効に働くことが可能です。

複数の業務を同時に進められるスキル

複数の業務を同時に進められるスキル

ケアマネは幅広い業務を行うため、自分でタスク整理やスケジュール管理などをして、複数の業務を同時に進められるスキルが必要です。

複数の業務を同時に進めえられるスキルを身につけるためには、業務に優先順位をつけて、限られた業務時間の中で効率良く業務をこなすことが重要です。

具体的なケアマネの業務内容としては、下記の通りです。

  • ケアプラン作成
  • 要介護認定の支援
  • 利用者との面談
  • 介護保険の管理
  • 介護事業者との連絡や調整

利用者一人ひとりに対して適切な介護サービスが受けれるように、ケアマネは幅広い業務を行う特徴があります。

基本的なパソコン操作

ケアプラン作成など基本的なパソコン操作ができるスキルを求められます。

事業所によっては、ケアプランや介護保険などの資料を作成するためのソフトを導入していることが多いため、パソコン操作に不安がある方はあらかじめ勉強しておくことが必要です。

具体的なパソコン操作については、WordやExcel、PowerPointなどの基本的な操作ができれば、転職活動では有利に働くことが可能です。

フットワークの軽さ

フットワークの軽さ

ケアマネは、ケアプラン作成などの事務作業はもちろん、直接介護現場に出向いて問題を解決するフットワークの軽さが重要です。

実際にフットワークが軽いケアマネは、利用者はもちろん、職場内でも良い印象を与えることができ、信頼性を高めることが可能です。

介護に関わる問題は積極的に現場で確認を行い、どのようなことが問題になっているのか確認を行うことで、問題解決にも繋げることができます。

ケアマネの転職に役立つ資格

ケアマネの転職に役立つ資格

ケアマネの転職に役立つ資格は、主に以下の3つが挙げられます。

  • 介護福祉士
  • 社会福祉士
  • 認知症ケア専門士

基本的に他の業界でも同じことが言えますが、介護業界に転職を行う際には、専門的な資格を保有しておくことで、転職成功率を高めることが可能です。

下記にて、それぞれの資格について、特徴を踏まえて解説します。

介護福祉士

介護福祉士は、介護に関する専門的な国家資格のことを指し、介護現場リーダーとして活躍する人材育成を行うことを目的としています。

試験は毎年1回行われており、筆記試験と実技試験に合格する必要があります。

具体的な筆記試験科目については、以下の通りです。

  1. 人間の尊厳と自立
  2. 人間関係とコミュニケーション
  3. 社会の理解
  4. 介護の基本
  5. コミュニケーション技術
  6. 生活支援技術
  7. 介護過程
  8. 発達と老化の理解
  9. 認知症の理解
  10. 障害の理解
  11. こころとからだのしくみ
  12. 医療的ケア
  13. 総合問題

また、資格を取得するためのルートは、一人ひとりの状況によって多少異なるため、あらかじめ確認しておくことをおすすめします。

社会福祉士

社会福祉士

社会福祉士は、社会福祉士及び介護福祉士法によって制定された、社会福祉業務における国家試験のことを指します。

自立した日常生活を送ることができない高齢者などに対して、相談から指導を行います。

資格取得するためには、公益財団法人 社会福祉復興・試験センターが実施している「社会福祉士国家試験」に合格することが必要です。

具体的な国家試験の受験資格は、以下の通りです。

  • 4年制大学で指定科目を修了して卒業
  • 2〜3年制の短期大学で指定科目を修了し、1〜2年以上の相談援助業務に従事
  • 6ヶ月以上通った社会福祉士短期育成施設を卒業
  • 1年以上通った社会福祉士一般養成施設を卒業

合格率は、約30%で介護福祉の国家試験では、最難関試験と言えるでしょう。

認知症ケア専門士

認知症ケア専門士は、一般社団法人日本認知症ケア学会が主催している民間資格のことを指します。

日本における認知症ケアの技術向上や社会貢献を目的としており、認知症ケアに関する高度なスキルを持った専門技術士を育成するカリキュラムが含まれています。

認知症ケア専門士認定試験を受けるためには、過去10年間に認知症ケアに関わる施設や期間などで実務経験が3年以上あることが求められます。

試験概要は以下の通りです。

出題科目 問題数
認知症ケアの基礎 50問
認知症ケアの実際Ⅰ:総論 50問
認知症ケアの実際Ⅱ:各論 50問
認知症ケアにおける社会資源 50問
合計 200問

参考:日本認知症ケア学会認定 認知症ケア専門士公式サイト

合格率は、約55%と比較的難易度は高めということが言えるでしょう。

おすすめの介護資格取得サービス3選

おすすめの介護資格取得サービス3選

おすすめの介護資格取得サービスを把握しておくことで、効率よく介護資格を取得することが可能です。

介護資格を保有しておくことで、ケアマネの面接成功率を上げることにも繋がります。

具体的におすすめの介護資格取得サービスは、以下の3つです。

  • 未来ケアカレッジ
  • ユーキャン
  • カイゴジョブアカデミー

それぞれの介護取得サービスについて、特徴を踏まえて紹介します。

未来ケアカレッジ

未来ケアカレッジ

未来ケアカレッジは、介護資格取得の専門スクールで、全国で開講100教室以上もあるため、地方に住んでいる方でも比較的通いやすい特徴があります。

他の介護資格取得サービスに比べて、受講料が安く利用することができるメリットも挙げられます。

専属コーディネーターから就職サポートを受けることができ、これからはじめて介護業界に転職をしたい方にもおすすめと言えるでしょう。

未来ケアカレッジを利用する

ユーキャン

ユーキャン

ユーキャンは、株式会社ユーキャンが運営している大手資格取得サービスです。

介護に関わる資格はもちろんですが、簿記やFP、行政書士などの幅広い資格を取得することが可能です。

また、ユーキャン独自のテキストを使用して資格取得勉強ができるため、効率よく資格勉強を行うことができます。

わからない箇所があれば、メールや郵便で質問することができるため、業界未経験の方でも安心して利用することができます。

ユーキャンを利用する

カイゴジョブアカデミー

カイゴジョブアカデミー

カイゴジョブアカデミーは、株式会社エス・エム・エスが運営している介護資格取得サービスです。

講座資格については、以下の資格を受講することが可能です。

  • 介護職員初任者研修
  • 介護福祉士実務者研修
  • 介護福祉士試験対策講座
  • 福祉用具専門相談員
  • 全身性ガイドヘルパー
  • 同行援護従業者
  • 生活援助従事者研修

介護職の経験豊富な講師が、実際の介護現場を踏まえてわかりやすく説明してもらうことが可能です。

また、資格取得後は、キャリアアドバイザーから就職・転職までのサポートを受けることができます。

カイゴジョブアカデミーを利用する

転職を成功させてケアマネとして働こう!

転職を成功させてケアマネとして働こう!

今回は、ケアマネを目指している方に向けて、ケアマネの面接でよくある質問からおすすめの介護資格取得サービスを紹介しました。

ケアマネの面接でよくある質問は、以下の通りです。

  • 質問①:今までの経歴を教えてください
  • 質問②:応募した志望動機を教えてください
  • 質問③:当施設でチャレンジしたいことはありますか?
  • 質問④:いつから働くことができますか?
  • 質問⑤:何か聞きたいことはありますか?

また、介護に関わる資格を取得しておくことで、ケアマネの面接成功率を上げることが可能です。

今回の記事を参考に、ケアマネを目指してみてください。

-ケアマネージャー
-, ,

© 2022 介護資格と転職ガイド